<PR>

 

povoからirumoへの乗り換え手順を解説!メリットやおすすめな理由も紹介

povo-to-irumo

 

povoはauの格安SIMサービスで、基本料金が0円で使いたい分だけデータのトッピングを購入できるのが特徴の格安SIMです。

しかし、povoには通信速度や品質、サービス内容などにいくつかの制限があります。

そこで、povoから他の格安SIMへ乗り換えることを検討している方もいるかもしれません。

今回ご紹介するirumoは、ドコモの新しい料金プランでドコモの高速通信やサポートを利用できるようになります 。

irumoは安さを重視する人におすすめのプランです。

この記事では、povoからirumoへの乗り換え手順を解説します。

また、irumoのメリットやおすすめな理由も紹介し、povoからirumoへ乗り換えることでどのようなメリットが得られるのか、どのようなプランを選ぶべきなのかをまとめてみました。

povoからirumoへの乗り換えを検討している方は、この記事を参考にしてください。

>irumoの評判・口コミはこちら

\ ドコモと同様の通信品質/

>irumoのキャンペーンはこちら

楽天モバイルがお得!

楽天モバイルでは、初めてのプラン申し込みとiPhone購入で最大32,000ポイント還元中!

また、楽天モバイルの代表取締役の三木谷会長が提供する三木谷キャンペーンを利用することで14,000ポイントを獲得できる特典を実施中です。

キャンペーンを利用して申し込むなら、ぜひ楽天モバイルをチェックしてみてください!

公式サイト:https://network.mobile.rakuten.co.jp/

\ 最強プラン申し込み&対象iPhone購入で最大32,000ポイント還元! /

この記事は私が監修しました

高木健太朗

高木健太朗

【WEBメディア企画・運営】

【通信業界で10年の経験を経てWEBメディアサイトを多数運用】

通信業界に10年精通し、格安SIMと光回線の記事を監修。光回線の専門家として通信業界の幅広い知見をもとに、格安SIMと光回線の情報を分かりやすく発信。

マイベストプロ掲載

目次

povoからirumoへ乗り換える手順

povoからirumoへ乗り換える際の手順について詳しくご紹介します。

povoからirumoへ乗り換えることで、どのようなメリットが得られるのか、どのようなプランを選ぶべきなのか、ぜひ参考にしてください。

上記について詳しく見ていきましょう。

対応端末の確認、必要なものを準備する

irumo 対応端末
出典:irumo

まず、対応端末の確認についてですが、povoとirumoはそれぞれ異なる通信方式を採用しているため、すべての端末が両方のサービスに対応しているわけではありません。

irumoはドコモの回線を利用しています。

そのため、povoからirumoへ乗り換えるときには、自分の端末がドコモ回線に対応しているかどうかを事前に確認することが必要です。

まず、自分の端末がドコモで購入したものか、他社で購入したものかを確認してください。

ドコモで購入した端末であればirumoで利用可能です。

次に、自分の端末がirumoで利用できる周波数帯(対応バンド)に対応しているかを確認します。

例えば、irumoで利用できる5Gの周波数帯は、以下のとおりです。

端末周波数帯
5G・3.7GHz [n78]
・4.5GHz [n79]
・28GHz [n257]
参考:irumo

自分の端末がどの周波数帯に対応しているかは、端末の設定や仕様書、メーカーのサイトなどで確認が可能です。

irumoで利用できる周波数帯のいずれかに対応していれば、irumoで利用できます。

また、他社で購入した端末の場合は、SIMロックの有無を確認してください。

SIMロックとは、端末が特定のキャリアのSIMカードしか認識しないようにする仕組みです。

SIMロックがかかっていると、他社で購入した端末はirumoのSIMカードを挿しても利用できません。

SIMロックの有無や解除方法は、端末の設定やメーカーのサイトなどで確認できます。

次に、乗り換えにあたって必要なものですが、povoからirumoへ乗り換える場合、シェアパックやドコモメールなどirumoで利用できないサービスがあれば、事前に解約や変更の手続きを行う必要があります。

また、povoの契約期間や解約金の有無も確認しておきましょう。

povoからirumoへ乗り換える場合に必要な書類は以下のとおりです。

書類の種類書類の内容
本人確認書類運転免許証
パスポート
住民基本台帳カード
健康保険証
上記のうちいずれか1点
支払い用の書類クレジットカード
口座振替
コンビニ支払い
など、いずれか1点
au IDと暗証番号povoの契約時に発行されたau IDと4桁の暗証番号
(au IDのパスワードではない)

上記の書類を用意して、irumoの公式サイトからオンラインで申し込みをすることができます。

また、ドコモショップ店頭で申し込みをすることもできますが、その場合は契約事務手数料が3,850円(税込)かかるので覚えておきましょう。

MNPワンストップによりMNP予約番号不要

MNP 予約番号
出典:irumo

povoからirumoへ乗り換える場合は、MNPワンストップ方式を利用しましょう。

MNPワンストップとは:携帯電話のキャリアを変更する際に、今まで使っていた電話番号をそのまま引き継ぐことができるサービス。

MNPワンストップを利用すると、転出元のキャリアでMNP予約番号を取得する必要がなくなり、転入先のキャリアでのみ手続きが完結します。

これにより、乗り換えの手間や時間が短縮される便利な手続きです。

povoはKDDIのサブブランドであり、irumoはドコモのサブブランドですが、両者ともMNPワンストップの対象となるキャリアやサービスに含まれます。

したがって、povoからirumoへ乗り換える際には、povoでMNP予約番号を取得する必要はありません。

irumoのオンラインショップやドコモショップで契約を申し込む際に、povoの電話番号を入力するだけで、MNPの手続きが完了します。

その後、irumoのSIMカードが届いたら対応端末に差し替えることで、irumoのサービスの利用が可能です。

irumoのSIMカードは、eSIM(内蔵型SIM)かnanoSIM(差し込み型SIM)のどちらかを選んでください。

対応端末によっては、SIMロック解除が必要な場合があります。

SIMロック解除の方法は、端末のメーカーや販売元によって異なりますので、事前に確認してください。

irumo公式サイトまたはドコモショップで申し込み

irumo 申し込み
出典:irumo

irumoは、ドコモの新しい料金プランです。

申し込みの際には、以下のものが必要です。

  • ドコモの回線契約がある場合は、ドコモの電話番号とパスワード
  • ドコモの回線契約がない場合は、クレジットカードまたはデビットカード
  • メールアドレス

irumoへの申し込みは、irumoの公式サイトで申し込む場合とドコモショップで申し込む場合の2つの方法があります。

irumoの公式サイトで申し込む場合は、以下のとおりです。

  1. [irumoの公式サイト]にアクセスし、「乗り換え手続き」をクリックする
  2. 画面の指示に従って、必要な情報を入力する
  3. 申し込みが完了すると、メールで確認の連絡が届く
  4. SIMカードは郵送で届きますので、受け取ったら自分の端末に差し替える
  5. 端末の設定を行って、irumoのサービスを利用できるようにする

ドコモショップで申し込む場合は、以下のとおりです。

  1. 最寄りの「ドコモショップ」に行く
  2. 店員にirumoへの乗り換えを希望することを伝える
  3. 必要な書類を持参し、店員の指示に従って手続きを行う
  4. SIMカードはその場で受け取れるため、店員に端末の差し替えと設定をお願いする
  5. irumoのサービスが利用開始となる

ただし、端末購入は別途行う必要があり、端末購入をドコモオンラインショップで行う場合、以下の注意点があります。

ドコモオンラインショップで機種変更を目的に端末購入をする場合、irumoへの乗り換えと同時には対応できません。

端末購入と乗り換えは別々の手続きとなります。

端末購入は「ドコモオンラインショップ」で行いますので、端末の在庫状況や価格は、サイトで確認してください。

端末購入の手続きが完了すると、メールで確認の連絡が届きます。

端末は郵送で届きますので、受け取ったら自分のSIMカードに差し替えてください。

開通手続き、初期設定をする

irumo 初期設定
出典:irumo

申し込みが完了すると、irumoのSIMカード(購入した場合はスマートフォンも)が送られてきます。

端末を新たに購入した場合は、SIMカードを挿入するだけで開通が可能です。

開通後は、スマートフォンの画面に従って初期設定を行ってください。

初期設定では、以下のことを行います。

  1. ドコモのIDとパスワードの登録
  2. irumoのアプリのダウンロード
  3. irumoのプランの選択
  4. irumoのオプションの設定

初期設定が完了すると、irumoのサービスを利用することができます。

irumoのサービスは、以下のとおりです。

  • ドコモの回線を使った高速通信
  • ドコモのポイントやキャンペーンの利用
  • irumoのアプリでの音楽や動画の視聴
  • irumoのアプリでのゲームやSNSの利用

irumoは、ドコモのスマートフォンサービスの中でも最もお得な格安プランです。

ぜひ、irumo公式サイトまたはドコモショップで申し込んでみてください。

>irumoの評判・口コミはこちら

\ MNP予約いらずでかんたん手続き /

>irumoのキャンペーンはこちら

povoからirumoへ乗り換えるデメリット

povoからirumoへ乗り換えるデメリット

povoとirumoはどちらも大手キャリアの格安プランですが、料金プランやオプションなどに違いがあるので確認しましょう。

povoからirumoへ乗り換える際に、どのようなデメリットがあるのかについてご紹介します。

上記について詳しく見ていきます。

0円運用ができなくなる

povoは基本料金が0円で、使いたい分だけデータや通話のトッピングを購入する方式です。

そのため、データ通信をほとんど使わない月は0円で運用できます。

しかし、irumoは0.5GBから9GBまでの4つのプランから選択する必要があり、最低でも550円(税込)の基本料金がかかるのが特徴です。

また、9GB以上のデータを利用する場合は、1GBあたり1,100円(税込)のチャージ料金が発生します。

したがって、povoからirumoへ乗り換えると0円運用ができなくなり、データの利用量に応じて相応のコストがかかるので注意してください。

選べるプランが少ない

povoはトッピングを必要に応じて追加するプランのため、プランの変更を毎月行うことが可能です。

そのため、自分のデータの利用量に合わせて最適なプランを組み立てることができます。

しかし、irumoは0.5GBから9GBまでの4つのプランから選択する必要があり、プランの変更は3ヶ月に1回までしかできません。

また、9GB以上のデータを利用する場合は、1GBあたり1,100円(税込)という高額なチャージ料金が発生します。

つまり、povoからirumoへ乗り換えると選べるプランが少なくなり、プランの変更が制限されることがデメリットです。

月間10GB以上のプランがない

povoは基本料金が0円で、使いたい分だけデータをトッピングする方式です。

一方、irumoは0.5GBから9GBまでの4つのプランがあり、割引が適用されるとお得に利用できます。

しかし、irumoには月間10GB以上のプランが存在しません。

9GBを超えると、1GBあたり1,100円(税込)のチャージ料金が発生します。

これは、povoの20GBトッピング2,700円(税込)や60GBトッピング6,490円(税込)と比べると非常に高額です。

つまり、irumoは月間10GB以上のデータを利用する場合、povoよりも料金が高くなる可能性があります。

特に、動画やゲームなどのデータ消費が多いコンテンツをよく利用する方や、テザリングを頻繁に行う方は気をつけましょう。

irumoは9GB以下の利用で割引が効くならお得なプランですが、10GB以上を使うならpovoの方がコスパが高いと言えます。

データ使い放題は選択できない

povoはトッピングの種類が豊富で、24時間の使い放題や7日間の1GBなど、自分の使い方に合わせたデータの購入ができます。

また、トッピングの有効期限も長く、最大180日間まで利用することが可能です。

一方、irumoは最大でも9GBまでのプランしかなく、データ無制限プランの選択肢はありません。

したがって、povoからirumoへ乗り換えると、データ通信が多い人は使い勝手が悪くなる可能性があります。

データ繰り越しは未対応

irumoにはデータ繰り越しの機能がありません。

毎月余ったデータ容量は翌月には消滅し、使い切れなかった分は無駄になってしまいます。

これは、povoからirumoへ乗り換えるデメリットです。

特に、データ使用量にばらつきがある方や、毎月の予定に合わせてデータを調整したい方は注意してください。

povoでは、データ繰り越しはできませんが、24時間使い放題のトッピングや180日間/150GBのトッピングなど、自由度の高いオプションがあります。

これらを上手に活用すれば、データを無駄にすることなく料金を抑えることが可能です。

povoからirumoへの乗り換えは、月々のデータ通信量がどの程度か把握してから検討するようにしましょう。

>irumoの評判・口コミはこちら

\ irumoはシンプルなプランでわかりやすい /

>irumoのキャンペーンはこちら

povoからirumoへ乗り換えるメリット

povoからirumoへ乗り換えるメリット

povoからirumoへ乗り換える際にどのようなメリットがあるのかについてご紹介します。

上記について詳しく見ていきましょう。

ドコモ純正回線が使える

ドコモ純正回線とは、ドコモの自社の通信設備をそのまま利用できる回線のことで、通信品質やエリアの広さが高いレベルで保証されています。

povoはau回線を利用しており、基地局の数が多いドコモ回線と比べると通信速度やカバー率で劣る場合があるのです。

しかし、irumoは契約しているデータ容量を超えると128~300kbpsまで速度が低下してしまうので、データ通信の使い過ぎにはくれぐれも注意しましょう。

また、irumoは同じドコモの料金プランであるeximoahamoより、優先して制限がかかってしまうということも覚えておきましょう。

とはいえ、irumoはドコモ純正回線が使えることで、povoよりも優れた通信環境を提供できると言えます。

通信速度が上がる

povoはau回線を利用していますが、irumoはドコモ回線を利用しています。

ドコモ回線の方がau回線よりも通信速度が速いというデータがあります。

キャリア平均ダウンロード速度平均アップロード速度
ドコモ 132.52Mbps 15.39Mbps
au 129.87Mbps 17.69Mbps
irumo 79.72Mbps 11.64Mbps
povo 98.16Mbps 17.09Mbps
参考:「みんなのネット回線速度」(2024/04/13時点での情報)

上記の表を見る限りではドコモ回線のirumoの方が遅いという結果ですが、逆転現象が起こるエリアがあるようです。

したがって、povoからirumoへ乗り換えると、地域によっては通信速度が上がり、快適にインターネットを利用できるようになるというメリットがあります。

光セット割やdカードお支払割など割引サービスが適用可能

povoからirumoへ乗り換えるメリットとして、以下のような割引サービスが適用可能です。

割引サービスirumoの適用条件・割引額
ドコモ光セット割irumoの3GB/6GB/9GBプランとドコモ光またはhome 5Gを同一グループ内で契約する
月額1,100円(税込)
dカードお支払割irumoの3GB/6GB/9GBプランとdカードまたはdカード GOLDで料金を支払う
月額187円(税込)
みんなドコモ割irumoの3GB/6GB/9GBプランと同一グループ内で音声通話が可能な料金プランを3回線以上契約する
月額1,100円(税込)

これらの割引サービスを利用することで、irumoへ乗り換えると月額料金が安くなり、お得になります。

ドコモオンラインショップは端末の種類も豊富

irumo オンライン申し込み
出典:irumo

povoからirumoへ乗り換える場合、ドコモオンラインショップは端末の種類も豊富で、お好みのスマートフォンやタブレットを選ぶことができます。

しかし、ドコモオンラインショップでは、端末の購入とirumoプランの申し込みを同時に行うことができません。

プランの申し込みは、別途irumoの公式サイトや店舗で行う必要があります。

※詳細については「irumo(イルモ)は機種変更ができない?手順や注意点について徹底解説」の記事をご確認ください。

ドコモオンラインショップで端末を購入した後、プランの申し込みを忘れないように注意してください。

また、ドコモオンラインショップで端末を購入する際は、クレジットカードやd払いなどの決済方法が必要です。

povoからirumoへ乗り換える際には、ドコモオンラインショップの利用方法や注意点を確認してください。

ドコモショップでの対面サポート対応可能

irumo ドコモショップ
出典:irumo

povoからirumoへ乗り換える場合、ドコモショップでの対面サポート対応が可能であることは、大きなメリットの一つです。

ドコモショップでは、専門のスタッフが、乗り換えの手続きやプランの選択、端末の設定などを、丁寧にサポートしてくれます。

また、ドコモショップでは、端末の購入とプランの申し込みを同時に行うことができます。

そのため、ドコモオンラインショップと比べて、手間が省けます。

ただし、ドコモショップでirumoへのプラン変更を行う場合、事務手数料として3,850円(税込)がかかることを覚えておきましょう。

>irumoの評判・口コミはこちら

\ ドコモ回線で通信速度がはやい! /

>irumoのキャンペーンはこちら

povoからirumoへの乗り換えがおすすめな人の特徴

povoからirumoへの乗り換えがおすすめな人の特徴

povoからirumoへの乗り換えがおすすめな人とは、どんな人なのか特徴についてご紹介します。

上記について詳しく見ていきましょう。

ドコモ回線を利用したい方

povoからirumoへの乗り換えは、ドコモ回線を利用したい方におすすめします。

ドコモ回線は、日本国内でのエリアや速度、安定性などにおいて、高い評価を得ている回線です 。

ドコモ回線を利用することで、快適な通信環境を享受できます。

また、ドコモ回線は、海外でもローミングやパケット定額などのサービスを提供しており、海外旅行や出張などでの利用にも便利です。

povoから他の格安SIMへの乗り換えを検討している方で、ドコモ回線に魅力を感じるならirumoへの乗り換えがおすすめです。

シンプルな料金プランを利用したい方

povoは基本料金が0円で、使いたい分だけデータのトッピングを購入する方式です。

トッピング料金 データ使い放題(24時間) 330円/回(税込)
データ追加1GB(7日間) 390円/回(税込)
データ追加3GB(30日間) 990円/回(税込)
データ追加20GB(30日間) 2,700円/回(税込)
データ追加60GB(90日間) 6,490円/回(税込)
データ追加150GB(180日間) 12,980円/回(税込)

自由度が高く最適なプランが組める一方で、トッピングを都度追加するというのが面倒に感じる人もいらっしゃるでしょう。

irumoなら0.5~9GBまで4つのプランから選ぶだけなので、毎月のデータ使用量がある程度わかっていれば余計な手続きや作業は必要ありません。

毎月9GB以上のデータ通信をせず、スマホで必要最低限のことができればいいという人には、irumoのシンプルな料金プランがおすすめです。

ドコモ光、home5Gを使っている・使う予定である

irumo セット割
出典:irumo

ドコモ光home5Gは、ドコモが提供する高速インターネットサービスです。

ドコモ光は光ファイバー回線を利用し、home5Gは5G/4Gのモバイル回線を利用します。

どちらもドコモのスマホとセットで利用することで、割引やポイント還元などの特典を受けることが可能です。

irumoはドコモ光やhome5Gとセットで利用すると、月額料金から永年最大1,100円(税込)割引される「ドコモ光セット割」や「home 5G セット割」の対象となります。

さらに、irumoはドコモ光やhome5Gの契約者に限定されたキャンペーンや特典を受けることができます 。

例えば、ドコモ光を契約すると最大31,000ポイント還元されたり、home5Gを契約すると15,000ポイント還元されたりします。 

povoはこれらのキャンペーンや特典を受けることができません。

以上のように、ドコモ光、home5Gを使っている、もしくは使う予定のある方は、割引やキャンペーン、サポートなどの面でメリットが多いです。

ショップで手続きしたい

povoはオンライン専用のサービスで、契約や変更などの手続きはすべてウェブサイトやアプリで行う必要があります。

一方、irumoはドコモショップで契約やサポートを受けることが可能です。

ドコモショップでは、専門のスタッフが対応してくれるので、分からないことや困ったことがあれば相談してください。

また、機種変更やSIMカードの交換などの作業もスムーズに行えます。

povoからirumoへの乗り換えを、ショップで手続きしたい方の中でも特におすすめしたい方は以下の場合です。

  • オンラインでの手続きが苦手な人
  • スタッフに直接相談したい人
  • 作業の手間を省きたい人

ただし、irumoでは一部の手続きが有料になることに注意してください。

例えば、機種変更やSIMカードの交換などの場合、ドコモショップで行うと3,300円(税込)の手数料がかかります。

したがって、irumoは手続きの頻度こそ多くはないが、ショップでのサポートを重視する人にも向いています。

povoからirumoへの乗り換えを検討している方は、自分の手続きのニーズやコストを考慮して、どちらのプランがお得か比較してみましょう。

>irumoの評判・口コミはこちら

\ ドコモ回線を利用したいならirumo /

>irumoのキャンペーンはこちら

irumoの乗り換えキャンペーン

irumoの乗り換えの際には、どのようなirumoのキャンペーンが利用できるのかについてご紹介します。

irumoのキャンペーンは他の格安SIMと比較して少ない傾向にありますが、お得なキャンペーンがあるので見逃さないようにしましょう。

>irumoの評判・口コミはこちら

\ キャンペーン利用でお得に乗り換え /

>irumoのキャンペーンはこちら

povoからirumoへ乗り換える際のよくある質問

povoからirumoへ乗り換える際に、疑問に思うよくある質問についてご紹介します。

上記について詳しく見ていきましょう。

irumoの初期費用は?

povoからirumoへ乗り換える際のirumoの初期費用は、オンライン申し込みとドコモショップで申し込む場合とで異なります。

オンラインで契約する場合は契約事務手数料が無料で、新規契約やMNP転入、プラン変更のいずれの場合も同じです。

店頭で契約する場合は、契約事務手数料が3,850円(税込)かかります。

店舗で初期設定をしてもらう場合は、設定内容に応じて1,100円(税込)から2,200円(税込)の料金が発生します。

自分で手続きや設定ができる場合は、オンラインで契約するとお得です。

irumoでドコモメールは使える?

ドコモメールとは、ドコモが提供するキャリアメールサービスで、@docomo.ne.jpのメールアドレスです。

ドコモメールは、メールの送受信やクラウド上にメールデータを保存することができます。

irumoへ乗り換える場合、irumoの標準プランではドコモメールは利用できません。

しかし、月額330円(税込)のドコモメールオプションに加入することで、ドコモメールを利用することができます。

ドコモメールオプションに加入すると、以下のようなメリットがあります。

  • ドコモメールアドレスを新規に取得できる
  • ドコモメールアプリやブラウザ版、iPhoneのメールソフトなどでドコモメールを利用できる
  • クラウドにメールデータを保存できる
  • ドコモメールの各種設定やサポートを受けられる

しかし、ドコモメールオプションは有料であり、申し込み方法によってはメールアドレスやメールデータが消える可能性があることに注意してください。

ドコモメールを引き続き利用したい方は、irumo契約と同時にドコモメールオプションに加入することをおすすめします。

irumoとギガライトの違いは何?

povoはauの格安SIMサービスで、基本料金が0円でデータのトッピングを購入する方式です。

irumoとギガライトはドコモの料金プランで、4Gや5Gの高速通信が利用できます。

irumoとギガライトを比べてみましょう。

項目irumo(税込)ギガライト(税込)
月額料金0.5GB: 550円
3GB: 2,167円
6GB: 2,827円
9GB: 3,377円
1GB未満: 3,465円
1~3GB: 4,565円
3~5GB: 5,665円
5~7GB: 6,765円
割引適用後の月額料金0.5GB: 550円
3GB: 880円
6GB: 1,540円
9GB: 2,090円
1GB未満: 2,178円
1~3GB: 2,728円
3~5GB: 3,278円
5~7GB: 4,378円
通信方式irumoインターネット接続サービスspモード
通信品質混雑時に通信制限されやすい混雑時に通信制限されにくい
通信速度0.5GB: 最大3Mbps
3GB以上: 最大4.9Gbps
最大4.9Gbps
速度制限時の通信速度0.5GB: 128kbps
3GB以上: 300kbps
128kbps
ドコモメール月額330円無料
家族間通話22円/30秒無料
ドコモショップの設定サポート有料無料
みんなドコモ割割引なし2回線: 550円
3回線以上: 1,100円

irumoとギガライトの違いは、月額料金・通信品質・サービス内容などです。

月額料金では、irumoは0.5GBから9GBまでの定額プランがあり、ギガライトは最大7GBまでの従量課金プランがあります。

irumoは、通常料金でも割引適用後の料金でもギガライトより安いのが魅力です。

一方、通信品質ではirumoは混雑時に通信制限されやすく、ギガライトは回線が遅くなりにくいのが特徴です。

サービス内容では、irumoはドコモのキャリアメールの利用に月額330円かかりますが、ギガライトは無料です。

また、irumoは家族間通話が有料ですが、ギガライトは無料となり、irumoは、みんなドコモ割の割引が適用されませんが、ギガライトは適用されます。

つまり、irumoは安さを重視する人に、ギガライトは通信品質やサービス内容を重視する人に向いていると言えるでしょう。

irumoのつながりやすさは?

irumoはドコモの新しい料金プランで、ドコモの通信設備を利用しています。

そのため、irumoのつながりやすさは、ドコモの他のプランとほとんど変わりません。

ドコモは基地局の数が多く、全国的に通信が安定していると言われており、特に田舎や山間部などでの接続品質が高いというのが特徴です。

しかし、irumoにはいくつかの注意点があります。

まず、irumoの0.5GBプランは、通信速度が最大3Mbpsに制限されますが、低画質の動画の閲覧には問題ない速度です。

しかし、高画質の動画や大容量のファイルのダウンロードには向いておらず、5Gの通信が利用できません。

5Gは、超高速・大容量・低遅延の通信が可能な次世代の通信規格です。

5Gを利用したい場合は、irumoの3GB以上のプランにする必要があります。

さらに、irumoは通信が混雑している場合に、ドコモの他のプランよりも先に通信制御が行われる可能性があります。

通信制御とは、通信の品質を保つために一時的に通信速度を制限することです。

通信制御が行われると、通信速度が遅くなったり、通信が切断されたりする場合があります。

irumoの通信制御時の速度は、以下のとおりです。

  • 0.5GBプラン:最大128kbps
  • 3GB以上のプラン:最大300kbps

これらの速度は、メールやSNSなどの軽い通信には問題ないですが、動画や音楽などのストリーミングサービスには向いていません。

通信制御を避けるためには、混雑している時間帯や場所を避けるか、Wi-Fiなどの別の回線を利用するといいでしょう。

irumoを利用する際は、自分の通信ニーズやエリアに合わせて適切なプランを選ぶことが大切です。

>irumoの評判・口コミはこちら

\ 安さと安定した通信品質が魅力 /

>irumoのキャンペーンはこちら

povoからirumoへ乗り換えまとめ

povoからirumoへ乗り換えることで、ドコモの高速通信やサポートを利用できるようになります。

しかし、irumoはドコモと比べて通信品質、サービス内容などにいくつかの制限があります。

irumoは安さを重視する人におすすめのプランですが、通信品質やサービス内容を重視する人にはギガライトなどの他のプランが向いています。

povoからirumoへ乗り換える場合は、自分の利用状況やニーズに合わせて、プランを慎重に選ぶことが大切です。

>irumoの評判・口コミはこちら

\ 安さを求めるならirumo /

>irumoのキャンペーンはこちら

この記事を書いた人

政府・デジタル庁とともに「引越しワンストップサービス」の検討・普及を⾏うプラットフォーム事業者にも採択されている引越れんらく帳が運営しております。引越しに伴うライフラインの手続きと併せて、スマートフォン・格安SIMの引越し(乗り換え)を検討されるユーザー、また通信インフラの基盤となってきている光回線の新規契約・乗り換えを検討する皆さまが多い実態を踏まえ、比較検討に役立つ情報をご提供する「引越れんらく帳 SIM乗り換えガイド」および「引越れんらく帳 光回線ガイド」を運営しております。

目次