ページトップへ

NHKの住所変更の仕方|引っ越しのときの手続きの流れとポイント

NHKの住所変更の仕方|引っ越しのときの手続きの流れとポイント

ご自宅にテレビやワンセグ機能付きのスマホなどの受信機がある場合、NHKの受信料を支払う必要があります。受信機のある引っ越し先へ移り住んだら、NHKの住所変更の手続きをして、新居で受信料を支払うための準備をしましょう。ここでは、NHKの住所変更の仕方についてご紹介します。

引っ越しをしたときNHKの契約で必要となる手続きは、状況によって異なります。住所変更の手続きのほかにも、新規契約や世帯同居の手続きが必要になるケースもあります。ご自身の状況に合わせて、もれなく手続きを進めましょう。引っ越しで慌ただしくなる前に、余裕をもってご準備ください。

引っ越しするときはNHKの住所変更が必要?

引っ越しをするときに必要なNHKの住所変更の手続きや、そのほかに必要な手続きについてお伝えします。一人暮らしをするとき、単身赴任をするときなど、引っ越しの際にご確認ください。

まずは、引っ越しで必要になるNHKの手続きについてまとめた以下の表をご覧ください。ご自身の引っ越しに当てはまる状況を「対象となるケース」から探して、該当する引っ越し手続きをチェックしましょう。

手続きの種類 対象となるケース
住所変更 ・世帯全体で引っ越す 場合
・異なる世帯が一つになり、転居先が受信料を払っていない場合
新規契約 ・今いる世帯から独立する場合
世帯同居 ・異なる世帯が一つになり、どちらの世帯も受信料を払っている場合

基本的には住所変更を行う

引っ越しをするときは、基本的にNHKの住所変更の手続きを行います。世帯全体で引っ越しをする場合だけでなく、異なる世帯が一つになって転居先がNHKの受信料を払っていない場合にも住所変更の手続きが必要です。たとえば、単身赴任が解消されるケースや、一人暮らしをやめるケースが一例として挙げられます。インターネット上で手続きが可能であるため、自宅のパソコンやスマホから、NHKの公式ホームページにアクセスして行いましょう。手続きは、転居予定日や旧住所・新住所を入力すれば完了です。

住所変更以外の手続きが必要な場合もある

場合によっては、引っ越しをするときNHKの住所変更以外にも手続きが必要となります。以下の情報を参考に、ご自身に必要な手続きをご確認ください。

新規契約の手続きが必要な場合

今いる世帯から独立する場合には、NHKの新規契約の手続きが必要です。たとえば、実家を離れて一人暮らしをするケース、転勤で単身赴任をするケース、結婚するケースなどが当てはまります。なお、世帯から独立する家族が同一生計の場合には、料金がお得になる「家族割引」を利用可能です。家族割引では、割引先となる家族の受信料が50%割引になります。割引を受けるためには新規契約の手続きを完了する必要があり、学生証・社員証または健康保険証などの証明書類が必要です。手続きは、住所変更と同様にインターネット上で行えるため、新規契約と併せて申し込みましょう。

世帯同居の手続きが必要な場合

異なる世帯が一つになるとき、どちらの世帯もNHKの受信料を払っている場合は、世帯同居の手続きが必要です。手続きは、転居元である旧住所の方が行います。その際は、「NHKふれあいセンター」に電話連絡で問い合わせましょう。転居元と転居先、それぞれの契約者名と住所の情報が必要となるため事前にご用意ください。受付時間は午前9時~午後8時で、土・日・祝日も対応してもらえます。このとき、受信料の未払いや過払いがある場合には、後日精算となります。

引っ越しを理由にNHKを解約するのは難しい?

引っ越しを理由にNHKを解約できるのは、解約の対象となる一部のケースのみです。基本的に、引っ越し後は住所変更の手続きを行いましょう。ここでは、引っ越しとNHKの解約についてお伝えします。

引っ越しするからといってNHKを解約できない

すでに受信料を払っており、かつテレビなどの受信機を持っている場合には、引っ越しをしてもNHKの解約手続きができません。新しい住所でNHKの受信料を支払うために、住所変更の手続きが必要です。NHKの受信料については、「放送法」という法律で定められています。たとえご自宅でNHKの番組を視聴していなくても、受信機を設置した方はNHKと契約を結ぶ決まりになっているのです。

なお、住所変更の手続きをしなければ、旧居と新居で二重に受信料が発生するおそれがあるためご注意ください。NHKでは、職員による定期的な訪問が行われています。訪問の目的は、受信機のある家庭と新規契約を結ぶため、NHKの受信料を回収するため、集金のためなどです。訪問は学生や未成年の住まいに対しても行われています。引っ越しが決まったら、早めに住所変更の連絡を入れましょう。

解約の対象となるケースもある

上記の通り、引っ越しをしても基本的にNHKの解約はできません。一方で、例外的に解約の対象となるケースもあります。たとえば、テレビやワンセグ機能を持つスマートフォン、テレビを視聴できるパソコンなど、受信契約の対象となる受信機がすべて無くなってしまった場合は、解約の対象に該当します。万が一、故障や撤去により受信機が無くなったり、受信機を他人に譲渡したりしたらご確認ください。

また、引っ越しによりテレビなどの受信機を設置している住居に誰も住まなくなる場合も、解約の対象です。世帯が消滅したり、海外へ転居したりするケースでは、NHKの解約の手続きを行いましょう。異なる世帯が一つになる場合も、実質的には片方の受信契約が解約となります。これらの特別な例を除いて、引っ越しでNHKが解約になることはありません。

NHKの住所変更の手続き方法

住所変更の手続きの流れや、手続きのポイントをご紹介します。手続きはインターネット上で完了します。慌ただしくなりやすい引っ越し前に、忘れずに行いましょう。

住所変更の流れ

1.NHKの公式ホームページへアクセスする

自宅のパソコンやスマホからNHKの公式ホームページ「受信料の窓口」へアクセスしましょう。「受信料の窓口」では、NHKの住所変更のほか、新規契約や家族割引の申し込みもできます。まずはサイトのメニューで「住所変更」を選択し、入力ページへ進んでください。

2.「住所変更のお手続き」へ進む

住所変更のページで、ご自身の現在の状況を確認したうえで「住所変更のお手続き」を選択しましょう。転居予定日・氏名・旧住所・新住所・メールアドレスなど、必要な情報を入力します。NHKのお客様番号がわかる場合は、併せて入力しましょう。不明な場合は空欄でも構いません。

3.支払い方法とコースを選択する

NHK受信料の支払い方法や、支払いコースを選択しましょう。支払い方法は、既存の方法を継続するほか、別の方法へ変更が可能です。口座振替による引き落とし・クレジットカード継続払い・振込用紙による支払いが選択できます。支払いコースには、「2か月払」「6か月前払」「12か月前払」の選択肢があります。これまでの支払い方法やコースを変更したい方は、この段階で別の支払い方法をお選びください。

手続き時のポイント

NHKの住所変更の手続きを行うときは、いずれも引っ越しの1~2週間前に着手することをおすすめします。引っ越しの前後は慌ただしくなりやすいため、時間に余裕をもって準備しましょう。

受信料の支払い方法は、口座振替やクレジットカードを選択したほうが、振込用紙での支払いと比べて料金がお得になります。たとえば、衛星契約の受信料は口座振替やクレジットカードで月額2,230円、振込用紙で2,280円となっています。地上契約の受信料は口座振替やクレジットカードで月額1,260円、振込用紙で1,310円です(2019年10月現在)。

また、振込用紙で支払う場合、NHKから郵送で届いた振込用紙を使って、金融機関・郵便局・コンビニなどの窓口で受信料を支払う必要があります。わざわざ店頭へ足を運ぶ必要がないという点でも、口座振替やクレジットカードのほうがより利便性が高く、おすすめの支払い方法です。

また、支払いコースはまとめて支払う「6か月前払」や「12か月前払」のほうが、「2か月払」と比べてお得です。「6か月前払」の料金は5%割引、「12か月前払」の料金は7.61%割引になっています(2019年10月現在)。NHKの受信料を少しでも安く抑えたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

NHKの住所変更もまとめてできる「引越れんらく帳」とは?

引っ越しの連絡をまとめてできる「引越れんらく帳」のサービスをご紹介します。NHKの住所変更の手続きをはじめとして、複数の業者に連絡する手間を省き、スムーズに引っ越しの準備を済ませましょう。

「引越れんらく帳」の特徴

引っ越しをするときは、NHKの住所変更をはじめとして、電気・ガス・水道など各種手続きが必要となります。依頼する業者数が多く、何度も同じ内容の連絡を入れる必要があるため、面倒だと感じている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。「引越れんらく帳」は、そんな引っ越しにともなう必要な住所変更を、一括でできるサービスです。登録すると、NHKの住所変更または新規契約の手続きが可能です。

「引越れんらく帳」でまとめて連絡できるサービスの一例は、電気・ガス・水道をはじめとして、固定電話やインターネット、クレジットカードまで含まれています。特に、電気・ガス・水道は停止と開始の手続きを同時にできるため、忙しい引っ越し前後に便利です。仕事の都合で引っ越しが多い方や、今後も引っ越しの予定が入っている方は、ぜひ無料登録を済ませてご活用ください。

「引越れんらく帳」を活用するメリット

「引越れんらく帳」に登録すると、引っ越し準備の際に各所の住所変更をまとめて行えるため、インターネット上で同じ情報を何度も入力したり、複数の業者に電話連絡を入れたりするわずらわしさがありません。特に、仕事や家庭の事情で引っ越しを頻繁に行う方は、引っ越しのたびに多数の手続きをこなす必要があります。「引越れんらく帳」に登録すれば、今後の引っ越しの手続きで負担を減らせるでしょう。

また、「引越れんらく帳」のサービスは24時間対応であるため、日中に忙しくて時間がない方でも安心してご利用いただけます。特に、問い合わせ窓口が早朝・夜間・休日などの時間帯に対応していない業者があると、平日の日中に働いている方は手続きをしにくいでしょう。そんなとき「引越れんらく帳」を活用すれば、24時間いつでもどこでも、自分のタイミングで引っ越しの準備を進められます。

さらに、「引越れんらく帳」を利用すると、申し込み後の状況の確認を簡単に確認できます。「どの業者に引っ越しの連絡を入れたか?」「連絡を入れ忘れている業者はないか?」といった手続きの進捗状況が一目瞭然です。アラート機能があるため、連絡忘れなどの抜け漏れがなく、着実に手続きをしていただけます。業者側の受付状況も含めてチェックでき、スムーズな引っ越しのお手伝いができます。

「引越れんらく帳」の使い方

1.「引越れんらく帳」に登録する

まずは、「引越れんらく帳」のサービスに無料登録を行いましょう。メールアドレスを入力し、パスワードを設定するだけで、簡単に登録ができます。

2.自分の引越れんらく帳を作成する

登録したメールアドレスでサービスにログインして、自分の引越れんらく帳を作成します。まずは、旧居と新居の住所を入力してください。その後、サービスに対応している業者の一覧から、必要な項目をチェックしましょう。これで引っ越し前の準備が完了です。

3.引っ越しの手続きをする

サービスに対応している業者の申し込みフォームに、必要な情報を入力します。完了したら、フォームを送信するだけで手続きが行われます。送信後、登録した連絡先メールアドレス宛てに確認のメールが届きます。引っ越し当日までに、「引越れんらく帳」での手続きを済ませておきましょう。

引っ越し準備ではNHKの住所変更も忘れずに行おう!

引っ越しをするときに必要なNHKの住所変更の手続きについてお伝えしました。

引っ越しに際してNHKの住所変更の手続きが必要です。世帯全体での引っ越しのほか、今いる世帯から独立する場合や、異なる世帯が一つになる場合も、手続きを行いましょう。このとき、状況によっては新規契約や世帯同居といった別の手続きを行うことがあります。ご自身の状況に合わせてご確認ください。

NHKの住所変更のほかにも、引っ越しにともなう手続きは数多くあります。生活に必要な電気・ガス・水道の手続きのほか、複数の業者に連絡を入れる必要があります。慌ただしい時期であるため、抜け漏れなくすべての業者と着実に手続きを行えるよう、余裕をもって準備を行いましょう。

その際は、引っ越しの連絡をまとめてできる「引越れんらく帳」のサービスを活用すると便利です。簡単な無料登録をすれば利用でき、複数の業者に連絡を入れられるほか、手続きの進捗確認ができます。スムーズに新生活を始めるために、「引越れんらく帳」をぜひお役立てください。

×
無料

電気、ガス、水道などの引越し手続きを一回の入力で一括完了!