ページトップへ

水栓番号はどこでわかる?引っ越しや転勤で役立つ4つの確認方法

水栓番号はどこでわかる?引っ越しや転勤で役立つ4つの確認方法

新居が決まり、引っ越し日も確定となったら、まず「荷造りをしないと!」と思う方が多いのではないでしょうか?しかし、引っ越しの際に必要なのは当然荷造りだけではありません。ライフラインや通信サービスの住所変更など、さまざまな手続きを同時に進める必要があります。

毎日使う水道もそのひとつ。そして水道の手続きに必要となるのが「水栓番号」です。普段あまり意識することのない水栓番号ですが、果たしてどこで確認できるのでしょうか?
今回は引っ越し時に役立つ、水栓番号を確認する方法についてご紹介します。

あわせて読みたい引っ越しTips

◆電気・水道・ガスに関する引っ越し時の手続き
◆引っ越し前後に必要な手続きまとめ
◆引っ越しお役立ち情報
◆引っ越しで水道を使用開始・中止するときの手続き方法と注意点
◆【引っ越しの際に役所で行う手続き一覧】順番とケース別の項目をリストで確認!

水栓番号の基礎知識

引っ越しをするときに、必ずやらなくてはならないのが、水道局への届出です。水道局に引っ越しの届出を行わないと、いつまでも旧居の水道は開栓されたままになります。また、引っ越し先の水道局にも連絡を入れて、使用開始の手続きを行わなければなりません。
この手続きの際に水道局に尋ねられるのが、水栓番号です。水栓番号とはどのような番号なのか、そしてどのような状況で必要になるのかを見ていきましょう。

水栓番号とは?

水栓番号とは、水道局の窓口に電話で問い合わせるとき、あるいはインターネットで手続きを行う際に必要になる番号です。水栓番号は世帯ごとに割り振られており、主に各世帯へ給水するための管理番号として使用されています。

水栓番号の確認が必要な主な状況

水栓番号が必要になるのは、主に引っ越し時です。水道を使用し始めるとき、または使用中止するときに必要になります。水道使用者の水栓番号が確認されると、水道局は水道の開栓・閉栓を行ってくれます。

引っ越し時以外にも、以下のような状況で水栓番号が必要になる場合があります。

  • 増改築や海外赴任などで、長期にわたり水道を使用中止したいとき
  • 水道使用者の名義や連絡先を変更したいとき
  • 漏水などの水道トラブルが発生したとき など

このようにさまざまな状況下で水栓番号が聞かれることになるので、あらかじめ自宅の水栓番号を確認しておくと良いでしょう。

水栓番号はどこで確認できる?

水栓番号が給水の開始・停止の際に必要になることはおわかりいただけたと思います。では、この大切な水栓番号はどこに表記されているのでしょうか?4つの確認方法をお伝えします。

水栓番号のシール

水栓番号の多くは、玄関のドアの上部や郵便ポスト、水道メーターに貼られたステッカーに記載されています。地域によってステッカーのデザインは異なりますが、いずれも水栓番号が明記されているので見てみましょう。

使用水量のお知らせ

水栓番号は、水道使用量の通知書にも明記されています。2カ月に1度、水道局の人が使用水道量を検診に来るので、その際に配布される通知書「使用水量のお知らせ」を見てください。水栓番号の欄に、ご自宅の水栓番号が記載されています。この通知書は、多くの場合ポストや、玄関に付属しているメールボックスに投函されます。

納入通知書

水道料金の支払いを請求する通知書(納付書)にも水栓番号が記載されています。
納入通知書は、一般的に圧着はがきなどで送付されます。開封して、水栓番号の欄を確認してください。

なお納入通知書は、口座振替に設定している世帯には届かないことが多いです。その場合はほかの方法で水栓番号を確認するようにしましょう。

水道料金の領収書

水栓番号は、水道料金の支払いが確認されたときに配布される領収書にも記載されています。「使用水量のお知らせ」と同様、領収書もポストやメールボックスに投函されます。

上記の通知書に水栓番号という欄が見当たらない場合は、「お客様番号」という欄を見ましょう。お客様番号は、所在地や栓種の番号と、水栓番号を組み合わせて作られていることが多いです。
水栓番号とお客様番号、どちらかがわかれば良いとする地域もありますので、お住まいの自治体のホームページなどで確認してみると良いでしょう。

水道局へは早めの連絡を!

水栓番号の確認ができたら、早速水道の引っ越し手続きを進めていきましょう。
水道の使用停止を申し込む場合は、引っ越しの1週間前までには行ってください。遅くなった場合でも2~3日前までに、現在住んでいる自治体の水道課か水道局へ電話、またはインターネットで申し込みをします。このとき、氏名、住所、引っ越し予定日、電話番号、新住所のほか、水栓番号が必要になりますので、手元に用意しておきましょう。

引っ越し当日は、基本的に係員の立ち合いの必要はありません。後日、係員がメーターの確認と料金の精算をしに来ます。精算と支払いの流れは自治体によって異なりますので、事前に問い合わせて確認してください。

新居で水道を開始する際も、係員の立ち合いの必要はありません。水道メーターの水止栓を左に回して開栓すれば、水道を利用できます。
水が出ることを確認したら、新居のドアやポストに投函された「水道使用開始申込書」はがきに必要事項を記入し、投函してください。インターネットから使用開始の申し込み手続きができることもあります。
送付期限は決められていませんが、送付せずに水道を使用していると催促の連絡がくるようです。日を開けずに送付するようにしましょう。

事前の準備で、スムーズに新しい生活を始められるようにしたいですね!

あわせて読みたい引っ越しTips

◆電気・水道・ガスに関する引っ越し時の手続き
◆引っ越し前後に必要な手続きまとめ
◆引っ越しお役立ち情報
◆引っ越しで水道を使用開始・中止するときの手続き方法と注意点
◆【引っ越しの際に役所で行う手続き一覧】順番とケース別の項目をリストで確認!

×
無料

電気、ガス、水道などの引越し手続きを一回の入力で一括完了!