ページトップへ

引っ越ししたら銀行の登録住所は変更すべき?手続きの流れと注意点

引っ越ししたら銀行の登録住所は変更すべき?手続きの流れと注意点

引っ越しの際に必要な銀行の住所変更についてご紹介します。引っ越しの際は、やるべきことが多く、慌ただしくなりがちです。銀行口座名義人の住所変更手続き自体は、窓口で簡単に行うことができます。インターネットバンキング上からでも変更手続きができたりするなど、便利なサービスもあります。

投資信託など、一部の取引は窓口でしか変更手続きができないこともあります。本記事では、そうした注意点もご紹介していますので、ぜひご活用ください。

引っ越しするなら銀行の住所変更も必要

引っ越しの際に忘れずに取り組みたい、銀行の住所変更についてご紹介します。

住所変更が必要な理由

引っ越しの際は、銀行の住所・電話番号の変更を忘れずに行いましょう。個人情報の漏えいなどのおそれがあるため、引っ越しが決まったら忘れずに行うことをおすすめします。

ATMやインターネットバンキングが利用できなくなる可能性がある

旧住所に送られた書類が宛先不明で銀行に返送された場合、不正利用防止の観点から利用を制限されることがあります。転送届を出しても「転送不要」扱いになっている場合がありますので、確実に旧居から引っ越し先への住所変更の手続きを行いましょう。

個人情報が漏えいするおそれがある

旧住所に新しい居住者が住み始めた場合、居住者が届け出なければ、重要書類の入った郵便物が旧住所に送り続けられてしまう可能性があります。個人情報が悪用されるなどのトラブルの発生も考えられますので、変更を行うことをおすすめします。

本人確認作業が必要な取引で時間がかかる

銀行で一定額以上の取引を行うと、本人確認作業が必要になる場合があります。登録している住所が旧住所のままの場合、確認作業に時間がかかることがあるのです。手続きの所要日数を考慮し、余裕を持って住所変更手続きを行うと良いでしょう。

住所変更手続きのタイミング

住所変更の手続きに明確な期限はありませんが、できる限り早めに行いましょう。銀行だけでなく、クレジットカード、保険会社などの金融関係の手続きは、引っ越し後すぐにしなくても困ることは少ないため、忘れてしまいがちです。引っ越しの際に、まとめて手続きを行うようにしておくと良いでしょう。

引っ越しに伴う銀行の住所変更手続きの流れ

次に、引っ越しに伴う銀行の住所変更手続き方法と流れをご紹介します。融資・投資信託など、取引の内容によってはマイナンバーが記載されている身分証明書が必要になる場合があるので、取引店に連絡し、あらかじめ確認しておきましょう。
また、財形預金、マル優、マル特などの利用がある場合は、専用書類の記入・提出を求められる場合があります。

インターネットバンキングで行う場合

インターネットバンキングで住所変更手続きを行う場合、Webサイトやスマートフォンのアプリ上で、新しい住所を入力すれば手続きが終了します。手軽で時間もかからないのでおすすめです。
ただし、事前にインターネットバンキングの利用登録が必要なので、利用する際は忘れずに登録を行っておきましょう。

窓口で行う場合

銀行の窓口で手続きを行う場合は、預金通帳、本人確認書類、印鑑(銀行への届出印)が必要です。
当座預金や投資信託などはインターネットでの手続きができず、窓口のみで受け付けている銀行もあります。銀行により条件が異なる場合があるため、事前に契約内容の確認をしておくことをおすすめします。

電話で行う場合

電話での手続きの場合、キャッシュカード等口座番号が分かるものを用意し、各銀行のコールセンターに電話します。暗証番号が必要になる場合があるため、あらかじめ手元に準備しておくとスムーズに手続きを行うことができるでしょう。

郵送で行う場合

郵送での手続きも可能です。銀行に置いてある申請書か、Webサイトからダウンロードし印刷した申請書を使用します。その際は、本人確認書類を同封する必要があります。銀行により必要書類が異なっていたり、郵送を受け付けていなかったりする場合があるため、事前に確認しておくと良いでしょう。

引っ越しで銀行に登録してある住所を変更する際の注意点

最後に、銀行に登録してある住所を引っ越しによって変更する際の注意点をご紹介します。

支店を新住所の最寄りに変更する必要はない

利用する支店を新住所の最寄りの支店に変更しなくても、銀行の別の支店を利用できます。
支店を変更すると、口座番号が変わってしまい、通帳やキャッシュカードもすべて変更することになってしまうほか、公共料金の支払いなどで口座振替を利用している場合は各サービスの登録変更も必要です。

新たに銀行口座を変更するほうが良い場合もある

新たに銀行口座を変更するほうが良い場合もあります。

新居の近くに口座を利用している銀行の支店やATMがない場合

コンビニや他行のATMからお金を引き出す場合、手数料がかかるケースがほとんどです。頻繁に利用するなら銀行を変更し、使わない銀行口座は解約しても良いでしょう。休眠口座扱いになると、預金が引き出しにくくなるなどのデメリットがあります。

都市から地方へ引っ越しする場合

都市部から地方へ引っ越す際は、新たに銀行口座を変更することを考えても良いでしょう。地域によっては、メガバンクよりも地方銀行のほうが支店が多く、便利な場合があるためです。また、地方銀行のほうがメガバンクより住宅ローンを借りやすい場合もあります。なお、定期預金の中途解約は、銀行の店舗窓口でしか受け付けていない場合が多いので、注意が必要です。

引っ越しの際は、銀行の住所変更も忘れずに行おう!

お金が関係する大事な手続きとはいえ、引っ越しの際に意外と忘れてしまいがちな、銀行の登録住所の変更。住民票や免許証、健康保険、郵便局など、他の住所変更手続きと一緒のタイミングで銀行の住所変更も行うと、漏れがなく安心です。

新居での生活をストレスなく始めるために、引っ越しが決まったら早めに準備しておきましょう。

×
無料

電気、ガス、水道などの引越し手続きを一回の入力で一括完了!