ページトップへ

電気の引っ越し手続き!使用停止・開始の流れをわかりやすく解説

電気の引っ越し手続き!使用停止・開始の流れをわかりやすく解説

引っ越し後のお家でも引き続き照明や家電を使うために、電力会社で手続きを行いましょう。旧居では電気を停止する手続き、新居では開始する手続きが必要です。

ここでは、引っ越しにともなう電気の手続きについてお伝えします。引っ越しの日程が決まったら、早めに申し込みを済ませておくと安心です。

今後に引っ越しを控えている方は、ご紹介する情報を参考にしながら、スムーズに電気の使用停止・開始の手続きができるようご準備ください。

なお、「引越れんらく帳」であれば、電気にあわせてガスや水道などのライフラインの手続きをまとめて行うことができます。他にも、固定電話・放送(NHK)・クレジットカード・新聞などの住所変更もまとめて申請が可能です。引っ越しに関する手続きをスムーズに進めるために、引越れんらく帳を活用してみてください。

この記事の目次

あわせて読みたい引っ越しTips

◆転出届の提出はいつからいつまで?所定の期間に遅れないよう要注意
◆引っ越しでマイナンバーカードも変更が必要?手続きの流れと注意点を解説

電気を使用停止・開始する流れと手続きの時期

引っ越しをするときは、以下の手続きが必要になります。

  • 現住所の電気を止める手続き
  • 引っ越し先の電気を開通させる手続き

引っ越しの手続きは、引っ越しの1週間前までに行うとよいでしょう。どんなに遅くても引っ越しの3営業日前までには手続きを済ませましょう。申し込みは1カ月先まで可能であるため、引っ越しの予定が決まったら早めに手続きを済ませておくと安心です。

手続きは、一般的にインターネットで電力会社のホームページにアクセスするか、コールセンターへ電話して申し込みます。コールセンターでは、受付時間が限られている、混み合っていると20分以上繋がらない場合があるため注意しましょう。一方、ホームページであれば24時間いつでも手続きができます。入力も10分程度でスムーズに完了するため便利です。

ガスの手続きなどとは異なり、電気の開通作業には立ち会いは必要ありません。立ち合いが不要な理由は、電気の開閉栓作業を、電力会社はスマートメーターを通じて遠隔で行うためです。スマートメーターに関しては、「電気使用量を測るスマートメーターとは?特徴とメリット、注意点」の記事で詳しく解説しています。

また、引越れんらく帳を活用して、電気に合わせてガスや水道などライフライン関連の手続きをまとめて行うのもおすすめです。

引っ越しに伴い電気を使用停止・開始する手続き方法

引っ越しで電気の使用停止および使用開始する方法をご紹介します。引っ越し先の地域により手続きの内容が異なるため、事前にご確認ください。

◆電気の使用開始当日にすることは?手続きを忘れていたらどうなる?

引っ越し先でも同じ電力会社を利用する場合

電力会社が変わらない場合、使用停止・開始を同時に申し込み可能です。このケースでは手続きが一度で済みます。インターネットまたは電話で対象の電力会社に申し込みましょう。

このとき、お客さま番号や供給地点特定番号の情報が記載された書類(検針票など)を用意しておくと、スムーズに手続きがしやすくなります。

◆供給地点特定番号とは?確認方法と電力会社の変更の仕方を解説

申し込みを行う日程によっては、インターネット受付が対象外となる可能性があります。その際は電話で申し込みを行いましょう。特に、事情があり急いで開始したい場合には電話で連絡すると安心です。あらかじめ受付時間をご確認ください。電話では一般的に、住所の連絡→プランの選定→支払い方法の確定といった流れで手続きを進めます。

引っ越し先で異なる電力会社を利用する場合

旧居と新居で管轄の電力会社が変わる場合は、それぞれの電力会社に使用停止・開始依頼を申し込みます。各電力会社の手続き方法に沿って、インターネットまたは電話から手続きをしましょう。このケースでは、電力会社が変わらない場合と比べて複数の手続きが発生し、手間が増えやすいといえます。引っ越し前後に忘れずに2つの手続きを行うようお気をつけください。

◆引っ越し前にチェック!入居時の電気ブレーカーの上げ方とは?
◆LPガス(プロパンガス)と都市ガスの違い|メリット・デメリットは?

電力会社や電力プランの契約変更を検討してみる

引っ越し日まで10日程度余裕があるのであれば、電力会社や料金プランの変更を検討しても良いでしょう。2016年の電力自由化により、複数の電力会社から契約する事業者を選択する事ができるようになりました。会社によって、さまざまな電気料金のプランや特典が用意されているので、新居での生活様式にわせて選択するとよいでしょう。

電気とガスのセットプランを提供している電力会社やガス会社と契約すると、別々に支払うよりも料金がお得になる場合があります。また、電力会社によっては、新たに契約する際にポイントをもらえたり、月額利用料金に応じてポイントをもらえたりする場合もあります。

電力会社を変更する際の注意点は、電力自由化後から電気を提供している一部の会社では、自由化前の旧一般電力会社でまず契約しなければならないケースがある点です。契約に関する詳細は、検討している事業者に直接確認してみてください。

◆【電気契約の見直し】引っ越しで電気代・料金プラン・電力会社を確認

一方、引っ越し日まで10日を切っている場合は、自由化前からサービスを提供している地域の旧一般電力会社で契約していないと引越し日当日から電気を使用できない可能性があります。お引っ越し先の地域の旧一般電力会社を調べたい方は、「ライフライン事業者を探す」のページを参照してください。

電力会社と新しく契約する際に重要なのは、「契約アンペア数」の決め方です。契約アンペア数が小さいと、一度に使用できる電気の量を超えた際にブレーカーが落ちてしまいます。契約の際は、1年で最も電力を消費するタイミングを想定して適切なアンペア数を選びましょう。

◆電気の契約アンペア数とは?確認する方法と選ぶときのポイント

また、支払い方法を振込から便利な口座振替やクレジットカード支払いに変更することも可能です。

電気、ガス、水道…住所変更を一括できる「引越れんらく帳」

引っ越しにともない生じる多くの住所変更の手続きを、一括で行える便利なサービスをご紹介します。「引越れんらく帳」を活用して、手間がかかる大変な手続きをスムーズに済ませましょう。

「引越れんらく帳」の特徴

「引越れんらく帳」は、引っ越しに際して必要な手続きを一括して行えるサービスです。たとえば、電気・ガス・水道・郵便・宅配・銀行・インターネットのプロバイダーをはじめとして、多くの手続きをまとめて行えます。さらには、公共サービス以外の住所変更でもサポートを受けられるのが特徴です。

引っ越しにともなう手続きに「引越れんらく帳」を使うと、計画的に手続きを進めやすくなります。引っ越しに必要な手続きが一覧で表示されるため、進捗状況をひと目で確認可能です。優先順位を把握しやすく、期限が近い手続きから効率良く対応できるのも特徴となっています。また、アラート機能により、手続きの抜け漏れを防いだり、便利な一時保存機能により、すきま時間に引っ越し準備を進めたりできます。いつでもどこでも進捗を管理できるため、引っ越しの準備に追われて忙しい方でも安心です。

「引越れんらく帳」は24時間いつでも無料で会員登録いただけます。今後、引っ越しを控えている方は、簡単な登録をしてぜひ無料で使えるサービスをご活用ください。

「引越れんらく帳」の使い方

「引越れんらく帳」を利用開始するには、まず現住所と引っ越し先の住所を登録します。次に、サービスが対応している事業者の申し込みフォームに必要事項を入力し、送信すれば手続きが完了です。個別に申し込む場合と異なり、旧居と新居の住所の情報を何度も入力する手間を省けます。ただし、申し込む事業者が未対応の場合は、その都度住所変更を申し込む必要があるためお気をつけください。

引っ越し前に電気の使用停止・開始手続きを済ませておこう!

旧居で電気を停止し、新居で使用開始するためには、電力会社へ申し込み手続きを行います。申し込みは引っ越しの1カ月前から受付が始まるため、余裕をもって早いうちに手続きを済ませておきましょう。

電気だけでなくガスや水道も手続きが必要です。引っ越し時の水道の手続きについては「引っ越しで水道を使用開始・中止するときの手続き方法と注意点」を、ガスの手続きについては「【ガスの引っ越し】使用停止から開始までの手続きを解説!開栓立ち会い時の注意点も」の記事を参考にしてみてください。

なお、各手続きの際は、住所変更の手続きを一括で行える「引越れんらく帳」をご活用いただけます。多くの手続きをまとめて済ませて、スムーズに引っ越しの準備を進めるためにお役立てください。

あわせて読みたい引っ越しTips

◆転出届の提出はいつからいつまで?所定の期間に遅れないよう要注意
◆引っ越しでマイナンバーカードも変更が必要?手続きの流れと注意点を解説

×
無料

電気、ガス、水道などの引越し手続きを一回の入力で一括完了!