ページトップへ

賃貸物件の仲介手数料とは?金額の目安と抑えるためのコツ

賃貸物件の仲介手数料とは?金額の目安と抑えるためのコツ

新生活を始めるとなると、心配なのがその費用。引っ越し費用や家財購入費、物件の契約など、かなりの出費がかさむものです。となれば、希望する条件の部屋を相場より少しでも安く契約したいと考えるでしょう。

そこで今回は、初期費用の一部である賃貸物件の仲介手数料にスポットをあて、仲介手数料とは何か、その決まりと計算方法、そして仲介手数料を抑える方法をご紹介します。

あわせて読みたい引っ越しTips

賃貸物件を借りるときの仲介手数料とは?

賃貸マンションやアパートを借りるときに発生する仲介手数料。ではまず、仲介手数料とはどのようなものか見ていきましょう。

仲介手数料が発生する理由

仲介手数料とは、物件を紹介・サポートしてもらったお礼として、賃貸契約者が不動産会社に支払う報酬のことです。

不動産会社は、賃貸契約者が物件を決める前に、賃貸情報の検索、物件の案内、契約書の作成や手続き、大家さんとの交渉など、さまざまなことを行います。そのような不動産会社のサービスに対して支払うお金が仲介手数料です。

これは、賃貸物件の契約が成立する際に発生します。不動産会社に物件探しを手伝ってもらったものの、契約に至らなかった場合は仲介手数料を支払う必要はありません。

賃貸物件を契約すると初期費用として、仲介手数料の他に敷金、礼金、前家賃、火災保険料などがかかります。

仲介手数料を支払うまでの流れ

仲介手数料を支払うタイミングは、賃貸借契約後の一度のみです。まず申し込んだら、家賃の支払い能力があるかなどの入居審査が行われます。次に、不動産会社の宅地取引主任者より重要事項説明が行われます。ここでしっかりと条件などを確認しましょう。そして、賃貸借契約を締結し、最後に入金という流れになります。

仲介手数料は通常、敷金や礼金などの初期費用を振り込むタイミングで一緒に支払います。

重要事項説明の後、賃貸借契約締結の前に入金を依頼される場合もあります。その場合、賃貸借契約が締結されなければ、預けた仲介手数料は返金されます。

仲介手数料の決まりと計算方法

仲介手数料の決め方にはルールがあります。ここからは、その決まりと仲介手数料の計算方法について、具体例を挙げてご紹介します。

仲介手数料の決まり

不動産会社が受け取れる仲介手数料には、上限が設定されています。上限は宅地建物取引業法で定められており、この上限を超えると法令違反となります。2019年に消費税率が変わったことで、仲介手数料の上限額も少し上がりました。

仲介手数料の相場は、賃料の0.5~1カ月分に消費税を加えたものが目安です。共益費や管理費は含みません。

借主と賃主、それぞれから受け取る報酬額の合計がこれにあたり、原則として承諾がない限り、それぞれ半月分の賃料を超えてはいけません。仲介手数料の請求額について「建設省告示第1552号」によると、賃貸契約の場合の仲介手数料は、「入居者」と「物件の持ち主」が半額ずつ負担するものとされているのです。

仲介手数料の計算方法

仲介手数料の計算方法を具体的に見ていきましょう。

家賃が7万円の物件で、仲介手数料が1カ月分の場合、
計算式は賃料×1.1(2019年12月時点の消費税率10%)
7万円×1.1=7万7,000円
となります。

また、家賃が7万円の物件で、仲介手数料が半月分の場合、
計算式は(賃料×1/2)×1.1
(7万円×1/2)×1.1=3万8,500円
となります。

賃貸物件の仲介手数料を抑えるには?

賃貸物件の仲介手数料は、不動産会社にとっては大きな利益となりますので、上限ギリギリに設定されていることがほとんどです。では、どのようにすれば仲介手数料を抑えることができるのでしょうか?

物件を探すときに工夫する

まずは、物件を探すときに工夫することが大切です。「仲介手数料半月分」「仲介手数料無料」といった不動産会社を探すといいでしょう。このような場合は、大家さん側が仲介手数料を支払っていると考えられます。仲介手数料が無料の賃貸情報を掲載しているWebサイトもあります。

不動産業者が仲介に入らない物件を探して契約する

不動産業者が仲介に入らない物件を探して契約するのも、ひとつの手です。大家さん個人が直接管理している物件もあります。大家さんと直接契約すれば間に不動産業者が入らないので、仲介手数料は発生しません。

また、物件を管理する元付け業者と契約するケースでも、仲介手数料が無料になる可能性があります。元付け業者は大家さんから物件管理手数料を受け取っているため、仲介手数料が発生しないケースがあるようです。

仲介手数料を抑えて、希望の部屋を少しでも安く契約しよう!

仲介手数料について詳しく見ていきました。仲介手数料として、賃料の0.5~1カ月分を契約時に支払うケースが多いです。

引っ越しでは何かと出費がかさみがち。そんな中、少しでも初期費用を抑えることができると助かるでしょう。敷金や礼金だけでなく、仲介手数料にも注目してみてください。初期費用をなるべく抑え、快適な新生活をスタートさせましょう。

あわせて読みたい引っ越しTips
×
無料

電気、ガス、水道などの引越し手続きを一回の入力で一括完了!