ページトップへ

インターネットの引っ越し手続き|事前の確認事項と注意点

インターネットの引っ越し手続き|事前の確認事項と注意点

私たちの生活において、インターネットはとても重要な役割を果たしています。
引っ越し時には、インターネットに関係する手続きも必要です。その中には、これまで使用していた回線をそのまま引き継ぐ移転手続きの方法や、違う業者に乗り換える新規申し込みなどがあります。
今回は引っ越し時に確認しておくことをはじめ、手続き方法や注意点もご紹介します。

また、引っ越しの手続きを進めるにあたって便利なサービス「引越れんらく帳」についても併せてご紹介します。こちらは、インターネットの手続きのほか、公共料金などの変更手続きも簡単に進められるサービスです。ぜひ一緒にご覧ください。

インターネットの引っ越し前に確認しておくこと

引っ越しをする時に必要となるインターネットの変更手続き。引っ越し時に確認しておくことや、回線ごとのメリット・デメリットをご紹介します。

契約中の回線・プロバイダが新居で使用できるかどうか

引っ越しが決まったら、まずこれまで使用していた回線やプロバイダが新住所のエリアや建物に対応しているか確認しましょう。引っ越し先によっては対応していない場合があります。
また引っ越し先がマンションなどの賃貸の場合、物件によっては指定された回線やプロバイダを契約しなければいけないこともあるでしょう。

引っ越しをする前にまず、エリアや回線の確認を事前に行っておくことが大切です。賃貸の場合は、仲介した不動産会社や管理会社に確認しておきましょう。

各回線のメリット・デメリット

インターネットの回線にはさまざまなものがあり、迷ってしまう方も多いでしょう。ここではそれぞれのメリット・デメリットを挙げますので、参考にしてください。

メリット

光回線で大容量のデータを高速通信できるため、通信速度が速く安定しています。Wi-Fiルーターの使用で無線接続が可能なので、利便性が高いです。
月額使料が固定料金制のため、通信制限がないのもポイントです。

デメリット

光回線の開通には工事が必要なため、新規契約の際に工事費用が発生する場合があります。(回線業者によって、キャンペーンで割引や無料で工事をしてくれることも。)状況によっては引っ越し後すぐにネットが開通されない場合があります。
予約は約1カ月前から可能ですが、年度末など引っ越しシーズンは混み合うことが多く、時間がかかることがあります。

ADSL

メリット

月額料金が安いことが大きなメリットです。また対応エリアが広く、電話が利用できる場所であればADSLが利用できることも大きな利点といえます。

デメリット

光回線と比較すると通信速度は遅いです。またNTTの基地局から遠く離れている場合、回線速度が遅くなり、データ通信をほとんど行えない状態になることがあります。基地局からの距離など利用する環境によって大きく異なるので、確認しておきましょう。

CATV

メリット

優先で回線をつなげているため、通信が安定しており、大量のデータ通信にも適しています。ケーブルテレビのオプションとして利用できるため、お得に利用することが可能です。プロバイダとの契約が不要で、別途の月額料金もかかりません。

デメリット

ケーブルテレビのオプションとして利用するならお得ですが、インターネットの利用だけを目的とする場合は、金銭的な負担が大きくなります。また、光回線と比較すると通信性能は劣ります。

Wi-Fi

メリット

モバイルWi-Fiルーターはどこでも持ち運びができるので、外出時も利用できます。1つのWi-Fiルーターで複数の端末に同時接続が可能。さらに、固定回線と比較すると月額料金も格安です。初期工事が不要のため、即日で使用できるのもポイントです。

デメリット

光回線などの固定回線と比較すると、通信速度は遅くなります。さらにモバイルルーターの場合、バッテリーが切れてしまうと使用できません。またWi-Fiの電波が圏外のエリアでは使用できないため、対応エリアかどうかを事前に確認しておく必要があるでしょう。スマホの契約と同様、通信制限がある場合が多く、制限値をオーバーすると通信速度が遅くなります。

インターネットの引っ越し手続きと注意点

引っ越しの際、インターネットの契約でどのような手続きが必要なのか、ケースごとに注意点と併せてご紹介します。

賃貸住宅で、不動産会社や管理会社がインターネット契約をしている場合

回線業者やプロバイダと直接契約をしているのは不動産会社や管理会社ですので、退居時に特別な手続きは必要ありません。

現在の回線・プロバイダを継続して使用する場合

新居でも同じ回線を継続して使用する場合は、引っ越し日が決定次第、回線事業者・プロバイダに連絡します。電話またはWebサイトで引っ越し予定日や新しい住所を伝え、申し込みましょう。

注意点

インターネット回線を新居に移転する場合は、移転手続きが必要になります。場合によっては移転工事費がかかることも。契約している回線によって工事費は異なりますが、キャッシュバックキャンペーンなどを利用すれば、工事費用が無料になる場合もあります。
また、新居でも回線工事が必要になるため、繁忙期は希望日に工事ができない可能性もあります。早めの手続きがおすすめです。

他の回線・プロバイダに乗り換える場合

新たに他の回線に乗り換える場合は、さまざまな手続きが必要です。

STEP1:新たに契約する回線事業者・プロバイダを選ぶ

新居で使用可能な回線事業者・プロバイダを選択しましょう。固定電話や携帯電話の回線とまとめると、初期費用や月額料金が割引になる場合がありますので、よく比較してみてください。

STEP2:契約したい回線事業者・プロバイダが決まったら申し込み手続きを行う

契約する業者が決まったら、申し込みを行います。Webサイトからも申し込むことができますが、確認や相談したいことがある場合は電話がおすすめです。申し込み時に開通工事のスケジュールを決定します。

STEP3:現在利用中の回線事業者・プロバイダの解約手続きを行う

現在使用している回線業者とプロバイダに対して、電話かWebサイトで解約の申し込みを行い、解約完了日を決定しましょう。

注意点

契約内容によっては、解約時に違約金や撤去工事費用がかかる場合があります。しかし、乗り換え先の回線事業者・プロバイダによって、キャッシュバックで穴埋めされる場合もあるのでうまく活用しましょう。

プロパイダを解約すると、基本的にはプロバイダから割り当てられたメールアドレスは使用できなくなりますが、継続して使えるようにできるプランもあります。メールアドレスの変更をしたくない方は、こうしたプランを使用するのもひとつの方法です。

インターネットの引っ越しもまとめて手続きできる「引越れんらく帳」

引っ越しの際は、インターネットの手続きのほかにも多くの変更手続きが必要ですが、できればまとめて手続きをしておきたいところです。そんな時に便利な「引越れんらく帳」をご紹介します。

「引越れんらく帳」の特徴

引越れんらく帳は、引っ越しに伴い必要となる住所変更手続きが一括でできるサービスです。提携している事業者に対して、インターネットから変更手続きを行えます。

またインターネットだけでなく、電気・ガス・水道などのライフラインや、固定電話、NHK、新聞、宅配業者、クレジットカードの住所変更などをまとめて行えることもポイントです。

「引越れんらく帳」を活用するメリット

一度の入力でOK!何度も同じ連絡をする必要なし!

引っ越し先の住所や電話番号など必要な情報を入力すれば、各所の住所変更手続きをまとめて行えるため、何度も情報を入力するわずらわしさがありません。

24時間対応で忙しくても安心!

24時間インターネットでの手続きが可能なので、日中忙しくて時間がない人も安心して手続きが進められます。

引っ越し手続きリストで進捗がわかる!

引越れんらく帳には「引っ越し手続きリスト」があり、すべての手続きの進行状況を一覧でチェックできます。手続きごとにあと何が必要なのか表示されるため、簡単に把握できます。

アラート機能でお知らせ

引越れんらく帳にはスケジュール機能がついていて、手続きの期間が近づくとアラート機能でお知らせしてくれます。そのため、抜け漏れなく効率的に手続きが行えます。

申し込み後の状況も確認できる

申し込み後、受け付けてもらえたか不安になった場合でも安心! 申し込み後のフォロー体制も万全で、いつでも状況を確認できます。

ポイントを押さえてスムーズに進めるのがポイント!

インターネットの引っ越し手続きには、これまで使用していた環境や、新居の回線環境が大きく関係してきます。状況によって手続き方法が異なるため、必要な手続きのポイントをしっかり確認しておきましょう。

また引っ越し先のインターネットの事業者が提携先であれば、「引越れんらく帳」のサービスを利用するのもおすすめです。他の変更手続きと同時に進められるので効率的。ぜひご活用ください。

×
無料

電気、ガス、水道などの引越し手続きを一回の入力で一括完了!