<PR>

 

auからイオンモバイルに乗り換える手順!料金やデメリットなどを解説

本ページはプロモーション(広告)が含まれています
auからイオンモバイルに乗り換える手順!料金やデメリットなどを解説

 

この記事では、auからイオンモバイルに乗り換えを検討中の方へ、乗り換えの手順やイオンモバイルのキャンペーンについて詳しく解説していきます。

イオンモバイルは、ドコモ回線とau回線から回線を選択できる格安SIMです。

低価格でありながらも、豊富な料金プランから自分に合ったものを選択できます。

また、Webだけでなくイオンの店舗でも申し込み可能です。

乗り換えの手順に加え、料金やデメリットについても解説しているので、イオンモバイルへの乗り換えを検討している方はぜひ参考にしてみてください。

なお、他社からイオンモバイルへ乗り換えたい方は、下記の記事を参考にしてください。

他社からイオンモバイルへの乗り換えはこちら!

>イオンモバイルの評判・口コミはこちら

\ 自分に合うプランをチェック! /

>イオンモバイルのキャンペーンはこちら

楽天モバイルがお得!

 

 

 

 

楽天モバイルでは、初めてのプラン申し込みとiPhone購入で最大33,000ポイント還元中!

また、回線契約のみでも13,000ポイントが還元されるキャンペーンもおすすめです。

キャンペーンを利用して申し込むなら、ぜひ楽天モバイルをチェックしてみてください!

公式サイト:https://network.mobile.rakuten.co.jp/

>楽天モバイルの評判・口コミはこちら

>楽天モバイルのクーポンはこちら

\ 最強プラン申し込み&対象iPhone購入で最大33,000ポイント還元! /

>楽天モバイルのキャンペーンはこちら

この記事は私が監修しました

高木健太朗

高木健太朗

【WEBメディア企画・運営】

【通信業界で10年の経験を経てWEBメディアサイトを多数運用】

通信業界に10年精通し、格安SIMと光回線の記事を監修。光回線の専門家として通信業界の幅広い知見をもとに、格安SIMと光回線の情報を分かりやすく発信。

マイベストプロ掲載

目次

auからイオンモバイルに乗り換える手順

auからイオンモバイルに乗り換える手順

ここでは、auからイオンモバイルに乗り換える手順を解説していきます。

大まかな流れは以下の通りです。

  • MNP予約番号を発行する
  • 本人確認書類とクレジットカードを用意する
  • イオンモバイル対応端末か確認する
  • イオンモバイルに申し込む
  • 利用開始手続きを申し込む

「何から準備したら良いかよくわからない」という方でも、スムーズに乗り換えられるよう、必要な手順をわかりやすく解説していきます。

MNP予約番号を発行する

まずは、MNP予約番号を発行します。

MNP予約番号の発行は、乗り換え前に使用している電話番号を引き続き利用するために必要となる手続きです。

店舗・Web・電話のいずれかで、auのMNP転出手続きを行いましょう。

店舗で手続きする場合は、MNP予約番号を発行したい旨を窓口でお伝えください。

Webで手続きする場合は、My auからお手続き可能です。

また、電話で手続きしたい場合は、「0077-75470」へ電話を掛けてMNP予約番号の発行を依頼しましょう。

Web・電話の受付時間は9:00〜20:00です。

MNP予約番号の有効期間は15日間ありますが、乗り換え先の手続きにかかる時間を考慮して、早めに手続きを始めましょう。

特にネット申込みの場合は、SIMカードの受取り日数も考慮する必要があります。

乗り換え前のキャリアの契約は、事業者乗り換え手続きが完了したタイミングとなります。

MNP予約番号を発行しただけでは解約とならないため、注意が必要です。

本人確認書類とクレジットカードを用意する

次に、本人確認書類と、支払いに使用するクレジットカードを用意しましょう。

本人確認に使用できる書類は以下の通りです。

書類注意点
マイナンバーカード(表面のみ)表面(顔写真が確認できる面)のみ
有効期間内のものに限ります
通知カードではお申込みいただけません
運転免許証
運転経歴証明書(表面)
表面(顔写真が確認できる面)と、記載事項に変更がある場合は裏面も必要
都道府県公安委員会が発行した、有効期間内のものに限ります
記載事項に変更があり裏面のアップロードが必要なお客さまで、臓器提供意思表示欄をご記入済みのお客さまは、ご自身で臓器提供意思表示欄を付箋などでマスクして撮影してください
国際運転免許証ではお申込みいただけません
特別永住者証明書(両面必須)表面、裏面の両面が必要です
有効期間内のものに限ります
在留カード(両面必須)表面・裏面の両面が必要です
有効期間内のものに限ります
日本国パスポート顔写真ページと所持人記載欄が必要です
所持人記載欄に氏名・住所が記載された、有効期間内のもの
※所持人記載欄のない日本国パスポートは、以下の書類からいずれか1点を追加でご提出ください(顔写真ページのみではお申込みいただけません)
【住民票】
マイナンバー(個人番号)の記載がなく、発行から3か月以内のもの
※マイナンバー(個人番号)が記載された住民票はお受けできません
【電気・都市ガス・水道の領収書】
ご契約の本人さまの姓と住所が一致し、発行から3か月以内のもの
(ご家族名義の領収書でも有効です)
住民基本台帳カード表面(顔写真の確認できる面)と記載事項に変更がある場合は裏面も必要
身体障がい者手帳顔写真と、氏名・住所・生年月日の記載面
顔写真がない場合や、住所や生年月日の記載がない場合はほかの本人確認書類をご準備ください
療育手帳顔写真と、氏名・住所・生年月日の記載面
顔写真がない場合や、住所や生年月日の記載がない場合はほかの本人確認書類をご準備ください
精神障がい者保健福祉手帳顔写真と、氏名・住所・生年月日の記載面
顔写真がない場合や、住所や生年月日の記載がない場合はほかの本人確認書類をご準備ください

イオンモバイルの支払いには、イオンマークの付いたクレジットカード・VISA・JCB・マスターカードがご利用いただけます。

海外発行のクレジットカードや、プリペイド式クレジットカード・デビットカード・銀行口座振替による支払いはできません。

イオンモバイル対応端末か確認する

続いて、現在使用している端末がイオンモバイルに対応しているか確認しましょう。

イオンモバイルのSIMカードが利用できる端末は、回線のタイプごとに、以下の通りとなっています。

タイプ1(ドコモ回線)/タイプ2(ドコモ回線)

ドコモの5G/LTE/3Gの通信網に対応した端末でご利用いただけます。
・ドコモの端末は、SIMロックを解除することなく、そのままご利用いただけます。
・ソフトバンクやワイモバイルなど、ドコモの通信網に対応したスマホは、SIMロックを解除することでご利用いただけます。
※ドコモの通信網と異なる周波数帯域(電波の種類)は利用できません。
※SIMフリーのスマホは、SIMロックを解錠する必要はありません。

タイプ1(au回線)

auの5G/4G LTEの通信網に対応した端末でご利用いただけます。
・auの端末は、そのままご利用いただけます。
 ※2017年8月以降に販売されたスマホは、SIMロックを解除する必要はありません。
・UQモバイルなど、auの通信網に対応したスマホは、SIMロックを解除することでご利用いただけます。
 ※SIMロックを解除する必要がない場合もございます。
 ※SIMフリーのスマホは、SIMロックを解除する必要はありません。

また、具体的な対応機種については、動作確認端末一覧にてご確認いただけます。

イオンモバイルに申し込む

イオンモバイルは、店舗とWebで申し込みを行えます。

店舗で申し込みを行う場合は、イオンモバイルの店舗窓口で、申し込みを行いたい旨を伝えましょう。

店舗で申し込んだ場合、即日利用開始が可能です。

Webで申し込みを行う場合は、申し込みページから手続きを行えます。

Webでの申し込みの場合は、最短翌日~3日で、SIMカードが自宅に届きます。

利用開始手続きを申し込む

Web申し込みの場合は、SIMカードが到着して端末に挿入した後に、利用開始手続き(通信会社の切換え)が必要です。

利用開始手続き(通信会社の切換え)の手順は以下となります。

利用開始手続き(通信会社の切換え)の手順
  • イオンモバイルお客様ページにログインする
  • SIMカードの電話番号またはICCID(SIMカード裏面の英数字)を確認のうえ、「開通する」を選択する
  • もう一度確認のうえ「OK」を選択する

通信会社の切換えが完了するまでは、乗り換え前に利用している通信会社のSIMカードやサービスの利用が可能です。

手続きしなかった場合、お申込みの際に入力されたMNP予約番号の有効期限の前日午後5時以降、自動的に切り換えられます。

通信会社の切換えが完了していない状態では、イオンモバイルのSIMカードを利用できないため注意しましょう。

通信会社の切換えが完了した時点で、乗り換え前の通信会社との契約が解除となります。

また、利用前には、APN設定(通信サービスの初期設定)が必要です。

APN設定(通信サービスの初期設定)の手順はSIMのタイプにより異なります。

契約したSIMのタイプに合わせて、APN設定方法ページで確認のうえ、設定を行いましょう。

APN設定(通信サービスの初期設定)を完了させれば、通信サービスを利用できるようになります。

>イオンモバイルの評判・口コミはこちら

\ 公式サイトで詳細をチェック! /

>イオンモバイルのキャンペーンはこちら

イオンモバイルと他キャリアとの比較

イオンモバイルと他キャリアとの比較

出典:イオンモバイル

月額料金(税込)

音声プラン(音声通話+データ通信)

【さいてきプラン】

  • 0.5GB:803円
  • 1GB:858円
  • 2GB:968円
  • 3GB:1,078円
  • 4GB:1,188円
  • 5GB:1,298円
  • 6GB:1,408円
  • 7GB:1,518円
  • 8GB:1,628円
  • 9GB:1,738円
  • 10GB:1,848円

【さいてきプランMORIMORI】

  • 20GB:1,958円
  • 30GB:3,058円
  • 40GB:4,158円
  • 50GB:5,258円

【やさしいプラン】

  • 0.2GB:748円
  • 3GB:858円
  • 6GB:1,188円
  • 8GB:1,408円

※データプランのみは別料金

オプション(税込)
  • イオンでんわフルかけ放題:月額1,650円
  • イオンでんわ10分かけ放題:月額935円
  • イオンでんわ5分かけ放題月額:550円
  • 050かけ放題:月額1,078円
国内通話料(税込) 11円/30秒
通常の通信速度

平均ダウンロード速度: 41.56Mbps

平均アップロード速度: 10.37Mbps

出典:みんなのネット回線速度(2024/02/23時点の情報)

利用可能回線
  • ドコモ回線
  • au回線
店舗情報 全国200店舗以上のイオン
eSIM対応 なし

上記の通り、イオンモバイルはデータ量ごとに小刻みに料金が設定されています。

自分の利用するデータ量に合わせてプランを選択し、料金を抑えられるのが一番の魅力と言えるでしょう。

イオンモバイルと、LIBMO・Linemo・mineoの比較は下記の通りです。

キャリア料金通信速度プラン
イオンモバイル【音声プラン(音声通話+データ通信)】
<さいてきプラン>
0.5GB:803円
1GB:858円
2GB:968円
3GB:1,078円
4GB:1,188円
5GB:1,298円
6GB:1,408円
7GB:1,518円
8GB:1,628円
9GB:1,738円
10GB:1,848円
<さいてきプランMORIMORI>
20GB:1,958円
30GB:3,058円
40GB:4,158円
50GB:5,258円
<やさしいプラン>
0.2GB:748円
3GB:858円
6GB:1,188円
8GB:1,408円
※データプランのみは別料金
平均ダウンロード速度: 41.56Mbps
平均アップロード速度: 10.37Mbps
音声プラン(さいてきプラン/さいてきプランMORIMORI/やさしいプラン)
シェアプラン(さいてきプラン/さいてきプランMORIMORI/やさしいプラン)
データプラン(さいてきプラン/さいてきプランMORIMORI/やさしいプラン)
LIBMO【なっとくプラン(音声通話機能付きSIM)】
※データ通信+音声通話+SMS
3GB:月額980円
8GB:月額1,518円
20GB:月額1,991円
30GB:月額2,728円
※データ通信のみは別料金
平均ダウンロード速度: 23.17Mbps
平均アップロード速度: 6.95Mbps
なっとくプラン(ライト/3GB/8GB/20GB/30GB)
ゴーゴープラン(5分かけ放題/10分かけ放題/かけ放題マックス)
Linemo3GB:990円
20GB:2,728円
平均ダウンロード速度: 66.78Mbps
平均アップロード速度: 14.75Mbps
ミニプラン
スマホプラン
mineo1GB:1,298円
5GB:1,518円
10GB:1,958円
20GB:2,178円
※データ通信のみは別料金
平均ダウンロード速度: 44.56Mbps
平均アップロード速度: 10.58Mbps
マイピタ
マイそく
参考:「みんなのネット回線速度」(2024/02/23時点での情報)
上記はすべて税込表記

イオンモバイルは、下記のキャリア3社と比較しても、最も多い料金プラン数となっています。

料金はデータ量ごとに細かく設定されているため、自分に合った料金プランを選択して、無駄なく利用できます。

また、通信速度については、4社の中では平均的です。

>イオンモバイルの評判・口コミはこちら

\ 自分に合ったプランを見つけよう! /

>イオンモバイルのキャンペーンはこちら

auからイオンモバイルに移行するメリット

auからイオンモバイルに移行するメリット

ここでは、auからイオンモバイルに乗り換えるメリットを解説していきます。

  • 利用料金が安い
  • 店舗でサポートが受けられる
  • au回線やau端末が利用できる
  • 60歳以上の電話かけ放題プランがある
  • 通信料を節約できる機能がある

「auからイオンモバイルへの乗り換えを検討しているが、メリットがイマイチわからない」という方は、ぜひ参考にしてみてください。

利用料金が安い

イオンモバイルは、毎月の利用料金が安いことが魅力です。

料金プランが豊富で、以下4種類が用意されています。

  • 音声プラン:音声通話とデータ通信が可能
  • データプラン:データ通信のみが可能
  • シェア音声プラン:最大5回線まで利用できるプラン
  • やさしいプラン:60歳以上の方限定のプラン

また、以下表のように、プランごとにデータ量を細かく区切って価格が設定されています。

■マークは、60歳以上限定の「やさしいプラン」です。

データ量音声プランデータプランシェア音声プラン
■200MB748円
500MB803円
1GB858円528円
2GB968円748円
3GB1,078円858円
■3GB858円638円
4GB1,188円968円1,518円
5GB1,298円1,078円1,628円
6GB1,408円1,188円1,738円
■6GB1,188円968円1,518円
7GB1,518円1,298円1,848円
8GB1,628円1,408円1,958円
■8GB1,408円1,188円1,738円
9GB1,738円1,518円2,068円
10GB1,848円1,628円2,178円
12GB1,958円1,738円2,288円
14GB2,068円1,848円2,398円
20GB2,178円1,958円2,508円
30GB4,158円3,938円4,488円
40GB5,258円5,038円5,588円
50GB6,358円6,138円6,688円
上記はすべて税込表記

このように、自分に合ったデータ量を選べるため、無駄な料金を払う必要がありません。

また、高速通信のデータ通信容量を使い切ってしまった場合は、1GB:528円(税込)で追加購入が可能です。

店舗でサポートが受けられる

イオンモバイルは、店舗で対面のサポートを受けられます。

店舗で受けられるサポートは以下の通りです。

サポート概要
契約前ご相談(無料)ご契約前の料金のご相談やお見積り、ご契約後のおこまりごとや、スマホの使い方などをご相談いただけます。
SIMカードおためしイオンモバイルのSIMカードを、ご利用の端末に挿入してお試しいただけます。
無料貸出イオンモバイルのSIMカードやスマホを、1週間無料でお使いいただけます。
ご契約の前に通信品質やスマホの操作をおためしいただけるサービスです。
契約時新規・お乗換えお申込みスタッフと相談しながら、ご契約をお申込みいただけます。
お乗換え(MNP)サポート現在の通信会社から携帯電話番号ポータビリティ(MNP)を利用してお乗換えの際に、お手続きやMNP予約番号の発行を、スタッフが無料でお手伝いします。(イオンモバイルにお乗換えの場合に限ります)
通信サービスの初期設定ご契約の完了後に、イオンモバイルのご利用に必要なネットワークの初期設定を、無料で行います。
オプション設定イオンモバイルでご契約のオプションサービスの初期設定を無償で行います。
端末単品販売SIMフリー端末や大手通信会社の端末をご購入いただけます。
SIMロック解除サポートご利用の端末のSIMロックの解除を無料で行います。(イオンモバイルをご契約の場合に限ります)
ガラスコーティング端末の液晶画面やガラス素材の表面をコーティングし、傷から守ります。
アクセサリー販売スマホのさまざまなアクセサリーをご購入いただけます。
下取り端末をお求めの場合に、今お使いの端末を下取り(電子マネーWAONポイントに交換)いたします。
法人ご契約法人のお客さまも、ご相談やご契約のお申込み、各種サポートをご利用いただけます。
エントリーパッケージ販売イオンモバイルのエントリーパッケージをご購入いただけます。
契約後ご相談(無料)ご契約後も、お困りごとやスマホの使い方などをご相談いただけます。
機種変更イオンモバイルをご利用の端末の機種変更を行います。
契約情報変更契約内容のご確認
プラン変更(通信容量の変更)
通信容量の追加
通信速度の変更
オプションのご契約/解約
音声プランからシェアプランへの変更
シェアプランへのSIMカードの追加
SIMカードの種類やサイズの変更、再発行
SIMカードの利用停止/再開
メールアドレスの変更
住所変更・連絡先電話番号の変更
お支払いクレジットカードの変更
改姓・改称
名義変更・回線譲渡
スマホメンテナンスご契約後も快適にスマホをお楽しみいただくために、スタッフがお客さまのご利用状況やスマホの状態を確認し、メンテナンスを行います。
修理受付イオンモバイルでご購入の端末の修理を行います。
下取り端末を購入した場合、今使用している端末を下取り(電子マネーWAONポイントに交換)します。
解約・MNPのお手続きサービスの解約
MNP予約番号の発行のお手続き
その他スマホメンテナンスご契約後も快適にスマホをお楽しみいただくために、スタッフがお客さまのご利用状況やスマホの状態を確認し、メンテナンスを行います。
スマホサポートゴールドパック(6,600円/約80分)
シルバーパック(5,500円/約60分)
スタートパック(4,400円/約50分)
サファイアパック for iPhone(3,300円/約40分)
スマホレッスン有償にて、マンツーマンでのスマホレッスンを行います。
上記はすべて税込表記

このように、イオンモバイルは、店舗で幅広いサポートを受けられます。

イオンでのお買い物ついでに、イオンモバイルで気軽に相談することも可能です。

インターネットやスマホ操作に苦手意識がある方にとっては、対面でサポートを受けられることは大きなメリットでしょう。

au回線やau端末が利用できる

イオンモバイルでは、auの端末や回線を利用できます。

そのため、auからイオンモバイルに乗り換えても、これまでと変わらずauの端末と回線の利用が可能です。

また、イオンモバイルでは、au回線のほかに、ドコモ回線も選択できます。

現在auの回線に不満がある場合は、イオンモバイルへの乗り換え時に、ドコモ回線を選択することも可能です。

60歳以上の電話かけ放題プランがある

イオンモバイルには、「イオンでんわフルかけ放題」というオプションがあります。

「イオンでんわフルかけ放題」は、国内通話が24時間いつでもかけ放題になる定額オプションサービスです。

月額料金は1,650円(税込)ですが、60歳以上の利用者に限り、毎月1,210円(税込)となります。

60歳以上で電話をよく利用する人にとっては、大きなメリットとなるでしょう。

通信料を節約できる機能がある

イオンモバイルでは、専用アプリにて高速通信のオンオフの切り替えを行えます。

また、アプリでは高速通信データ残量の確認も可能です。

そのため、利用状況に応じて、高速通信データ残量を節約するなど、自由に調整することができます。

余った通信量は、翌月へ繰り越すことができるため、無駄なくお得に利用可能です。

>イオンモバイルの評判・口コミはこちら

\ 月々1,000円以下でスマホが利用可能! /

>イオンモバイルのキャンペーンはこちら

auからイオンモバイルに移行するデメリット

auからイオンモバイルに移行するデメリット

ここでは、auからイオンモバイルに乗り換えるデメリットを解説していきます。

  • SIMカードの料金がかかる 
  • 各種エンタメサービスが利用できない
  • auスマートバリューが使えなくなる 
  • Pontaポイントが使えなくなる

乗り換え後に後悔しないよう、事前にデメリットをチェックしていきましょう。

SIMカードの料金がかかる

イオンモバイルは、契約の申し込み時にSIMカード代金(契約事務手数料相当額)が発生します。

SIMカード代金は、SIMカード1枚(電話番号1件)につき3,300円(税込)です。

複数のSIMカードを申し込む場合は、SIMカードの枚数分のSIMカード代金が必要となります。

店舗で申し込みする場合は、契約時に店頭でのお支払いが必要です。

インターネットで申し込みする場合は、初回の利用料金に含んで請求されます。

各種エンタメサービスが利用できない

イオンモバイルでは、auが提供する以下のようなエンタメサービスが利用できません。

  • 使い放題MAX 5G with Amazonプライム:8,107円(税込)/月
  • 使い放題MAX 5G/4G Netflixパック:8,338円(税込)/月
  • 使い放題MAX 5G/4G DAZNパック:9,768円(税込)/月
  • 使い放題MAX 5G/4G ドラマ・バラエティパック:9,108円(税込)/月
  • 使い放題MAX 5G ALL STARパック2:10,747円(税込)/月

これらのサービスは、auを契約中の人だけが加入できます。

例えば「使い放題MAX 5G/4G Netflixパック」は、月額8,338円(税込)でNetflixのベーシックプランやTELASAが付帯するデータ使い放題の料金プランです。

イオンモバイルへの乗り換え後もNetflixやTELASAを利用したい場合は、携帯料金とは別で個別に契約が必要となります。

そのため、今後もこれらのサービスを利用したい場合には、料金の比較などを行い、乗り換えの検討が必要です。

auスマートバリューが使えなくなる

auからイオンモバイルへ乗り換えた場合、auスマートバリューが利用できなくなります。

auスマートバリューとは、auひかりやご自宅のインターネット、または「auスマートポート」「au ホームルーター 5G」「WiMAX +5G」とセットで利用することで、auの携帯電話利用料金を割り引くサービスです。

イオンモバイルでは、現在同様のサービスが提供されていません。

そのため、現在auスマートバリューの割引が適用されている方は、乗り換え後にauスマートバリューの割引がなくなることも考慮して、乗り換えを検討する必要があります。

Pontaポイントが使えなくなる

auからイオンモバイルへ乗り換えた場合、Pontaポイントでの月額利用料金の支払いができなくなります。

auでは、携帯電話料金をau PAY カードで支払うことなどでPontaポイントが貯まります。

貯まったPontaポイントは、「au PAY」または「au PAY カード」をお持ちの場合、auの月額利用料金のお支払いに使用可能です。

auからイオンモバイルに乗り換えた場合は、Pontaポイントがこれまでより貯まりづらくなり、また、月額利用料金の支払いにPontaポイントを利用できなくなります。

貯まっているPontaポイントは、au解約後も引き続き利用できますが、有効期限には注意しましょう。

Pontaポイントの有効期限について

Pontaポイントの有効期限は、最後にポイント加算された日、もしくは最後にポイントが利用された日から1年間となります。

(例)2023年6月3日にポイント加算、またはポイントが利用された場合、有効期限は2024年6月3日23時59分59秒までとなります。
それ以降にポイント加算、またはポイント利用がない場合、2024年6月4日0時を迎えた時点で失効します。

また、Pontaポイント(au PAY マーケット限定)も、au IDを削除しない限りは引き続き利用できます。

>イオンモバイルの評判・口コミはこちら

\ MNPでイオンモバイルに簡単乗り換え! /

>イオンモバイルのキャンペーンはこちら

auからイオンモバイルへの乗り換えタイミング

auからイオンモバイルへの乗り換えタイミング

ここでは、auからイオンモバイルへの乗り換えのタイミングについて解説します。

  • データ使い放題の利用する必要がない
  • au回線に不満がある
  • イオンモバイルのキャンペーンが始まっている

「auからイオンモバイルへ乗り換えたいが、どんなタイミングが良いかわからない」
「au回線に不満があるが、イオンモバイルに乗り換えるべき?」

などどお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください。

データ使い放題の利用する必要がない

データ使い放題が不要と感じた際は、auからイオンモバイルへの乗り換えを検討して良いタイミングと言えます。

auの「使い放題MAX 5G/4G」では、データ通信が無制限で使用可能です。

そのため、データ通信が必要となる動画視聴やゲーム、アプリのダウンロードなどを制限なく楽しめます。

日頃からデータ通信を伴うサービスなどを頻繁に使用する人にとっては、「使い放題MAX 5G/4G」はメリットが多く嬉しいプランと言えるでしょう。

しかし、Wi-Fi環境でのスマホ使用が増えた場合や、データ通信を伴うサービスの利用が減った場合は、「使い放題MAX 5G/4G」により受けられるメリットが少なります。

このように、「使い放題MAX 5G/4G」が必要ないと感じた場合は、イオンモバイルへの乗り換えを検討しても良いでしょう。

au回線に不満がある

au回線への不満からイオンモバイルへの乗り換えをご検討中の方は、乗り換えを考え直しても良いかもしれません。

auとイオンモバイルの回線速度の比較は下記の通りです。

キャリア平均ダウンロード速度平均アップロード速度 
au 102.17Mbps 16.33Mbps
イオンモバイル 41.56Mbps 10.37Mbps
参考:「みんなのネット回線速度」(2024/02/23時点での情報)

auとイオンモバイルの比較では、auの方が回線速度が速いため、イオンモバイルへ乗り換えても通信速度の改善は感じられないかもしれません。

そのため、乗り換えを検討している理由がau回線への不満だけである場合は、乗り換えを考え直しても良いでしょう。

イオンモバイルのキャンペーンが始まっている

出典:イオンモバイル

キャンペーン名

ホップステップのりかえキャンペーン

期間

2024年1月31日

条件

他社から乗り換え(MNP)にて音声SIMカードを契約し、対象端末を購入

内容

【特典1】他社から乗り換え(MNP)で契約と同時に対象端末の購入で、電子マネーWAON最大15,000ポイントプレゼント

10,000ポイント対象端末
・SHARP AQUOS sense8
・Xiaomi Redmi 12 5G 256GB(2023年12月8日発売)
15,000ポイント対象端末
・SHARP AQUOS wish 2(契約者が60歳以上の方が対象)

 

【特典2】お乗り換え(MNP)&月額料金をイオンカードでお支払いで、電子マネーWAON6,000ポイントプレゼント

イオンモバイルのキャンペーンを活用して乗り換えたい方は、「どうする?乗換えキャンペーン」の期間中の乗り換えがおすすめです。

「どうする?乗換えキャンペーン」では、他社からの乗り換え(MNP)にて音声SIMカードを契約する場合、以下の特典を受けられます。

  • 乗り換え(MNP)で、電子マネーWAON3,000ポイントプレゼント
  • 契約と同時に対象端末の購入で、さらに電子マネーWAON最大15,000ポイントプレゼント
    <5,000ポイント対象端末>
    ・Xiaomi Redmi Note 11
    ・Xiaomi Redmi 12 5G(2023年10月19日発売)
    <15,000ポイント対象端末>
    ・SHARP AQUOS wish 3(契約者が60歳以上の方が対象)

上記の通り、期間中に他社からの乗り換え(MNP)にて音声SIMカードを契約する場合は、電子マネーWAON3,000ポイントがもらえるため、お得に乗り換えが可能です。

また、「Xiaomi Redmi Note 11」「Xiaomi Redmi 12 5G」「SHARP AQUOS wish 3(契約者が60歳以上の方が対象)」をご検討中の方は、さらにポイントを受け取れるため、「どうする?乗換えキャンペーン」の期間中の乗り換えを行いしましょう。

>イオンモバイルの評判・口コミはこちら

\ キャンペーン情報をチェック! /

>イオンモバイルのキャンペーンはこちら

イオンモバイルの良い評判

イオンモバイルの良い評判

ここでは、イオンモバイルの良い評判について解説します。

  • 料金プランが安い
  • iPhoneが利用できる
  • イオン店舗で対応できる
  • 便利なシェアプランがある

良い評判を知ることで、auとの比較もしやすくなるでしょう。

乗り換えをご検討中の方は、ぜひ参考にしてみてください。

料金プランが安い

出典:イオンモバイル

月額料金(税込)

音声プラン(音声通話+データ通信)

【さいてきプラン】

  • 0.5GB:803円
  • 1GB:858円
  • 2GB:968円
  • 3GB:1,078円
  • 4GB:1,188円
  • 5GB:1,298円
  • 6GB:1,408円
  • 7GB:1,518円
  • 8GB:1,628円
  • 9GB:1,738円
  • 10GB:1,848円

【さいてきプランMORIMORI】

  • 20GB:1,958円
  • 30GB:3,058円
  • 40GB:4,158円
  • 50GB:5,258円

【やさしいプラン】

  • 0.2GB:748円
  • 3GB:858円
  • 6GB:1,188円
  • 8GB:1,408円

※データプランのみは別料金

オプション(税込)
  • イオンでんわフルかけ放題:月額1,650円
  • イオンでんわ10分かけ放題:月額935円
  • イオンでんわ5分かけ放題月額:550円
  • 050かけ放題:月額1,078円
国内通話料(税込) 11円/30秒
通常の通信速度

平均ダウンロード速度: 41.56Mbps

平均アップロード速度: 10.37Mbps

出典:みんなのネット回線速度(2024/02/23時点の情報)

利用可能回線
  • ドコモ回線
  • au回線
店舗情報 全国200店舗以上のイオン
eSIM対応 なし

イオンモバイルの良い評判の中でも多く挙げられるのが、料金の安さです。

インモバイルの料金プランは、大きく分けて「音声プラン」「シェアプラン」「データプラン」「やさしいプラン」の4種類となっています。

  • 音声プラン:音声通話とデータ通信が可能
  • データプラン:データ通信のみが可能
  • シェア音声プラン:最大5回線まで利用できるプラン
  • やさしいプラン:60歳以上の方限定のプラン

イオンモバイルでは、それぞれのプランごとにデータ量を選べるため、無駄な料金を払う必要がありません。

また、高速通信のデータ通信容量を使い切ってしまった場合は、1GB:528円(税込)で追加購入が可能です。

イオンモバイルでは、利用するデータ量に合わせて契約できるため、料金を最小限に抑えられます。

iPhoneが利用できる

イオンモバイルでは、iPhoneの購入・利用ができます。

イオンモバイルでは、ほとんどのiPhoneがSIMロック解除なしで使用可能です。

使用できるiPhoneは、動作確認端末一覧でご確認いただけます。

また、イオンモバイルではiPhoneの購入も可能です。

購入できるiPhoneは下記の2種類のみで、最新機種は購入できないため注意しましょう。

イオンモバイルで購入できるiPhone
  • iPhone SE(第3世代)64GB【中古(未使用品)】
  • iPhone XS 256GB【未使用品】

最新のiPhoneは、Apple Storeなどで購入可能です。

イオン店舗で対応できる

インモバイルの良い評判として、イオンの店舗で相談や申し込みができることも挙げられます。

イオンは全国に複数の店舗があり、お買い物のついでなどにも利用しやすいのがメリットです。

イオンの店舗は、イオンモバイル公式サイト店舗一覧からご確認いただけます。

イオンモバイルの店舗は、下記の3種類があるため、利用する際は用途に合わせて店舗を選ぶようにしましょう。

  • イオンモバイルショップ
    イオンモバイルのお店です。スタッフと相談しながら、ご契約のお申込みや、契約情報の変更、スマホの購入などができます。
  • イオンモバイルスポット
    イオンモバイルを契約できるイオンのお店です。
    ご契約のお申込みのほか、スマホをお取寄せにて購入できます。
    ご契約内容の変更などのアフターサービスは承っておりません。
  • エントリーパッケージ取扱店
    イオンモバイルのエントリーパッケージを販売しています。
    オンモバイルショップ以外の店舗では、パッケージの販売のみで、ご契約のお申込みやご相談は承れません。

また、店舗ごとに提供しているサービスは異なるため、店舗を利用する際は店舗一覧から事前に確認が必要です。

便利なシェアプランがある

イオンモバイルにはシェアプランがあります。

シェアプランは、家族や夫婦などでデータ容量を分け合うことで、個別に契約するよりもお得な通信料にできるプランとなっています。

また、一人でスマホ・タブレットなど複数端末を利用する際にも、シェアプランを利用可能です。

シェアプランは契約を1つにまとめることで、面倒な計算はせず、必要な容量を選ぶだけでというシンプルな仕組みになっています。

データ量は、1GBから10GBまでは1GB単位で、20GBから50GBは10GB単位でプランを細かく選択可能です。

>イオンモバイルの評判・口コミはこちら

\ 自分に合ったプランを見つけよう! /

>イオンモバイルのキャンペーンはこちら

イオンモバイルの悪い評判

イオンモバイルの悪い評判

ここでは、イオンモバイルの悪い評判について解説します。

  • 購入できる端末の種類が少ない
  • 電波状態が悪い
  • イオン店舗数が多くない
  • 端末代が高い

「イオンモバイルの悪い評判も知ったうえで乗り換えを検討したい」という方は、ぜひご覧ください。

購入できる端末の種類が少ない

イオンモバイルの悪い評判の一つが、購入できる端末の種類の少なさです。

イオンモバイルで購入きる端末は、以下の通りです。

イオンモバイルで購入できる端末
  • AQUOS sense8
  • iPhone SE(第3世代)64GB【中古(未使用品)】
  • moto g13
  • AQUOS sense7
  • Redmi Note 11
  • Redmi 12 5G
  • AQUOS wish 3
  • Xperia Ace Ⅲ[au版]【中古(未使用品)】
  • Aterm MP02LN
  • iPhone XS 256GB【未使用品】
  • AQUOS Wish 2[docomo版]【中古(未使用品)】
  • AQUOS wish
  • AQUOS sense6
  • moto e32s
  • moto g53j 5G
  • moto g31
  • moto g32
  • moto g52j 5G
  • moto g50 5G
  • Redmi Note 11 Pro 5G
  • Redmi Note 10T
  • OPPO A55s 5G

例えば、iPhoneの場合は2種類だけの取り扱いとなっており、最新機種は購入できません。

そのため、購入したい端末が上記にない場合は、家電量販店などで別途端末を購入するようにしましょう。

また、イオンモバイル以外で端末を購入する場合は、動作確認端末一覧にて、イオンモバイル対応端末であるか確認する必要があります。

電波状態が悪い

イオンモバイルは、他のキャリアと比較すると電波状態が悪いと言われることがあります。

キャリア平均ダウンロード速度平均アップロード速度 
イオンモバイル 41.56Mbps 10.37Mbps
au 102.17Mbps 16.33Mbps
LIBMO 23.17Mbps 6.95Mbps
Linemo 66.78Mbps 14.75Mbps
mineo 44.56Mbps 10.58Mbps
参考:「みんなのネット回線速度」(2024/02/23時点での情報)

イオンモバイルの通信速度は、平均ダウンロード速度と平均アップロード速度の両方で、auを下回っています。

しかし、他の格安SIMと比較すると平均的な通信速度です。

Wi-Fiがない環境で動画視聴などをすることが多い方にとっては、イオンモバイルの通信速度がデメリットとなりますが、通信速度に強いこだわりがない方にとっては、特に気にならないかもしれません。

イオン店舗数が多くない

イオンモバイルは、イオンの店舗でサポートを受けられることがメリットですが、店舗数が少ないという声もあります。

イオンモバイルでは、全国に200以上あるイオンの店舗で、故障修理受付や料金プラン変更等などのサポートを受けることが可能です。

しかし、店舗によって受けられるサポートが異なっているため、地域によっては「近隣にサポートを受けられる店舗がなく不便」と感じる方もいらっしゃるかもしれません。

店舗でのサポートを重視する方は、近隣にサポートを受けられる店舗があるか事前に確認しておくと良いでしょう。

店舗ごとのサポート内容は、イオンモバイル公式サイト店舗一覧からご確認いただけます。

端末代が高い

イオンモバイルの悪い評判として、端末代が高いことが挙げられます。

そのため、「機種変更をしたいが、スマホを安く買いたい」「iPhoneを安く買いたい」という方は、Apple Storeや家電量販店、またフリマサイトなどで端末を購入するのもおすすめです。

また、イオンモバイルを契約している方であれば、対象の端末をイオンモバイルで購入することで、WAONポイントを受け取れます。

>イオンモバイルの評判・口コミはこちら

\ 公式サイトで取扱端末をチェック! /

>イオンモバイルのキャンペーンはこちら

auからイオンモバイルのまとめ

本記事では、auからイオンモバイルへ乗り換える手順や、イオンモバイルの料金・メリット・デメリットなどについて解説しました。

auは、イオンモバイルよりも通信速度が速いことや、エンタメサービスが充実している点などが魅力です。

ただし、イオンモバイルと比較すると、選択できるプランの少なさや高い料金がデメリットとも言えます。

イオンモバイルは、豊富な料金プランと安い料金設定が魅力の格安SIMです。

自分に合ったデータ量を選択でき、料金を安く抑えられます。

とにかく料金を抑えたいという方は、ぜひイオンモバイルを検討してみてください。

>イオンモバイルの評判・口コミはこちら

\ 乗り換えで利用料を安く抑えよう! /

>イオンモバイルのキャンペーンはこちら

目次