ページトップへ

【電気契約の見直し】引っ越しで電気代・料金プラン・電力会社を確認

【電気契約の見直し】引っ越しで電気代・料金プラン・電力会社を確認

引っ越しの機会を利用して、電気契約の見直しを行えます。電力会社ごとの電気料金プランを比較して、ライフスタイルに合うサービスをお選びください。電気契約の変更は任意であるため、現在の電力会社を使い続けても問題ありません。契約を変更しないメリットも含めて検討しましょう。

ここでは、引っ越しと電気契約の変更についてご案内します。
電力会社により提供されるサービスが異なるため、改めて契約内容を確認してみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい引っ越しTips

◆引っ越し前後に必要な手続き・やること!時期別に見るチェックリスト付き
◆電気・水道・ガスに関する引っ越し手続きすべてをわかりやすく解説
◆引っ越しするときに必要な電気の手続き|使用停止・開始をスムーズに
◆引っ越し前にチェック!入居時の電気ブレーカーの上げ方とは?
◆引っ越しお役立ち情報

引っ越し時に電気契約は見直せる?

引っ越しにともない電気契約を見直すことが可能です。契約内容を見直し、必要があれば変更を検討しましょう。ここでは、電気契約を変更するときの基礎知識をご紹介します。

引っ越しにともない住まいで使う電力量を増やしたいときや、その反対に減らしたいとき、電力会社を変更したいときは、電気契約を見直してみましょう。賃貸でも電気契約の見直しが可能です。マンションやアパートなどの賃貸物件へ引っ越しを行うとき、契約内容を変えることができます。

2016年4月以降、法律の改正で電力自由化が行われ、電力会社を選べるようになりました。そのため、契約中の電力量(アンペア数)だけでなく、電力会社も変更できるようになったのです。業者によりさまざまな電気料金プランや特典が用意されています。たとえば、時間帯により電気料金が変わるプランや、ガスとセットで契約すると電気代が割引されるプランなどはその一例です。

電力会社を変えたとしても、基本的に工事料金は発生しません。これまでと同様に電気を使用できるため、家族のライフスタイルに合わせて最適な電力会社をお選びください。

引っ越しで電気契約を変更するときのポイント

引っ越しにともない電気契約を変更するときの、電力会社・プラン・アンペア数についてお伝えします。また、変更しないメリットについてもご紹介。電気契約を変更するべきか、よくご検討ください。

電力会社

電力会社は、引っ越し先エリアで電力を供給している会社の中からお選びいただけます。具体的な供給エリアについては各社の公式サイトからご確認ください。現在お使いの電力会社と比較して、従量料金の単価や基本料金が高いか低いかをチェックしましょう。

一般的な電気料金プラン(従量電灯)は、定額の「基本料金」と、電気の使用量に応じて課金される「従量料金」で成立しています。電気を多く使う方は、1KWあたりの単価が低いほうがお得です。一方で、電気をあまり使わない方は、基本料金が低く設定されているほうが電気代を下げやすくなります。

料金プラン

電気料金プランは、複数の公共・通信サービスをまとめるとお得になることがあります。ガス・携帯電話・インターネットなど、まとめられるサービスがあればご検討ください。また、電気料金プランの種類には、一定の使用量までは定額のプランや、夜間・休日に従量料金の単価が下がるプランなど、電力会社により特色があります。ご家庭のライフスタイルに合わせて料金プランを選びましょう。

アンペア数

電気のアンペア数は、頻繁に利用する家電の消費電力の合計に合わせて設定することが大切です。消費電力に対してアンペア数が低いと、ブレーカーを落としてしまうおそれがあります。家電の故障の原因につながるためお気をつけください。

一方で、契約アンペア数が高すぎると、基本料金が上がって費用の負担が重くなります。その際は、朝の外出前など一度に多くの家電を使用する時間帯の消費電力に合わせて契約容量を決めることをおすすめします。引っ越す前に以下の確認方法で必要なアンペア数を計算しておきましょう。

必要なアンペア数は、まず家電の消費電力(W)を電圧(V)で割ってアンペア数を算出し、さらには同時に使用する家電のアンペア数をすべて足すことで計算できます。

◆電気の契約アンペア数とは?確認する方法と選ぶときのポイント

現在の契約アンペア数の調べ方

現在のお住まいでご契約中のアンペア数を調べたいときは、検針票をチェックしてみましょう。検針票とは、電力会社の検針員がご自宅のメーターをチェックした後に発行されるものです。検針によって1カ月の電気使用量がわかり、請求予定額が提示されます。

検針票には検針日や供給地点特定番号、お客さま番号、契約種別、契約者などの情報のほか、契約アンペア数が記載されています。銀行やコンビニエンスストアなどで支払う契約の場合は、請求書も一緒に付いてくることがあります。ご自分の契約内容を知りたいときは、まずは検針票を探してみましょう。

また、契約アンペア数は、インターネット上でチェックできる場合があります。ご契約中の電力会社のホームページをご確認ください。

ほかにも、契約アンペア数は分電盤のアンペアブレーカーに書かれた数字でも確認できます。色分けでもアンペア数はわかるものの、地域の電力会社によって色は異なります。確実にアンペア数を把握するためには、数字を確認すると良いでしょう。

契約アンペア数の変更方法

契約アンペア数は、ご家庭によって適正な数値が異なります。アンペア数に応じて電気の基本料金が変わるため、変更すれば電気代の節約につながることがあります。

もしアンペア数を切り替えたい場合は、電力会社に申し出てアンペアブレーカーを交換してもらいましょう。基本的に工事費は無料です。

また、スマートメーターの場合はアンペアブレーカーの取り付けは不要となっています。こちらも電力会社に申し出ることで変更可能です。アンペア数の変更をお考えの方は、契約中の電力会社へ問い合わせましょう。

◆電気使用量を測るスマートメーターとは?特徴とメリット、注意点

電力会社を変更しないメリット

一方で、引っ越し後も現在の電力会社を利用し、電気契約を変更しないことも可能です。電力会社を変更しない場合、電気の使用停止および開始の手続きを同時に申し込みできます。一度の申請で手続きが済み、クレジットカードや銀行口座の情報を引き継げる場合があるため、忙しい方にも適しています。また、電力会社の変更がない場合には、基本的には引っ越しの1周間前までに申し込めば対応が可能です。引っ越しの直前で時間の余裕がないときは、継続を検討してはいかがでしょうか。

電気の引っ越し手続きが楽になる「引越れんらく帳」

電気の住所変更を行うなら「引越れんらく帳」をご活用ください。電気の利用停止・開始をまとめて申し込めるだけでなく、各種サービスの手続きを一括で済ませられます。

電気の使用停止・開始を申し込む時期の目安

引っ越しにともない電気の使用停止・変更を行う場合は、1週間前までに電力会社などに申し込みます。いずれも基本的に立ち合い不要ですが、現地での支払いが必要な場合やオートロックのお部屋の場合などは立ち合いをお願いされることがあります。

申し込みは電話やインターネットなどで行います。書面での手続きは特に必要ありません。ただ、引っ越しの際には電気だけでなく、ガスや水道などさまざまな会社へ住所変更手続きを行います。一つひとつの手間は少なくても、積み重なると面倒に感じる方も多いのではないでしょうか。

「引越れんらく帳」を利用すれば、引っ越し予定日から逆算して、各種手続きの申し込み時期を知らせてくれるので便利です。手続きにお悩みの方は、ぜひご利用ください。

引越れんらく帳の特徴

引っ越しでは、電気の住所変更のほかにも、ガスや水道などライフラインの手続きが必要となります。「引越れんらく帳」は、そんな複数の手続きを一括で行えるサービスです。電気・ガス・水道の利用停止・開始の手続きを、すべてサイト上から申し込めます。ほかにも、固定電話・放送(NHK)・クレジットカード・新聞などの住所変更もまとめて申請可能です。引っ越しのサポートにお役立てください。

引越れんらく帳の利用の仕方

「引越れんらく帳」の登録方法は簡単です。まずはメールアドレスを入力してパスワードを設定し、新規登録を行いましょう。ログイン後、旧居と新居の住所を入力したら、連携業者へ住所変更の連絡ができるようになります。その後は、スケジュールに合わせて各種手続きを進めましょう。「引越れんらく帳」で申し込み内容や進捗状況を確認すれば、引っ越し当日までにやるべきことが一目でわかるようになります。

引っ越しをする機会に電気契約を見直してみよう!

電力自由化により、利用する電力会社を選べるようになりました。希望があれば電気契約を見直し、引っ越し後に新たな電力会社を利用できます。もちろん、現在と同じ電力会社を利用することも可能です。各社の電気料金プランや特典を比較しながら、ライフスタイルに合う電気契約を見つけましょう。

◆引っ越し前後に必要な手続き・やること!時期別に見るチェックリスト付き
◆電気・水道・ガスに関する引っ越し手続きすべてをわかりやすく解説
◆引っ越しするときに必要な電気の手続き|使用停止・開始をスムーズに
◆引っ越し前にチェック!入居時の電気ブレーカーの上げ方とは?
◆引っ越しお役立ち情報

×
無料

電気、ガス、水道などの引越し手続きを一回の入力で一括完了!