ページトップへ

引っ越しのキャンセルはいつまで可能?料金の目安とキャンセル方法

引っ越しのキャンセルはいつまで可能?料金の目安とキャンセル方法

すでに手配していた引っ越しの予約。ところが、引っ越し業者と契約も済ませたのに、事情により突然に予定が変更になるケースがあります。そんなときは焦らず、早めに業者へキャンセルの連絡を入れましょう。

ここでは、引っ越し業者の予約をキャンセルする方法や、解約により発生するおそれのある費用についてご紹介します。トラブルや余計な出費を防ぐためにも、契約時のルールをきちんと守ることが大切です。

引っ越しによくあるキャンセルで業者とスムーズにやり取りをするために、ご紹介する内容をご確認ください。

引っ越しのキャンセルに関する基礎知識

まずは、引っ越しの予約をキャンセルするときに知っておきたい基礎知識をご紹介します。キャンセル期限や手数料に注意しつつ、速やかに業者へ連絡を入れましょう。

引っ越しをキャンセルできる期限と料金の目安

ほとんどの引っ越し業者では、国土交通省の「標準引越運送約款」が採用されています。同約款では引っ越しのキャンセル料について、以下のように規定されています。

  • 引っ越し前々日のキャンセル・延期:運賃および料金の20%以内
  • 引っ越し前日のキャンセル・延期:運賃および料金の30%以内
  • 引っ越し当日のキャンセル・延期:運賃および料金の50%以内

つまり、引っ越し業者との契約後でも、引っ越しの3日前までに連絡を入れれば、キャンセル料はかからないということ。詳しくは引っ越し業者の約款に記載されたキャンセル期限をご確認ください。

なかには独自の約款で認可を受けている引っ越し業者もあります。この場合は、上記とキャンセル期限が異なるかもしれません。約款は見積書と同時に送られてくることがあるため、記載内容を読んでおきましょう。

見積もりにもキャンセル料金がかかる?

続いて、引っ越し業者との契約前、見積もりの段階でのキャンセルについてお伝えします。「標準引越運送約款」では、業者が見積もり料を請求しないことが定められています。したがって、基本的にキャンセル料金は請求されません。ただし、現地の下見をともなう訪問見積もりでは、キャンセル後に下見にかかった実費を請求される可能性があります。あくまで訪問前に業者から下見にかかる料金を提示された場合のみですが、キャンセルをする際はご注意ください。近年では多くの業者が無料で訪問見積もりを行っているため、見積もりの段階でキャンセル料金がかかるケースはまれだと考えられます。

引っ越し業者への発注をキャンセルする方法

引っ越し業者への発注をキャンセルする方法やタイミング、最低限守っておきたいマナーについてお伝えします。気持ちの面で負担が大きい作業ですが、可能な限り早めに済ませたほうが安心です。

電話で連絡する

引っ越しの発注をキャンセルするとき、電話で連絡を入れるとスムーズに、そして確実にキャンセルの意思を伝えられます。特に、予約した日時の直前にキャンセルをする場合は、必ず電話でご連絡ください。メールでの連絡は業者がチェックできないおそれがあるため避けておきましょう。

キャンセルの連絡を入れるタイミングは、変更が決まった段階で速やかに伝えるのがマナーです。たとえキャンセル料金が発生しない引っ越しの3日以上前であっても、すぐに伝えましょう。引っ越し業者はすでに当日の作業員とトラックを確保しています。業務に支障を出さないために早めの連絡を心がけてください。

引っ越しを依頼する業者に代わりに断ってもらう

相見積もりを取って複数の業者と連絡を取っている場合、契約した引っ越し業者にキャンセルの連絡を代行してもらう方法があります。自分で連絡を入れる手間を省きたいときにおすすめです。その際、業者の営業担当者へ相談して、他社への断りの電話を代行してもらいたい旨をお伝えください。引っ越しの準備で忙しいときは、契約した業者へお願いしてはいかがでしょうか。

引っ越し業者への発注のキャンセル料以外にかかる可能性のある費用

引っ越し業者への発注をキャンセルすると、梱包資材の返却・買取のための費用や、解約手数料にあたる費用が発生することがあります。どんなお金がかかるか、あらかじめご確認ください。

梱包資材の代金

見積もり時のサービスで梱包資材を受け取っていると、キャンセル後に費用が発生することがあります。たとえば、荷造りで使うダンボールやガムテープなどの料金がその一例です。受け取った梱包資材を引っ越し業者へ返送するための送料や、買い取りのための費用がかかるためお気をつけください。

オプションサービス代

引っ越しのキャンセルの連絡前に、すでに完了しているオプションサービスがあれば、代金を請求されます。不用品の回収やエアコンの取り外しなどのサービスを利用していないでしょうか。このケースでは、オプション料金を引っ越し業者へ支払う必要があるため、金額を確認しておきましょう。

専門業者へのキャンセル料

引っ越し時に特殊なサービスを利用するケースでは、専門業者の都合でキャンセル料が発生します。ピアノ運搬やペット輸送をはじめとして、引っ越し業者が委託した専門業者は、3日前までに連絡をしてもキャンセル料がかかることも。引っ越し業者以外は「標準引越運送約款」が適用されない点に注意が必要です。

引っ越し業者のキャンセルは早めに、そして忘れずに着手しましょう!

引っ越しの契約後、または見積もり後にキャンセルする場合、手続きの方法やキャンセル料金についてご紹介しました。「標準引越運送約款」によれば、3日前までにキャンセルすれば料金は請求されません。また、見積もりの段階でのキャンセルでも、基本的にキャンセル料金は発生しないと覚えておきましょう。

突然の予定変更の可能性がある引っ越し。引っ越し業者のキャンセルをはじめとして、どんな手続きをいつまでに済ませるべきか、常に自分のタスクを整理し把握することが大切です。そんなときは、引っ越しにともなう各種手続きをまとめて行える「引越れんらく帳」をおすすめします。

「引越れんらく帳」は、ライフラインの停止・開始手続きや、使用中のサービスの住所変更手続きなどを、Webサイトから一括申請できる便利なサービスです。各種手続きの進捗管理ができ、忙しい引っ越し前後にお役立ていただけます。登録は無料でできるためぜひご利用ください。

×
無料

電気、ガス、水道などの引越し手続きを一回の入力で一括完了!