ページトップへ

【引っ越しの際に役所で行う手続き一覧】順番とケース別の項目をリストで確認!

【引っ越しの際に役所で行う手続き一覧】順番とケース別の項目をリストで確認!

引っ越しが決まったら、役所で行う手続き内容について、早めに把握しておくようにしましょう。転居届や転出・転入届の提出は基本的に必要となるほか、人によっては印鑑登録や国民健康保険の住所変更手続きも必要となる可能性があります。ご自身が対象となる手続きにはどんな種類があるのか確認したうえで、必要な情報を集めてください。そして、スムーズな手続きにつなげましょう。こちらでは、引っ越し時に役所で行う手続き内容について、種類別に詳しくご紹介していきます。

あわせて読みたい引っ越しTips

◆ガスの引っ越し手続き│新生活をスムーズに始めるポイントとは?
◆引っ越しで水道を使用開始・中止するときの手続き方法と注意点
◆引っ越しするときに必要な電気の手続き
◆引っ越し前後に必要な手続きまとめ
◆引っ越しお役立ち情報

引っ越し時に役所で行う手続き一覧

まずは、引っ越し時に役所で行う手続きを一覧形式でご紹介します。一覧表を参考にしながら、ご自身が対象となるケースについて確認し、着実に手続きを進めていきましょう。

引っ越しでは、住所変更手続きをはじめとして、役所にてさまざまな手続きを行う必要があります。手続きの種類・対象となるケース・手続きの必要度を以下の表でまとめました。

手続きの必要度
必ず行う
該当する場合に手続きが必要
子どもがいる場合に手続きが必要
対象となるケース 手続きの種類
現住所と同じ市区町村内に引っ越しをする場合 転居届の提出
現住所と異なる市区町村内に引っ越しをする場合 転出・転入届の提出
印鑑登録を行っていて、現住所と異なる市区町村内に引っ越しをする場合 印鑑登録の住所変更
国民健康保険の第1号被保険者(自営業・フリーランスなど) 国民健康保険の住所変更
国民年金の第1号被保険者(自営業・フリーランスなど) 国民年金の住所変更
介護認定を受け、サービスを利用している方 介護保険の住所変更
犬の飼育者 犬の登録
妊婦検診を利用中の妊婦の方 健康診査費用補助券の再発行
児童手当受給者 児童手当の住所変更
引っ越しにともない、保育園や幼稚園への転園が決まった場合 保育園や幼稚園の転園手続き
引っ越しにともない、新たな公立中学校への転校が決まった場合 公立の小中学校の転校手続き

引っ越し時に役所で必ず行う手続き

転居届の提出と、転出・転入届の提出は、引っ越し時に必ず行う手続きです。以下で、必要書類や手続き方法などについてご説明します。

同一の市区町村内へ引っ越しする場合、「転居届」をご提出ください。ほかの市区町村への引っ越しでは、「転出届」と「転入届」の提出が必要です。

転居届

転居届は、引っ越しの日から14日以内に提出する決まりとなっています。期限日までに手続きを済ませなければ、5万円以下の過料(罰金)を科せられることがあります。引っ越しの荷造りと並行して着手し、早めに提出するようにしましょう。

転居届の提出は、代理人でも可能です。ただし、本人以外では世帯主、もしくは同一世帯の人に限ります。代理人提出では、「委任状」「代理人の本人確認書類」「代理人の印鑑」「委任した人の本人確認書類のコピー」などが必要です。

以下に、転居届手続きで必要となる書類をご紹介します。

  • 住民異動届
  • 本人確認書類(運転免許証やパスポートなど)
  • マイナンバーカード、住民基本台帳カード(交付されている人のみ)
  • マイナンバー通知カード
  • 国民健康保険証(国民健康保険に加入する自営業者など)
  • 高齢者医療受給者証(70歳~74歳の方)
  • 乳幼児医療証(乳幼児がいるが対象)

住民移動届は、引っ越す前の管轄自治体で配布されているものを使います。郵送やインターネットでの手続きはできないため、平日の開所時間内に足を運んで手続きを済ませましょう。

◆引っ越しでマイナンバーカードも変更が必要?手続きの流れと注意点
◆引っ越し後にパスポートの住所変更は必要?申請を行うケースと手続き

転出・転入届

他市区町村への引っ越しでは、引っ越しの前後それぞれ転出届と転入届を提出します。こちらも引っ越し日から14日以内と期限が定められ、違反者には罰金5万円が科されるため注意しましょう。

以下に、それぞれの手続きでの必要書類をご紹介します。

<転出届>

  • 本人確認書類
  • 印鑑
  • 住民票や被保険者証など、新住所が記載された書類
  • 印鑑登録証(印鑑登録した方が対象)
  • 国民健康保険証(国民健康保険に加入する自営業者など)
  • 高齢者医療受給者証(70歳~74歳の方)
  • 乳幼児医療証(乳幼児がいるが対象)

◆転出届の提出はいつからいつまで?所定の期間に遅れないよう要注意

<転入届>

  • 転出証明書
  • 本人確認書類
  • 印鑑

なお、転出届と転入届は、代理人による手続きが可能です。その際は、委任状と、代理人の本人確認書類ならびに印鑑、委任者の本人確認書類のコピーを提出します。

◆転入届は引っ越し前に提出できる?転居前後の手続きの流れ

該当する場合に役所で住所変更の手続きが必要なこと

国民健康保険証の加入者や印鑑登録を行っている方は、役所にて住所変更手続きを行ってください。該当するケースに応じた手続きが必要です。

印鑑登録の住所変更

印鑑登録を行っていて、なおかつ異なる市区町村内へ引っ越しする場合、印鑑登録証の住所変更が必要です。流れとしては、引っ越し前に「印鑑登録廃止届」を提出、引っ越し後に管轄の役所で改めて印鑑登録を行います。

なかには、転出届の提出と同時に登録抹消を行う自治体もあります。その際は、印鑑登録証を返却するだけで構いません。手続き方法については、各自治体のルールにしたがうようにしましょう。

ちなみに、同一の市区町村内の引っ越しでは、転居届の提出をもって印鑑登録の住所も変更されます。ただし、政令指定都市における同様の事例では、改めて手続きが必要となる自治体もあります。こちらも事前に管轄自治体に確認するようにしましょう。

手続きの必要書類は以下のとおりです。

<本人申請>

  • 本人確認書類
  • 登録する印鑑

<代理人申請>

  • 委任状
  • 代理人の印鑑および本人確認書類
  • 登録する印鑑

◆印鑑登録の住所変更方法|証明書の発行に必要な引っ越し時の手続き

国民健康保険の住所変更

同じ市区町村内へ引っ越しする場合は、転居届の提出とともに国民健康保険の住所変更手続きを行うようにしましょう。手続き先は引っ越し前の市区町村です。

異なる市区町村へ引っ越しする場合、まずお住まいの役所で国民健康保険の資格喪失手続きを行います。必要なものは、転出する全員分の国民健康保険証と印鑑です。その後、引っ越し先の市区町村で国民健康保険の加入手続きとなります。手続きでは、本人確認書類・転出証明書・印鑑をご持参ください。

いずれのケースも代理人申請が可能です。手続きは引っ越してから14日以内と期限が定められているため、早めの着手を心がけてください。

◆保険証の住所変更手続きの方法とは?申請の遅れに要注意

国民年金の住所変更

国民健康保険の住所変更手続きは、引っ越し先の市区町村で行います。原則、本人が手続きを行いますが、やむをえぬ事情で役所に行けない場合は、代理人による申請も可能です。手続きの期間は引っ越しから14日以内であり、必要なものは国民年金手帳と印鑑です。自治体によっては別途必要な書類提出を求めるところもあるため、事前の確認を怠らないようにしましょう。なお、同じ市区町村への引っ越しでも、国民年金の住所変更は必要です。引っ越し後は忘れず手続きを行ってください。

◆年金の住所変更の方法|手続きの手順と注意点をわかりやすく解説

介護保険の住所変更

介護保険加入者は、引っ越しの際に住所変更手続きが必要となります。引っ越し先が同一市区町村の場合、転居届手続きと一緒に介護保険の住所変更を申請し、新しい介護保険被保険者証の交付を受けてください。転居前まで利用していたサービスを継続できます。

都道府県や市区町村が変わる場合、まず転出届を出す役所にて「介護保険被保険者証」を返納、資格喪失手続きを行います。それにともない、新たな「介護保険受給資格証」が交付されますので、新住所の管轄自治体にて加入手続きを行ってください。手続きの期限は14日以内です。

犬の登録

犬を飼育されている方は、狂犬病予防法の関係で登録が義務付けられています。引っ越しにともない、犬の登録住所の変更が必要です。手続き期間は、「なるべくすみやかに行うこと」となっています。自治体によりますが、手続きに際して手数料がかかるのが一般的です。

これまでと同じ市区町村に引っ越しする場合は、転居届とともに「登録事項変更届」を提出してください。市区町村が変わる場合は、旧居の管轄自治体にて鑑札を発行してもらいます。引っ越し後、転入先の役所に鑑札を持参し、登録住所の変更手続きを行ってください。

子どもがいる場合に役所で行う手続き

お子さんのいるご家庭では、幼稚園や保育園の転園手続きや、公立中学校の転校手続きに関する情報を集めておきましょう。ここでは、それぞれの手続き方法についてご説明します。

健康診査費用補助券の再発行

健康診査(妊婦検診)の費用補助券とは、母子手帳の交付とともに自治体が発行する補助券で、妊婦検診費用の補助を目的とするものです。「妊婦健康診査費用補助券」「妊産婦健康診査費用補助券」など、自治体によって名称が異なります。妊娠中の方で、現住所と異なる市区町村へ引っ越しする場合、健康診査費用補助券の再発行が必要です。

手続き方法に関しては自治体によって異なるため、各ホームページを事前に確認しておきましょう。必要なものは、旧住所で使用中の残りの補助券、母子手帳、印鑑などです。なお、引っ越しにともなう母子手帳の手続き変更は必要ありません。

◆母子手帳の変更手続きは必要?妊婦が引っ越しの際に対応すべきこと

児童手当の住所変更

同一市区町村に転居する場合、役所に住所変更届を提出するだけで児童手当の住所変更手続きが完了します。市区町村が変わるケースでは、まず旧居の管轄役所にて「児童手当受給事由消滅届」を提出し、必要書類を持参して転入先の役所で「児童手当認定請求書」の手続きを行います。その際に必要となるものは、所得課税証明書のほか、印鑑・請求者名義の預金通帳・請求者の健康保険証(コピー)などです。児童と別居している場合、その児童の世帯全員の住民票が求められます。

児童手当の住所変更手続きにおいて代理人申請は認められていないものの、郵送での提出は可能です。ただし、各市町村によって手続き方法が異なるため、直接確認していただくことをおすすめします。手続きは転出予定日から15日までに完了するのが望ましいとされています。

◆児童手当の住所変更の手続き|複雑な手順をわかりやすく解説

保育園や幼稚園の転園手続き

保育園の転園手続きでは、まず引っ越し先で希望する保育園に空きがあるか確認しておくことが大切です。認可保育園の場合、各自治体によって手続き方法が異なります。必要書類や申し込み方法について、引っ越し前に確認するようしてください。

幼稚園にも定員があるため、引っ越しが決まったら必ず空き状況について確認しましょう。転園が決まったら、入園願書・誓約書・住民票・在園証明書などの必要書類を用意します。在園証明書は転入前の幼稚園で発行してもらえるため、担任の先生にご相談ください。

◆引っ越し時に必要な保育園の手続きと、役所での確認事項は?
◆幼稚園を転園する方法|引っ越し前から必要な手続きや注意点とは?

公立の小中学校の転校手続き

公立小中学校の転校手続きでは、まず在学中の学校に転校の旨を伝え、在学証明書および教科書給与証明書を発行してもらいます。その後、住民移動手続きの際に、市役所の担当窓口で「転入学通知書」を受け取ってください。前の学校で発行してもらった2点の証明書とともに、新しい学校に提出することで、手続きが完了します。

◆小学校を転校するときの手続きと、準備しておいたほうが良いこと

自治体によって異なる必要書類や手続き方法。事前の確認を忘れずに!

引っ越しでは、転居届もしくは転出・転入届の提出が必須です。市区町村が変わらない場合は前者、変わる場合は後者の手続きに関する情報をチェックしましょう。代理人による申請も可能ですが、同世帯の方に限ることと、委任状が必要なことにご注意ください。

これらは引っ越しする方すべてが対象の手続きですが、特定のケースで必要となる手続きもあります。印鑑登録・国民年金・介護保険・犬の登録など、加入者や利用者は管轄の自治体ルールにのっとり、住所変更の手続きを進めてください。また、妊婦検診の補助券や児童手当の変更や、保育園や幼稚園、公立中学校の転園・転校手続きなど、お子さんのいるご家庭に限り必要となる種類もあります。こちらも同様に、手続き方法について管轄自治体に確認することが大切です。

本記事で紹介した手続き以外にも、電気・ガス・水道などライフラインの住所変更をはじめ、引っ越しで必要となる手続きはたくさんあります。期間内に完了できるよう、早めの準備を心がけましょう。

あわせて読みたい引っ越しTips

◆ガスの引っ越し手続き│新生活をスムーズに始めるポイントとは?
◆引っ越しで水道を使用開始・中止するときの手続き方法と注意点
◆引っ越しするときに必要な電気の手続き
◆引っ越し前後に必要な手続きまとめ
◆引っ越しお役立ち情報

×
無料

電気、ガス、水道などの引越し手続きを一回の入力で一括完了!