<PR>

 

UQモバイルを海外で使う方法解説!高額請求を避けるには?

UQモバイル 海外

 

「UQモバイルを海外旅行や海外出張時に使いたい」と思ったことはありませんか?

「海外でスマホを使うと高額請求になりそうで怖い」、「格安スマホでも海外で使えるの?」と思っている方もいるかもしれません。

加入中の基本料金やお使いのスマホによっては、海外ローミングの影響により高額請求になることもあり注意が必要です。

ただし、契約中料金プランへ海外データ定額プランへ追加申し込みすれば、高額請求されず安心して海外でインターネットの利用できます

UQモバイルプランではWi-Fiルーターのレンタルや海外SIMの購入の手間なく、渡航先で電話やデータ通信が可能です。

この記事では、UQモバイルの海外で使えるデータ定額プランや高額請求にならずに使う方法などを解説します。

UQモバイルの海外データ通信のほか国際電話の通話料、海外で使えるUQモバイルの機種などについても紹介していますので、海外に到着後困らないようにしっかり確認しておきましょう。

また、日本から海外への国際電話電話のかけ方も紹介しています。

UQモバイルの海外でのデータ通信利用方法や電話について確認し、不安なく海外旅行を楽しみましょう。

ぜひ最後まで読んでみてください。

UQモバイル評判・口コミはこちら

UQモバイルクーポンはこちら

\ 最大10,000円相当のau PAY残高還元! /

UQモバイルキャッシュバックはこちら

>UQモバイルキャンペーンはこちら

楽天モバイルがお得!

楽天モバイルでは、初めてのプラン申し込みとiPhone購入で最大32,000ポイント還元中!

また、楽天モバイルの代表取締役の三木谷会長が提供する三木谷キャンペーンを利用することで14,000ポイントを獲得できる特典を実施中です。

キャンペーンを利用して申し込むなら、ぜひ楽天モバイルをチェックしてみてください!

公式サイト:https://network.mobile.rakuten.co.jp/

\ 最強プラン申し込み&対象iPhone購入で最大32,000ポイント還元! /

この記事は私が監修しました

高木健太朗

高木健太朗

【WEBメディア企画・運営】

【通信業界で10年の経験を経てWEBメディアサイトを多数運用】

通信業界に10年精通し、格安SIMと光回線の記事を監修。光回線の専門家として通信業界の幅広い知見をもとに、格安SIMと光回線の情報を分かりやすく発信。

マイベストプロ掲載

目次

UQモバイルの海外で使える機能

UQモバイルの海外で使える機能は、下記の3つです。

  • 音声通話
  •  SMS
  •  データ通信(5G対応プランのみ)

UQモバイルでは、日本人がよく訪ねる150カ所以上の国・地域にて使用可能です。

海外でスマホを使ったら請求がいくらになるのか、高額請求にならないか心配な方もいるかと思います。

UQモバイルの海外で利用したときの音声通話料・SMS料金・データ通信料について詳しくみていきましょう。

 音声通話

海外と国内で通話する際に異なる点は、使用する国によって通話料金が違うことや着信料金が発生することがあげられます。

なお、UQモバイルの日本国内の通話料金は、通常30秒あたり22円(税込)です。

渡航先別の国際通話料金はいくらになるのか、下記表より確認しましょう。

渡航先滞在先国内通話渡航先→日本渡航先→日本以外の国渡航先での着信
アメリカ本土(アラスカ・ハワイ含む)120円140円210円165円
カナダ
韓国50円125円265円70円
台湾70円175円265円145円
中国
ベトナム70円195円280円80円
シンガポール75円175円265円155円
グアム80円140円210円130円
スペイン80円180円280円80円
フランス110円
ドイツ
クロアチア80円380円380円110円
オーストラリア80円180円280円80円
参考:UQモバイル公式 ※全て税込表示

日本人が海外旅行などで多く訪れる人気の渡航先を一部抜粋しました。

全体的に渡航先での国内通話料金は1分あたり100円前後のため、海外旅行中に同伴者と連絡を取り合う程度なら、高額になることはほとんどないでしょう。

着信した同伴者の方も着信料金がかかることは、忘れないようにしてください。

着信料金がかかる理由は、日本の基地局を通して電話がかかってくる仕組みのためです。

ただし、日本や日本以外の国へ電話をかける際は通話料金が高くなるため、長電話は気を付けたほうがよいでしょう。

たとえば、アメリカとカナダから日本へ国際通話した場合の通話料金は、1分あたり140円(税込)、10分だと1,400円(税込)です。

しかし、クロアチアから日本へ国際電話すると、1分あたり380円(税込)、10分で3,800円(税込)の通話料金がかかります。

アメリカ・カナダからの発信とクロアチアからの発信では、約2.7倍料金が変わります。

同じ通話時間であっても国によって通話料金の差は大きいため、長電話は注意が必要です。

発信先の国によって国際通話料金は異なりますので、海外旅行や出張で利用する際は、事前に国際通話料金の確認をしておくと安心です。

 SMS

海外でも日本国内と同じようにSMSによるメッセージのやり取りが可能です。

SMSの料金は国内と海外で料金が異なりますので、下記表よりチェックしましょう。

SMS送信先SMS送信料(税込)SMS受信料
国内3.3円~33円無料
日本→海外100円~1,000円
海外→日本または他国100円
参考:UQモバイル公式

国内または日本から海外へのSMS送信料は、文字数に応じて1通当たりの料金が異なります

1〜70文字は3.3円(税込)、71〜134文字は6.6円(税込)、135文字以降は67文字ずつ3.3円(税込)加算されます。

日本から海外へSMSを送る際は、文字数に応じて最大1,000円(税込)料金が発生しますので気を付けましょう。

また、海外から日本や他の国へSMS送信料は1通分ごとでカウントされるため、文字数が増えると料金がかさみます。

70文字までは1通当たり100円(税込)、134文字までは2通分で200円(税込)、135文字以上は67文字ごとに1通分の100円(税込)が追加されます。

文字数が多くなると2通分3通分と国内で送信するよりもSMS料金がかかりますので、気を付けましょう。

送信する文字数が多くなる場合は、SMSよりも電話をかけたほうが安く済む可能性が高いでしょう。

SMS料金は文字数や国によっては国際電話よりも割高になるため、SMSまたは国際電話のどちらにするか見極めると損をせず利用できます。

 データ通信(5G対応プランのみ)

UQモバイルの海外データ通信は、5G対応料金プランのみ利用可能です。

UQモバイルスマホの海外データ通信や海外料金プランについて、下記の4つに分けて解説します。

  • UQモバイルの5G対応プランとは?
  •  UQモバイルが海外でも利用できるSIM
  • フリースマホ【iPhone】
  •  UQモバイルが海外でも利用できるSIMフリースマホ【Android】
  • 法人名義は海外でデータ通信の利用ができない

たとえば、海外旅行で近くの飲食店・観光施設の検索やマップの確認、LINEでのやりとりなどデータ通信を使いたい場面は多くあるでしょう。

海外では日本国内よりもデータ通信量の消費が多くなることがよくあり、何も対策をせず海外でスマホを利用することは、高額請求になる原因のひとつです。

国内でデータ通信を使う場合、データ使い放題やギガ数を選択し一定金額で使える料金プランへ加入している人がほとんどでしょう。

しかしながら、携帯電話会社によっては、海外データローミングを従量制でカウントしています。

自分ではデータ通信をしたつもりがなくても、アプリのバックグラウンド更新やアップデートが自動で行われ、データ通信料が高額になるケースがあります。

UQモバイルは海外での利用時に従量制ではなく、海外データ定額により高額請求にはならず安心です。

UQモバイルの海外データ通信や料金プランについて、下記より解説していきます。

 UQモバイルの5G対応プランとは?

UQモバイルの5G対応プランは、下記の4つです。

  • ミニミニプラン
  • トクトクプラン
  • コミコミプラン
  • くりこしプラン+5G S/M/L(2023年5月31日申し込み受付終了)

いずれかの料金プランを利用していれば、海外でのデータ通信が可能です。

くりこしプラン+5Gは、2023年5月31日に終了し既存ユーザーのみ利用できます。

UQモバイルのくりこしプランは4G専用の料金プランもあり、わかりにくいため注意しましょう。

くりこしプラン+5G利用中の方は念のため「+5G」になっているか、確認しておくと安心でしょう。

2024年4月現在受付中のUQモバイル5G対応料金プランは、下記表のとおりです。

料金プランデータ容量基本料金(税込)
ミニミニプラン4GB2,365円
トクトクプラン15GB3,465円
1GB未満2,277円
コミコミプラン20GB3,278円
参考:UQモバイル公式

UQモバイルの基本料金は、自宅セット割家族セット割に加入すると、月額料金990円(税込)~利用可能です。

自宅セット割は月々の支払いから1,100円(税込)割引、家族セット割は550円(税込)割引されます。

セット割適用後の各料金プランの月額料金は、下記表のとおりです。

料金プラン基本料金自宅セット割適用家族セット割適用
ミニミニプラン(4GB)2,365円1,078円1,628円
トクトクプラン(15GB・1GB未満)15GB:3,465円
1GB未満:2,277円
15GB:2,178円
1GB未満:990円
15GB:2,728円
1GB未満:1,540円
コミコミプラン(20GB)3,278円
参考:UQモバイル公式 ※全て税込 ※セット割の金額はau PAYカードお支払い割(187円割引)含む

コミコミプランはセット割の適用はありませんが、国内通話10分間無料が基本料金に含まれています。

さらに、2023年12月1日から開始されたUQ親子応援割に加入すれば、申し込み翌月から12ヶ月間コミコミプランの基本料金1,958円(税込)、データ容量30GBに増量されます。

子供と一緒に新規契約や他社から乗り換える、いい機会のキャンペーンではないでしょうか。

データ容量がもう少し欲しい場合は、増量オプションⅡのオプション加入を検討しましょう。

増量オプションⅡとは、月額料金550円(税込)でミニミニプランは2GB追加、コミコミプランとトクトクプランは5GB追加できるオプションサービスです。

初めて契約する方は増量オプションⅡ無料キャンペーンにより、7ヶ月間0円で利用可能です。

海外旅行で増量オプションⅡを利用したい場合の注意点は、オプションは翌月適用のため、旅行へ行く前月には手続きしてください。

海外でデータ通信ができない、4G対応の料金プランの新規受付は全て終了しています。

4G対応の料金プラン6つは下記より確認してください。

  • くりこしプラン S/M/L ※受付終了プラン
  • スマホプラン S/R
  • おしゃべりプラン S/M/L
  • ぴったりプラン S/M/L
  • データ高速+音声通話プラン
  • データ無制限+音声通話プラン

4G対応の料金プランにて海外データ通信はできませんが、国際電話やSMSの利用はできます

データ通信は不要で電話とSMSで問題ない方は、4G対応の料金プランでも問題ありません。

4G対応料金プランを利用中の場合は、渡航前に5G対応プランへ変更しておけば、海外にてデータ通信が使えます。

4G対応料金プランから5G対応料金プランへ変更した場合、当日から日割り計算されます。

料金プラン変更切替の完了後は圏外になるため、再起動または電源のオンオフを行いましょう。

お使いのスマートフォンが5G回線非対応の端末でも、UQモバイルの5G対応プランへの変更は可能です。

5G非対応の端末にて、UQモバイルの5G対応料金プランへ変更しても5G回線での接続ではなく、これまでどおり4G回線のまま利用します。

5G回線を利用したい方は、5G回線対応のiPhoneやAndroidへ機種変更してください。

お使いの端末を長く利用している方は、海外へ行かれる前に機種変更すると、きれいな写真や動画撮影にて思い出を残せるでしょう。

4G対応料金プランの方は、海外へ行く前に早めに5G対応料金プランへ変更や、端末を長く愛用している方は機種変更をおすすめします。

 UQモバイルが海外でも利用できるSIMフリースマホ【iPhone】

海外で利用できる端末かどうかはUQモバイル公式サイト動作確認端末一覧にて確認しましょう。

UQモバイルで取り扱っているiPhoneは全て国際ローミングに対応し、海外でのデータ通信が可能です。

2024年4月現在、UQモバイルにて取り扱っている海外で利用できるiPhoneは、下記よりチェックしてください。

  • iPhone 13
  • iPhone SE 第3世代
  • iPhone 12(オンラインショップ取り扱いなし)
  • iPhone 11(オンラインショップ取り扱いなし)

2024年4月現在、UQモバイルにて取り扱いのないiPhoneは、公式サイト動作確認端末一覧から海外で使えるかどうか念のためチェックしてください。

またiPhoneは、iPhone XS・iPhone XS Max・iPhone XR以降に発売された機種は、eSIMに対応しています。

eSIMとは、物理SIM不要でスマホに直接情報を書き込むデジタルSIMのことです。

eSIMのメリットは物理SIMが不要なため、申し込みから回線切替まで最短で当日で全て完了します。

UQモバイルでeSIMの契約は最短45分で完了しますので、他社を利用中の方でサブ回線の契約として、またはメイン回線の切り替えでUQモバイルのeSIMを契約してみてはいかがでしょうか。

UQモバイル公式サイトにて端末を購入せず、他キャリアやappleストアで購入したiPhoneを使っている方も動作確認は忘れずにしましょう。

 UQモバイルが海外でも利用できるSIMフリースマホ【Android】

お持ちのAndroidスマホがUQモバイルにて使えるかどうかは、UQモバイル公式サイト動作確認端末一覧から確認しましょう。

選択した機種のデータ通信が「〇」になっていれば、海外でも利用できる端末です。

2024年4月現在、UQモバイルオンラインショップにて取り扱っている海外で使えるAndroidは下記表より確認しましょう。

メーカー端末
GoogleGoogle Pixel 7a
Google Pixel 7
GalaxyGalaxy S22
Galaxy A54 5G

Galaxy A23 5G
AQUOSAQUOS sense8
XiaomiXiaomi 13T
Redmi 12 5G

Xiaomi Note 10JE
XperiaXperia 10 V
シャープBASIO active
参考:UQモバイル公式

2024年4月現在発売されているAndroidは、海外での利用が可能です。

現在UQモバイルにて取り扱いのない端末や持ち込みにて端末を利用している方は、海外で使えるか公式サイトより動作確認を忘れずにしてください。

法人名義は海外でデータ通信の利用ができない

UQモバイルの法人名義スマホは、海外で電話とSMSの利用はできますが海外でデータ通信はできません

個人名義のスマホと同じように、国際ローミングに対応している端末のみ海外で使えます。

国際通話料金やSMS料金は、個人名義と同じように国内料金とは異なりますので気を付けましょう。

お使いの端末が国際ローミングに対応しているかどうかUQモバイル公式サイト動作確認端末一覧よりチェックしてください。

パソコンやタブレットなどインターネット回線が必要な場合は、Wi-Fiルーターのレンタルなど検討してみてください。

UQモバイル評判・口コミはこちら

UQモバイルクーポンはこちら

\ トクトクプラン基本料金990円(税込)から利用可能! /

UQモバイルキャッシュバックはこちら

>UQモバイルキャンペーンはこちら

UQモバイルを海外で使っても高額請求されない方法

海外でスマホを使うと高額請求されないか心配な方もいるでしょう。

海外でスマホを利用して高額請求されるケースは、従量制によるデータ通信のローミングが原因なことがほとんどです。

海外でスマホのデータ通信を使って高額請求されないように、以下の5点を確認してください。

  • UQモバイルの海外ローミング料金に注意
  •  海外のプリペイドSIMを購入し利用する
  •  海外のフリーWifiを利用する
  •  海外でWifiルーターをレンタルして利用する
  •  データ通信定額プランを利用する

 海外でのスマホ使用は、キャリアにて提供されている海外専用料金プランへの加入や海外対応のSIM・Wi-Fiルーターを使えば安心して利用できます

支払いが高額になって驚くことがないよう、ひとつずつしっかり確認していきましょう。

 UQモバイルの海外ローミング料金に注意

海外でスマホを利用した際に高額になる原因は、データローミングによる通信料の高額請求によるものです。

データローミングとは、海外にて現地のインターネット回線を利用し、データ通信をすることです。

つまり、携帯会社が提携している現地の通信会社の回線を借りてインターネットへ接続します。

データローミングの対象になるサービスは、下記のとおりです。

  • インターネットへの接続
  • マップなどの地図アプリ
  • メール・SNSアプリ

データローミング設定は、スマホの設定アプリからオンオフの切替ができます。

スマホの端末設定からデータローミングをオフにすればデータ通信はできなくなりますが、電話とSMSのみ利用が可能です。

また、使わないときはデータローミングをオフにしておくことで、無駄なデータ消費が避けられます。

お使いの携帯電話会社の海外向けプランが従量制の場合、データローミングのオンオフを使い分けることで、高額請求になる心配は減るでしょう。

利用中のキャリアにて海外向けの料金プランがなく心配な方は、海外データ定額を提供している格安SIMへ乗り換えると安心です。

UQモバイルでは、5G対応料金プランを利用中の場合、海外ダブル定額または世界データ定額にて上限金額が決まっているため、データローミングによる高額請求はありません

海外でスマホのデータローミング設定がオンになっていた場合、SMSにて連絡があり自動で「海外ダブル定額」が適用されます。

「海外ダブル定額」の最大料金は1日あたり2,980円(税込)のため、高額請求にならず安心です。

「海外ダブル定額」の詳細については、のちほど詳しく紹介します。

 海外のプリペイドSIMを購入し利用する

海外でのデータローミングによる高額請求されない対策方法として、海外のプリペイドSIMを購入・利用することです。

海外プリペイドSIMのメリットは、現地の通信会社と契約の手間がなくSIMの購入後、自分の端末にSIMカードを入れるだけですぐに使える点です。

また、プリペイドSIMは利用期間が終了すれば使えなくなり解約手続きの必要もないため、2週間から1ヶ月程度の滞在時に便利でしょう。

海外プリペイドSIMの購入方法は、Amazonや楽天市場などで事前購入もできます。

しかしながら、海外プリペイドSIMにもデメリットがあります。

SIMカードを事前購入する準備の手間や現地に到着後SIMカードの差し替えが必要です。

海外プリペイドSIMへ差し替えた後、日本で利用するSIMカードを失くさないように大切に保管しなくてはいけません。

日本で利用しているSIMカードを紛失すると、帰国後にSIMカード再発行手続きを行い、キャリアによっては再発行手数料がかかります。

事前購入やSIMカード保管の手間などデメリットも踏まえたうえで、海外プリペイドSIMを利用しましょう。

海外プリペイドSIM購入にあたっての注意点は、SIMロック解除が必要な端末があることやSIMカードの種類を間違えないようにしましょう

2021年10月以降に購入したスマホはSIMフリー端末のためロック解除不要ですが、2021年10月以前に購入したスマホは、SIMロック解除が必要な端末もあるため、渡航前に確認しましょう。

SIMロック解除が済んでいないと、別のSIMカード読み込みができず、購入した海外プリペイドSIMが使えません。

2014年以降に発売された端末のSIMカードの種類はnanoSIMカードが大半ですが、海外プリペイドSIM購入時はSIMカードの種類を間違えないようにしてください。

もし、留学や出張で半年や1年間使いたい場合はプリペイドSIMの利用はせず、現地の通信会社と携帯電話の契約をしたほうが安くなるケースがほとんどです。

海外での滞在期間や使い方に合わせて、海外プリペイドSIMの購入または現地で回線契約などを検討してみてください。

 海外のフリーWifiを利用する

海外滞在中のデータ通信費を0円にしたい、少しでも安く抑えたい方は、現地のフリーWi-Fiを利用する方法があります。

海外のフリーWi-Fiを利用するメリットは、無料でネット通信ができるためデータ通信費用はかかりません。

ただし、下記のようなデメリットのほうが大きく、フリーWi-Fiは正直なところあまりおすすめできません

  • 情報漏洩のリスク
  • ウイルス感染
  • 使う度にフリーWi-Fiを探し接続する手間

フリーWi-Fiは安全性が低いことが多く、ハッキングなどによりスマホの情報が抜き取られるリスクが懸念されます。

たとえば、海外のフリーWi-Fiに繋いだスマホがハッキングされトラブルに巻き込まれる可能性や、IDやパスワードの情報が外部にわたりクレジットカードの高額請求やなりすまし被害に合うかもしれません。

また、スマホがウイルス感染した場合、動作が不安定になったり、電池の消費が速くなったり、遠隔操作されたりする可能性があります。

危険な面のほかにも、インターネットやアプリを使う度に、フリーWi-Fiを探し接続すれば時間もかかるため面倒だと感じるかもしれません。

フリーWi-Fi探しに時間がかかると、旅行の楽しさが半減する可能性もあるでしょう。

もし、フリーWi-Fiを使う場合は、安全性の確認をしてから利用するようにしてください。

 海外でWifiルーターをレンタルして利用する

海外でデータ通信をするためには、Wi-Fiルーターをレンタルし利用することも可能です。

Wi-Fiルーターのレンタルは、空港で借りたりインターネットで事前に申し込み取り寄せたりします。

海外でのWi-Fiルーター利用のメリットは、複数人で共有できること、料金が一定でわかりやすいこと、安い料金でデータ通信が使い放題なことです。

Wi-Fiルーターのレンタル料金はレンタル会社や渡航先によって異なり、1日あたり数百円から利用できます。

たとえば、友人との海外旅行でレンタル料金を割り勘にて安くできる点・データ使い放題で利用できる点・ルーターに繋ぐだけで使える手軽な点は便利でしょう。

一方でデメリットは、滞在中にWi-Fiルーターの充電が必要なことや荷物が増えかさばること、返却が必要なことです。

複数人でWi-Fiルーターを長時間利用すれば、電池の消費も速くなりバッテリーの持ちが気になるかもしれません。

また、海外旅行や出張は、持っていく荷物やおみやげで持ち物が増えるため、少しでも荷物を減らしたいと思っている人は多いはずです。

Wi-Fiルーターは海外で手軽に使えますが、充電の手間や荷物が増えることを考えると、人・場合によってはあまりおすすめできません。

 データ通信定額プランを利用する

海外でデータ通信をする方法は、お使いの携帯会社の海外で使える定額プランの利用がおすすめです。

従量制プランは、データ通信をほとんど使わなければ安く済みますが、使った分だけ料金が請求されるため高額請求になる可能性が高くなるでしょう。

たとえば、海外で飲食店のリサーチに時間がかかってしまったり、マップでナビを長時間使ったりと、日本国内と勝手が違う海外だと時間がかかることが予想されます。

海外で利用できるデータ通信定額プランなら、Wi-FiルーターレンタルやプリペイドSIMの手続き・購入の手間なく、お使いのスマホでそのまま海外にて利用できます。

海外データ通信定額プランは、短期で海外に滞在しレンタルや購入の手間なく快適に利用したい方にピッタリです。

データ通信定額プランなら、渡航前にアプリのダウンロードや予約手続き、データ通信使い放題の定額プランがあります。

UQモバイルでは通常の契約プランにプラス料金で、海外向けのデータ定額プラン「海外データ定額」と「海外ダブル定額」の2つを提供しています。

UQモバイルの海外データ定額について、下記より詳しく解説していきます。

UQモバイル評判・口コミはこちら

UQモバイルクーポンはこちら

\ オンラインショップスペシャルセール最大20,000円相当還元! /

UQモバイルキャッシュバックはこちら

>UQモバイルキャンペーンはこちら

UQモバイルの海外データ定額サービス

UQモバイルの海外データ定額サービスは、下記の2つです。

  • 世界データ定額
  • 海外ダブル定額

2つの海外データ定額サービスの主な違いは、世界データ定額は契約している料金プランのデータ容量から使用し、1日あたり490円(税込)から利用できます。

一方で、海外ダブル定額は1日あたり1,980円(税込)から料金がスタートし、2,980円(税込)の一定金額でデータ通信使い放題です。

1日あたりの料金を抑えたい方は世界データ定額、通信量を気にせず使いたい方は海外ダブル定額がおすすめです。

世界データ定額と海外ダブル定額は、データ容量の使い方と1日あたりの料金が異なるため、どちらが自分に合っているのか確認しましょう。

 UQモバイル:世界データ定額

UQモバイルの世界データ定額は、利用中のスマホをそのまま海外で使え、契約中の料金プランのデータ容量から消費されるサービスです。

渡航前に事前予約すれば、海外に到着後「利用開始」をタップするだけですぐに利用可能です。

また、事前予約すれば早割キャンペーンにて、1日あたりの料金が490円(税込)からと安くなりますので、ぜひ利用してください。

世界データ定額で利用できる対象国・地域と事前予約時の料金・事前予約なしの料金を下記表にまとめました。

世界データ定額事前予約なし事前予約あり対象国
利用日数1日~8日1日~30日
料金/24時間980円490円アメリカ(ハワイ含む)
カナダ
韓国
台湾
香港
マカオ
タイ
プエルトリコ
690円中国
ベトナム
シンガポール
フィリピン
グアム
イタリア
フランス
スペイン
ドイツ など
参考:UQモバイル公式 ※全て税込表示

たとえば、事前予約にてアメリカや韓国などで利用する場合、利用期間3日間だと1,470円(税込)、利用期間5日間だと2,450円(税込)です。

一方で、事前予約なしで海外到着後に世界データ定額へ申し込み利用する場合は、アメリカや韓国で3日間2,940円(税込)、5日間だと4,900円(税込)です。

世界データ定額の料金カウント方法は、データ通信開始時間または渡航先に到着した時間にアプリやSMSから予約開始をすればスタートします。

また、予約時間より遅く渡航先に到着しても、海外でネット通信に繋がった時点からスタートされるため、利用料金は無駄なく利用可能です。

また、世界データ定額の利用終了時刻に到達すると、データ通信が自動停止され使い過ぎることもありません。

万が一、渡航先で契約プランのデータ容量を使い切った時は、追加でデータ容量を購入しチャージできるため、安心してください。

世界データ定額の事前予約の注意点は、日本国内のみで事前予約ができ、滞在中の利用できる期間は1日から30日間です。

30日以上利用したい場合は、他のサービスの利用を検討してください。

ただし、事前予約なしの場合の注意点は、最大利用できる日数は8日間のため、9日間以上利用する予定の方は、早めに事前予約しましょう。

また、契約しているデータ容量を超えてしまった場合、日本国内と同じように通信速度制限がかかりますので気を付けてください。

便利なサービスとして、世界データ定額はテザリングも使えるため、ゲーム機・タブレット・パソコン・同伴者のスマホに繋げられます。

世界データ定額予約の変更やキャンセルは、利用開始時間の1時間前までスマホアプリより手続きできます。

世界データ定額で困ったことがあれば、海外からでも無料で電話にて問い合わせができます。

万が一のために問い合わせ先をスマホのアドレス帳に登録しておきましょう。

問い合わせ方法問い合わせ先問い合わせ時間
海外からの問い合わせ+81-3-6670-694424時間受付
国内での問い合わせ0120-929-81810:00~19:00 受付
19:00~10:00 自動音声応答
チャットhttps://www.uqwimax.jp/mobile/support/contact/chat/?_ga=24時間受付 AI

10:00-22:00 アドバイザー
参考:UQモバイル公式

海外から問い合わせの場合、スマホからだと通話料無料ですが、一般電話からかけると有料のため注意してください。

 UQモバイル:海外ダブル定額

UQモバイルの海外ダブル定額は、使用した通信量に応じて1日あたりの料金が定額になるサービスです。

海外ダブル定額の料金は下記表より確認しましょう。

データ容量1日あたりの料金(税込)
約24.4MBまで1,980円
制限なし2,980円
参考:UQモバイル公式

渡航先でデータ通信量を気にせず使いたい方や、日本での契約プランが低容量プランでデータ容量が足りるか心配な方は、海外ダブル定額がおすすめです。

海外ダブル定額の注意点として料金の発生タイミングは、現地時間ではなく日本時間でカウントされることです。

日本時間0時〜23時59分までの1日がカウント対象になる時間のため、現地時間と勘違いしないように気を付けましょう。

海外ダブル定額の1日あたりの利用料金は最大2,980円(税込)、5日間使うと14,900円(税込)かかります。

海外ダブル定額は世界データ定額よりも高額になるため、利用する際はどちらが自分にとって最適か比較検討してください。

UQモバイル評判・口コミはこちら

UQモバイルクーポンはこちら

\ 増量オプションⅡ7ヶ月間無料キャンペーン実施中! /

UQモバイルキャッシュバックはこちら

>UQモバイルキャンペーンはこちら

UQモバイルを海外モードに設定する方法

UQモバイルの海外モード設定方法は難しくありませんので、渡航先で焦らないように事前に確認しておきましょう。

  • スマホのローミングオン/オフ設定方法
  •  世界データ定額設定方法
  •  海外ダブル定額設定方法

スマホのローミング設定は、世界データ定額や海外ダブル定額どちらのサービスを利用しても必要です。

スマホのローミング設定方法と海外データ通信定額のサービスの設定方法を下記より紹介します。

 スマホのローミングオン/オフ設定方法

スマホのローミング設定は、iPhoneとAndroidどちらも設定アプリから簡単にできます。

まず、iPhoneのローミング設定手順は下記のとおりです。

STEP
「設定アプリ」を開く
STEP
「モバイル通信」または「モバイルデータ通信」をタップする
STEP
「モバイルデータ通信」をオンにし、「通信のオプション」を開く
STEP
「データローミング」をオンにする

つぎに、Androidのローミング設定手順です。

STEP
設定アプリをタップ
STEP
ネットワークとインターネットを選択
STEP
モバイルネットワークをタップ
STEP
通信事業者の横にある設定アイコンをタップ
STEP
ローミングをオンにする

Androidは端末によって設定が異なりますので、詳しくはお使いの説明書などで確認してください。

データローミング設定は国内で行っても料金がかかることはありませんので、国内で時間があるときに設定しておきましょう。

飛行機に搭乗される際は、忘れずに機内モードの利用や電源をオフにしてください。

 世界データ定額設定方法

世界データ定額は、国内でアプリのダウンロードや予約を事前に行い、海外到着後にアプリから利用開始をしましょう。

事前予約がない場合でも海外に到着後申し込みできますので、心配しないでください。

世界データ定額の設定方法を渡航前と海外到着後に分けて解説します。

はじめに、渡航前に世界データ定額予約する際の設定方法です。

STEP
スマホのローミング設定を済ませておく

スマホのローミング設定は「スマホのローミングオン/オフ設定方法」よりご確認ください。

STEP
世界データ定額アプリをダウンロードし初期設定を済ませる
STEP
「利用開始日時」や「利用コース」を選択
STEP
予約内容の確認後、「予約する」をタップ
STEP
「予約済み」と表示されれば手続き完了

事前に予約しない場合も、日本国内で世界データ定額のダウンロードを済ませ、初期設定はしておきましょう。

つづいて、海外到着後に行う世界データ定額の設定方法です。

STEP
設定アプリから機内モードとWi-Fiを「オフ」にする

Wi-Fiに接続されていると、世界データ定額の利用開始ができません。

STEP
設定アプリのモバイル通信とデータローミングが「オン」になっているかチェック

データローミングの設定方法は、「スマホのローミングオン/オフ設定方法」よりご確認ください。

STEP
海外データ定額の利用案内のSMS受信または世界データ定額アプリを起動
出典:UQモバイル公式

電波の繋がりが悪い場合は、スマホの再起動または電源オンオフを試してみてください。

STEP
事前予約していない場合はコース選択
STEP
利用開始をタップ
STEP
再度、「利用開始」をタップし「OK」を選択
STEP
世界データ定額の残り時間が表示
STEP
利用時間が終了すると、アプリにお知らせが表示

利用期間が終了したあとにもう1度使いたい時は、アプリを起動後、SMSに届いたURLまたは世界データ定額アプリから再度「利用開始」をしましょう。

 海外ダブル定額設定方法

海外ダブル定額は事前に利用予約をしなくても、海外の対象エリア内にてデータローミングをオンにすれば、自動で利用が開始されます。

海外ダブル定額の設定・利用開始の流れは下記より確認しましょう。

STEP
データローミング設定を「オン」にする

 データローミングの設定方法は、「スマホのローミングオン/オフ設定方法」よりご確認ください。

STEP
海外到着後、海外ダブル定額の案内SMSを受信(画像)

海外ダブル定額は、事前に予約不要で海外に到着後、データ通信が開始されると料金が発生します。

料金の課金は日本時間を基準にするため、開始のタイミングを調整したい方は渡航先到着後、機内モードを設定しておくまたは電源を切ってスタート時間を調整してもいいでしょう。

UQモバイル評判・口コミはこちら

UQモバイルクーポンはこちら

\ データ容量くりこしで無駄なくおトクに使える! /

UQモバイルキャッシュバックはこちら

>UQモバイルキャンペーンはこちら

UQモバイルで海外へ電話をかけたい・国際通話を利用したい時

UQモバイルのスマホは、日本から海外へ電話をかける国際通話の利用が可能です。

国際電話のかけ方や国によって料金が異なる点を把握しておけば、安心して国際通話ができます。

家族や友人が海外にいてUQモバイルのスマホから電話をかけたい方は、利用方法や料金をチェックしてください。

UQモバイルの電話から海外の電話へかける方法は、「010-国番号」を相手先の電話番号の先頭にプラスしダイヤルしましょう。

010-国番号-相手先の電話番号

国際電話をかける際の注意点は、相手先の電話番号の先頭が「0」で始まる場合は「0」を除いてダイヤルしてください。

たとえば、090-1234-5678だと90-1234-5678と頭の「0」を省いてかけます。

日本から発信先の国によって通話料金が異なりますので、下記表より国番号も合わせて確認しましょう。

渡航先国番号通話料(税込)/30秒
アメリカ本土120円
カナダ120円
韓国8255円
台湾88655円
中国8655円
ベトナム8465円
シンガポール6565円
グアム1-67120円
スペイン3465円
フランス3365円
ドイツ4965円
クロアチア38565円
オーストラリア6120円
参考:UQモバイル公式

アメリカやカナダなどは30秒あたり20円(税込)と国内通話と変わりません。

ただし、ヨーロッパや東南アジアは30秒あたり65円(税込)と国内通話30秒あたり22円(税込)より約3倍料金が上がります。

電話をかける先の国によって国際通話料金が異なりますので、電話する前に確認しておきましょう。

海外旅行中に同伴者へ電話をかけたいときは、下記の手順で行いましょう。

  • +81 相手先の電話番号(先頭の0を除く)
  • 発信

同伴者へ電話かける際は、日本の国番号(+81)を付加し、相手先の電話番号の先頭の「0」を除いてダイヤルしてください。

同伴者に着信料金がかかる点は、国内通話と異なりますので気を付けましょう。

同伴者の携帯電話着信料がかかる理由は、日本の基地局を経由し電話がかかってくるからです。

国際電話は日本から海外へ発信した場合は国によって料金が発生しますが、海外から発信された電話に日本国内で着信しても通話料金はかかりません

日本国内にいるときに海外から電話の着信をとっても、高額請求にはなりませんので心配しないでください。

ただし、折り返しの電話をすると国際通話料金が発生しますので、知っている電話番号かどうか必ず確認しましょう。

UQモバイル評判・口コミはこちら

UQモバイルクーポンはこちら

\ 下取りで最大100,100円相当Pontaポイント還元! /

UQモバイルキャッシュバックはこちら

>UQモバイルキャンペーンはこちら

よくある質問

UQモバイルの海外利用についてよくある質問をまとめました。

  • LINEは海外で使える?
  •  UQモバイルの世界データ定額と海外ダブル定額はどちらがお得?
  •  UQモバイルを海外で使うにあたって注意したいことは?

気になる人が多い海外でのLINE利用についてや料金についてなど丁寧に解説していますので、読んでみてください。

 LINEは海外で使える?

LINEは海外でも利用可能です。

LINEはネットワーク環境があればどこでも使えるため、Wi-Fiやモバイル回線のどちらかに繋ぎましょう。

海外旅行中でも同伴者や日本にいる家族や友人とLINE電話やトークにて連絡を取り合えます。

海外での通話料金が気になる方は、LINE通話を利用してもいいでしょう。

旅行中の写真や動画をたくさん送信すると、データ通信量がかかりますので気をつけてください。

LINEのほかX(Twitter)Instagram・FacebookなどのSNSもネット環境があれば、利用可能です。

 UQモバイルの世界データ定額と海外ダブル定額はどちらがお得?

世界データ定額と海外ダブル定額は費用面で考えると、世界データ定額のほうが安くすみます

世界データ定額と海外ダブル定額を3日間使用した場合の、料金のシミュレーションをみてみましょう。

海外データ定額1日あたりの利用料金3日間の利用料金料金カウント方法
世界データ定額490円~980円1,470円~2,940円現地に到着後
海外ダブル定額1,980円~2,980円5,940円~8,940円日本時間0:00~23:59
参考:UQモバイル公式 ※全て税込表示

3日間の利用で3倍以上料金の差があることがわかります。

料金のカウント方法は、世界データ定額と海外ダブル定額でそれぞれ異なりますので気を付けましょう。

世界データ定額は現地に到着後アプリから利用開始すれば、利用時間のカウントが始まり、利用時間に到達すると自動でデータ通信がストップされます。

一方で海外ダブル定額は、日本時間にて日数のカウントが行われるため、タイミングによっては3日間の旅行でも4日間分の料金がかかる可能性もあるでしょう。

また、世界データ定額と海外ダブル定額では、データ消費の方法も異なります

世界データ定額は契約している基本プランのデータ容量から消費されますが、海外ダブル定額は2,980円(税込)でデータ使い放題です。

データ通信量を気にせず使いたい場合は、海外ダブル定額のほうが使い勝手がよいでしょう。

安い料金でお得に使いたい人や大容量データ通信不要な人は、世界データ定額がおすすめです。

 UQモバイルを海外で使うにあたって注意したいことは?

UQモバイルを海外で使う時は事前準備が大切です。

海外でのデータ通信は、日本国内よりもデータ通信量が思ったよりもかかるケースが多いです。

海外へ行く前に、下記の事前準備をしておくと安心でしょう。

  • 世界データ定額の事前予約
  • 5G対応料金プランへの変更(必要な方のみ)
  • OSやアプリを最新版にアップデート
  • 現地で使いそうな地図や情報を事前にダウンロード

世界データ定額は事前予約することで、早割キャンペーンが適用され、490円(税込)から利用可能です。

海外でのデータ通信費用を抑えたい方は、5G対応料金プランにて世界データ定額を申し込みましょう。

また、AndroidやiPhoneのOSバージョンやアプリは、アップデートし最新版にしてください。

セキュリティ面での安全性が高まることや、渡航先でOSのバージョンアップやアプリの更新によるデータ消費が避けられます。

ほかにも、旅行中に行きたい場所の情報や地図を事前にダウンロードしておけば、データ通信料の節約ができます。

渡航前の事前準備を入念にしておけば、現地でもスマホがスムーズに使え、海外旅行をより楽しめるでしょう。

UQモバイル評判・口コミはこちら

UQモバイルクーポンはこちら

\ オンラインショップおトク割で機種代金最大22,000円割引! /

UQモバイルキャッシュバックはこちら

>UQモバイルキャンペーンはこちら

UQモバイル海外についてまとめ

UQモバイルの海外利用は、海外データ定額を使えば安心して利用できます。

UQモバイルのスマホを海外で利用する際のポイントは、以下のとおりです。

  • 5G対応料金プランの契約
  • 費用を抑えるなら世界データ定額がおすすめ
  • 世界データ定額は事前予約で費用を節約
  • データ使い放題を利用するなら海外ダブル定額
  • 国際電話は「010-国番号」付加を忘れずに

海外での利用は思ったよりも高額にならず利用できると、思った方も多いのではないでしょうか。

UQモバイルの海外データ定額は一定料金で使える、世界データ定額と海外ダブル定額の2つです。

世界データ定額は、ローミング設定とアプリをダウンロードし、渡航先で利用開始をするだけで手軽に利用できます

また、1日あたり490円(税込)~気軽に使える利用料金も魅力的でしょう。

一方で海外ダブル定額は、1日あたり最大料金2,980円(税込)でデータ通信使い放題です。

UQモバイルの海外データ定額を海外旅行で活用すれば、渡航先での情報収集やマップなど利用でより楽しい思い出が作れるかもしれません。

海外旅行や海外出張でUQモバイルの世界データ定額または海外ダブル定額の利用をぜひ検討してみてください。

UQモバイル評判・口コミはこちら

UQモバイルクーポンはこちら

\ iPhone 13 最大20,000円相当au PAY残高還元! /

UQモバイルキャッシュバックはこちら

>UQモバイルキャンペーンはこちら

この記事を書いた人

政府・デジタル庁とともに「引越しワンストップサービス」の検討・普及を⾏うプラットフォーム事業者にも採択されている引越れんらく帳が運営しております。引越しに伴うライフラインの手続きと併せて、スマートフォン・格安SIMの引越し(乗り換え)を検討されるユーザー、また通信インフラの基盤となってきている光回線の新規契約・乗り換えを検討する皆さまが多い実態を踏まえ、比較検討に役立つ情報をご提供する「引越れんらく帳 SIM乗り換えガイド」および「引越れんらく帳 光回線ガイド」を運営しております。

目次