<PR>

 

【2024年2月最新】携帯料金を徹底シミュレーション比較!どこがいい?

本ページはプロモーション(広告)が含まれています
mobile-phone-bill

 

「今よりも携帯料金を安くしたい

「キャリアを変えずに割引サービスを利用して携帯料金を安くしたい」

格安SIMは大手キャリアと比較して安いの?格安SIMのデメリットは?」

このように、現在利用している携帯料金に不満があり、他社のプランやサービスが気になっている方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。

携帯料金を安く抑えるためには、通信会社各社のプランやキャンペーンに関する知識のアップデートが第一歩です。

本記事では、3大キャリアと格安SIMの料金形態を比較しながら、携帯料金を安くするために覚えておきたい割引サービスを紹介します。

今よりも携帯料金を安くしたい方は、ぜひ参考にしてください。

キャリア特徴公式サイト
楽天モバイル

楽天モバイル

  • 使ったデータ量分だけ支払可能 アプリ利用で国内通話が無料
  • 楽天ドメインのメールサービスが利用可能
https://network.mobile.rakuten.co.jp/
ドコモ
ドコモ

  • dポイントがザクザク貯められ
  • 山間部や陸島などのエリアで安定した通信ができる
https://www.docomo.ne.jp/
au
au

  • AmazonプライムやDAZNパックなどのセットプランがある
  • Pontaポイントユーザーにおすすめ!
https://www.au.com/
ソフトバンク
ソフトバンク

  • PayPayポイントの還元率がアップする
  • 家族で使うと割引サービスがお得!
https://www.softbank.jp/mobile/
mineo

mineo

  • 基本データ容量を重視したプランと通信速度を重視したプランの2つ
  • ドコモ・au・ソフトバンクの大手キャリア回線に対応
  • 家族や友達同士で余ったパケットを分け合うことも可能
https://mineo.jp/
ahamoahamo
  • シンプルでわかりやすい料金を採用
  • ドコモ由来の補償サービスも充実
  • 国内通話が5分以内無料
https://ahamo.com/
LINEMOLINEMO
  • 最安級 でありながらソフトバンク回線で通信品質も良好
  • 「LINEギガフリー」でLINEアプリのデータ使用量がゼロ
https://www.linemo.jp/
povopovo
  • 基本料金が0円
  • 多彩なトッピングでプラン自由自在
https://povo.jp/
ワイモバイルワイモバイル
  • 余ったデータを翌月に繰り越せる
  • 新規・他社回線からの乗り換えで中古機種が格安で購入できる
https://www.ymobile.jp/
UQモバイルUQモバイル
  • 電気やネット契約のセットでさらに割引
  • 低速通信に切り替えられる「節約モード」でデータ量を節約可能
https://www.uqwimax.jp/mobile/
格安SIMの最新情報!
  • IIJmioの“ありそうでなかった”大容量な新料金プランはどんな人にピッタリ? その可能性を探る
  • Amazonで「AQUOS wish」が1円、ワイモバイルへのMNPで
  • ワイモバイル、グーグル5Gスマホ「Google Pixel 7a」を2月22日に発売

2024/02/23現在

UQモバイルがおすすめ!

UQ

UQモバイルには3つのプランがあり、使い方に合わせて選べます。

料金プラン(税込) こんな人におすすめ!
トクトクプラン
⇨15GBまで2,178円
さらに1GBまでだと990円
データを使っても使わなくてもお得!
コミコミプラン
⇨1回10分以内の国内通話無料と20GBで3,278円
データも通話も使いたい人におすすめ!
ミニミニプラン
⇨4GBまで1,078円
データの利用が少ない方におすすめ!

UQモバイルの自宅セット割とau PAYカードお支払い割の適用時(税込1,287円割引)の料金。

使いきれなかったデータは翌月にくりこしされるので、無駄がありません。

UQモバイルは家族セット割や自宅セット割など割引サービスが豊富です。

そして、2024年2月現在、UQモバイルのキャンペーン最大10,000円相当のau PAY残高還元を実施中です!

>UQモバイルの評判・口コミはこちら

\ データくりこしもできるお得な格安SIM! /

「UQモバイル」
公式サイト

>UQモバイルのキャッシュバックはこちら

>UQモバイルのキャンペーンはこちら

楽天モバイルがお得!

 

 

 

 

楽天モバイルでは、初めてのプラン申し込みとiPhone購入で最大33,000ポイント還元中!

また、回線契約のみでも13,000ポイントが還元されるキャンペーンもおすすめです。

キャンペーンを利用して申し込むなら、ぜひ楽天モバイルをチェックしてみてください!

公式サイト:https://network.mobile.rakuten.co.jp/

>楽天モバイルの評判・口コミはこちら

>楽天モバイルのクーポンはこちら

\ 最強プラン申し込み&対象iPhone購入で最大33,000ポイント還元! /

>楽天モバイルのキャンペーンはこちら

この記事は私が監修しました

高木健太朗

高木健太朗

【WEBメディア企画・運営】

【通信業界で10年の経験を経てWEBメディアサイトを多数運用】

通信業界に10年精通し、格安SIMと光回線の記事を監修。光回線の専門家として通信業界の幅広い知見をもとに、格安SIMと光回線の情報を分かりやすく発信。

マイベストプロ掲載

目次

携帯料金を比較した結果どこがいい?:安くしたいなら楽天モバイル

2024年2月現在、通信会社だけでなく各社で提供しているプランの数は増え、選択肢は多岐にわたります。

キャリア・格安SIM一覧
  • ドコモ
  • au
  • ソフトバンク
  • 楽天モバイル
  • eximo
  • ahamo
  • irumo
  • ワイモバイル
  • LINEMO
  • UQモバイル
  • povo
  • mineo
  • IIJmio
  • イオンモバイル
  • RepairSIM
  • BIGLOBEモバイル
  • HIS Mobile
  • J:COMモバイル
  • LIBMO
  • NUROモバイル
  • OCNモバイルONE
  • y.u mobile
  • exciteモバイル
  • DTI SIM
  • DMM mobile
  • b-mobile
  • QTmobile
  • ロケットモバイル
  • NifMo
  • TONEモバイル
  • 日本通信SIM
  • BIC SIM
  • LinksMate
  • HORIE MOBILE
  • エックスモバイル

これだけの選択肢の中から、ご自身のライフスタイルやスマホの使い方に最適なキャリアとプランを見つけ出すというのは、困難を極めるといっても過言ではありません。

そこで、参考までに大手キャリアと一部の人気格安SIM(音声通話+データ通信)を利用した際の携帯料金を以下の表にまとめました。

キャリア1GB3GB無制限
ドコモ
ドコモ
eximo
~1GBまで:
4,565円
eximo
1~3GBまで:
5,665円
eximo
データ量無制限:
7,315円
au
au
スマホミニプラン 5G/4G
~1GBまで:3,465円
スマホミニプラン 5G/4G
2GB~3GBまで:
5,665円
使い放題MAX 5G/4G
データ量無制限:
7,238円
ソフトバンク
ソフトバンク
ミニフィットプラン+
~1GBまで:
3,278円
ミニフィットプラン+
~3GBまで:
5,478円
メリハリ無制限
データ量無制限:
7,425円
UQモバイル
楽天モバイル
Rakuten最強プラン
~3GBまで:
1,078円
Rakuten最強プラン
20GB超過後:
3,278円
※楽天回線エリアのみ
mineo
mineo
マイピタ
~1GBまで:
1,298円
マイそく
スーパーライト:
250円
ライト:
660円
スタンダード:
990円
プレミアム:
2,200円
※価格は全て税込み

ドコモ、au、ソフトバンクの3大キャリアの料金はおおよそ横並びです。

一方、同じ無制限プランがある楽天モバイルやmineoは、大幅に安い価格であることがわかります。

しかし、楽天モバイルが自社回線を利用するMNO(Mobile Network Operator)であるのに対し、mineoは大手キャリアの回線を間借りしているMVNO(Mobile Virtual Network Operator)という大きな違いがあります。

この違いは通信速度や接続安定性に影響しており、自社回線を利用するMNO(キャリア)の方が快適な通信環境を提供できるのです。

また、上記の表を見る限りでは無制限プランの月額料金が安いのはmineoですが、通信速度に制限があるなどMVNO(格安SIM)特有のデメリットがあるということも覚えておきましょう。

したがって、現在の通信環境に満足しており、月額料金だけ安くしたいという場合には楽天モバイルがおすすめです。

楽天モバイルの評判や口コミを先に知りたい方は、下記記事もあわせてチェックしてください。

【2024年1月最新】楽天モバイルの評判が悪い理由を徹底解説!

以下、楽天モバイルの詳細です。

出典:楽天モバイル

料金プラン(税込) Rakuten 最強プラン
  • 3GBまで:1,078円
  • 20GBまで:2,178円
  • 上限なし:3,278円
国内通話料金(税込)
  • 22円/30秒
  • Rakuten Linkアプリ利用で国内通話無料
オプション(税込)
  • 留守番電話:無料
  • 割込通話/通話保留:無料
  • 国際SMS:無料
  • 通話転送:無料
  • SMS:無料
  • テザリング:無料
  • 15分(標準)通話かけ放題:1,100円/月
  • 国際通話かけ放題:980円/月
店舗情報 楽天モバイルショップ:全国に1,000店以上
通信回線
  • 楽天回線
  • au回線(パートナー回線利用時)
通信速度
  • 平均ダウンロード速度: 131.04Mbps
  • 平均アップロード速度: 35.07Mbps
引用:みんなのネット回線速度 ※2024/02/23時点 最新情報は引用元から確認できるが、当サイト記載の数値と違う場合あり
支払い方法
  • クレジットカード
  • デビットカード口座振替
  • 代金引換
  • 楽天ポイント利用
eSIM対応 対応あり

楽天モバイルは高速データ無制限プランが3,278円と大手キャリアの半額以下で利用できる上に、「Rakuten Link」という専用アプリを使えば通話料もかかりません。

mineoのプレミアム(最大通信速度3Mbps)プランと比べれば1,000円ほど高いものの、価格差以上の快適な利用環境が手に入ります。

携帯料金を安くしたい方、大手キャリアから格安SIMへ乗り換えたいけどどこにしようか迷っている方はぜひご検討ください。

楽天モバイル評判・口コミはこちら

楽天モバイルクーポンはこちら

\ キャンペーンでiPhone 最大12,000円相当ポイント還元! /

楽天モバイルのキャンペーンはこちら

>楽天モバイルのキャッシュバックはこちら

携帯料金を比較シュミレーション(格安SIM)

携帯料金を比較シュミレーション(格安SIM)

3大キャリアと比較すると基本料金が安い格安SIMですが、どのような料金プランを提供しているのでしょうか。

まずは人気格安SIMの携帯料金を簡単に比較したので、参考にしてください。

格安SIM携帯料金プラン
mineo
mineo
「マイピタ」
1GB
デュアルタイプ:1,298円
シングルタイプ:880円
5GB
デュアルタイプ:1,518円
シングルタイプ:1,265円
10GB
デュアルタイプ:1,958円
シングルタイプ:1,705円
20GB
デュアルタイプ:2,178円
シングルタイプ:1,925
「マイそく」
ライト
最大300kbps:660円
スタンダード
最大1.5Mbps:990円
プレミアム
最大3Mbps:2,200円
スーパーライト
最大32kbps:250円
ahamo
ahamo
ahamo
20GB:2,970円
ahamo大盛り
100GB:4,950円
irumo
irumo
3GB:2,167円
6GB:2,827円
9GB:3,377円
UQモバイル
UQモバイル
ミニミニプラン
4GB:2,365円
トクトクプラン
15GB:3,465円
コミコミプラン
20GB:3,278円
ワイモバイル
ワイモバイル
シンプルS
3GB:2,178円
シンプルM
15GB:3,278円
シンプルL
25GB:4,158円
LINEMO
LINEMO
ミニプラン
3GB:990円
スマホプラン
20GB:2,728円
povo
povo
データ使い放題
24時間330円/回
データ追加1GB
7日間390円/回
データ追加3GB
30日間990円/回
データ追加20GB
30日間2,700円/回
データ追加60GB
90日間6,490円/回
データ追加150GB
180日間12,980円/回
DAZN使い放題パック
7日間925円/回
smash.使い放題パック
24時間220円/回
※価格は全て税込み

上記の通り格安SIMでは1GBから100GBまでさまざまなプランを提供しており、必要に応じて格安価格でデータ通信量を選ぶことができます。

また、「mineo」や「povo」では通信速度は異なりますが、無制限のプランも提供しています

最適な格安SIMを見つけるためにも、まずはご自身のライフスタイルやスマホの使い方をふり返り、何を重視するのか、どんなオプションが必要なのかを洗い出してみましょう。

ここからは、下記の項目について詳しく解説します。

  • 無制限プランで携帯料金を比較
  • 20GB以上の大容量のプラン料金比較
  • 低容量プランで携帯料金を比較

無制限プランで携帯料金を比較

無制限プランで携帯料金を比較

データ通信量を気にせずに、無制限で高画質の動画視聴やオンラインゲームを楽しみたい方には「無制限プラン」がおすすめです。

無制限プランがある格安SIMにはmineo楽天モバイルがあり、povoは期間限定で無制限利用が可能です。

それぞれの料金を比較し、以下の表にまとめたので参考にしてください。

格安SIMプラン
mineoスーパーライト
(最大32kbps)
:250円
ライト
(最大300kbps)
:660円
スタンダード
(最大1.5Mbps)
:990円
プレミアム
(最大3Mbps)
:2,200円
楽天モバイル3,278円
※楽天回線のみ
povo990円
※1回24時間
※価格は全て税込み

mineoにはマイピタとマイそくの2つのプランがありますが、上記のマイそくプランでは通信速度の範囲内であればデータ通信が無制限です。

mineoの「マイそく」プレミアム(最大3Mbps)は、格安SIMの中でも一番安い料金プランですので手軽に利用できます。

ただし、無制限のデータ通信を安く利用できる代わりに、平日お昼の12時から13時まで通信速度が制限されるという条件付きのため注意が必要です

楽天モバイルと比較すると断然安いことがわかりますので、通信速度を気にしない方にはおすすめです。

20GB以上の大容量のプラン料金比較

20GB以上の大容量のプラン料金比較

動画視聴やオンラインゲームなどをされる方で無制限ほどデータ通信量は必要ないが、満足にコンテンツを楽しみたいという方には20GB以上のデータ通信量がおすすめです。

20GBまでのプランは格安SIMでも比較的多いですが、20GB以上のデータ容量を用意しているキャリアは少ない傾向にあります。

それぞれの格安SIMが提供している大容量プラン(20GB以上)の料金を比較し、以下の表にまとめました。

格安SIMデータ量/料金
ahamo100GBまで:4,950円
HISモバイル50GBまで:5,990円
ワイモバイル~25GBまで4,158円
イオンモバイル50GBまで:5,258円
※価格は全て税込み

50GBまでの提供は「HISモバイル」や「イオンモバイル」、25GBまでは「ワイモバイル」が利用できます。

ahamo」のみ100GBという大盛りプランがあります。

料金面は高くついてしまうかもしれませんが、「家族割」「セット割」を適用することで、携帯料金を安くすることが可能です。

低容量プランで携帯料金を比較

低容量プランで携帯料金を比較

日常利用の中で、そこまでデータ通信を利用しないという方もいらっしゃるでしょう。

そんな無制限プラン・大容量プランが必要ないという方のために、低容量プランでできることを表にまとめました。

データ容量できること
~1GBWebサイト約3,000ページの閲覧
約50時間のLINE音声通話
Youtube360p画質で約3時間の動画視聴
~3GBWebサイト約10,000ページの閲覧
約160時間のLINE音声通話
Youtube360p画質で約9時間の動画視聴
約750曲の音楽が聞ける
~20GBWebサイト約66,000ページの閲覧
約1,100時間のLINE音声通話
Youtube360p画質で約60時間の動画視聴
約4,000曲の音楽が聞ける

月額料金は通信会社によって異なるため、1GB・3GB・20GBそれぞれで料金を比較してみましょう。

通話専用としても!1GBまでのプラン料金比較

スマホは通話メインで、少しだけWeb閲覧やメールを利用する程度の方は1GBで十分です。

格安SIMそれぞれが提供している1GBまでの料金を比較し、以下の表にまとめました。

格安SIM1GBまでの月額料金
mineo1,298円
HISモバイル550円
イオンモバイル858円
※価格は全て税込み

1GBの料金を比較してみると、最安値は「HISモバイル」月額550円(税込)、次に「mineo」1,298円(税込)です

料金面で見ると「HISモバイル」が圧倒的に安く利用できる格安SIMといえるでしょう。

3GBまでのプラン料金比較

3GBまでのプランは、日々のWeb閲覧・SNS・メール・音楽視聴などのインターネット通信を楽しみたい方におすすめです。

格安SIMそれぞれが提供している、3GBまでの料金を以下の表にまとめました。

格安SIM3GBの月額料金
ワイモバイル2,178円
irumo2,167円
HISモバイル770円
※価格は全て税込み

料金の安さは1GB同様「HISモバイル」770円(税込)、次いで「irumo」と「ワイモバイル」がほぼ横並びです

「ワイモバイル」は料金が高めの印象ですが、「家族割引サービス」を適用することでお得に利用できます。

20GBまでのプラン料金比較

自宅にひかり回線がなく、ネットサーフィン・動画視聴・音楽視聴などのインターネット通信を楽しみたい方におすすめのデータ通信料は約20GBです。

格安SIMそれぞれが提供している、20GBまでの料金を比較し、以下の表にまとめました。

格安SIM20GBの月額料金
mineo2,178円
ahamo2,970円
ワイモバイル2,178円
UQモバイル3,278円
HISモバイル2,190円
※価格は全て税込み

「mineo」「ワイモバイル」「HISモバイル」は、ほぼ横並びの金額で数十円程度の差です。

また、ワイモバイルは「家族割引サービス」、UQモバイルは「自宅セット割」を適用することでお得に利用することが可能です。

携帯料金を大手キャリアで比較シュミレーション(ドコモ・au・ソフトバンク)

格安SIMがどれほど低価格であっても、大手キャリアが提供する通信環境やキャンペーンはとても魅力的です。

さらに、全国各地にショップが点在しているため、有事の際の安心感もあります。

3大キャリアの料金プランをおさらいしましょう。

データ容量ドコモauソフトバンク
1GBeximo
4,565円
スマホミニプラン 5G/4G
3,465円
ミニフィットプラン+
3,278円
3GBirumo
2,167円
スマホミニプラン 5G/4G
5,665円
ミニフィットプラン+
5,478円
6GBirumo
2,570円
20GBahamo
2,970円
無制限eximo
7,315円
使い放題MAX 5G/4G
7,238円
メリハリ無制限+
7,425円
※価格は全て税込み

本項では、様々な理由から大手キャリアを使い続けたい方に向けて、現在のキャリアのまま安く利用する方法を解説します。

  • 携帯料金を安くしたいなら(ドコモ)
  • 携帯料金を安くしたいなら(au)
  • 携帯料金を安くしたいなら(ソフトバンク)

携帯料金を安くしたいなら(ドコモ)

ドコモユーザーの方が携帯料金を安くするには、以下に挙げる2つの方法があります。

ドコモで携帯料金を安くする方法
  • データ無制限を利用しないなら→「irumo」か「ahamo」へプラン変更
  • データ無制限を利用するなら→「みんなドコモ割」や「ドコモ光セット割」などの各種割引を活用

まずは毎月のデータ利用量を確認して、6GB以下であれば「irumo」へ、6GB以上であれば「ahamo」へプラン変更しましょう。

データ量irumoahamo
3GB2,167円
6GB2,570円
20GB2,970円
100GB4,950円
※価格は全て税込み

データ通信を多く利用する方でも、毎月100GBも使わないというなら、「eximo」から「ahamo」へプラン変更するだけで2,365円安くなります

次に、家族にドコモユーザーがいる場合や自宅で「ドコモ光」を利用している場合は、各種割引の適用で「eximo」の月額料金を安くできます。

ただし、「irumo」と「ahamo」は「みんなドコモ割」と「ドコモ光セット割」対象外のため、回線数としてカウントはできても各種割引を適用できません。

割引サービス名割引額
みんなドコモ割
(2回線)
-550円/月
みんなドコモ割
(3回線以上)
-1,100円/月
ドコモ光セット割-1,100円/月
dカードお支払い割 -187円/月
※価格は全て税込み

割引を全て適用できれば最大2,387円の割引が受けられるため、「eximo」無制限(3GB以上)の月額料金を4,928円まで安くすることが可能です。

「ahamo大盛り」が月額4,950円ですから、条件さえ揃えばデータ無制限プランの方が数十円安く使えます。

したがって、ドコモをお得に使い続けるなら以下のパターンでの利用を検討しましょう。

ドコモで携帯料金を安くする方法まとめ
  • 毎月6GBまでしか使わない→「irumo」
  • 毎月6GBまでしか使わないけれど通話をちょこちょこする→「ahamo」
  • 毎月6GB以上使うけれど20GBまでは使わない→「ahamo」
  • 毎月20GB以上使うけれど全ての割引サービスが受けられない→「ahamo大盛り」
  • 毎月10GB以上使って全ての割引サービスが受けられる→「eximo」
  • 毎月100GB以上使う→「eximo」

>ドコモキャンペーンはこちら

\ 低容量プランも無制限プランもドコモにお任せ! /

>ドコモクーポンはこちら

携帯料金を安くしたいなら(au)

料金プランが比較的シンプルなauでは、安く利用したいなら各種割引を利用しましょう。

auで携帯料金を安くする方法
  • 家族にauユーザーがいる→「家族割プラス」で月額料金550~1,100円割引
  • 「auひかり」などのインターネットサービスを利用する→「auスマートバリュー」で月額料金1,100円割引
  • au PAY カードで利用料金を支払う→「au PAY カードお支払い割」で月額料金110円割引

auでは22歳以下の新規契約やガラケーからのプラン変更であれば、お得な「スマホスタートプラン」の利用が可能です。

22歳以下、もしくはガラケーからのプラン変更に該当しない場合は、各種割引を適用させてお得に利用しましょう。

割引サービス名割引額
家族割プラス
(2回線)
-550円/月
※スマホミニプランの場合は-220円/月
家族割プラス
(3回線以降)
-1,100円/月
※スマホミニプランの場合は-550円/月
auスマートバリュー
※スマホミニプランの場合
-550円/月
auスマートバリュー-1,100円/月
au PAY カードお支払い割-110円/月
※スマホミニプランの場合は-187円/月
※価格は全て税込み

割引を全て適用できれば最大2,310円の割引が受けられるため、「使い放題MAX 5G/4G」の月額料金を4,928円まで安くできます。

「スマホミニプラン」を利用中の場合でも、最大1,287円の割引が適用になるため、3GBの契約なら4,378円で利用可能です。

また、「家族割プラス」か「auスマートバリュー」どちらかしか適用できない場合でも、スマホミニプラン(3GB)との差額は1,000円ほどのため、ストレスフリーな「使い放題MAX 5G/4G」の利用がおすすめです。

auで携帯料金を安くする方法まとめ
  • 毎月3GBまでしか使わない→「スマホミニプラン 5G/4G」
  • 毎月3GB以上使う→「使い放題MAX 5G/4G」
  • 「家族割プラス」もしくは「auスマートバリュー」が適用できる→「使い放題MAX 5G/4G」

>auのクーポンはこちら

\ 割引サービスでお得に活用しよう! /

>auのキャンペーンはこちら

携帯料金を安くしたいなら(ソフトバンク)

auと同じく比較的シンプルな料金プランのソフトバンクでは、料金を安くする方法は以下に挙げる2つです。

ソフトバンクで携帯料金を安くする方法
  • 毎月2GBまでしか使わない→「ミニフィットプラン+」
  • 毎月2GB以上使う→「メリハリ無制限+」

毎月2GBまでしか使わないのであれば、適用可能な「おうち割光セット」で1,100円の割引になって「ミニフィットプラン+」が3,278円(税込)と安いです。

ただし、毎月3GBまで使う場合は「ミニフィットプラン+」が各種割引を適用しても4,378円と割高なのに対し、「メリハリ無制限+」が4,928円(税込み、全ての割引適用後)と数百円の差で利用できます

割引サービス割引額
新みんな家族割-1,210円/月
おうち割光セット-1,100円/月
PayPayカード割-187円/月

また、PayPayを日常的に利用する方であれば、PayPayポイントがザクザク貯まる「ペイトク無制限」を利用するのも良さそうです。

もしも各種割引が適用にならない環境であれば、この機会に家族みんなでソフトバンクへの乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか。

ソフトバンクで携帯料金を安くする方法まとめ
  • ソフトバンクユーザーの有無に関わらず毎月2GBまでしか使わない→「ミニフィットプラン+」
  • ソフトバンクユーザーが一人しかいない+毎月3GBまでしか使わない→「ミニフィットプラン+」
  • ソフトバンクユーザーが一人しかいない+「Softbank光・Air」に加入している→「メリハリ無制限+」
  • ソフトバンクユーザーが二人以上いる+毎月2GB以上使う→「メリハリ無制限+」
  • ソフトバンクユーザーが二人以上いる+「Softbank光・Air」に加入している+PayPayの利用頻度が高い→「ペイトク無制限」

ソフトバンク公式サイト:https://www.softbank.jp/

\ メリハリ無制限やスマホデビュープランがおすすめ /

>ソフトバンクのキャンペーンはこちら

携帯料金を比較してわかるおすすめキャリア

携帯料金を比較して分かったキャリアごとの特徴は、以下のとおりです。

キャリア 特徴

mineo

  • 格安SIMが初めてな方にもわかりやすい料金プラン
  • 通信速度ごとに選べる独自サービス「マイそく」でデータ通信が無制限
ahamo
  • ドコモの低容量プラン
  • 格安SIMの中でもダントツの通信速度
楽天モバイル
  • データ無制限が可能なおすすめ格安SIM
  • 専用アプリRakuten Linkで通話料0円
povo
  • 基本料金0円
  • 自身の使い方に合わせて自由にトッピング可能
HISモバイル
  • 3GBまでのプランで最安値
  • 安定した通信品質
イオンモバイル
  • 20GB以上の大容量プランが豊富
  • WAONポイントもザクザク貯まりお得
ワイモバイル
  • 家族割やセット割で基本料金がお得
  • キャンペーンが豊富
UQモバイル
  • プラン変更でよりユーザーが使いやすい料金設計
  • 家族割、セット割でスマホ料金がお得に
LINEMO
  • 格安料金に加え、ソフトバンク回線で通信速度も安定
  • カウントフリー機能でLINEサービス使い放題

ここからは各キャリアの携帯料金について詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてください。

大手キャリアで選ぶならドコモ

出典:ドコモ

プラン・料金(税込)

  • eximo
    〜1GB:4,565円
    1GB〜3GB:5,665円
    無制限:7,315円
  • はじめてスマホプラン(1GB):1,980円
  • U15初めてスマホプラン(5GB):1,980円
  • U15初めてスマホプラン(10GB):2,860円
オプション(税込)
  • 5分通話無料オプション:880円
  • かけ放題オプション:1,980円
通信速度

平均ダウンロード: 120.75Mbps

平均アップロード: 14.1Mbps

※出典:みんなのネット回線速度(2024/02/23時点の情報)

店舗 あり
支払い方法
  • クレジットカード
  • 口座振替

大手3キャリアの中から選ぶなら「ドコモ」がおすすめです。

以下に割引サービスをまとめたので、参考にしてください。

ドコモの割引サービス
  • ドコモ光セット割
    「ドコモ光」定額プラン-1,100円(税込)割引き
    「ドコモ光」2段階定額プラン永年-550円(税込)割引き
  • みんなドコモ割
    1回線:-0円
    2回線:-550円(税込)
    3回線:-1,100円(税込)

ドコモでは、データ通信を多く使う方も少ない方も自身にあわせて選べる料金プランを提供しています。

また、「みんなドコモ割」や「ドコモ光セット割」などの割引サービスも手厚いのが魅力といえるでしょう。

>ドコモキャンペーンはこちら

\ オンラインショップからの申し込みで端末がお得! /

>ドコモクーポンはこちら

Pontaポイントユーザーならau

出典:au

料金プラン(税込)
  • 使い放題MAX 5G/4G:7,238円

※他料金プランあり

国内通話料金(税込) 22円/30秒
オプション(税込)
  • 通話定額ライト2:880円(1回5分以内の国内通話が24時間かけ放題)
  • 通話定額2:1,980円(国内通話が24時間かけ放題)

※一部かけ放題の対象外となる通話があります。

    店舗情報 あり
    通信回線 au
    通信速度
    • 平均ダウンロード速度: 102.17Mbps
    • 平均アップロード速度: 16.33Mbps

    参考:みんなのネット回線速度

    2024/02/23時点 最新情報は引用元から確認できるが、当サイト記載の数値と違う場合あり

    支払い方法
    • クレジットカード
    • 口座振替
    eSIM対応 対応あり

    地域や日常の利用シーンにおいて、「ドコモ」の通信環境に不満を持つ事が多いなら「au」がおすすめです。

    3大キャリアの一つとして接続安定性に長けるのはもちろんのこと、Pontaポイントが貯まりやすいといった目に見えるメリットがあります。

    乗り換えの際に端末購入を検討する方にとっても、大手ならではのお得なキャンペーンが常に実施されているのは魅力と言えるでしょう。

    >auのクーポンはこちら

    \ 機種購入がお得になる豊富なキャンペーン /

    >auのキャンペーンはこちら

    破格の値段で無制限利用もできるmineo

    mineo出典:mineo

    料金プラン(税込)

    マイピタ

    【音声通話+データ通信】

    • 1GB:1,298円
    • 5GB:1,518円
    • 10GB:1,958円
    • 20GB:2,178円

    マイそく

    【音声通話+データ通信】

    • スタンダード(最大1.5Mbps):990円
    • プレミアム(最大3Mbps):2,200円
    • ライト(最大300kbps):660円
    • スーパーライト(最大32kbps):250円

      ※データ通信のみは別料金

      国内通話料金(税込) 22円/30秒
      オプション(税込)
      • 10分かけ放題:550円/月
      • 時間無制限かけ放題:1,210円/月
      • 家族割引:−55円

      (デュアルタイプ3回線目以降は−165円)

      • 複数回線割引:−55円
      店舗情報 全国193箇所(mineoショップ/mineoスポットは14箇所)
      通信回線
      • ドコモ
      • au
      • ソフトバンク
      通信速度
      • 平均ダウンロード速度: 44.56Mbps
      • 平均アップロード速度: 10.58Mbps
      参考:みんなのネット回線速度 ※2024/02/23時点 最新情報は引用元から確認できるが、当サイト記載の数値と違う場合あり
      支払い方法 クレジットカード
      eSIM対応 対応あり

      最安と言っていいほど携帯料金を安くできる携帯会社として「mineo」をおすすめします。

      携帯電話料金を安く抑えたい方向けの格安SIMです。

      必要な分だけ必要に応じて契約できる点が「mineo」の魅力といえるでしょう。

      mineoの評判・口コミはこちら

      \ 下記のリンクからのみ!mineo × 引越れんらく帳SIM乗り換えガイド事務手数料無料のキャンペーン! /

      ※お試し200MBコース、マイそくスーパーライトをお申し込みの場合は適用対象外となります。

      mineoキャンペーンはこちら

      データ無制限や通話メインで使うなら楽天モバイル

      出典:楽天モバイル

      料金プラン(税込) Rakuten 最強プラン
      • 3GBまで:1,078円
      • 20GBまで:2,178円
      • 上限なし:3,278円
      国内通話料金(税込)
      • 22円/30秒
      • Rakuten Linkアプリ利用で国内通話無料
      オプション(税込)
      • 留守番電話:無料
      • 割込通話/通話保留:無料
      • 国際SMS:無料
      • 通話転送:無料
      • SMS:無料
      • テザリング:無料
      • 15分(標準)通話かけ放題:1,100円/月
      • 国際通話かけ放題:980円/月
      店舗情報 楽天モバイルショップ:全国に1,000店以上
      通信回線
      • 楽天回線
      • au回線(パートナー回線利用時)
      通信速度
      • 平均ダウンロード速度: 131.04Mbps
      • 平均アップロード速度: 35.07Mbps
      引用:みんなのネット回線速度 ※2024/02/23時点 最新情報は引用元から確認できるが、当サイト記載の数値と違う場合あり
      支払い方法
      • クレジットカード
      • デビットカード口座振替
      • 代金引換
      • 楽天ポイント利用
      eSIM対応 対応あり

      データ無制限や通話メインで使うなら「楽天モバイル」がおすすめです

      以下に料金プラン・通話オプション・割引サービスをまとめたので、参考にしてください。

      楽天モバイルでは、通話アプリ「Rakuten Link」から発信することで、通話料金が無料になるため日常的に通話時間が多い方におすすめです。

      その他に通話オプション「15分(標準)通話かけ放題」も提供しているため、アプリ経由での発信が苦手な方はこちらを使用すると良いでしょう。

      楽天モバイル評判・口コミはこちら

      楽天モバイルクーポンはこちら

      \ iPhone 最大33,000円相当ポイント還元! /

      楽天モバイルのキャンペーンはこちら

      >楽天モバイルのキャッシュバックはこちら

      サブ回線として0円運用もできるpovo

      povo
出典:povo

      月額料金(税込)

      基本料金0円

      • データ使い放題(24時間):330円/回
      • データ追加1GB(7日間):390円/回
      • データ追加3GB(30日間):990円/回
      • データ追加20GB(30日間):2,700円/回
      • データ追加60GB(90日間):6,490円/回
      • データ追加150GB(180日間):12,980円/回
      国内通話料(税込) 22円/30秒
      通常の通信速度

      平均ダウンロード速度: 104.92Mbps

      平均アップロード速度: 16.21Mbps

      出典:みんなのネット回線速度(2024/02/23時点の情報)

      店舗情報 なし
      eSIM対応 対応
      利用可能回線 au回線

      povoは、基本料金0円での運用もできるため、サブ回線としてもおすすめです。

      「povo」は割引サービスがありませんが、基本料金0円で必要に応じてトッピングしていくことで、オリジナルの料金プランをつくることができます。

      また、データをトッピングしなくても低速でのデータ通信が可能なため、0円での運用が可能です。

      povoの新規・MNPのお申し込みは「povo2.0アプリ」で簡単にお手続き!

      povo2.0アプリの申し込み手順
      1. 下記の「povo|新規・MNPの方はこちら!」のボタンをクリックしてインストール
      2. 「利用契約・プライバシーポリシー」を読み「初めての方はこちら」をクリック
      3. メールアドレスでアカウント登録
      4. 「SIMタイプ」と「契約タイプ」を選択して申し込みを確認して申し込み完了

      \ 7日間データ使い放題キャンペーン開催中 /

      povoの評判・口コミはこちら

      povoのキャンペーンはこちら

      3GBまでならHISモバイルが最安

      出典:HISモバイル

      月額基本料金(税込)

      【自由自在プラン】※音声通話
      • 1GB:月額550円
      • 3GB:月額770円
      • 7GB:月額990円
      • 20GB:月額2,190円
      • 50GB:月額5,990円

      ※1GB契約で、100MB未満の利用月は月額290円

      ※データのみは別料金

      オプション(税込)

      • 5分かけ放題オプション:月額500円
      • 完全かけ放題オプション:月額1,480円
      • データ追加:200円~/1GB
      通話料金(税込) 9円/30秒
      通信回線
      • ドコモ回線
      • ソフトバンク回線(ビタッ!プランのみ)
      通信速度

      平均ダウンロード速度: 77.91Mbps

      平均アップロード速度: 18.77Mbps

      ※参考:「みんなのネット回線速度」 上記は2024/02/23時点の情報 最新情報は出典から確認でき、当サイト記載の数値と乖離する可能性があります。

      店舗情報
      • HISモバイルステーション各店
      • J-PICモバイルステーション各店
      • アイサポ各店
      eSIM対応 あり

      データ通信量3GBまでなら「HISモバイル」が最安値で利用できる格安SIMです。

      スマホをあまり使わない方なら安く利用できますが、たっぷり使いたい方もHISモバイルはお得に利用できます。

      「自由自在プラン」なら、20GBと50GBの大容量も選べる上に5分のかけ放題が無料で付いて2,190円から(20GBの場合)使えますので、気になる方はチェックしてみて下さい。

      「HISモバイル」は割引サービスがありませんが、低価格な料金設定が魅力です。

      携帯料金を安く抑えたい方は、HISモバイルがおすすめです。

      HISモバイルの評判・口コミはこちら

      \ 契約事務手数料キャッシュバックキャンペーン実施中! /

      >HISモバイルのキャンペーンはこちら

      20GB以上の大容量ならイオンモバイル

      出典:イオンモバイル

      月額料金(税込)

      音声プラン(音声通話+データ通信)

      【さいてきプラン】

      • 0.5GB:803円
      • 1GB:858円
      • 2GB:968円
      • 3GB:1,078円
      • 4GB:1,188円
      • 5GB:1,298円
      • 6GB:1,408円
      • 7GB:1,518円
      • 8GB:1,628円
      • 9GB:1,738円
      • 10GB:1,848円

      【さいてきプランMORIMORI】

      • 20GB:1,958円
      • 30GB:3,058円
      • 40GB:4,158円
      • 50GB:5,258円

      【やさしいプラン】

      • 0.2GB:748円
      • 3GB:858円
      • 6GB:1,188円
      • 8GB:1,408円

      ※データプランのみは別料金

      オプション(税込)
      • イオンでんわフルかけ放題:月額1,650円
      • イオンでんわ10分かけ放題:月額935円
      • イオンでんわ5分かけ放題月額:550円
      • 050かけ放題:月額1,078円
      国内通話料(税込) 11円/30秒
      通常の通信速度

      平均ダウンロード速度: 41.56Mbps

      平均アップロード速度: 10.37Mbps

      出典:みんなのネット回線速度(2024/02/23時点の情報)

      利用可能回線
      • ドコモ回線
      • au回線
      店舗情報 全国200店舗以上のイオン
      eSIM対応 なし

      データ通信量を20GB以上使用する方におすすめの格安SIMは「イオンモバイル」です。

      イオンモバイルの「さいてきプランMORIMORI」なら20GB 1,958円(税込)、50GB 5,258円(税込)で利用できます。

      動画視聴やオンラインゲームを利用する方におすすめの格安SIMといえるでしょう。

      >イオンモバイルの評判・口コミはこちら

      \ 乗り換えでWAONポイントプレゼント! /

      >イオンモバイルのキャンペーンはこちら

      家族で使うならワイモバイル

      出典:ワイモバイル

      料金プラン(税込)

      2023/10/3〜ギガマシマシ!新プラン登場

      • シンプル2 S:4GB 2,365円
      • シンプル2 M:20GB 4,015円
      • シンプル2 L:30GB 5,115円
            国内通話料金(税込) 22円/30秒
            オプション(税込)
            • データくりこし:無料
            • データ増量オプション:550円
            • だれとでも定額+:880円
            • スーパーだれとでも定額+:1,980円
            • 故障あんしんパックプラス:759円
            • 持込端末保証:715〜1,580円
            店舗情報
            • ワイモバイルショップ:取扱店が全国に約4,000店
            • ワイモバイルショップ:全国約2,600店
            通信回線 ソフトバンク回線
            通信速度
            • 平均ダウンロード速度: 88.79Mbps
            • 平均アップロード速度: 16.25Mbps
            引用:みんなのネット回線速度 ※2024/02/23時点 最新情報は引用元から確認できるが、当サイト記載の数値と違う場合あり
            支払い方法
            • クレジットカード
            • 口座振替
            • PayPay残高
            eSIM対応 対応あり

            家族みんなで使うなら「ワイモバイル」がおすすめです。

            ワイモバイルの「家族割引サービス」は、2回線目以降が1,188円割引になるため、家族みんなで利用すると家族の携帯料金を総合的に安く抑えることが可能です。

            また、家族割に加えて「おうち割 光セット(A)」を適用により、さらに1,188円割引かれるため携帯料金を効果的に抑えることができるでしょう。

            ワイモバイルの料金シミュレーションをしている記事がありますので、併せてご覧ください。

            ワイモバイルの評判・口コミはこちら

            >ワイモバイルのクーポンはこちら

            \ PayPayポイントも端末セールもお得! /

            ワイモバイルのキャッシュバックはこちら

            光や電気とのセット割ならUQモバイル

            出典:UQモバイル

            料金プラン(税込)
            • ミニミニプラン(4GB):2,365円
              *自宅セット割+au PAYカード支払い割適用時:1,078円

            • トクトクプラン(15GB):3,465円
              *自宅セット割+au PAYカード支払い割適用時:2,178円
              *1GB以下利用月は-1,188円割引

            • コミコミプラン(20GB):3,278円
              *10分以内の国内通話無料
                国内通話料金(税込) 22円/30秒
                店舗情報
                • au Style
                • auショップ
                • UQスポット 
                • UQ mobile取扱店(日本全国2,700店舗以上展開中)
                通信回線 au
                通信速度
                • 平均ダウンロード速度: 109.08Mbps
                • 平均アップロード速度: 17.04Mbps
                参考:みんなのネット回線速度 ※2024/02/23時点 最新情報は引用元から確認できるが、当サイト記載の数値と違う場合あり
                支払い方法
                • クレジットカード
                • 口座振替
                • 自動振込(ゆうちょ)
                eSIM対応 対応あり

                ひかり回線や電気とのセット割なら「UQモバイル」がおすすめです。

                UQモバイルでは、インターネット+でんわもしくはauでんきとスマホをセットで契約すると、「自宅セット割」が利用できます。

                家族や一人暮らしは問わず、条件をクリアすれば誰でも利用できるお得な割引です。

                UQモバイル評判・口コミはこちら

                UQモバイルクーポンはこちら

                \ 最大10,000円相当のau PAY残高還元! /

                UQモバイルキャッシュバックはこちら

                >UQモバイルキャンペーンはこちら

                カウントフリーも使えるLINEMOもおすすめ

                出典:LINEMO

                料金プラン(税込)
                • ミニプラン:3GB 990円
                • スマホプラン:20GB 2,728円
                  国内通話料金(税込) 22円/30秒
                  オプション(税込)
                  • 通話準定額:550円/月
                  • 通話定額:1,650円/月
                  • 持込端末保証 with AppleCare Services:950円~/月
                  • 持込端末保証:715円/月
                  • 留守電パック:220円/月
                  • フィルタリング:無料
                  店舗情報 なし
                  通信回線 ソフトバンク回線
                  通信速度
                  • 平均ダウンロード速度: 66.78Mbps
                  • 平均アップロード速度: 14.75Mbps
                  引用:みんなのネット回線速度 ※2024/02/23時点 最新情報は引用元から確認できるが、当サイト記載の数値と違う場合あり
                  支払い方法
                  • クレジットカード
                  • 口座振替
                  • PayPay残高
                  eSIM対応 対応あり

                  LINEMOはLINEのトークや通話などが使い放題のカウントフリーが使える利便性が高い格安SIMです。

                  データ通信量を消費しやすいビデオ通話の際も、データ消費ゼロで使い放題のため日常的にLINEを使用している方におすすめです。

                  LINEMOの評判・口コミはこちら

                  LINEMOのクーポンはこちら

                  \ 3GBのミニプランが実質半年間無料! /

                  LINEMOキャンペーンはこちら

                  乗り換え時に携帯料金をさらに安くする方法

                  現在のキャリアから乗り換える際、携帯料金を今よりも安くする方法があります。

                  大手キャリアから格安SIMへ乗り換えるなら簡単ですが、大手から大手へ乗り換えるとなると、安くする方法を知っているのと知らないのとでは大きな差が生じることもあるので注意しましょう。

                  そこで本項では、乗り換え時に損をしないために、携帯料金を今よりも安くする方法について解説します。

                  • 大手キャリアで適用される割引サービスを利用
                  • 家族割適用後の携帯料金比較
                  • セット割適用後の携帯料金比較
                  • 大手キャリアでは3GBまでのプランでも割引される
                  • データ通信のみプランを利用する
                  • 通話料金はアプリを使えば半額
                  • 通話オプション比較

                  大手キャリアで適用される割引サービスを利用

                  ドコモ・au・ソフトバンクで提供中の3GB未満の方が申し込みできる割引サービスは、以下のとおりです。

                  ドコモauソフトバンク
                  家族割<ファミリー割引>
                  家族間の国内通話料が無料
                  <みんなドコモ割>
                  1回線:-0円
                  2回線:-550円(税込)
                  3回線:-1,100円(税込)
                  ※対象:eximo・irumo
                  <家族割プラス>
                  2回線:永年220円(税込)
                  割引き3回線以上:永年550円(税込)割引き
                  ※対象プランスマホミニプラン5G/4G
                  <家族割®>
                  家族間の国内通話料
                  ・SMS送信料が24時間無料
                  <新みんな家族割>
                  2人:-660円(税込)
                  3人:-1,210円(税込)

                  ※対象プランデータプランメリハリ無制限
                  セット割<ドコモ光セット割>
                  ①「ドコモ光」定額プラン
                  (タイプA/B/C/単独タイプ、
                  10ギガ タイプA/B/単独タイプ)を契約の場合
                  永年-1,100円(税込)割引き
                  ※対象プラン:eximo・irumo
                  永年-550円(税込)割引き※対象プラン:eximo・irumo
                  ②「ドコモ光」2段階定額プラン
                  (ドコモ光ミニ)を契約の場合
                  永年-550円(税込)割引き
                  ※対象プラン:eximo・irumo
                  永年-220円(税込)割引き※対象プラン:eximo・irumo
                  <auスマートバリュー>
                  最大550円(税込)割引き

                  ※対象プランスマホミニプラン 5G/4G
                  <おうち割 光セット>
                  永年1,100円(税込)割引き

                  ※対象プランデータプランメリハリ無制限・データプランミニフィット+

                  3キャリアともに「家族割」やひかり回線とスマホの両方を契約した場合に適用になる「セット割」を提供しています

                  家族の2人もしくは3人以上がスマホを契約している場合、別々の通信会社だと受けられるはずの割引が適用にならず、非常に勿体ありません。

                  通信会社を1つにまとめても問題なければ、同一の通信会社にまとめて「家族割」を利用することをおすすめします。

                  また家族割同様に他社でひかり回線を利用中の方は、通信会社を同一の通信会社に変更して割引を受けることで、携帯料金を安くすることができるでしょう。

                  家族割適用後の携帯料金比較

                  3キャリア・格安SIMともに「家族割」を提供しています。

                  家族割の割引額と、月額料金から家族割を割引きした金額を比較しましたので、以下の表を参考にしてください。

                  キャリアドコモauソフトバンクワイモバイルUQモバイルmineo
                  月額料金<eximo:~3GB>の場合5,665円(税込)<スマホミニプラン5G:2GB超~3GB>の場合5,665円(税込)<データプランメリハリ無制限>3GBまで7,238円(税込)<シンプルプランS>3GB:2,178円(税込)<ミニミニプラン>4GB:2,365円(税込)<マイピタ>5GB:1,518円(税込)
                  割引額<みんなドコモ割>
                  1回線:-0円
                  2回線:-550円(税込)
                  3回線:-1,100円(税込)
                  <家族割プラス>
                  2回線:永年-220円(税込)
                  3回線以上:永年550円(税込)割引き
                  <新みんな家族割>
                  2回線目以降:-660円(税込)
                  3回線目以降:-1,210円(税込)
                  <家族割引サービス>
                  2回線目以降:-1,188円(税込)
                  <家族セット割>
                  2回線目以降:-550円(税込)
                  <家族割引>1回線目以降:-55円(税込)
                  3回線目以降:-165円(税込)
                  割引後の料金2回線:5,115円(税込)
                  3回線:4,565円(税込)
                  2回線:5,445円(税込)
                  3回線:5,115円(税込)
                  2回線:6,578円(税込)
                  3回線:6,028円(税込)
                  2回線目以降:990円(税込)2回線目以降:1,815円(税込)1回線目以降:1,463円(税込)
                  対象回線最大5回線最大10回線最大10回線最大9回線最大10回線最大5回線

                  mineoは1回線目から家族割が適用になりますが、3キャリアとほかの格安SIMでは2回線目から割引が提供になるケースが多いようです。

                  また、楽天モバイルのように家族割自体は提供されていなくても、紹介キャンペーンなどを利用して結果的に安く利用できる場合もあります。

                  また、2回線よりも3回線契約している方が割引額も増えるので、携帯料金を安くしたい方は家族みんなで同一の携帯会社に変更すると良いでしょう。

                  セット割適用後の携帯料金比較

                  ここからは3キャリア・格安SIMから提供されている「セット割」について解説します。

                  セット割は、ひかり回線とスマホの両方を契約しており、条件をクリアした場合受けられる割引サービスです。

                  セット割の割引額と、月額料金からセット割を割引いた金額を比較しましたので、以下の表を参考にしてください。

                  キャリアドコモauソフトバンクワイモバイルUQモバイル
                  月額料金<eximo:~3GB>の場合5,665円(税込)<スマホミニプラン5G:2GB超~3GB>の場合5,665円(税込)<データプランメリハリ無制限>3GBまで7,238円(税込)<シンプルプランS>3GB:2,178円(税込)<ミニミニプラン>2,365円(税込)

                  割引額
                  <ドコモ光セット割>①「ドコモ光」定額プラン-1,100円(税込)割引き
                  ②「ドコモ光」2段階定額プラン永年-550円(税込)割引き
                  <auスマートバリュー>最大550円(税込)割引き<おうち割 光セット>永年1,100円(税込)割引き<おうち割 光セット(A)>1,188円(税込)円割引<自宅セット割>ミニミニプラン:1,100円(税込)割引
                  割引後の料金①4,565円(税込)
                  ②5,115円(税込)
                  5,115円(税込)6,138円(税込990円(税込)1,265円(税込)

                  割引額はauの550円から最高額はワイモバイルの1,188円と各キャリアで大きく異なっています

                  セット割は携帯料金を安くするために、とても効果的です。

                  他社でひかり回線を契約している方やこれから契約を考えている方は、スマホとひかり回線をまとめて契約することをおすすめします。

                  1回線ごとに上記の割引額が適用されるため「セット割」は魅力的な割引サービスの1つといえるでしょう。

                  大手キャリアでは3GBまでのプランでも割引される

                  ドコモ・au・ソフトバンクの3キャリアにおいて、データ通信量が毎月3GB未満という方もいらっしゃるでしょう。

                  3GB契約中の方が受けられる割引サービスと割引後の料金を比較し、以下の表にまとめましたので参考にしてください。

                  キャリアドコモauソフトバンク
                  月額料金<eximo:~3GB>の場合5,665円(税込)<スマホミニプラン5G:2GB超~3GB>の場合5,665円(税込)<データプランメリハリ無制限>3GBまで7,238円(税込)
                  家族割-1,100円(税込)※3回線以上加入-550円(税込)※3人以上加入-1,100円(税込)※3人以上加入
                  セット割-1,100円(税込)-550円(税込)-1,100円(税込)
                  その他割引サービス<dカードお支払割>-187円(税込)<au PAY カードお支払い割>-187円(税込)なし
                  割引後の料金3,278円(税込)4,378円(税込)4,928円(税込)

                  他社でひかり回線を契約している方や家族別々の通信会社を契約している場合、同一の通信会社に統一することで携帯料金を安くすることができます。

                  また、1回線だけではなく契約する家族それぞれが割引になるため、とても効果的です。

                  携帯料金を安くしたい方は、「家族割」「セット割」などの割引サービスをうまく利用することが大きなポイントといえるでしょう。

                  データ通信のみプランを利用する

                  通話せずにデータ通信のみ利用したい方は「データ通信のみ」のプランを選択することで、携帯料金を安くすることができます。

                  「データ通信のみ」のプランを提供している一部の人気格安SIMの携帯料金を以下の表にまとめて比較したので、参考にしてください。

                  キャリアmineoHISモバイルIIJmio
                  100MB<ビタッ!プラン>198円(税込)
                  1GB<マイピタ>880円(税込)<ビタッ!プラン>770円(税込)
                  3GB<ビタッ!プラン>1,320円(税込)<2ギガプラン>740円(税込)
                  20GB<マイピタ>1,925円(税込)<ビタッ!プラン>15GBまで:3,300円(税込)<20ギガプラン>1,950円(税込)
                  30GB<ビタッ!プラン>5,775円(税込)
                  50GB<ビタッ!プラン>+330円(税込)/1GBで追加
                  100GB
                  無制限<マイそく>ライト(最大300kbps):660円(税込)スタンダード(最大1.5Mbps):990円(税込)プレミアム(最大3Mbps):2,200円(税込)

                  データ通信のみの携帯料金を比較すると1GBまでは「HISモバイル」が最安値となり、それ以上の容量では、格安SIMによって料金がさまざまです。

                  また、通話+データ通信の料金プランと同様にデータ通信が無制限の場合、mineoの「マイそく」がおすすめです。

                  どの格安SIM会社でも、データ通信のみのプランは通話がない分お得な料金設定になっていますので、携帯料金を安くしたい方は併せて検討してみてはいかがでしょうか。

                  通話料金はアプリを使えば半額

                  通話料金を安くするために、アプリを利用するのも1つの手です。

                  キャリアや格安SIMによっては、以下の表のようにアプリを利用することでお得に通話することも可能です。

                  キャリアドコモauソフトバンク楽天モバイルmineo
                  通常通話料金22円/30秒 22円/30秒 22円/30秒 22円/30秒 22円/30秒 
                  アプリ使用時の通話料金アプリ「Rakuten Link」利用で無料アプリ「mineoでんわ」22円/30秒→10円/30秒

                  楽天モバイルが提供している「Rakuten Link」は、無料で国内通話がかけ放題になる通話アプリです。

                  「Rakuten Link」の特徴は、アプリから発信することで、アプリを使っていない人に電話をかける際も同様に国内通話がかけ放題になります。

                  通話オプション比較

                  仕事や友人との通話時間が長めの方は、自身に合った適切な通話オプションを利用することで、携帯料金を抑えることが可能です。

                  キャリアや格安SIMでは、以下の通話オプションを提供しています。

                  キャリア5分かけ放題(税込)10分かけ放題(税込)無制限(税込)
                  ドコモ770円1,870円
                  au880円1,980円
                  ソフトバンク880円1,980円
                  楽天モバイル15分:1,100円
                  ahamo無料(プラン込み)
                  UQモバイル880円1,980円
                  ワイモバイル770円1,870円
                  IIJmio500円700円1,400円
                  イオンモバイル550円935円1,650円
                  povo550円1,650円
                  mineo550円1,210円
                  HISモバイル500円1,480円
                  LINEMO550円1,650円

                  ドコモ・au・ソフトバンクの3キャリアは、時間無制限の通話オプションを提供しているため、通話時間を気にせずに通話したい方は3キャリアがおすすめです

                  一方、格安SIMの「楽天モバイル」や「mieno」では、10分以内の通話時間が無料になる通話オプションを1,000円前後で提供しています。

                  通話時間によっては、通話オプションに加入することで携帯料金を抑えることができる方もいるでしょう。

                  先月の携帯料金明細書を手元に用意して、実際にどのくらい通話しているのか比較・確認するのも携帯料金を安くする1つの手です。

                  楽天モバイル評判・口コミはこちら

                  楽天モバイルクーポンはこちら

                  \ iPhone 最大33,000円相当ポイント還元! /

                  楽天モバイルのキャンペーンはこちら

                  >楽天モバイルのキャッシュバックはこちら

                  携帯料金の比較に関するよくある質問

                  ここからは、携帯料金の比較に関するよくある次の4つの質問に回答します。

                  • 携帯料金の平均は?
                  • 携帯料金は2人で使うといくら?
                  • 大手キャリアはなぜ高い?
                  • 携帯料金を安くしたいときはどうする?
                  • 一番安い携帯料金はどのキャリア?

                  携帯料金の平均は?

                  2021年5月31日付けの総務省の意識調査データによると、毎月の携帯料金の平均金額は以下のとおりです。

                  年月 携帯料金(月々平均) 通信料金(月々平均)
                  2019年9月 約6,920円 約4,287円
                  2020年3月 約5,973円 約3,772円
                  2020年9月 約6,010円 約3,451円
                  2021年3月 約5,824円 約3,297円
                  参照:総務省

                  携帯料金・通信料金を比較すると、年々安くなっている傾向にあるようです

                  また、2021年3月時点で「乗り換えを検討中、もしくは今後乗り換える可能性があると思う理由」の質問に対して、以下のような回答が得られました。

                  • 携帯料金(通話料金・通信料金)が安くなるから:全体の68.5%
                  • 端末代金・アプリの使用料金が抑えられて、総合的に携帯料金が安くなるから:全体の40.6%
                  • 自身に合った料金形態があるから:全体の18.5%

                  通話料金や通信料金などを含むトータル的な携帯料金を安くするために、乗り換えを検討している方が多いという結果になりました。

                  携帯料金は2人で使うといくら?

                  総務省の意識調査データによると、2021年3月時点の毎月の携帯料金平均金額(1人当たり)は約5,824円、2人で利用すると携帯料金は11,648円になります

                  たとえば本記事で紹介した「ワイモバイル」の家族割を2人で契約すると、以下の料金で使うことができます。

                  1人目2人目
                  シンプルプランS2,178円(税込)2,178円(税込)
                  家族割引サービス1回線目:0円2回線目以降:-1,188円(税込)
                  割引後の月額料金2,178円(税込)990円(税込)

                  1人目は家族割が適用にならないため2,178円(税込)、2人目は990円(税込)になり、2人合わせて3,168円(税込)で利用できることになります。

                  このように使い方次第で、比較的割安な料金で利用できるのが格安SIMの魅力といえるでしょう。

                  大手キャリアはなぜ高い?安くするならどこがいい?

                  格安SIM事業者は、自社の回線を所有せずに既存するキャリアの通信回線を間借りしているため、安く提供できるといわれています。

                  そのため、設備投資費用がかからず通信料金を抑えることに成功しています。

                  格安SIMが安いがゆえに、大手キャリアが高いという印象を持っているようです。

                  その中でも安くしたいなら低容量プラン(ahamo・irumo)が用意されているドコモがおすすめです。

                  携帯料金を安くしたいときはどうする?

                  各キャリアの公式サイトから、実際に利用した通話時間やデータ通信量を基に入力すると料金のシミュレーションができるため、まずは携帯料金を比較してみてください。

                  その他に店舗があるキャリアの場合、対面で相談したり比較したりして、携帯料金の診断を依頼することが可能です。

                  可能であれば1社だけではなく複数比較してみると、適切な携帯料金が見えてくるでしょう。

                  携帯料金を安くしたい方は、このようなサービスを利用してみてはいかがでしょうか。

                  一番安い携帯料金はどのキャリア?

                  3キャリアや格安SIMを総合的に比較すると、携帯料金が一番安いのは「mineo」です

                  携帯料金を安くしたい方は、第一にmineoの料金プランから見てみると良いでしょう。

                  mineoの評判・口コミはこちら

                  \ 下記のリンクからのみ!mineo × 引越れんらく帳SIM乗り換えガイド事務手数料無料のキャンペーン! /

                  ※お試し200MBコース、マイそくスーパーライトをお申し込みの場合は適用対象外となります。

                  mineoキャンペーンはこちら

                  まとめ

                  本記事ではさまざまな角度から携帯料金について比較して、まとめました。

                  自身に合う携帯料金を見つけるためには、自身がどのくらい通話や通信サービスを利用しているのか確認することが大切です。

                  また、家族みんなで同一の通信会社にしたり、ひかり回線をスマホと同じ通信会社に統一したりすることで大きな割引効果が得られます。

                  そのうえで自身の利用状況に合わせて必要な割引やサービスを当てはめて、各通信会社の公式サイトからシミュレーションして比較することで、最適な料金プランが見つかるでしょう。

                  携帯料金を安くしたい方は、本記事で紹介した内容を参考に比較して携帯料金を見直してください。

                  格安SIM特徴公式サイト
                  ドコモ
                  ドコモ

                  • dポイントがザクザク貯められ
                  • 山間部や陸島などのエリアで安定した通信ができる
                  https://www.docomo.ne.jp/
                  au
                  au

                  • AmazonプライムやDAZNパックなどのセットプランがある
                  • Pontaポイントユーザーにおすすめ!
                  https://www.au.com/
                  ソフトバンク
                  ソフトバンク

                  • PayPayポイントの還元率がアップする
                  • 家族で使うと割引サービスがお得!
                  https://www.softbank.jp/mobile/
                  楽天モバイル

                  楽天モバイル

                  • 使ったデータ量分だけ支払可能
                  • アプリ利用で国内通話が無料
                  • 楽天ドメインのメールサービスが利用可能
                  https://network.mobile.rakuten.co.jp/
                  mineo

                  mineo

                  • 基本データ容量を重視したプランと通信速度を重視したプランの2つ
                  • ドコモ・au・ソフトバンクの大手キャリア回線に対応
                  • 家族や友達同士で余ったパケットを分け合うことも可能
                  https://mineo.jp/
                  ahamoahamo
                  • シンプルでわかりやすい料金を採用
                  • ドコモ由来の補償サービスも充実
                  • 国内通話が5分以内無料
                  https://ahamo.com/
                  LINEMOLINEMO
                  • 最安級 でありながらソフトバンク回線で通信品質も良好
                  • 「LINEギガフリー」でLINEアプリのデータ使用量がゼロ
                  https://www.linemo.jp/
                  povopovo
                  • 基本料金が0円
                  • 多彩なトッピングでプラン自由自在
                  https://povo.jp/
                  ワイモバイルワイモバイル
                  • 余ったデータを翌月に繰り越せる
                  • 新規・他社回線からの乗り換えで中古機種が格安で購入できる
                  https://www.ymobile.jp/
                  UQモバイルUQモバイル
                  • 電気やネット契約のセットでさらに割引
                  • 低速通信に切り替えられる「節約モード」でデータ量を節約可能
                  https://www.uqwimax.jp/mobile/

                  この記事を書いた人

                  政府・デジタル庁とともに「引越しワンストップサービス」の検討・普及を⾏うプラットフォーム事業者にも採択されている引越れんらく帳が運営しております。引越しに伴うライフラインの手続きと併せて、スマートフォン・格安SIMの引越し(乗り換え)を検討されるユーザー、また通信インフラの基盤となってきている光回線の新規契約・乗り換えを検討する皆さまが多い実態を踏まえ、比較検討に役立つ情報をご提供する「引越れんらく帳 SIM乗り換えガイド」および「引越れんらく帳 光回線ガイド」を運営しております。

                  目次