ページトップへ

供給地点特定番号とは?確認方法と電力会社の変更の仕方を解説

供給地点特定番号とは?確認方法と電力会社の変更の仕方を解説

2016年1月の電力小売全面自由化によって、電力会社を自由に選べるようになりました。引っ越しなどを機に、現在よりも料金の安い電力会社へ切り替えることを検討されている方も多いのではないでしょうか。電力会社を変更する際の手続きに必要となるのが「供給地点特定番号」です。

ここでは、供給地点特定番号とはどのようなものか、主な確認方法、電力会社を変更する方法について詳しく解説します。

あわせて読みたい引っ越しTips

◆引っ越し前後に必要な手続きまとめ!時期別に見るチェックリスト付き
◆引っ越しするときに必要な電気の手続き|使用停止・開始をスムーズに
◆電気・水道・ガスに関する引っ越し時の手続き
◆引っ越しお役立ち情報

供給地点特定番号の基礎知識

電力会社を切り替える時に必要となる「供給地点特定番号」。まずは、この供給地点特定番号についての基礎知識をご紹介します。

供給地点特定番号とは

供給地点特定番号とは、電気を使用している場所(供給地点)を特定するために必要な番号で、電力の供給地点を正確に把握するために割り振られているものです。どの電力会社を利用しても22桁の番号が割り振られ、全国で一律となっています。

この供給地点特定番号は、電力小売全面自由化に伴い2016年1月より付与されています。それ以前は電力会社を自由に変更することができなかったため、各電力会社がおのおので設定していました。

しかし自由化により、新しい電力会社ができたり、契約先を利用者が変更できるようになったりしたため、どの電力会社でも共通のものが必要となったのです。これにより、電力会社は電気を使用している場所を効率よく特定し、電気の切り替え作業をスムーズに行えるようになりました。

供給地点特定番号の用途

電気の契約先を変更する際は、この供給地点特定番号が必要となります。また、災害発生時などに計画停電が行われる際、供給地点特定番号を使用して、計画停電情報を検索できる地域もあります。例えば、以下の東北電力ホームページから供給地点特定番号を入力することによって、計画停電が実施されるグループに該当するか検索することが可能です。

供給地点特定番号の主な確認方法

供給地点特定番号を確認する方法はいくつかあります。ここでは、供給地点特定番号の主な確認方法をご紹介します。

検針票や請求書を確認する

電力会社から毎月発行される「電気ご使用量のお知らせ(検針票)」または請求書に記載されている番号を確認することで、供給地点特定番号がわかります。

例えば、東京電力の場合は左上に「地点番号」として記載されており、中部電力の場合は真ん中の「お客様番号」の下に記載されています。関西電力の場合は、上部の「お客様番号」の下に記載されています。

電力会社によって記載方法は異なりますが、簡単に確認することができるでしょう。

Webサイトで確認する

契約している電力会社のWebサイトからマイページや会員ページなどにアクセスすると、確認できる場合があります。請求書を毎月Webサイトで確認している人などは、確認しやすいでしょう。新しい電力会社と契約する場合、紙の検針票がないこともあります。そのようなときは、通常Webサイトを通じて確認が取れます。

カスタマーセンターに問い合わせる

検針票が手元にない場合などは、カスタマーセンターに問い合わせて確認することも可能です。本人確認をしたうえで、供給地点番号を教えてもらうことができます。

電力会社を変更する方法

新電力会社に魅力的な電気料金プランがあれば、電気の切り替えをしたいと考えることがあるでしょう。ここでは、電力会社を変更する方法をご紹介します。

電力会社を切り替えるには?

まずは、現在の電力会社と、その他に検討している電力会社の電気料金プランを比較してみましょう。各電力会社の料金体系や特徴をチェックし、自身に合った電力会社と料金プランを選択します。

電力会社の切り替えには、スマートメーターという通信機能をもつ新しい電力メーターが必要となります。自宅にまだスマートメーターがない場合は、スマートメーターへの取り替え工事を行わなければなりません。費用は無料で作業時間は約15分、立ち会いは不要です。電力会社を切り替える場合も、メーターの維持管理は大手電力会社が行います。

最後に、切り替え先の電力会社に電話やWebサイトから申し込みましょう。その際、現在の電力会社名、お客さま番号、供給地点特定番号、切り替え希望日などの情報が必要となります。契約中の電力会社の解約手続きは、切り替え先の電力会社が行います。

申し込み手続きが終わると、次の検針時(場合によってはその次の検針時)、新しい電力会社に切り替わります。

◆電気使用量を測るスマートメーターとは?特徴とメリット、注意点

引っ越しと同時に電力会社を変更できる?

引っ越しの際は、それを機会に現在より安い電力会社に変更したいという方も多いでしょう。電力会社の中には、引っ越しと同時に切り替えが可能な会社もあります。Webサイトから申し込みできるところが多いです。

では、引っ越し先の供給地点特定番号はどのように調べられるのでしょうか。新居の大家さんや不動産会社に問い合わせるという方法もありますが、問い合わせても確実に供給地点特定番号がわかるわけではありません。

最近では新住所がわかる場合、供給地点特定番号が不明でも申し込めるところもあります。ただし物件のタイプや契約形態によっては、希望の電力会社と契約できないこともあるので注意しましょう。

引っ越し後、一定期間だけ転居先エリアの電力会社を利用した後、切り替えが可能な電力会社もあります。

現在契約している電力会社を変更しないメリットもあります。例えば、使用停止/・開始を同時に申し込むことが可能であり、このケースでは手続きが一度で済みます。また、支払いクレジットカード情報や振替口座等の入力が省略できる場合があります。さらに、引っ越し直前での申し込み対応等が可能です。

引っ越し前に電力会社を変更するメリット・デメリットをしっかりと確認しておきましょう。

供給地点特定番号を確認し、スムーズな電力会社の切り替えを!

電力会社を切り替える際に必要な、供給地点必要番号の詳細についてご紹介しました。引っ越しなどで電力会社の切り替えを検討されている方は、今回の記事をぜひ参考にしてください。

引っ越しのときは、同時に電力会社を変更できるかも含めてしっかり詳細を調べ、事前に申し込みを済ませておくと、転居後の生活が快適なものとなるでしょう。

あわせて読みたい引っ越しTips

◆引っ越し前後に必要な手続きまとめ!時期別に見るチェックリスト付き
◆引っ越しするときに必要な電気の手続き|使用停止・開始をスムーズに
◆電気・水道・ガスに関する引っ越し時の手続き
◆引っ越しお役立ち情報

×
無料

電気、ガス、水道などの引越し手続きを一回の入力で一括完了!