ページトップへ

入居前の新築住宅でマスキングテープを使う意外なメリットとは?

入居前の新築住宅でマスキングテープを使う意外なメリットとは?

引越しバナー 引越しバナー

引っ越した当初はキレイだった新居も、入居後は各所に汚れが溜まっていきます。大掃除のたびにガンコな汚れに苦労している方も多いのではないでしょうか。毎日こまめに掃除できればよいものの、ご自宅の隅々まで日常的にお手入れするのは、非常に大変です。

そんなときは、引っ越しで新居に入居する前の準備として、マスキングテープを使った汚れ対策をしてはいかがでしょうか。ここでは、誰でも簡単にできるマスキングテープの活用法をご紹介します。

入居前の新築住宅にマスキングテープを貼るメリット

引っ越しで新居に入居する前、汚れやすい箇所にマスキングテープを貼っておくと、汚れ防止に役立ちます。ここでは、簡単な作業でマイホームをキレイに保てるメリットをご紹介します。

ホコリが取れやすくなる

住宅のさまざまな継ぎ目に使用されているコーキング。壁紙や洗面台の継ぎ目、ビルトインコンロと調理台のすき間など、幅広い箇所にゴムの素材が使われています。一方で、表面に粘着性のあるコーキングは、ホコリや汚れが付着しやすいのが難点です。そんなコーキング部分にマスキングテープを貼っておくと、シールの表面のサラサラな質感により、掃除をしたときホコリや汚れが取れやすくなります。

汚れたら剥がすだけで掃除が終わる

マスキングテープを貼るメリットは、汚れが取れやすくなるだけではありません。コーティングした部分に汚れが溜まったら、マスキングテープを剥がすだけで、簡単に掃除が完了するのです。マスキングテープやメンディングテープは一般的なテープと比べて剥がしやすい設計になっているため、貼った箇所を傷つける心配がほとんどありません。定期的にマスキングテープを貼り替えれば、細かい部分にたまるゴミや汚れを防ぎながら、より簡単に掃除ができるようになります。

入居前の新築住宅でマスキングテープを貼ると良い場所

新居の入居前、マスキングテープを貼るのにおすすめの場所をご紹介します。掃除が面倒なキッチンや水回りをマスキングテープでガードして、入居後もキレイに使い続けましょう。

サッシの溝

狭くて手が届きにくいため掃除しにくく、放置するとホコリや泥がこびりつきやすいサッシの溝。あらかじめマスキングテープを貼っておけば、剥がすだけでガンコな汚れが取れ、掃除の手間を省けるようになります。アロマの香りで虫除けにつながる、防虫機能付きのマスキングテープもおすすめです。

風呂のドア枠

住宅のなかでも特に湿気がこもりやすい風呂場の周り。ドア枠には汚れがこびりつきやすく、清潔感が損なわれてしまいます。マスキングテープで保護すれば、サラサラな質感で汚れが付くのを防げます。

洗面台のコーキング部分

毎日家族が使う洗面所は、洗面台のフチにホコリが溜まりがちです。コーキングに付着したホコリは拭き掃除でも取り除きにくいため、あらかじめマスキングテープでカバーしましょう。

キッチンのコーキング部分

キッチンの調理スペースの周囲にあるコーキング部分は、調理中に油汚れが付きやすい箇所です。シンクの脇にあるコーキング部分と併せて、マスキングテープで保護しておくと汚れが付きにくくなります。

壁紙と巾木の間

壁紙と巾木の間にある小さな溝は、ホコリが溜まりやすいといえます。淡い色の壁紙をお使いの場合は、汚れが目立ちやすい点に注意が必要です。汚れ防止のためにマスキングテープを貼っておきましょう。

IHコンロのすき間

ビルトインコンロと調理台には微細なすき間があり、入り込んだ汚れを取りにくいのが難点です。IHコンロやガスコンロの本体を取り外す手間を省くために、マスキングテープで汚れの侵入を防ぎましょう。

レンジフードの溝

キッチンのレンジフードのフィルターにはガンコな油汚れが付着し、さらにはホコリが溜まります。機器の溝に汚れが入り込んでしまうと掃除しにくいため、マスキングテープを貼り保護しておくと安心です。また、換気扇カバーをマスキングテープで覆い、コーティングしても汚れ対策になります。

◆キッチン断捨離の方法|引っ越し時に行いたい、ものの捨て方、残し方

マスキングテープを貼る際の注意点

汚れ防止のためにマスキングテープを貼るなら、効果が十分に期待できるように、こちらでお伝えする注意点にお気をつけください。マスキングテープで汚れの侵入を防ぎ、目立たせずにカバーできると理想です。

色を合わせる

マスキングテープの色味は、貼る場所に馴染みやすい違和感のない色にしておくと目立ちにくくなります。たとえば、黒いサッシには黒色、アルミやステンレスにはグレー系の色、白い壁の近くには白色といった形でお選びください。また、目立ちにくい半透明のマスキングテープを使うのも一つの手です。

幅を合わせる

マスキングテープの幅は、貼る場所に合わせて選びましょう。幅が合わないテープでは、目立ち過ぎたりホコリが入ったりするおそれがあります。目安としては1.2~1.5mm幅のものが使いやすいでしょう。余った箇所はカッターナイフで切り落とし、貼る場所へぴったりの幅に仕上げてください。

定期的に貼り替える

マスキングテープは経年劣化するため、定期的に貼り替えましょう。長期間貼り続けたまま放置すると、糊残りが起こるおそれがあります。特に、床付近のフロアコーティングの剥がれには注意が必要です。住宅にシールの糊が付着しないよう、管理には十分にお気をつけください。

直線的に貼る

マスキングテープの貼り方が雑だと、すき間からホコリや汚れが入ってしまいます。貼るときは直線的に、すき間ができないように丁寧に作業しましょう。また、テープがよれないように貼ることも大切です。その際は、専用テープカッターを使ったほうが直線的に貼りやすく、かつ切り口もキレイに仕上げやすくなります。

入居前にマスキングテープを貼って新居をいつまでもキレイに

今回は、新居の汚れ防止のために身近なマスキングテープを使うテクニックをご紹介しました。汚れやすい場所にあらかじめマスキングテープを貼っておけば、キレイな状態のまま保護できるため安心です。テープは経年劣化するため、定期的に貼り直してください。マスキングテープは100均でも入手可能で、リーズナブルに購入できます。早めの汚れ対策で我が家をいつまでもキレイに保ちましょう!

あわせて読みたい引っ越しTips

◆新居の掃除方法|引っ越し前にきれいにして、快適な新生活を
◆引っ越しで旧居を掃除する理由|きれいにすべきポイントは?

×
無料

電気、ガス、水道などの引越し手続きを一回の入力で一括完了!