<PR>

 

ソフトバンクでeSIMに切り替える方法!申し込み手順や設定方法等を解説

ソフトバンク esim

 

「ソフトバンクを利用しているけどeSIMに切り替える方法を知りたい」

「eSIMにするメリットとデメリットは?」

等々、ソフトバンクのeSIMに関する情報をお探しではないですか?

そこで今回は、ソフトバンクのeSIMの申し込みから設定方法、物理SIMからの切り替え方法等を詳しくお伝えします。

ちなみにeSIMの発行は事務手数料が3,850円(税込)必要ですが、オンラインで申し込みをすると無料になります。

eSIMの申込から設定はオンラインだけで完結するので、是非、この記事の内容を参考にしてeSIMの利用をしてみてください。

ソフトバンク公式サイト:https://www.softbank.jp/

\ メリハリ無制限やスマホデビュープランがおすすめ /

>ソフトバンクのキャンペーンはこちら

楽天モバイルがお得!

楽天モバイルでは、初めてのプラン申し込みとiPhone購入で最大32,000ポイント還元中!

また、楽天モバイルの代表取締役の三木谷会長が提供する三木谷キャンペーンを利用することで14,000ポイントを獲得できる特典を実施中です。

キャンペーンを利用して申し込むなら、ぜひ楽天モバイルをチェックしてみてください!

公式サイト:https://network.mobile.rakuten.co.jp/

\ 最強プラン申し込み&対象iPhone購入で最大32,000ポイント還元! /

この記事は私が監修しました

高木健太朗

高木健太朗

【WEBメディア企画・運営】

【通信業界で10年の経験を経てWEBメディアサイトを多数運用】

通信業界に10年精通し、格安SIMと光回線の記事を監修。光回線の専門家として通信業界の幅広い知見をもとに、格安SIMと光回線の情報を分かりやすく発信。

マイベストプロ掲載

目次

ソフトバンクのeSIMとは

ソフトバンクのeSIMとはそもそも何なのかについて

  • スマホに内蔵されているSIM
  • 物理SIMとeSIMの違い


それぞれの見出しに分けて以下、解説します。

スマホに内蔵されているSIM

eSIMとはスマホに内蔵された本体一体型のSIMを意味します。

eSIMはEmbedded SIMの略であり、「Embedded」は日本語で「埋め込まれた」という意味です。

SIMカードには契約者の情報と電話番号が記録されていますが、これがスマホ本体に埋め込まれている形になります。

スマホ本体に内蔵されているので、物理カードの差し替えは不要であり、キャリアと通信契約をしてSIMの情報を書き替えることで通話や通信が可能になる所が特徴です。

物理SIMとeSIMの違い

物理SIMとeSIMの主な違いは次の通りです。

物理SIM eSIM
カードの抜き差し 必要 不要
オンラインで申し込んだ場合の開通までの期間 翌日以降SIMカードが届くまで待つ必要あり 最短即日可能
紛失リスク あり なし

物理SIMとeSIMの大きな違いは、オンライン申し込みをした場合の開通までの時間です。

物理SIMの場合はSIMカードが配送されて届くまで待つ必要があるので、契約から開通まで1日以上はかかってしまいます。

その点、eSIMの場合は、SIMカードが不要なので配送を待つ必要がなく、オンライン契約をしてから1時間程で利用することも可能です。

ソフトバンク公式サイト:https://www.softbank.jp/

\ メリハリ無制限やスマホデビュープランがおすすめ /

>ソフトバンクのキャンペーンはこちら

ソフトバンクでeSIMをオンラインで申し込む方法

ソフトバンクでeSIMをオンラインで申し込む方法として、

  • 物理SIMからeSIMに切り替える手順
  • 新規契約でeSIMを申し込む手順

それぞれについて以下の見出しで解説します。

物理SIMからeSIMに切り替える手順

すでにソフトバンクを物理SIMで契約済みでeSIMに切り替える場合は、オンラインショップで機種変更として手続きが必要です。

eSIMの機種変更は、別の機種へeSIMをインストールするための新しいプロファイルが必要となるためです。

ソフトバンクのオンラインショップの機種変更の流れは以下の通りです。

①ソフトバンクオンラインショップへアクセス
②メニューの「購入機種をさがす」をタップ
③「SIM詳しく見る」をタップ
④「iPhone、Google Pixel、スマートフォン向けSIM」の「予約・購入する」の下に記載されている「eSIMをお申し込みの方はこちら」の「こちら」をタップ
⑤機種変更を選択して年齢を選択。「次へ」をタップ
⑥画面の表示された内容に沿って手続きを進める
⑦機種回収や下取りについて選択して「次へ」をタップ
⑧画面の表示された内容に沿って手続きを進める

eSIMプロファイルをダウンロードとeSIMの回線切り替えの具体的な設定方法は本記事内の「ソフトバンクのeSIM設定方法」の見出し内で解説しているので、そちらも合わせてご参照ください。

新規契約でeSIMを申し込む手順

ソフトバンクで新規契約で端末購入を伴わないeSIMをオンラインショップで申し込む方法をご紹介します。

ソフトバンクオンラインショップでのeSIMの新規契約は、iPhone、Android等のスマートフォンで行う必要があり、パソコンからは申し込みできないので注意してください。

ソフトバンクオンラインショップでのeSIMの新規契約をする手順は次の通りです。

①ソフトバンクオンラインショップへアクセス
②メニューの「購入機種をさがす」をタップ
③「SIM詳しく見る」をタップ
④「iPhone、Google Pixel、スマートフォン向けSIM」の「予約・購入する」の下に記載されている「eSIMをお申し込みの方はこちら」の「こちら」をタップ
⑤新規契約を選択して年齢を選択。「次へ」をタップ
⑥画面の表示された内容に沿って手続きを進める
⑦料金プランや通話オプション、ご利用機種のカテゴリ、ご利用機種を選択して「次へ」をタップ
⑧画面の表示された内容に沿って手続きを進める

以上でeSIMの申し込みは完了です。

手続きが完了したら、ある程度時間が経つとメールアドレスにメールが届くので、eSIMプロファイルのダウンロード等の設定をしてeSIMの利用を開始しましょう。

具体的なeSIMの設定方法は次の見出しで解説します。

ソフトバンク公式サイト:https://www.softbank.jp/

\ メリハリ無制限やスマホデビュープランがおすすめ /

>ソフトバンクのキャンペーンはこちら

ソフトバンクのeSIM設定方法

ソフトバンクのeSIMを設定する方法について、

  • iPhoneで設定する場合
  • Androidスマホで設定する場合

それぞれについて以下の見出しで解説します。

iPhoneで設定する場合

iPhoneでeSIMの設定をする前に

  • SIMロック解除をする(ソフトバンク以外のキャリアが販売する機種を利用する場合)
  • eSIMを利用するiPhoneをWi-Fi接続する
  • iOSを最新バージョンにアップデートする

といった準備をしておきましょう。

iPhoneでソフトバンクのeSIMを設定する手順は、

①eSIMプロファイルの設定
②eSIMに切り替える

といった流れになります。

それぞれの手順を以下解説します。

①eSIMプロファイルの設定

iPhoneでソフトバンクのeSIMプロファイルを設定する手順は次の通りです。

①eSIMの契約後、「お申し込み内容の登録完了」のメールが届く
※以下の②~④までの手順はeSIMを利用するiPhone以外の端末で行うことを推奨
②メールに記載されたURLをタップしてeSIMご利用の手続きへ進む
③メールに記載されている「お申し込み受付番号」、「生年月日」、「Eメールアドレス」を入力。「次へ」をタップ
④QRコードが表示されたことを確認する
⑤eSIMを利用するiPhoneでWi-Fiに接続した状態にして「設定」アプリを開く
⑥「モバイル通信」をタップ
⑦「モバイル通信を設定」をタップ
⑧「QRコードを使用」をタップ
⑨カメラが起動するので上の手順で表示されたQRコードを読み取る
※eSIMを利用するiPhoneでQRコードを表示している場合は「詳細情報を手動で入力」をタップ
⑩「eSIMをアクティベート」の画面にて「続ける」をタップしてeSIMプロファイルをダウンロードする
⑪「設定」アプリ→「モバイル通信」の順に進み、申し込みをした回線が追加されたことを確認する
※1回線の場合は「ソフトバンク」と表示されていることを確認。
複数回線の場合は「モバイル通信プラン」または「SIM」と書かれたエリアに、申し込みした回線が追加されていることを確認。

eSIMプロファイルの設定はこれで完了です。

次にeSIM回線に切り替える設定を行います。

②eSIMに切り替える

ここからは、eSIMの申し込み審査完了後に送られるメールを受け取ったパソコンやタブレット、eSIMを設定するiPhone以外のスマートフォンでの操作となります。

eSIM回線に切り替える手順は次の通りです。

①ページの案内に従って「回線の手続きを行う」をタップ
②回線の切り替え画面にて「eSIMの利用を開始する」をタップ
③「お手続き完了」のメールが届いたらeSIMを利用するiPhoneを再起動する

これでeSIM回線の切り替え設定は完了です。

Androidスマホで設定する場合

AndroidスマホでeSIMの設定をする前に

  • SIMロック解除をする(ソフトバンク以外のキャリアが販売する機種を利用する場合)
  • eSIMを利用するAndroid端末をWi-Fi接続する

といった準備をしておきましょう。

AndroidスマホでソフトバンクのeSIMを設定する手順は、

①eSIMプロファイルの設定
②eSIMに切り替える
③APNの設定

といった流れになります。

それぞれの手順を以下解説します。

①eSIMプロファイルの設定

AndroidスマホでソフトバンクのeSIMプロファイルを設定する手順は次の通りです。

①eSIMの契約後、「お申し込み内容の登録完了」のメールが届く
※以下の②~④までの手順はeSIMを利用すAndroidスマホ以外の端末で行うことを推奨
②メールに記載されたURLをタップしてeSIMご利用の手続きへ進む
③メールに記載されている「お申し込み受付番号」、「生年月日」、「Eメールアドレス」を入力。「次へ」をタップ
④QRコードが表示されたことを確認する
⑤eSIMを利用するAndroidスマホでWi-Fiに接続した状態にして「設定」アプリを開く
⑥「ネットワークとインターネット」をタップ
⑦「モバイルネットワーク」または「SIM」をタップ
⑧「代わりにSIMをダウンロードしますか?」から次の画面に進む
⑨カメラが起動するので上の手順で表示されたQRコードを読み取る
※eSIMを利用するAndroidスマホでQRコードを表示している場合は「ヘルプ」>「自分で入力」をタップしてアクティベーションコードを入力する
⑩QRコードが読み取れたら「有効化」または「ダウンロード」をタップ
⑪有効化またはダウンロードを確認して「完了」または「設定」をタップ
⑫「設定」アプリ→「ネットワークとインターネット」の順に進み「モバイルネットワーク」が「SoftBank」になっていることを確認する
※複数回線を利用している場合は「Wi-Fi」の下に申し込みの回線が表示されていることを確認する

eSIMプロファイルの設定はこれで完了です。

次にeSIM回線に切り替える設定を行います。

②eSIMに切り替える

ここからは、eSIMの申し込み審査完了後に送られるメールを受け取ったパソコンやタブレット、eSIMを設定するAndroidスマホ以外のスマートフォンでの操作となります。

eSIM回線に切り替える手順は次の通りです。

①ページの案内に従って「回線の手続きを行う」をタップ
②回線の切り替え画面にて「eSIMの利用を開始する」をタップ
③「お手続き完了」のメールが届いたらeSIMを利用するAndroidスマホを再起動する

これでeSIM回線の切り替え設定は完了です。

ソフトバンク以外のキャリアで契約したスマホやSIMフリー端末を購入してソフトバンク回線で通信を行う場合は、APN設定が必要です。

機種によってはeSIMプロファイルの設定をすると自動的にAPNが設定されますが、通信出来ない場合は次のAPN設定を行ってください。

③APNの設定

APNを設定する手順は次の通りです。
※機種によって一部内容が異なる場合があります

①「設定」アプリを開く
②「ネットワークとインターネット」をタップ
③「モバイルネットワーク」をタップ
④「アクセスポイント名」をタップ
⑤APNの一覧が表示されるので、すでにソフトバンクのAPNが自動設定されている場合は選択。その後、Wi-Fiを切った状態で通信が可能かを確認。

通信が可能な場合は設定完了。

APNが未設定、もしくはソフトバンクの自動設定済みAPNで通信出来ない場合はメニューボタン(画面右上の3つの点線または+マーク)をタップして「新しいAPN」をタップ

⑥以下の設定項目を入力

名前 SoftBank
APN plus.4g
ユーザー名 plus
パスワード 4g
MMSC http://mms-s
MMSプロキシ andmms.plusacs.ne.jp
MMSポート 8080
APNタイプ default,ia,mms,supl,hipri

⑦項目の入力が完了したらメニューボタンから「保存」をタップ
⑧APN一覧に戻って新しく作成したAPNを選択してホーム画面に戻る
⑨Wi-Fiを切った状態で通信が可能かを確認

これで通信が可能な場合はAPN設定完了です。

ソフトバンク公式サイト:https://www.softbank.jp/

\ メリハリ無制限やスマホデビュープランがおすすめ /

>ソフトバンクのキャンペーンはこちら

ソフトバンクでeSIMを再発行する方法

eSIMプロファイルを間違って削除してしまったり、端末の紛失・故障をした時等はeSIMの再発行が必要です。

ソフトバンクでeSIMを再発行する方法は次の通りです。

①SoftBankの回線が利用できる機種のWi-Fiをオフにする
②My SoftBankへログインして「契約オプション」を開く
③「契約オプション」の画面下にある「eSIMの設定(eSIM再発行手続き)」を選択して、再発行手続きへ進む
④お申し込みに関する事前確認事項を確認して、同意して申し込みへと進む
⑤本人確認のため、登録しているメールアドレス宛にセキュリティ番号が送られてくるので、その受け取った番号を入力して本人確認を進める
⑥申し込み内容を確認して「同意する」をチェックして「申込する」をタップ

「eSIM再発行のお申し込みが完了しました」といった完了画面が表示されたら、eSIM再発行の手続きは完了です。

eSIMの再発行申し込み後に送られてくるメールを受け取ったら、eSIMのプロファイルのダウンロードとeSIMの回線切り替えをすることで通信が可能となります。

なお、eSIM再発行の申込受付時間は、午前9時から午後9時までなので、その点ご注意ください。

ソフトバンク公式サイト:https://www.softbank.jp/

\ メリハリ無制限やスマホデビュープランがおすすめ /

>ソフトバンクのキャンペーンはこちら

ソフトバンクでeSIMに切り替えできない場合

ソフトバンクでeSIMに切り替えできない場合、以下の内容をチェックしましょう。

  • eSIM対応の端末かどうかを確認する
  • 自宅のWi-FiやフリーWiFiを利用する
  • 手続き可能時間かどうかを確認する

それぞれについて以下の見出しで解説します。

eSIM対応の端末かどうかを確認する

eSIMを利用したいと思っている端末がeSIMに対応しているかどうかを確認してください。

eSIMに対応していない端末を利用している場合、eSIMを設定することができません。

eSIMに対応しているかどうかを調べるには、ソフトバンク公式サイトのeSIM 動作確認済み機種一覧のページをご参照ください。

自宅のWi-FiやフリーWiFiを利用する

eSIMの設定する時は端末をWi-Fにi接続する必要があります。

Wi-Fi接続できる環境が自宅にない場合は、フリーWi-Fiを利用できる場所を探すなどしてWi-Fi接続できる状態にしてからeSIMの設定を行いましょう。

手続き可能時間かどうかを確認する

ソフトバンクでeSIMの回線切り替えが可能な時間は以下の通りです。

  • 機種変更の場合:午前9時から午後10時30分まで(年中無休)
  • のりかえ(MNP)の場合:午前9時から午後8時30分まで(年中無休)

これらの時間外だとeSIMの回線切り替えができないので注意しましょう。

ソフトバンク公式サイト:https://www.softbank.jp/

\ メリハリ無制限やスマホデビュープランがおすすめ /

>ソフトバンクのキャンペーンはこちら

ソフトバンクのeSIMは海外で利用できる?

ソフトバンクのeSIMは海外で利用することができます。

ソフトバンクの通話や通信を海外で利用するには、

  • アメリカに行く場合:アメリカ放題
  • アメリカ以外の国に行く場合:海外あんしん定額

といったサービスを利用することで海外でソフトバンクのeSIMを利用することが可能です。

なお、アメリカ放題は無料で利用できますが、海外あんしん定額は、

  • 24時間(1GB):980円(税込)
  • 72時間(3GB):2,940円(税込)

と有料サービスになっています。

ソフトバンク公式サイト:https://www.softbank.jp/

\ メリハリ無制限やスマホデビュープランがおすすめ /

>ソフトバンクのキャンペーンはこちら

ソフトバンクでeSIMを利用するメリット

ソフトバンクでeSIMを利用するメリットは次の通りです。

  • 即日で開通が可能
  • 1台のスマホで複数のキャリアの回線を利用できる
  • SIMカードの差し替えの手間や紛失のリスクがない

それぞれについて以下の見出しで解説します。

即日で開通が可能

ソフトバンクでeSIMを契約した場合、オンラインでの申し込みでも、即日で開通が可能というメリットがあります。

物理SIMの場合は、オンラインで申し込みをすると、SIMカードが配送されて届くまで待つ必要があるので、最短でも開通でも1日以上かかってしまいます。

その点、eSIMは、契約後、数時間以内に開通できるため、申し込み後すぐに開通したい方はeSIMを利用するメリットは大きいです。

1台のスマホで複数のキャリアの回線を利用できる

デュアルSIM対応のスマホでeSIMを利用すると、スマホ1台で複数キャリアの回線が利用できるというメリットがあります。

最近は、物理SIMカードとeSIMを組み合わせることができるデュアルSIM対応のスマホが増えてきており、eSIM対応のiPhoneに関しては複数のeSIMを設定することも可能です。

デュアルSIMが利用できることで、

  • 仕事用とプライベート用それぞれの電話番号を1台のスマホで持てる
  • 通信障害時に備えて、別のキャリアの回線に切り替えることができる
  • 電話用とデータ用でそれぞれ安いキャリアを使い分けてスマホの料金を節約する

等といった利便性の高い使い方ができるというメリットも得られます。

SIMカードの差し替えの手間や紛失のリスクがない

物理SIMの場合は、機種変更をする時に、わざわざSIMカードの差し替えをしなければならないという手間がかかります。

また、SIMカードを紛失してしまうというリスクもあります。

eSIMの場合だと、カード差し替えの手間がかからず、カードを紛失するリスクもないというメリットがあります。

ソフトバンク公式サイト:https://www.softbank.jp/

\ メリハリ無制限やスマホデビュープランがおすすめ /

>ソフトバンクのキャンペーンはこちら

ソフトバンクでeSIMを利用するデメリット

ソフトバンクでeSIMを利用するデメリットは次の通りです。

  • eSIM非対応の端末は利用できない
  • 設定にWi-Fi環境が必要
  • 機種変更時に手続きが必要

それぞれについて以下の見出しで解説します。

eSIM非対応の端末は利用できない

大半のスマホは物理SIMに対応していますが、eSIM対応に対応していない機種は少なくありません。

eSIMを利用したいと思っていても、eSIMに対応していないスマホだとeSIMを利用することができません。

設定にWi-Fi環境が必要

eSIMの設定をする時にWi-Fiに接続する必要があります。

そのため、Wi-Fiに接続できる環境の無い場合は、フリーWi-Fi等のWi-Fiに接続できる環境を探さなければならないというデメリットがあります。

機種変更時に手続きが必要

ソフトバンクでeSIMの機種変更をする場合、オンラインショップで機種変更の手続きをする必要があります。

物理SIMの場合は機種変更をしてもSIMカードを差し替えて設定するだけで済みますが、eSIMの場合はわざわざオンラインショップで手続きが必要になるというデメリットがあります。

ソフトバンク公式サイト:https://www.softbank.jp/

\ メリハリ無制限やスマホデビュープランがおすすめ /

>ソフトバンクのキャンペーンはこちら

ソフトバンクのeSIMに関する注意点

ソフトバンクのeSIMに関する注意点は次の通りです。

  • eSIMのプロファイル設定時にWi-Fi接続が必要
  • 回線切り替え手続きの対応時間が決まっている
  • 店舗でeSIMを発行すると事務手数料が必要

それぞれについて以下の見出しで解説します。

eSIMのプロファイル設定時にWi-Fi接続が必要

eSIMの契約後、eSIMプロファイルのダウンロード時にWi-Fiの接続が必要です。

Wi-Fiに接続できる環境の無い方は、eSIM設定時にWi-Fiが利用できる環境を探す必要があるので注意してください。

回線切り替え手続きの対応時間が決まっている

ソフトバンクでeSIMの回線切り替えが可能な時間は、

  • 機種変更の場合:午前9時から午後10時30分まで(年中無休)
  • のりかえ(MNP)の場合:午前9時から午後8時30分まで(年中無休)

と決まっており、これらの時間外だとeSIMの回線切り替えができないので注意しましょう。

店舗でeSIMを発行すると事務手数料が必要

オンラインショップ、My SoftBankにてeSIMの発行をする場合は事務手数料は無料ですが、店舗でeSIMの発行をした場合は3,850円(税込)かかるので注意してください。

ソフトバンク公式サイト:https://www.softbank.jp/

\ メリハリ無制限やスマホデビュープランがおすすめ /

>ソフトバンクのキャンペーンはこちら

ソフトバンクのeSIMに関するよくある質問

ソフトバンクのeSIMに関するよくある質問は次の通りです。

  • ソフトバンクのeSIMの発行手数料はいくら?
  • ソフトバンクのeSIM対応機種は?
  • eSIMプロファイルが正しくダウンロードされているかを確認する方法は?
  • eSIMプロファイルを削除してしまったらどうすればいい?
  • 機種変更した場合、eSIMの切り替えはどうすればいい?
  • SIMフリー端末でもeSIMを利用できる?
  • iPhoneでeSIMを利用できているかどうかを確認する方法は?

それぞれについて以下の見出しで解説します。

ソフトバンクのeSIMの発行手数料はいくら?

ソフトバンクでのeSIMの発行手数料は、新規契約、機種変更、eSIM再発行全て3,850円(税込)です。

ただし、オンラインショップ、My SoftBankにてeSIM発行の手続きした場合、手数料は無料です。

ソフトバンクのeSIM対応機種は?

ソフトバンクのeSIMに対応機種は、ソフトバンク公式サイトのeSIM 動作確認済み機種一覧のページをご参照ください。

eSIMプロファイルが正しくダウンロードされているかを確認する方法は?

eSIMのプロファイルが正しくダウンロードされているかどうか確認する方法は次の通りです。

iPhoneの場合

①設定アプリを開く

②「モバイル通信」または「モバイルデータ通信」をタップ

③1回線の利用の場合は「ソフトバンク」、複数回線利用の場合は「モバイル通信プラン」または「SIM」と書かれた所に申し込みの回線が表示されているとダウンロードは完了しています

Androidスマホの場合

①設定アプリを開く

②「ネットワークとインターネット」をタップ

③1回線の利用の場合は「モバイルネットワーク」、複数回線利用の場合は「Wi-Fi」の下に申し込みの回線が表示されているとダウンロードは完了しています

eSIMプロファイルを削除してしまったらどうすればいい?

eSIMプロファイルを削除してしまった場合は、eSIMの再発行手続きをする必要があります。

ソフトバンクでeSIMの再発行をする方法は、本記事の「ソフトバンクでeSIMを再発行する方法」の見出しの内容をご参照下さい。

機種変更した場合、eSIMの切り替えはどうすればいい?

機種変更をした場合、新しい機種にeSIMをインストールするためには新しいプロファイルが必要となります。

そのためには、オンラインショップで「機種変更」の手続きをして、新しい機種で

  • eSIMプロファイルのダウンロード
  • eSIMの回線切り替え

を行うことでeSIMの切り替えが完了します。

SIMフリー端末でもeSIMを利用できる?

eSIMに対応したSIMフリー端末であれば、eSIMを利用することが可能です。

iPhoneでeSIMを利用できているかどうかを確認する方法は?

iPhoneでeSIMを利用できているかどうかを確認する手順は次の通りです。

①「設定」アプリを開き、「モバイル通信」または「モバイルデータ通信」をタップ
②1回線の利用の場合は「ソフトバンク」、複数回線利用の場合は「モバイル通信プラン」または「SIM」と書かれた所を確認

「eSIMを削除」と表示されている所があればeSIMを利用中である事が確認できます。

ソフトバンク公式サイト:https://www.softbank.jp/

\ メリハリ無制限やスマホデビュープランがおすすめ /

>ソフトバンクのキャンペーンはこちら

ソフトバンクのeSIMまとめ

今回は、ソフトバンクのeSIMに関する情報をお伝えしました。

eSIMは即日開通が可能等のメリットがあり、申し込み手続きはオンラインだけで完結できます。

ただ、端末がeSIMに対応している必要があったり、eSIM設定時にWi-Fi接続が必要といった注意点もあります。

今回お伝えした内容を踏まえて、ソフトバンクでeSIMの申し込みを是非してみてください。

ソフトバンク公式サイト:https://www.softbank.jp/

\ メリハリ無制限やスマホデビュープランがおすすめ /

>ソフトバンクのキャンペーンはこちら

この記事を書いた人

政府・デジタル庁とともに「引越しワンストップサービス」の検討・普及を⾏うプラットフォーム事業者にも採択されている引越れんらく帳が運営しております。引越しに伴うライフラインの手続きと併せて、スマートフォン・格安SIMの引越し(乗り換え)を検討されるユーザー、また通信インフラの基盤となってきている光回線の新規契約・乗り換えを検討する皆さまが多い実態を踏まえ、比較検討に役立つ情報をご提供する「引越れんらく帳 SIM乗り換えガイド」および「引越れんらく帳 光回線ガイド」を運営しております。

目次