生活の質を上げるネット環境の最適化をご提案

おすすめの記事

おすすめの回線WiFi

【2022年版】おすすめポケットWi-Fiはこれだ!10社の比較から選び方まで徹底解説

引っ越しの際、スーパーや病院など周辺情報を調べたいけど、まだインターネット環境が整っておらず、携帯の通信料が気になる、という方も多いかと思います。

そこで、引っ越しを機にポケットWi-Fiの利用を検討している人もいるでしょう。

ここではポケットWi-Fiとほかの回線の違いや、おすすめのポケットWi-Fiについて解説します。選び方のポイントもご紹介しますので、気になっていた人はぜひ参考にしてみてください。

この記事で分かること

・ポケットWi-FIの特徴
・ポケットWi-Fi10社比較
・ポケットWi-Fiの選び方

ポケットWi-Fiとは?WiMAXと何が違う?

ポケットWi-Fiは、一般的にモバイルWi-Fiルーターのことを指します。小型で持ち運びができる通信端末で、スマホ・PC・タブレットなどの端末をポケットWi-Fiに接続すれば、自宅でも外出先でもインターネットを利用することが可能です。

・ポケットWi-Fiの特徴、メリット・デメリット
・ ポケットWi-Fiは、本来ソフトバンクが販売する商品名

ポケットWi-Fiの特徴、メリット・デメリット

ネット回線にはポケットWi-Fi以外にも光回線やホームルーターなどがあります。

それぞれの違いは以下のとおりです。

  ポケットWi-Fi(モバイルWi-Fiルーター) 光回線 ホームルーター
月額料金 3,000円~4,000円 4,000円~5,000円 3,000円~4,000円
工事 なし あり なし
通信の安定性
持ち運び × ×
主なサービス ・UQ WiMAX
・Broad WiMAX
・THE Wi-Fi  など
・NURO光
・ソフトバンク光
・ドコモ光    など
・SoftBank Air
・home 5G
              など

ポケットWi-Fiは、ほかの回線に比べて通信速度ではやや劣りますが、回線工事が不要な点と持ち運びに優れている点が魅力です。

ポケットWi-Fiのメリット・デメリットには次のことが挙げられます。

ポケットWi-Fiのメリット ポケットWi-Fiのデメリット
・持ち運んでいつでもどこでも利用できる
・回線工事が不要
・データ通信料を節約できる
・引っ越し後もすぐに利用が開始できる
・電波によっては通信速度が不安定になる
・使用量によっては通信制限がかかることもある
・充電が必要
・場合によってはスマホのテザリング機能で十分なケースもある

メリット・デメリットをふまえると、ポケットWi-Fiは以下の方におすすめです。

・家でも外出先でもWi-Fi環境を整えたい人
・工事不要ですぐに利用できる回線を探している人
・できるだけ安い料金でインターネットを利用したい人

普段調べ物をする程度であれば、ポケットWi-Fiを利用して手軽に、そして快適にインターネット環境を整えることができます。

一方で、高速回線や通信の安定性を求めるのであれば、光回線の使用をおすすめします。

また、工事不要である程度の高速通信ができることを重視するなら、ホームルーターの利用を検討してみてください。

インターネット回線の詳しい解説や、一人暮らしにおすすめのWi-Fiについては、「初めてのターネット回線契約!初心者でもわかる超入門ガイド」 、「一人暮らしのWi-Fiのおすすめは?タイプ別の特徴・メリットや相場を解説!」をご覧ください。

ポケットWi-Fiは、本来ソフトバンクが販売する商品名

また、「ポケットWi-Fi」はモバイルWi-Fiルーターの総称として使われることが多いですが、元々はソフトバンク社が販売・提供するモバイルWi-Fiルーターの商品名(「Pocket Wi-Fi」)を表しています。

モバイルWi-Fiルーターには、ソフトバンク社の「ポケットWi-Fi」、UQコミュニケーションズの「WiMAX」などのキャリアが提供しているものと、クラウドSIMを使用したクラウドWi-Fiの2種類があります。

  ・ソフトバンクポケットWi-Fi
・WiMAX
クラウドWi-Fi
メリット ・通信が安定していて速度が速い
・大手のソフトバンクやUQが運営しているので安心
・キャンペーンやサポート体制が充実している
・3大キャリアの回線が使えるので、つながりやすい
・海外でも使用できる
・少量~大容量のプランまで柔軟に選べる

キャリアの回線は、電波が安定しているのが特徴です。「ポケットWi-Fi」はソフトバンクLTE回線、「WiMAX」は、WiMAX2+とauLTE、au5G回線が使われています。

クラウドWi-Fiは、SIMカードを必要とせず、クラウドサーバー上に用意されたSIM情報を読み取って最適な回線を利用するWi-Fiのことです。

ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアの回線がすべて使用できるので、使用可能なエリアが広いのが特徴です。通信速度の速い回線に自動で切り替えることができ、海外での利用も可能です。

国内での使用がメインの人や、速度重視で選びたい人は、WiMAX系のWi-Fi、海外での使用も視野に入れている人や、データ容量が大きいものを選びたい人は、クラウドWi-Fiをおすすめします。

ポケットWi-Fiのおすすめはこれ!10社を徹底比較

ここからはおすすめのポケットWi-Fi(モバイルWi-Fiルーター)をご紹介します。ポケットWi-Fiの主要な事業者は以下のとおりです。

    実質月額料金 データ容量 最大速度 端末代 契約期間
WiMAX

5Gconnect

4,500円〜 無制限 下り2.7Gbps 無料 なし
 

カシモWiMAX

4,462円 150GB 2.7Gbps 無料 3年
 

Broad WiMAX

4,307円 150GB 2.7Gbps 21,780円 3年
クラウドSIM

Mugen Wi-Fi

3,438円 100GB 150.0Mbps 無料 2年
 

THE Wi-Fi

3,304円 100GB 150.0Mbps 無料 2年
 

hi-ho Let’s Wi-Fi

4,033円 210GB 150Mbps 無料 2年
  Charge Spot Wi-Fi
3,278円〜(税込 100GB 150Mbps 無料 2年
    実質月額料金 データ容量 最大速度 端末代 契約期間
キャリア ソフトバンク 5,280円 50GB 2.4Gbps 28,800円 2年
  楽天モバイル 3,005円 ~無制限
(楽天エリア外
~5GB)
150Mbps 実質無料 なし
  ワイモバイル 5,228円 90GB 2.4Gbps 10,800円 3年

ここからは、「データ容量」「通信速度」「実質月額料金」の項目に分けて、特におすすめの事業者をご紹介します。

 

・データ容量が大きいポケットWi-Fiは?
・ 通信速度が速いポケットWi-Fiは?
・実質月額料金が安いポケットWi-Fiは?

データ容量が大きいポケットWi-Fiは?

現在、データ量完全無制限の事業者はありません。ポケットWi-Fiを使う場合には、データ容量に必ず上限が出てくることになります。一見データ容量が多く見えるポケットWi-Fiでも、速度制限が設けられている場合もあるので注意しましょう

大容量のポケットWi-Fiをお探しの場合は、データ量200GB以上のクラウドWi-Fiから選ぶのがおすすめです。

hi-ho Let’s Wi-Fi|月々何GB使用するか分からない方

契約期間 2年
月額料金 0〜11ヶ月目:3,278円
12ヶ月目以降:4,730円
初期費用 端末料金:無料
事務手数料:3,300円
データ容量 210GB
速度 下り最大150Mbps/上り最大50Mbps
速度制限 1日で7GB以上の利用
キャンペーン ・月額料金割引
・事務手数料無料キャンペーン
違約金 10,450円〜19,800円
海外利用 可能

hi-ho Let’s Wi-Fiは、210GBの大容量のデータ量を誇るポケットWi-Fiです。1日7GBまでたっぷり使用できますので、動画視聴やテレワークなどでデータ容量が気になる人にもおすすめです。世界100か国以上に対応しており、海外で使用することも可能です。

また、月々どのくらい利用するか分からない人にも向いています。なぜなら従量課金製だからです。毎月利用した分だけ支払えば良いので、毎月不規則で扱う人におすすめです。詳細は下記のボタンから見ることができるので、必ずご確認ください!

通信速度が速いポケットWi-Fiは?

ポケットWi-Fiに速度を求める場合には、5G通信に対応しているWiMAX系を選ぶのがおすすめです。

ポケットWi-Fiは、速度制限がある場合も多く、インターネット利用の方法によって、上りと下りの速度どちらを考慮すべきかどうかも変わってきます。インターネットをよく利用する人は、通信制限がかかりにくいものや、下り速度が速いものを選ぶことをおすすめします

Broad WiMAX

契約期間 3年
月額料金 1~2か月目:2,090円
3~24か月目:3,894円
25か月目~:4,708円
初期費用 端末料金:21,780円
事務手数料:3,300円
データ容量 実質150GB
速度 下り2.7Gbps
速度制限 直近3日間の通信量合計が15GB以上の場合、最大1Mbpsに制限
キャンペーン ・月額料金割引
・5,000円キャッシュバック
・他社違約金最大19,000円負担
・いつでも解約サポート
違約金 1~12か月目:20,900円
13~24か月目:15,400円
25か月目以降:10,450円
海外利用 不可

Broad WiMAXは、5G回線を利用した高速通信が可能です。データ容量も150GBと大容量で頻繁にインターネットを使用する人にもおすすめです。また、キャンペーンやサポート体制も充実しています。

さらに、他社から乗り換える場合の違約金を負担してくれるサービスがあるため、乗り換えのハードルも低く、利用しやすくなっています。

 

5Gconnect

契約期間 縛りなし
月額料金 4,500円〜
初期費用 端末料金:0円
事務手数料:3,300円
データ容量 容量無制限
速度 下り2.7Gbps
速度制限 無制限
キャンペーン 解約金0円キャンペーン
30日間お試しモニター
違約金 0円
海外利用  

5Gconnectは、コストパフォーマンスに優れたポケットWi-Fiと言えるでしょう。なぜなら、縛り期間も、端末料金も0円となっているからです。

また、月額料金も高すぎることはありません。解約金も0円ですので、万が一満足いかなかったり、使い勝手が悪いと感じたりしても、問題ありません。

お試しでの利用もできるので、下記のボタンをクリックして詳細をご覧ください。

 

実質月額料金が安いポケットWi-Fiは?

ポケットWi-Fiを選ぶときには、キャンペーンでの割引額や、各種費用なども考慮した実質月額料金を見ることも大切です。ここでは、実質月額料金が安いポケットWi-Fiを2つご紹介します。

 

THE Wi-Fi

契約期間 2年
月額料金 0〜4か月目:0円
5か月目以降:3,828円
実質月額料金 3,304円
初期費用 端末料金:無料
事務手数料:2,200円
データ容量 100GB
速度 下り150Mbps /上り50Mbps
速度制限 1か月で100GBのデータ使用量を超えたとき
キャンペーン ・4か月0円キャンペーン
・30日間無料お試し
・事務手数料割引
違約金 1~24か月目:10,780円
25か月目~: 0円
海外利用

100GBまでを安く使用したい場合には、THE Wi-Fiがおすすめです。4か月目までの料金が無料で、30日間のお試しキャンペーンもあります。5G対応でサポート体制もしっかりしていますので、ポケットWi-Fiを初めて申し込む人にも使いやすいです。

 

Mugen Wi-Fi

契約期間 2年
月額料金 3,718円
実質月額料金 3,438円
初期費用 端末料金:無料
事務手数料: 3,300円
データ容量 100GB
速度 下り最大150.0Mbps/上り50.0Mbps
速度制限 データ量100GBを超えた場合
キャンペーン ・10,000円キャッシュバック
・30日間無料お試しキャンペーン
違約金 1~12か月目:9,900円
13~24か月目:5,500円
25か月目~: 0円
海外利用

Mugen Wi-Fiは、実質料金3,438円でインターネットが利用できます。一日あたりの通信制限がないため、日によってインターネットをたくさん利用する人にもおすすめです。

 

 

Charg SPOT Wi-Fi:レンタル充電がついているWiFiプラン

契約期間 2年
月額料金 3,278円〜(税込)
初期費用 端末ダイキン:無料
事務手数料:3,300円
データ容量 100GB

通信速度

下り最大150.0Mbps
支払い方法 クレジットカード
キャンペーン なし

Charge SPOT Wi-Fiがおすすめの人は、スマホをよく利用し充電不足になりがちな人です。なぜなら、Charge SPOT Wi -Fiは、レンタル充電付きのWi-Fiだからです、5日間分無料で充電することができるため、もう充電がないと考えることは無くなります。

レンタル充電ができる場所は、コンビニや駅、その他カフェなどがあります。30,000箇所以上設置されているので、どこにもないということはありません。詳細は下記のボタンからご覧ください!

ポケットWi-Fiの選び方、ポイントを解説!

ポケットWi-Fi(モバイルWi-Fiルーター)を利用する際には、以下のことをまずは頭に入れておきましょう

【注意点】

・エリアによっては繋がりづらくなる
・提供エリア外だと使えなくなる場合がある
・速度制限がかかる場合がある
・データ容量に上限がある
・プロバイダによって契約期間が異なる

自分のライフスタイルに合ったポケットWi-Fiを選択していないと、契約後に思わぬトラブルが発生する恐れもあります。

ポケットWi-Fiを選ぶときには、次のポイントをよく確認するようにしましょう。

・提供エリア
・通信速度
・月のデータ容量
・バッテリー容量、同時接続端末
・契約期間
・割引、最低契約年数なども考慮した実質月額料金

提供エリア

まずは、契約したいポケットWi-Fiの提供エリアを確認してください。提供エリア外になると回線を使うことはできません。クラウドSIM系のポケットWi-Fiは、ドコモ、au、ソフトバンクの3回線を用いることができるため、対応エリアは幅広くなっています。

また、WiMAXも比較的広いエリアで対応しており、なおかつ5Gも使うことができます

通信速度

データの通信速度も、快適なインターネット利用のためには重要な要素になります。特にデータの受信が多いか送信が多いかによって、上りと下りどちらの速度を優先すべきかが変わりますので注意しましょう。

上り速度 データを送信する速さに影響する
例:メールの送信
  ブログ、SNS、動画の投稿
  ライブ配信
下り速度 データを送信する速さに影響する
例:動画の視聴
  Webサイトの閲覧
  オンライン会議
  オンラインゲーム
上り速度を重視すべき SNSや動画の投稿を高い頻度でする人
下り速度を重視すべき インターネットの利用は動画の視聴やサイトの閲覧などがメインの人
上り・下り両方を重視すべき オンラインゲームやオンライン会議などで大量のデータの送受信を行う人

普段インターネットで動画を利用することが多い人は、下り速度が速ければ速いほど快適になります。インターネットの利用シーンに合った速度のポケットWi-Fiを選びましょう。

月のデータ容量

ポケットWi-Fiを選ぶうえでは、データ容量も重要なポイントです。月にどれくらいインターネットを利用するか、またどのように利用するのかによって必要になるデータ量が変わってきます。小さいデータ量を選んでしまい通信制限がかかることのないように、事前によく確認しておきましょう。

【1か月間でのデータ使用量目安】

  1GB 5GB 20GB 100GB
Web閲覧 約3,000ページ 約1万5,000ページ 約6万ページ 約30万ページ
メール 約20万通 約100万通 約400万通 約2000万通
YouTube
480p(SD画質)
約2時間 約10時間 約40時間 約200時間
Netflix
標準画質
1.43時間 7.15時間 28.6時間 143時間
LINE通話 5.5時間 27.5時間 110時間 555時間
ビデオ会議 2時間 10時間 40時間 200時間
音楽ダウンロード 13.8時間 69時間 276時間 1,388時間

バッテリー容量、同時接続端末

ポケットWi-Fiは、充電をしないと使用することができません。一回の充電で長時間利用することが多い人は、バッテリー容量の多いものを選ぶようにしましょう。

また、同時接続端末も一緒に確認しておきましょう

ポケットWi-Fiによって、一度に同時接続できる端末台数の上限は決まっています。複数台の端末を接続予定の人は、あらかじめ接続できる台数をチェックしておきましょう。ただし、接続する端末の台数が増えるほど、データ消費量も多くなります。

複数の端末を接続予定の人は、余裕のあるデータ量のプランを選んでおくと安心です。

契約期間

ポケットWi-Fiには、一般的に2~3年の契約期間が設けられています。

契約期間内の解約には、違約金が発生しますのであらかじめ注意しましょう。

契約期間が設けられていないポケットWi-Fiもありますので、短期の利用を検討している人は合わせて確認してみてください

割引、最低契約年数なども考慮した実質月額料金

ポケットWi-Fiを新規に契約する場合には、キャンペーンを活用することも大切です。よくあるキャンペーンには以下のようなものがあります。

・月額料金割引のキャンペーン
・キャッシュバックキャンペーン
・解約金無料キャンペーン
・お試しキャンペーン

事業者ごとのキャンペーン内容例は、以下の通りです。時期によって異なる場合もありますので、詳しくは公式サイトなどでご確認ください。

Broad WiMAX ・違約金19,000円分補填
・いつでも解約サポート
・5,000円キャッシュバック
Mugen Wi-Fi ・10,000円キャッシュバック
・30日間無料お試しキャンペーン
THE Wi-Fi ・4ヶ月間月額料金無料
・事務手数料割引
・30日間お試し

また、月額料金を見るときには、最低契約年数やキャンペーンでの割引を考慮した「実質料金」で判断することも大切です。

  月額料金 実質月額料金
Broad WiMAX 0~2か月目:2,090円
3~24か月目:3,894円
25か月目~:4,708円
4,307円
UQ WiMAX 4,268円 4,671円
THE Wi-Fi 0〜4か月目:0円
5か月目以降:3,828円
3,304円

設定方法は?旅行時も使える?ポケットWi-Fiのよくある質問に回答!

ポケットWi-Fi(モバイルWi-Fiルーター)の契約を考えているときに、多くの人が気になる質問にお答えしていきます。

・ポケットWi-Fiを初めて使うときの設定は?
・ポケットWi-Fiは短期レンタルもできる?
・家で使っているポケットWi-Fiは旅行にも持って行ける?
・ 無制限で使えるポケットWi-Fiはある?
・ ポケットWi-Fiの支払方法、口座振替は可能?

ポケットWi-Fiを初めて使うときの設定は?

ポケットWi-Fiの申し込みは主に以下の3つの場所から可能です。

・Web
・家電量販店
・スマホ販売店

契約場所としては、Webからの契約がおすすめです。申し込むポケットWi-Fiによっては、Webからの申し込みを対象に、お得なキャンペーンを行っている場合があるからです。

ポケットWi-Fiの設定は、シンプルで誰でも簡単に行うことができます。SIMカードをルーターに差し込んで電源を入れ、利用したい端末(スマホやPCなど)にパスワードを入力すれば完了です。

ポケットWi-Fiは短期レンタルもできる?

ポケットWi-Fiは、年単位の契約だけでなく、短期のレンタルも可能です。引っ越し前後で、一時的にポケットWi-Fiを利用したい場合や、短期間出張先に持っていきたい場合もあるでしょう。

そういった場合に、ポケットWi-Fiの短期レンタルが役立ちます。一日単位で借りることが可能で、費用も抑えられます

家で使っているポケットWi-Fiは旅行にも持って行ける?

提供エリア内であれば、旅行先でも使用できます。海外でも基本的には利用可能です。ただし、山間部などは使えない可能性がありますので、あらかじめ注意が必要です。

無制限で使えるポケットWi-Fiはある?

現在、ポケットWi-Fi(モバイルWi-Fiルーター)に無制限プランはありません。以前はデータ量の上限のない無制限プランがありましたが、現在は撤廃されています。

代わりに大容量・実質無制限プランが設けられていますので、公式サイトで詳細をよく確認しましょう。

ポケットWi-Fiの支払方法、口座振替は可能?

基本的には、クレジットカード払いが中心です。一部口座振替可能な事業者もあります。

口座振替の場合には手数料がかかったり、料金がクレジットカード払いとは異なったりする場合もあります。あらかじめ確認しておくようにしましょう。

【口座振替が可能な事業者例】

UQ WiMAX
ワイモバイル
ドコモ
au
ソフトバンク など

まとめ:自分に合ったポケット型Wi-Fiを選び、快適にインターネットを利用しよう!

今回は、ポケットWi-Fiの月額料金や選び方について紹介しました。たくさんのポケットWi-Fiから自分に合ったものを選ぶには、通信速度や契約期間などあらゆる点を比較することが大切です。

何を基準で選ぶかを明確にして、選択してみてはいかがでしょうか。

また、当サイトおすすめのWi-FIとして、自宅で使える工事不要のホームルーターを紹介しています。下記のリンクからお得に申し込んでください。

 

【2022年5月最新】光回線で本当におすすめできる回線15選

光コラボを正しく比較|やめとけと言われないための選び方は?

この記事を書いた人

関連記事