ページトップへ

家具を処分する方法|不要な物を賢くお得に捨てるポイントとは?

家具を処分する方法|不要な物を賢くお得に捨てるポイントとは?

「引っ越しを機に、古くなった家具を処分して買い替えたい!」と思いながらも、処分の方法がわからず、困っている方もいるのではないでしょうか?

実は、タンスやベッドなどの大型家具は、燃えるゴミと一緒に処分することはできません。しかし、処分の手立てが一切ないわけではなく、複数の処分方法が存在します。
今回は家具の処分方法と、できるだけお得に捨てるポイントについてご紹介します。

家具を処分する基本的な方法

タンスやベッド、食器棚や机などの大きな家具や、炊飯器や掃除機などの家電は、一般ゴミと一緒に捨てることはできません。それでは、どのように処分すればよいのでしょうか?家具と家電を処分する、基本的な方法をお伝えします。

粗大ゴミとして処分する

広く用いられているのが、粗大ゴミとして地方自治体に回収してもらう方法です。
粗大ゴミとは、家庭から出る家具類や電気製品類で、一辺の長さが大体30cm四方を超えるものを指します。地方自治体ごとに粗大ゴミの定義や処分方法は異なるので、現住所のある役所・役場のホームページなどで確認のうえ、処分するようにしてください。

自治体に粗大ゴミを回収してもらう際は、まず、自治体の粗大ゴミ回収センターに回収の依頼をしましょう。直接電話で申し込むほか、ホームページから申し込みが可能な自治体もあります。

次に、粗大ゴミ処分用のシールを購入しましょう。多くの自治体が、粗大ゴミ処分用のシールを貼付したうえで処分することを義務づけています。シールの購入場所は、自治体のホームページで確認しましょう。一般的には、コンビニやスーパー、清掃事務所などで購入できます。

購入したシールを家具や家電に貼付して、指定された日時に指定の場所へ出せば、処分は完了です。

注意が必要なのが、エアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機の処分です。この4種の家電は、「家電リサイクル法」によりリサイクルすることが義務づけられているため、粗大ゴミとして捨てることができません。購入した販売店やリサイクルセンターに引き渡す必要がありますので、自治体に問い合わせて手順を確認しておきましょう。

不用品回収業者に引き取ってもらう

不用品回収業者に引き取ってもらうという方法もあります。使わなくなった衣装ケースや食器棚、ソファ、家電など、さまざまな物を引き取ってもらえます。

引き取ってもらう際には、料金が発生するケースが多いです。家具の大きさや状態によっては、高額の処分費用が請求されることもあります。事前に見積もりを取ってから検討すれば、安心して依頼することができるでしょう。

不用品回収業者に依頼するメリットは、回収がスピーディなことです。自治体に回収してもらう場合は、粗大ゴミの回収日が決まっているため、基本的に即日対応はできません。しかし、不用品回収業者なら、依頼した当日に引き取り可能な場合があります。
さらに、家具の搬出をしてもらえることが多いため、自分で粗大ゴミを運ぶ手間が省けるのも魅力のひとつです。

知人・友人に譲る

いらなくなった家具や家電を、知人・友人に引き取ってもらう方法です。
この方法なら、出費することなく家具を処分することができます。そして廃棄せずに再活用できるので、思い入れのある家具の処分にも向いているでしょう。
身近にいる人々に声をかけて、必要としている人を探してみてください。

家具を処分し、換金する方法

処分したい家具や家電がブランド品や人気商品なら、売却して換金が可能な場合があります。
換金するには、主に買取業者やリサイクルショップに売る方法と、インターネットを介して、必要とする人に直接販売する方法があります。それぞれの方法について見ていきましょう。

買取業者、リサイクルショップで下取りしてもらう

買取業者やリサイクルショップに下取りしてもらう場合、家具の状態や、シーズンに応じて高値がつくことがあります。有名ブランド品や一流メーカー品、人気商品、製造されて間もない新商品などは、比較的高値がつきやすいでしょう。
逆に、家具によっては値段がつかない場合もあります。たとえば、著しく消耗している家具や、季節性のある家具、組み立て家具、古い家電などは値段がつきにくくなります。
業者やショップごとに査定金額は変動するため、数社に査定を依頼して比較するのがおすすめです。

また、家具を持ち運ぶのが面倒な方は、出張買取サービスを行っている買取業者を利用すると良いでしょう。自宅で査定して、下取りが決まったらそのまま家具を搬出してくれます。
リサイクルショップでも、依頼すれば引き取りに来てくれる場合もあるので、相談してみてください。

フリマアプリ、ネットオークションに出品する

フリマアプリの場合は、自分で値段を設定して販売することができます。
その商品が欲しい人に、値段に納得してもらったうえで購入してもらえるのが大きなメリットです。
ただし、商品の撮影や出品作業、発送などの手間が生じます。時間に余裕のない中で出品すると、取引が円滑に進められず、トラブルにつながる可能性もあります。できるだけ早めの準備を心がけましょう。

ネットオークションの場合は、人気があり、希少な商品の場合は価格が跳ね上がり、高額で落札されることがあります。コレクターグッズやビンテージアイテムなどに向いているでしょう。

しかし、フリマアプリやネットオークションを利用する場合は、購入・落札されるまでは家具の処分ができなくなります。「絶対に引っ越し前に処分したい」という方は注意してください。

家具を処分するときのポイント

家具を処分する際には、気をつけておきたいポイントがいくつかあります。どの方法を用いる場合も、以下のポイントを押さえたうえで処分を進めるようにしましょう。

早めに処分方法を検討する

引っ越し前に家具を処分したい場合は、できるだけ早めに処分方法を決めておくと、スムーズに処分できます。

フリマアプリやネットオークションに出品して家具を販売したい場合は、換金できるまで一定の期間が必要です。また、自治体に回収してもらう場合も、回収日まで長い期間を要することもあります。
ギリギリまで手放せず、結局引っ越し先に持ち出すことになった…という事態を避けるためにも、早急に処分方法を決めて手続きを進めるようにしましょう。

利用する業者の身元をよく確認する

不用品の買取業者は、「無料回収」や定額で安価に利用できるサービスを行っていることがあります。その場合、サービスの質に問題がないか、事前に判断することが必要です。
なぜなら、「不用品回収業者によって不法投棄が行われる」という悪質な事例があるからです。不法投棄が発覚した場合、利用者側の責任とされ、再び家具を引き取らなければならなくなる可能性もあります。

安心して利用できる業者かどうかを確認する際には、「不用品を回収するために必要な資格の有無」が有効な判断材料となります。
本来、不用品回収業者には、古物商、産業廃棄物収集運搬業、一般貨物自動車運送業、遺品整理士などの資格や免許が必要です。ホームページを見て、これらの資格を保有しているかどうかを事前にチェックしておきましょう。

家具のコンディションを良くする

業者に査定を依頼する場合や、インターネットを介して個人に販売する場合は、家具のコンディションを整えるようにしましょう。
付属品がある場合は、全て揃えておいてください。ブランド品の場合は、商品のタグや箱の有無で大きく値段が変わることもあります。また、汚れはしっかり落としておきましょう。査定や販売の際は、見た目の美しさが重要です。

できる限り新品に近い状態にして商品価値を高めることで、買取業者やフリマアプリ、ネットオークションなどで、高値で買い取ってもらえる可能性が高まりますよ。

家具を素早く処分することで楽になる引っ越し

大きな家具を処分するだけで、空間も気分もスッキリします。不要になった家具は早めに処分して、その後の引っ越し準備を進めていきましょう。
ちなみに、家具を買い替える場合は、新しく購入する家具のメーカーが、古い家具を引き取ってくれることもあります。買い替えを検討している方は、ぜひ相談してみてください。

引っ越しは持ち出すものと処分するものの分類、荷物の梱包、ライフラインの手続きなど、やることが多岐にわたります。あまりの忙しさに電気やガスの変更届けを忘れてしまった…なんてミスを防ぐには、「引越れんらく帳」のご利用をおすすめします。引っ越し日までのスケジュール管理、住所の一括変更など、便利なサービスを利用できます。「引越れんらく帳」を使って、ストレスのない引っ越しを実現してくださいね。

×
無料

電気、ガス、水道などの引越し手続きを一回の入力で一括完了!