ページトップへ

水道の解約連絡はいつまで?停止~開栓の流れを解説

水道の解約連絡はいつまで?停止~開栓の流れを解説

引越しバナー 引越しバナー

引っ越しの際、水道の解約と開栓は忘れやすい手続きです。この記事では、旧居と新居で行う水道の手続きや解約連絡までの日数、支払い方法の変更などについて解説します。

まずは、新居に引っ越しした時に水道をスムーズに利用できるように、やるべきことを確認していきましょう。

あわせて読みたい引っ越しTips

◆インターネットの引っ越し(移転)手続きをパターン別にわかりやすく解説!
◆郵便転送サービスとは?転送届の手続きや確認方法、期間、延長方法を解説

水道の解約連絡はいつまで?引っ越し手続きは、旧居と新居で必要?

引っ越し時には、旧居で使用していた水道の解約手続きや、新居の開栓手続きが必要です。水道の解約・開栓手続きは遅くても引っ越しの3日~4日前までに行う必要があります。

水道の解約手続き

<引っ越し先が同じ水道局エリアの場合>

旧居と新居が同じ水道局の場合には、水道の使用停止と開始手続きを同時にまとめて行うことができます。

<引っ越し先が異なる水道局エリアの場合>

旧居と新居の水道局が異なる場合には、引っ越し元と引っ越し先のそれぞれの水道局で使用中止と使用開始を申し込む必要があります。

<引っ越し先で、水道を個人契約する必要がない場合>

実家やシェアハウスへの引っ越しでは、水道の開始に関する手続きは特に必要ありません。旧居の水道の解約手続きのみを行いましょう。

もし閉栓・解約の手続きを忘れてしまった場合、旧居の水道料金も合わせて請求されるため、必ず手続きをおこなってください。

水道の他、電気やガスの手続きについては「電気・ガス・水道に関する引っ越し手続きすべてをわかりやすく解説」の記事で解説しています。

水道の引っ越し手続きは、さまざまな手続きを一括で行えるサービス「引越れんらく帳」が便利です。

旧居で行う水道手続き(使用停止、解約)

旧居で水道の使用停止、解約をする時の届け出先や、用意するものを以下にまとめました。

<水道の引っ越し手続き(停止・解約)>

届け出先 旧住所の管轄の水道局
手続きを行う理想の時期
(いつまでにやるか)
引っ越しの1週間前が理想。遅くとも2~3日前には手続きを済ませる。
手続き方法 ・インターネット
・電話
・「引越れんらく帳」
※引っ越し繁忙期などには電話での手続きは混み合う場合が多いため、インターネットでの申し込みが便利
手元に用意するもの 自分のお客様番号が分かるもの。(領収書や検針票等)
水道料金の精算方法 最後の検針日から引っ越し当日までの使用量を日割りで計算し支払う。
閉栓手続きの立ち会い 不要
水道の解約手続き

水道を停止・解約する時の注意点として、手続きを行わないと水道を使用していなくても基本料金がかかることが挙げられます。

また、水道の契約者名義を変更する場合はインターネットでの手続きができません。水道局に電話で連絡し、名義変更をしたい旨を伝えましょう。

新居で行う水道手続き(開栓)

引っ越し先では通常、すぐに水道が使用できる状態になっています。立ち会いは特に必要なく、メーターボックスの中にある水止め栓を左に回して、蛇口をひねると水が出ます。

水道が問題なく使用できることを確認したら、できるだけ早めに水道開始の手続きを行ってください。水道開始の手続きをせずにそのまま使用を続けていると、詳しい使用開始日が分からず、料金トラブルの原因にもなります。

水道開始の手続きに関する情報をまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

<水道の引っ越し手続き(使用開始)>

届け出先 新住所の管轄の水道局
手続きを行う理想の時期
(いつまでか)
明確な期限はないが、水道の使用を開始してからできるだけ早めに。
手続き方法 ・インターネット
・電話
・水道使用開始申込書(新居に置いてある書類)の郵送
・「引越れんらく帳」
手元に用意する物 (申し込みを郵送で行う場合)
・水道使用開始申込書

(申し込みをインターネットで行う場合)
・水栓番号

(水道局が変わる場合や支払い方法を変更する場合)
・銀行口座やクレジットカードの情報
開栓手続き時の立ち会い 不要

開始時の注意点として、水道開始申込書が見当たらなかったり、水が出なかったりする場合は水道局に連絡することが挙げられます。

水道の引っ越し手続きでよくある疑問に回答

ここからは、水道解約の時期や立ち会いの有無など、よくある疑問に回答します。

水道の解約手続き

1. 水道局への解約連絡は何日前までに行うべき?

引っ越し先で水道が使えないというトラブルを防ぐためにも、理想としては引っ越しの1週間前までには手続きを行いましょう。遅くても3~4日前までには解約手続きを済ませておくことをおすすめします。水道の引っ越し手続きは、インターネットまたは電話から申し込みできます。

水道解約の手続きの窓口 受け付けている時間 備考
インターネット ・引っ越しの2週間前~3日前まで
・24時間受け付け可
インターネット対応している水道局も増えてきている。引っ越し日まで3営業日ぐらい猶予がある場合はインターネットでの手続きがおすすめ
電話 ・引っ越しの2週間前~3日前
・水道局によって受け付け時間が異なる
(例:東京都水道局の受付時間 平日8:30~20:00)
引っ越し繁忙期には電話がつながりにくくなる。土日は対応していない自治体もあるため要確認
引越れんらく帳 引っ越しの30日前~3日前

電気、ガス、水道の手続きを一括でまとめて行える

その他、無料サービス「引越れんらく帳」を利用すると、電気・ガス・水道の手続きをインターネットでまとめて行えます。それぞれ手続きのできる時間帯が異なるので、あらかじめ確認してから余裕をもって解約手続きを進めましょう。

2. 新居の上水道が井戸水の場合の手続きは?

引っ越し先の上水道が井戸水を使用している場合は、下水道のみ手続きが必要です。下水道料金は、排出する汚水の量に応じて計算されます。

手続き方法は、インターネット、電話、下水道使用開始届の郵送などがあります。管轄の水道局のホームページなどで、手続き方法を確認しましょう。

また、地域によっては上水道と下水道の窓口が異なる場合があるため、不動産会社にあらかじめ確認しておくことをおすすめします。

3.水道の解約手続きを忘れたらどうなる?

水道料金の内訳には、水道の使用量とは別にメーターの口径に応じて加算される「基本料金」が含まれています。そのため、旧居で水道の解約手続きを忘れてしまうと、水道を使用していなくても水道料金を請求される場合があります。

引っ越し後に、水道の解約手続きを忘れていたことに気づいた場合は、水道局に電話をしましょう。水道の解約手続きを忘れていたことや、いつまで使用していたのかを伝え、料金の精算について相談します。契約者名やお客様番号などの基本情報を聞かれるので、すぐに答えられるように準備しておくとスムーズです。

4.水道の解約に立ち会いは必要?

水道は、停止・開始ともに当日の立ち会いは基本的に必要ありません。ただし、オートロックの建物や、閉栓時に水道を精算する場合は、立ち会いが必要になることもあります。

5.解約当日、水道はいつまで使える?

水道は、解約後も使うことが可能です。しかし使用するとメーターが回ってしまいますので、追加料金を請求されることを避けたい場合は、過度な使用は控えましょう。

例えば東京都水道局の場合、1㎥以上使用するとメーターが回ります。引っ越し当日の水道の使用は、トイレや掃除程度に留めておいたほうが無難です。

6.水道料金の精算方法は?

引っ越し当日まで使用した水道の従量料金と基本料金を、日割りで支払います。支払い方法は以下の3つから選べます。

  • 口座振替やクレジットカードで支払う
  • 請求書で支払う
  • 退去時の集金で支払う

一部の集合住宅などでは、管理組合が水道契約を統括していて、精算方法が異なる場合もあります。水道料金の精算方法に関する契約内容を予め確認しておくと安心です。

7. 水道料金の支払い方法を口座振替やクレジットカードに変更できる?

水道料金の支払い方法は、所定の手続きを行うことで口座振替やクレジットカード払いに変更できます。窓口別の手続き方法や必要書類は次の通りです。

<水道料金を口座振替に変更する手続き>

窓口 手続き方法
インターネット

水道局Webサイトの申し込みフォームから必要事項を入力

<必要書類等>
・口座振替を希望する通帳やキャッシュカード
・水道所在地のお客様番号(水道使用開始申し込み書や検針票など)

<手続き完了までの期間> 
2日程度

金融機関の窓口

窓口に必要書類を持参して申し込み

<必要書類等>
・通帳
・印鑑
・お客様番号がわかる書類(検針票など)

<手続き完了までの期間>
1~2か月程度

郵送

申込用紙を水道局Webサイトまたは電話窓口から取り寄せ、必要事項を記入して郵送で申し込み

<必要書類等>
・記入済みの申し込み用紙

<手続き完了までの期間>
1~2か月程度

水道局の窓口

窓口に必要書類を持参して申し込み

<必要書類等>
・通帳
・印鑑
・お客様番号がわかる書類(検針票など)

<手続き完了までの期間>
1~2か月程度

<水道料金をクレジットカード払いに変更する手続き>

窓口 手続き方法
インターネット

所定のクレジットカードを利用している場合、クレジットカード会社のWebサイトから申し込みが可能

<必要書類等>
・クレジットカード番号
・水道所在地のお客様番号

<手続き完了までの期間> 
クレジットカード会社によって異なる

郵送

申込用紙を水道局Webサイトまたは電話窓口から取り寄せ、必要事項を記入して郵送で申し込み

<必要書類等>
・記入済みの申し込み用紙

<手続き完了までの期間>
クレジットカード会社によって異なる

上記の内容は、東京水道局の手続き方法を例として紹介しています。手続き方法は水道局によって異なる場合があるため、詳しくは引っ越し先を管轄する水道局の情報をご確認ください。

電気・ガス・水道の引っ越し手続きはインターネットの一括サービスがおすすめ

水道の解約手続きは、インターネットや電話でおこなうことができます。引っ越しの1週間くらい前になったら、忘れずに解約の手続きを進めましょう。しかし、引っ越し当日が近づいてくるとさまざまな手続きや準備が重なって、大切な手続きがつい抜けてしまうということもあるでしょう。

「引越れんらく帳」を利用すれば、電気・ガス・水道の手続きをインターネット上で一括しておこなえます。必要事項を何度も入力する手間が省けて、複数の業者への手続きをまとめて済ませられるので、忙しいときにも便利です。

引っ越しに伴うライフラインの手続きを少しでも楽にしたいという方は、ぜひ一度引越れんらく帳をご利用ください。

あわせて読みたい引っ越しTips

◆インターネットの引っ越し(移転)手続きをパターン別にわかりやすく解説!
◆郵便転送サービスとは?転送届の手続きや確認方法、期間、延長方法を解説

×
無料

電気、ガス、水道などの引越し手続きを一回の入力で一括完了!