生活の質を上げるネット環境の最適化をご提案

おすすめの記事

WiFi

【2022年10月最新】国内でも利用できるおすすめのレンタル式ポケット型Wi-Fi10選

「レンタルWi-Fiを使ってみたいけど、どれを選べば良いかわからない」「長期間レンタルできるWi-Fiはどれ?」「法人の場合でも利用できるの?」といったことを考えている方も多いのではないでしょうか?

レンタル型Wi-Fiは、サービスによって手数料などの料金や通信速度、利用できるエリアが異なるため、慎重に選ぶ必要があります。

本記事では2022年最新の情報を用いて、国内で使用可能なレンタル期間が短期・長期それぞれのおすすめWi-Fiを5つずつと、レンタル型Wi-Fiの選び方を詳しく解説します。

この記事で分かること
・ポケット型Wi-Fiをレンタルすることのメリット・デメリット
・おすすめの短期・長期レンタル型Wi-Fi
・レンタル型Wi-Fiの選び方
・ポケット型Wi-Fiのレンタル方法

短期レンタル型Wi-Fi

Mugen WiFi Air WiFi

縛りなしWiFi
NETAGE
WiFiレンタルどっとこむ
レンタル料金 月額3,328円(税込)〜
※「2年間縛りなしプラン」月額660円(税込)が追加
月額3,278円(税込)〜 月額2,178円(税込)〜 1日495円(税込)〜 1日496円(税込)〜
データ容量 月間100GB 月間100GB 月間10GB・30GB・60GB・90GBから選択 1日3GB〜
※機種によって異なる
機種によって異なる
通信速度(実測値) 25Mbps 機種によって異なる 5〜10Mbps 機種によって異なる 機種によって異なる

長期レンタル型Wi-Fi

ギガWi-Fi
hi-ho Let’s WiFi
エキサイトモバイルWiFi
Charge Spot Wi-Fi
クイックWiFi
レンタル料金 2,695円(税込) 3,828円(税込)〜 3,938円(税込) 3,278円〜(税込) 2,948円(税込)〜
データ容量 100GB 120GB、210GB 使い放題(3日で10GB) 100GB 50GB、100GB
通信速度 10〜25Mbps 8〜30Mbps 17Mbps 機種によって異なる 10〜17Mbps

目次

ポケット型Wi-Fiのレンタル方法は?大きく分けると2種類ある

短期レンタル型
長期レンタル型

短期レンタル型

短期レンタル型Wi-Fiは、ポケット型Wi-Fiを1日からレンタルできるプランを設けているサービスを利用します。レンタル型WiFiサービスの中には、旅行や仕事で短期間だけポケット型Wi-Fiが必要な方向けに、1日〜数週間のみレンタルできるプランもあるので法人の場合にもおすすめです。

利用期間は1日単位で選択が可能で、空港などでもレンタル、返却ができます。また、料金も1日あたり数百円から利用できます。通信制限が設けられている端末は料金が安く、通信制限がなく無制限で利用可能な端末は料金が割高になる傾向があります。

一方で、長期レンタル型Wi-Fiに比べると1日あたりの料金が高くなる可能性があります。1ヶ月以上利用する場合は、長期レンタル型Wi-Fiや通信量が無制限のサービスを利用した方がお得になる場合もあるので事前に確認しておきましょう。

長期レンタル型

長期レンタル型Wi-Fiは、1ヶ月単位で契約できるポケット型Wi-Fiレンタルサービスを利用します。利用用途は以下が考えられます。

・固定回線の工事が終わるまでの代用
・長期出張時などの法人契約
・Wi-Fi検討時の繋ぎとして利用

長期レンタル型Wi-Fiは、月額制であることがほとんどで、料金も安いのが特徴的です。月額料金が3,000円以内で利用できるサービスもあり、2年または3年契約をするより安く利用可能です。

ポケット型 Wi-Fiをレンタルするメリットを3つ紹介

必要な期間だけレンタルできる
端末代がかからない
解約金がかからない

必要な期間だけレンタルできる

レンタル型Wi-Fiは、必要な期間だけ1日からレンタルできるため、料金を無駄に支払うことがなくなります。ポケット型Wi-Fiを購入して契約した場合、2年〜3年の契約期間が設けられ、必要なくなった場合でも利用し続けなければいけません。万が一契約期間中に解約した場合は解約違約金を支払うことになります。

一方で、レンタル型Wi-Fiは必要な期間のみレンタルすることが可能で、使用しない期間に料金を支払ったり、解約違約金が発生したりしないため、無駄な料金を支払わずに済みます。また、工事も不要ですぐに利用開始でき、不要になればすぐに返却できることもメリットの一つです。法人の場合なら、出張期間のみレンタル型Wi-Fiサービスを利用するのも良いでしょう。

端末代がかからない

レンタル型Wi-Fiはほとんどの場合、端末代がかかりません。基本的にWi-Fiを利用する際は端末を購入する必要があり、20,000円ほどの料金がかかります。そのため、初期費用が高くなってしまうことがあります。

一方で、レンタル型Wi-Fiにかかる料金は、レンタルした日にち分の利用料とオプションのみで、端末代はかかりません。そのため、初期費用を安く抑えることが可能です。

解約金がかからない

レンタル型Wi-Fiは返却する際の解約金がかかりません。一般的にWi-Fiをレンタルした場合は2年〜3年の契約期間が設けられますが、契約期間中に解約すると20,000円ほどの解約違約金が発生します。そのため、自分の都合で解約できない、または解約しても高額の費用を支払わなければなりません。

しかし、レンタル型Wi-Fiの場合は、1日単位または1ヶ月単位の契約が可能なため、返却の際に解約金が発生しないようになっています。一方で、一部のサービスでは返却する際に端末のクリーニング費用を請求される可能性もあるため、契約する前に契約書を入念に確認しておきましょう。

ポケット型Wi-Fiのレンタルにはデメリットもある?

端末を破損や紛失してしまうと賠償金がかかる
長期的に使用すると割高になる可能性が高い
通信制限がある

端末を破損や紛失してしまうと賠償金がかかる

レンタル型Wi-Fiの端末を破損や紛失した場合、賠償金を支払うといった対応を取らなければならない場合があります。自然故障の場合は無料で交換対応してくれるサービスがほとんどですが、水没や落下、紛失など、故意と判断された場合は返却の際に賠償金が発生するため注意が必要です。

しかし、多くのレンタル型Wi-Fiサービスには、端末を故障・紛失させた場合でも無償か安く交換してくれるオプションがあります。利用料金は高くなってしまいますが、心配な方は加入しておくのが良いでしょう。

長期的に使用すると割高になる可能性が高い

短期レンタル型Wi-Fiを長期的に使用すると料金が割高になる可能性が高くなります。短期レンタル型Wi-Fiの1日の利用料は500円前後ですが、2週間〜1ヶ月ほど以上レンタルすると、5,000〜10,000円ほどかかります。通常のポケット型Wi-Fiの月額料金が4,000円前後であるため、料金が割高であることがわかるでしょう。

利用期間が長期間に及ぶと見込んだ場合は、長期レンタル型Wi-Fiまたは、2年〜3年契約のWi-Fiを利用するのがおすすめです。法人の場合なら、法人向けのサービスを利用するのも良いでしょう。

通信制限がある

レンタル型Wi-Fiは、プランによって通信制限がある場合もあります。自宅に引く固定回線やホームルーターやWiMAXの場合は通信量に制限もなく、無制限で利用できる場合がほとんどです。そのため、Web会議やオンラインゲームでも快適に行うことができます。

一方で、レンタル型Wi-Fiには通信量に制限があり、1日に2〜5GBほどの通信量しか利用できません。短時間のウェブ会議やオンラインゲームであれば問題ありませんが、長時間に及ぶ場合は通信制限がかかって、その後は快適に利用できなくなってしまいます。このように、レンタル型Wi-Fiを利用する際は、通信制限にも気を付けて利用する必要があります。そのため、1日あたりの利用頻度の高い人は通信量が無制限のレンタル型Wi-Fiを利用するのも良いでしょう。

おすすめの短期レンタル型Wi-Fi5選

Mugen WiFi
Air WiFi

縛りなしWiFi
NETAGE
WiFiレンタルどっとこむ
レンタル料金 月額3,328円(税込)〜
※「2年間縛りなしプラン」月額660円(税込)が追加
月額3,278円(税込)〜 月額2,178円(税込)〜 1日495円(税込)〜 1日496円(税込)〜
データ容量 月間100GB 月間100GB 月間10GB・30GB・60GB・90GBから選択 1日3GB〜
※機種によって異なる
機種によって異なる
通信速度(実測値) 25Mbps 機種によって異なる 5〜10Mbps 機種によって異なる 機種によって異なる
端末料金 0円 0円 0円 0円 0円
支払い方法 クレジットカード、口座振替 クレジットカード クレジットカード、コンビニ払い クレジットカード クレジットカード
キャンペーン 最大10,000円キャッシュバック 30日間お試しキャンペーン 利用料値引き春トクキャンペーン、期間限定キャッシュバック 最大50%OFF特割キャンペーン アーリーサマーキャンペーン

 

Mugen WiFi:月間100GBで大容量
・Air WiFi:30日間お試しキャンペーン実施中
縛りなしWiFi:データを使い切っても追加できる
NETAGE:取り扱う回線が豊富なため日本全国で利用できる
WiFiレンタルどっとこむ:20種類以上の端末から選べる

Mugen WiFi:月間100GBで大容量

MUGEN WiFi

2021年のモバイルWi-Fi総合満足度1位を獲得している「Mugen WiFi」。その他にもサービス品質満足度、コストパフォーマンス満足度でも1位を獲得しているサービスです。Mugen WiFiの基本情報は以下の通りです。

 

レンタル料金 月額3,328円(税込)〜
※「2年間縛りなしプラン」月額660円(税込)が追加
データ容量 月間100GB
通信速度(実測値) 25Mbps
端末料金 0円
支払い方法 クレジットカード、口座振替
キャンペーン  

最大10,000円キャッシュバック

 

Mugen WiFiにレンタルプランはありませんが、基本料金に月額660円を追加で支払うと「2年間の縛りなしプラン」に変更することが可能です。契約期間に縛りがないため、いつ解約しても解約違約金が発生しません。

また、月間データ容量は100GB。Web会議やオンラインゲームも快適に行えます。契約体系は1ヶ月単位になりますが、データ容量が多く、月額料金が安いレンタル型Wi-Fiを利用したい方から人気のサービスです。

Air WiFi:30日間お試しキャンペーン実施中

Air Wi-Fiは、容量の縛りがないためストレスなく利用できるWi -Fiです。一般的なWi-Fiであれば、3日間で10GBしか使えないという縛りがあったり、そもそも容量が少なかったりします。

しかし、Air Wi-Fiは縛りがなく100GBまで使えるので、ストレスフリーなインターネット生活を送ることができます。料金や、端末代金などは下記の表を参考にしてください。

レンタル料金 月額3,278円(税込)〜
データ容量 月間100GB
通信速度(実測値) 機種によって異なる
端末料金 0円
支払い方法 クレジットカード
キャンペーン 30日間お試しキャンペーン

そのほかAir Wi-Fiには法人向けのプランがあります。毎月3 ,278円から利用することができ、休日でもサポートしてくれるので興味がある方はこちらからご覧ください。

Air-Wi-Fiは、「30日間お試しキャンペーン」を行なっています。30日以内にかかる月額料金や、初期事務手数料など0円で利用することができます。この機会を利用してみてはいかがでしょうか。

縛りなしWiFi:データを使い切っても追加できる

縛りなしWiFI

契約期間が完全自由化されている「縛りなしWiFi」。データ容量は10GB、30GB、60GB、90GBの4つのプランから選択でき、その月の途中で使い切ってしまった場合は以下の料金でデータチャージができます。

・2GB:550円(税込)
・5GB:1,100円(税込)
・10GB:1,980円(税込)

縛りなしWiFiの基本情報は以下の通りです。

レンタル料金 月額2,178円(税込)〜
データ容量 月間10GB・30GB・60GB・90GBから選択
通信速度(実測値) 5〜10Mbps
端末料金 0円
支払い方法 クレジットカード、コンビニ払い
キャンペーン 利用料値引き春トクキャンペーン、期間限定キャッシュバック

縛りなしWiFiは利用料値引きキャンペーンと10,000円のキャッシュバックキャンペーンを行なっており、実質月額料金1,057円(税込)から利用できます。また、法人向けのプランもあるので、出張の際には空港などでルーターをレンタルするのもおすすめです。もちろん、法人利用の場合は請求書払いも可能です。

NETAGE:取り扱う回線が豊富なため日本全国で利用できる

用途やニーズに合わせてさまざまなポケット型Wi-Fiから選んでレンタルできる「NETAGE」。取り扱っているポケット型Wi-Fiは25種類ほど。それぞれデータ容量や利用料金、通信速度などが異なるため、自分に最適なものを選ぶことが可能です。NETAGEの基本情報は以下の通りです。

レンタル料金 1日495円(税込)〜
データ容量 1日3GB〜
※機種によって異なる
通信速度(実測値) 機種によって異なる
端末料金 0円
支払い方法 クレジットカード
キャンペーン 最大50%OFF特割キャンペーン

NETAGEは以下の回線のポケット型Wi-Fiを取り扱っています。

・SoftBank
・Y!mobile
・au
・UQ WiMAX
・ドコモ
・クラウドSIM

自分の住む地域や環境に対応した回線のポケット型Wi-Fiを選べるため、エリアに関係なく日本全国で利用可能です。さらに、時期によって異なりますが、利用料金がお得になるキャンペーンも実施しています。レンタル料が半額ほどになる場合もあるため、Wi-Fiをレンタルする予定のある方は事前に確認しておくことをおすすめします。

WiFiレンタルどっとこむ:20種類以上の端末から選べる

22種類のポケット型Wi-Fi・ホームルーターから選べる「WiFiレンタルどっとこむ」。全ての端末を1日単位・1ヶ月単位の両方でレンタル可能です。WiFiレンタルどっとこむの基本情報は以下の通りです。

レンタル料金 1日496円(税込)〜
データ容量 機種によって異なる
通信速度(実測値) 機種によって異なる
端末料金 0円
支払い方法 クレジットカード
キャンペーン アーリーサマーキャンペーン

WiFiレンタルどっとこむのデータ容量や通信速度、レンタル料金などは機種によって異なります。通信量が無制限で使えるものもあれば、1ヶ月のデータ容量に制限があるものもあります。1ヶ月のデータ容量に制限があるものは、1ヶ月のレンタル料金が安い傾向にあるため、自分の用途に合ったものを選びましょう。

また、ホームルーターもレンタル可能であるため通信量を無制限で利用したい人や、自宅でWi-Fiを利用する人にもおすすめです。

 

おすすめの長期レンタル型Wi-Fi5選

ギガWi-Fi
hi-ho Let’s WiFi
エキサイトモバイルWiFi
Charge Spot Wi-Fi
クイックWiFi
月額料金 2,695円(税込) 3,828円(税込)〜 3,938円(税込) 3,278円〜(税込) 2,948円(税込)〜
データ容量 100GB 120GB、210GB 使い放題(3日で10GB) 100GB 50GB、100GB
通信速度(実測値) 10〜25Mbps 8〜30Mbps 17Mbps 機種によって異なる 10〜17Mbps
端末料金 0円 0円 12ヶ月まで月額550円(税込)
13ヶ月以降無料
0円 U3:26,400円
G4Max:29,040円
支払い方法 クレジットカード クレジットカード、tabalまるごと決済 クレジットカード クレジットカード クレジットカード
キャンペーン 電子書籍が無料で読み放題 もっと鬼コスパキャンペーン なし なし 8,000円キャッシュバック

 

ギガWi-Fi:月間100GBで使い方自由
hi-ho Let’s WiFi:最大210GBの大容量
エキサイトモバイルWiFi:1年以上利用する方におすすめ
ギガゴリWiFi:世界132ヵ国に対応している
クイックWiFi:お試しでレンタルしてみたい人におすすめ

ギガWi-Fi:月間100GBで使い方自由

画像引用:ギガWiFi

業界最安級でポケット型Wi-Fiをレンタルできる「ギガWi-Fi」。データ容量100GBを1ヶ月2,695円(税込)でレンタル可能です。ギガWi-Fiの基本情報は以下の通りです。

月額料金 2,695円(税込)
データ容量 100GB
通信速度(実測値) 10〜25Mbps
端末料金 0円
支払い方法 クレジットカード
キャンペーン 電子書籍が無料で読み放題

ギガWi-Fiのポケット型Wi-Fiは月間100GBといった制限が設けられていますが、100GB内であれば1日あたりの通信量は無制限となります。そのため、休日に10GBを一気に使うといった使い方も可能です。また、ギガWi-Fiの会員になると、電子書籍が読み放題になります。雑誌や漫画好きの方に人気のサービスです。

hi-ho Let’s WiFi:最大210GBの大容量

120GBと210GBの大容量プランから選択できる「hi-ho Let’s WiFi」。120GBの場合は1日4GB、210GBの場合が1日7GBまで利用でき、毎日快適にWi-Fiを利用できます。hi-ho Let’s WiFiの基本情報は以下の通りです。

月額料金 3,828円(税込)〜
データ容量 120GB、210GB
通信速度(実測値) 8〜30Mbps
端末料金 0円
支払い方法 クレジットカード、tabalまるごと決済
キャンペーン もっと鬼コスパキャンペーン

hi-ho Let’s WiFiの魅力は大容量ということだけでなく、海外100ヵ国以上にも対応しています。また、手続きも不要であるため、hi-ho Let’s WiFiのWi-Fiをレンタルしておけばいつでも海外でWi-Fiを利用できます。法人の場合は出張の前に空港などでレンタルするのも良いでしょう。

エキサイトモバイルWiFi:1年以上利用する方におすすめ

エキサイトモバイルWiFiとは?通信速度は遅いって本当?

3日で10GBまでという制限はあるものの、基本的にデータ容量が無制限の「エキサイトモバイルWiFi」。リモートワークも快適に行えます。エキサイトモバイルWiFiの基本情報は以下の通りです。

月額料金 3,938円(税込)
データ容量 使い放題(3日で10GB)
通信速度(実測値) 17Mbps
端末料金 12ヶ月まで月額550円(税込)
13ヶ月以降無料
支払い方法 クレジットカード
キャンペーン なし

エキサイトモバイルWiFiは水濡れや画面割れが起きた場合でも月額料金に含まれた端末保証サービスでカバーできます。また、最初の12ヶ月間はルーターのレンタル料金として月額550円(税込)がかかりますが、13ヶ月目以降はルーターが無料で贈呈されます。1年以上の長期間利用する予定がある方におすすめです。

Charg SPOT Wi-Fi:レンタル充電がついているWiFiプラン

Charge SPOT Wi-Fiがおすすめの人は、スマホをよく利用し充電不足になりがちな人です。なぜなら、Charge SPOT Wi -Fiは、レンタル充電付きのWi-Fiだからです、5日間分無料で充電することができるため、もう充電がないと考えることは無くなります。

月額料金 3,278円〜(税込)
データ容量 100GB
通信速度(実測値) 機種によって異なる
端末料金 0円
支払い方法 クレジットカード
キャンペーン なし

レンタル充電ができる場所は、コンビニや駅、その他カフェなどがあります。30,000箇所以上設置されているので、どこにもないということはありません。詳細は下記のボタンからご覧ください!

クイックWiFi:お試しでレンタルしてみたい人におすすめ

クイックWiFiとは?サービス内容を解説

画像引用:クィックWiFi

 

3つの機能が異なる端末を取り揃えている「クイックWiFi」。Wi-Fiに特化した機器や、スマホの充電にも使用できるルーターなどがあります。クイックWiFiの基本情報は以下の通りです。

月額料金 2,948円(税込)〜
データ容量 50GB、100GB
通信速度(実測値) 10〜17Mbps
端末料金 U3:26,400円G4Max:29,040円
支払い方法 クレジットカード
キャンペーン 8,000円キャッシュバック

クイックWiFiのデータ容量は最大100GB。1日あたりの通信量も無制限のため、自分の好みに合った自由な使い方が可能です。また、クイックWiFiでは8,000円のキャッシュバックも開催中です。さらに、契約してから8日以内であれば無料で解約できるため、お試しで使いたい人にもおすすめです。

機種選びを失敗したくないならチェック|レンタル型Wi-Fiの選び方

利用頻度を決めてから選ぶ
期間限定のキャンペーンがある機種を選ぶ
月額料金が安い機種を選ぶ
通信速度の実測値が速い機種を選ぶ
提供エリア内の機種を選ぶ

1日あたりの利用頻度を決めてから選ぶ

レンタル型Wi-Fiを選ぶ際は、1日あたりの利用頻度を決めてから選ぶことが大切です。1日あたりの利用頻度を確認せずにWi-Fiをレンタルすると、プランの内容によっては無駄に費用を支払うことになったり、Wi-Fiが必要な期間よりもレンタル期間が短くなったりすることがあります。

また、機種のスペックによってもレンタル料が異なり、利用頻度が少なければそこまでハイスペックなものをレンタルする必要はありません。このように、1日あたりの利用頻度から必要となるスペックやプラン、期間などが異なるため、レンタル型Wi-Fiを選ぶ前に、1日あたりの利用頻度を確認しておきましょう。

期間限定のキャンペーンがある機種を選ぶ

レンタル型Wi-Fiを選ぶ際、期間限定のキャンペーンがあるかどうかも重要です。サービスによっては期間限定でキャッシュバックを実施していたり、レンタル料が安くなったりします。また、キャンペーンを利用するとお得になることも多いため、使わない手はないでしょう。

しかし、キャンペーンは提供会社や時期によって提供していない場合もあるため、必ずWi-Fiをレンタルする前に確認しておくようにしましょう。短期間のレンタルの場合、大きくお得になることは少ないですが、長期間レンタルする場合は、キャンペーンを利用するのとしないのとでは大きな差が生まれる可能性もあります。

月額料金が安い機種を選ぶ

キャンペーンを使用する以前に、そもそも月額料金が安いプランがあるかどうかも重要になります。短期間のレンタルであればそこまで差は生まれませんが、長期間レンタルする場合は、月額料金が1,000円ほどの差でも1年で10,000以上安く利用できる可能性があります。

また、同じデータ容量でもサービスによって月額料金が異なります。そのため、どれが安く、かつ自分に合った形でWi-Fiをレンタルできるかという点を比較しながら検討することが重要です。

通信速度の実測値が速い機種を選ぶ

ストレスのないインターネット環境にするためにも、通信速度の実測値が速い機種を選ぶことが重要です。各サービスの公式サイトに「150Mbps」や「50Mbps」など、端末ごとの最大通信速度が記載されています。しかし、これはあくまでも「最大」であり、通信速度の実測値で判断することが重要となります。

通信速度の実測値はWi-Fiを利用する地域によって異なりますが、サービスごとに平均実測値が調べられています。そして、実測値が低いほどダウンロードとアップロードに時間がかかるので、ストレスに感じてしまう可能性も高くなります。レンタル型Wi-Fiを選ぶ際は、通信速度の実測値を事前に確認するようにしましょう。

提供エリア内の機種を選ぶ

レンタル型Wi-Fiを選ぶ際は、自分の住む地域が提供エリア内であることを必ず確認しておきましょう。Wi-Fiには機種によって提供エリアに制限が設けられており、サービスやプランによっては自分の住むエリアでは利用できない可能性があります。提供エリア外の端末を申し込んだ場合、費用を無駄にしてしまうことも考えられます。

費用や時間の無駄を避けるためにも、事前にサービスやプランごとの提供エリアを確認しておき、自分の住む地域が提供エリア内のサービスやプランを申し込みましょう。

ポケット型Wi-Fiのレンタル方法は?わかりやすく手順にわけて解説

各公式サイトから申し込む
端末が自宅に届いたら利用開始
利用期間が終了したら端末を返却する

各公式サイトから申し込む

まずは、レンタル型Wi-Fiを提供するサービスの公式サイトから申し込みます。申し込む際は上記で説明したレンタル型Wi-Fiの選び方を参考にして、自分に合ったものを申し込みましょう。

また、申し込みの際には、利用期間や返却日、返済の方法、レンタル料などはしっかり確認しておくことが大切です。

端末が自宅に届いたら利用開始

レンタル型Wi-Fiは申し込み後に端末が発送され、自宅に届いた時点からWi-Fiを利用することができます。端末が自宅に届いたらすぐに、問題なくWi-Fiを接続できるかどうか機器を確認することが重要です。万が一Wi-Fiが繋がらなかったり、端末や付属の機器が故障していたりする場合は提供会社に問い合わせましょう。

利用期間が終了したら端末を返却する

レンタル型Wi-Fiの利用期間が終了したら、直ちに端末を返却します。なお、返却日までに返却が確認されなかった場合は、延長料金が発生したり、端末代を請求されたりするため、返却日や返却の方法、発送の際にかかる日数はしっかりと確認しておくことが大切です。

また、返却時には、端末と一緒に同封されていたケーブルや設置台も当然、一緒に返却しなければなりません。発送の準備をする際には、必ず付属の機器も一緒に返却しましょう。

WiFiレンタルに関するよくある質問は?

よくある質問と答え

自宅におすすめのレンタル型Wi-Fiは?
急ぎでWiFiをレンタルするにはどうすればいい?
1週間だけWiFiをレンタルするならどこがおすすめ?
店舗で即日WiFiをレンタルするならどこがおすすめ?

自宅におすすめのレンタル型Wi-Fiは?

自宅でレンタル型Wi-Fiを利用するなら、ポケット型Wi-Fiまたはホームルーターがおすすめです。ポケット型Wi-Fiは本記事でも紹介していますが、以下のようなメリットがあります。

・工事不要
・持ち運び可能
・月額料金が安い

手間のかかることが一切ないため手軽に利用開始でき、返却時の発送準備も比較的手間がかからないでしょう。

また、自宅で利用するなら据え置き型のホームルーターもおすすめです。ホームルーターを利用することのメリットは以下の通りです。

・コンセントに挿すだけで利用できる
・データ容量の大きいものが多い
・通信が安定している

ポケット型Wi-Fiに比べて月額料金が若干高くなる場合がありますが、データ容量が大きく、通信が安定しやすいというメリットがあります。中には、通信量が無制限で利用できるものもあります。また、コンセントに挿すだけで利用できるため、難しい機器の設定等も不要です。

急ぎでWiFiをレンタルするにはどうすればいい?

急ぎでWi-Fiをレンタルしたい場合は、即日対応可能なレンタル型Wi-Fiを利用しましょう。本記事で紹介した短期レンタル型Wi-Fiであれば最短で当日中に対応してもらえる場合があります。

また、15時までの申し込みであれば当日中に発送して最短で翌日には利用開始できるサービスもあります。このように、短期レンタル型Wi-Fiであれば当日中に対応してくれる可能性があるため、急ぎの方は利用することをおすすめします。

1週間だけWiFiをレンタルするならどこがおすすめ?

1週間だけWi-Fiをレンタルするなら「WiFiレンタルどっとこむ」がおすすめです。WiFiレンタルどっとこむは20種類以上の端末を貸し出しており、すべて1日単位でレンタルすることが可能です。

また、安い端末で1日496円(税込)から利用できます。1ヶ月単位でレンタルするより1日あたりのレンタル料は高くなってしまいますが、利用したい期間だけレンタルしてすぐに返却できるため、費用を無駄にすることがありません。

店舗で即日WiFiをレンタルするならどこがおすすめ?

店舗で即日Wi-Fiをレンタルするなら「NETAGE」がおすすめです。NETAGEは東京都中央区に店舗を構えており、Webから申し込みをすると最短で約30分後にはレンタル可能になります。

また、返却する場合は店舗に足を運ばず、郵便ポスト投函や宅配便で行うことが可能です。NETAGEは東京都内ですぐにWi-Fi端末を受け取りたい人におすすめです。

まとめ:WiFiをレンタルするなら利用期間を決めてから選ぼう

本記事では、おすすめの短期・長期レンタル型Wi-Fiやレンタルする方法などを紹介しました。レンタル型Wi-Fiをうまく活用するには、利用期間を明確に決めてから選ぶことが大切です。ぜひ本記事を参考にして、自分に最適なWi-Fiをレンタルしましょう。

※他の方はこちらの記事も読んでいます

【2022年】SoftBankAirのターミナル4は遅いって本当?評判や口コミを徹底調査

フレッツ光のおすすめプロバイダはどれ?目的別の選び方を徹底解説

10社のプロバイダー料金一覧表|光回線を選ぶときのポイントも解説

この記事を書いた人

関連記事