ページトップへ

引っ越し時に必要な運転免許証の住所変更|準備する物と手続きの流れ

引っ越し時に必要な運転免許証の住所変更|準備する物と手続きの流れ

運転免許証は身分証明書としても使える重要な書類です。住所が変わったら、速やかに手続きをして記載内容を変更する必要があります。お住まいの地域を管轄する警察署や運転免許センターなどで、住所の変更を行いましょう。ここでは、運転免許証の住所変更に必要なものや変更時の流れなど、役立つ情報をご紹介します。必要書類をしっかりと準備し、忘れないように変更手続きしましょう。

引っ越ししたら運転免許証の住所変更が必要

運転免許証の住所変更は、早めに済ませなければ罰せられる可能性があります。必要な持ち物をそろえ、速やかに手続きを行いましょう。

運転免許証の住所を変更する必要性

引っ越しにともなって住所が変わる場合、速やかに運転免許証の住所変更を行うことが、道路交通法によって定められています。明確な期日が示されているわけではありませんが、届け出を怠ると罰金、科料に処せられる可能性があるためお気をつけください。

また、住所変更の済んでいない運転免許証は、本人確認書類として使用できなくなります。現住所の証明に活用できないほか、運転免許証の更新連絡が新住所に届かなくなるため注意が必要です。

運転免許証の変更に必要な物

運転免許証に記載する住所を変更する際、以下のものを持参しましょう。

運転免許証

今まで使用していた運転免許証の裏面に、新しい住所を記載します。忘れないように持参しましょう。

印鑑

書類に押す印鑑です。認印として使える印鑑を用意しましょう。また、お住まいの都道府県によっては印鑑がなくても手続きできる場合があります。

申請用の写真

たいていの都道府県では、申請用の写真を求められることはありません。ただし、都道府県によっては、県外から引っ越してきた方へ申請用の写真を求めることがあります。申請用の写真は免許証に使われるわけではなく、手続きのために使用されます。

新住所が確認できる書類

新しい住所が記された書類を持参しましょう。主なものは住民票の写しや健康保険証、マイナンバーカードなどです。

住民票の写しを提出する場合は、マイナンバーの入っていないものを選びましょう。住民票を取得する際にマイナンバーを記載しないように伝えると、番号のないものを交付してもらえます。最寄りの役所へ転入届を出す際に、住民票の写しを取得しておくとスムーズです。

また、通知カードは新住所を確認するための書類としては認められません。マイナンバーカードと混同しないように気をつけましょう。

ほかには、新住所に届けられた公共料金の支払用紙や、公的機関からの郵便物なども確認書類として使用できます。いずれの書類もコピー不可となる場合が多いため、原本をご用意ください。

なお、運転免許証の住所変更に手数料は発生しません。ただし、住民票をはじめ、必要書類を得る際にかかった費用は自己負担となります。

外国籍をお持ちの場合

外国籍の方の場合、上記でご紹介したものに加えて在留カードや特別永住者証明書などの提出が求められます。忘れずに持参しましょう。

代理人に依頼する場合

代理人に住所変更へ行ってもらう際は、委任状や代理人の本人証明書類などが必要になります。申請者と代理人の氏名が併記された住民票や、運転免許証記載事項変更届などを求められることもあるため、何が必要かをご確認ください。

引っ越し時に運転免許証を住所変更するときの流れ

運転免許証の住所変更ができる施設は、引っ越し先の住所によって異なります。まずは最寄りの手続き可能な施設を調べましょう。ここでは、運転免許証の住所変更時の流れをご紹介します。

STEP1:手続き可能な施設へ向かう

お住まいの場所によって、住所変更の手続きができる施設は変わります。現住所を統括する施設を確認しましょう。たいていはお住まいの都道府県内の運転免許更新センター・運転免許試験場・地域の警察署などで手続きが行われています。

施設が確認できたら、必要なものを忘れずに持って出かけます。免許証や書類などを忘れてしまうと取りに帰ることになり、二度手間になってしまうためお気をつけください。

STEP2:必要書類を提出する

施設についたら、運転免許証記載事項変更届に記入します。受付窓口の担当者へ必要書類を提出、提示しましょう。記入内容や書類に不備がなければ完了です。不備があったときに訂正対応をしやすくなるよう、印鑑を持参しておきましょう。

引っ越しで運転免許証の住所変更をするときに知っておきたいポイント

運転免許証の住所変更に際して、知っておくと役立つポイントがいくつかあります。手続きをスムーズに済ませられるよう、運転免許証の住所変更前に覚えておきたい情報をご紹介します。

手続きは1時間~1時間半を見込む

通常、住所変更手続きはその日のうちに完了します。施設の状況や利用者数などにも左右されますが、早くて30分程度、長くて1時間~1時間半かかる場合があります。特に土曜日や日曜日などの休日は、多数の人が訪れて手続きが長くかかってしまう可能性があるため、混雑を避けたい場合はなるべく平日に行くのがおすすめです。

受付時間が終わるギリギリに向かってしまうと、慌ただしい手続きとなってしまいます。焦って書類の記入ミスをすることもあるかもしれません。受付時間を事前に確認して、余裕を持って向かうのが大切です。

手続きできない期間がある

管轄の施設が空いていない期間は、住所変更手続きが行えません。運転免許センターは土曜日と祝日を、警察署は土曜日や日曜日、祝日を休館としていることが多いようです。昼休みの一時的な受付休止にも気をつけましょう。

また、年末年始には多くの施設が閉まります。12月29日前後の年末から、1月3日までの年始は、基本的に手続きができないと考えておいたほうが良いでしょう。

住所変更手続きと更新手続きが一括できる場合がある

引っ越しの時期が運転免許証の更新期間と重なる場合、まとめて手続きを済ませられます。ただし、新しい住所へ更新連絡書がきちんと届くように、郵便局へ転居届を提出しておくのが大切です。転居届を出していないと更新連絡書が届かず、更新し忘れてしまう可能性があります。

住所以外の記載事項も変更できる

運転免許証の住所変更ができる施設では、本籍や氏名など、住所以外の記載事項を変更することが可能です。結婚を機に引っ越しするときのように、変更する内容が多い場合も一括して変更できます。変更したい内容をすべて記載事項変更届に記入し、提出しましょう。

車庫証明や自動車の変更登録などについては以下のページでもご紹介しています。軽自動車や原動機付き自転車、各種バイクの手続きについても記載しているため、ぜひご確認ください。

運転免許証の住所変更はお早めに

運転免許証の住所が変わったら、できるだけ早めに変更手続きしましょう。手続きを怠ると、道路交通法違反となり罰せられることがあります。また、手続きの際に必要なものは都道府県によって異なるため、事前に詳しく確認しておくのが大切です。余裕を持ったスケジュールで動けるよう、手続きする施設の受付時間についてもチェックしておきましょう。ご紹介した内容を、今後の住所変更にお役立てください。

×
無料

電気、ガス、水道などの引越し手続きを一回の入力で一括完了!