ページトップへ

水道の引っ越し手続き(停止・開始)はインターネットで!電気・ガスと一括の方法も!

水道の引っ越し手続き(停止・開始)はインターネットで!電気・ガスと一括の方法も!

新居で生活するために欠かせないライフラインのひとつである水道。引っ越しの準備では、住所変更にともなう水道の使用停止・開始の届け出を忘れずにおこないましょう。水道の手続きは、余裕をもって引っ越しの1週間前までに済ませておくと安心です。ここでは、引っ越しするときの水道の手続きの方法や、注意点をお伝えします。引っ越しの予定がある方は、ぜひご一読ください。

あわせて読みたい引っ越しTips

◆水道の停止・開始手続きに立ち会いは必要?閉栓から開栓までの流れ
◆水栓番号はどこでわかる?引っ越しや転勤時に役立つ4つの確認方法

引っ越しするときに必要な水道の手続きとは?

引っ越しの際には、旧居で行う水道の「使用中止」と、新居で行う水道の「使用開始」、2つの手続きが必要です。「使用中止」とは、旧居の水道が出ないようにする手続きのことです。その反対に、「使用開始」では新居の水道が出るように手続きを行います。

引っ越し先の上水道が井戸水の場合は下水道の手続きが必要であり、地域によっては上水道と下水道の手続き窓口が異なる場合があるので、不動産会社に確認するようにしましょう。

水道の引っ越し手続きはいつまでに行う?

水道の使用中止・開始手続きは、遅くとも引っ越しの3~4日前までに済ませておきましょう。引っ越しの直前は慌ただしくなるため、余裕をもって1週間前くらいまでに済ませておくと安心です。

最近は、インターネットから水道の引っ越し手続きができる水道局が多くなっています。引っ越しの繁忙期や土日は電話がつながりにくいこともあるため、引っ越し日まで3営業日ぐらい猶予がある場合はインターネットでの手続きがおすすめです。

水道の引っ越し手続きで立ち会いは必要?

水道の引っ越しに関する手続きは、インターネットや電話、郵送で完結することができます。基本的に水道局員の作業や立ち会い等はありません。ただし、例外的に立ち会いが必要になる場合もあります。例えば、オートロックの建物の場合や、引っ越し日までの日割り水道料金の精算を現金の手渡しで行うケースなどです。

前述のとおり、基本的に水道栓は開いているため、引っ越し先で蛇口をひねると水を使用できることが多いでしょう。万が一、水が出ない場合は、自分で水道栓を開けることができます。一軒家の場合、屋外の水道メーターボックスの中にあるバルブを、反時計回りに回してください。マンションの場合は、玄関ドア横などにあるメーターの中のバルブを反時計回りに回すと、水道の使用を開始できます。

電気・ガス・水道の引っ越し手続きを一括で行う方法はある?

水道局やライフライン業者にもよりますが、「引越れんらく帳」という無料サービスを使うと、電気・ガス・水道の引っ越し手続きをインターネットでまとめておこなえます。

「引越れんらく帳」では、ライフラインや通信などの引っ越し手続きなどもインターネットでワンストップでおこなえます。引っ越し手続きを効率的に進めたい方は、ぜひご活用ください。

水道の引っ越し手続き(停止・開始)の方法を解説

次に、引っ越しにおける水道の手続き方法をケース別にご紹介します。特に、引っ越しで管轄の水道局が変わる場合は、使用中止・開始をそれぞれ申し込む必要があるため、注意してください。

水道の引っ越し手続き【基本の流れ】

水道の引っ越し手続きは、インターネット・電話・郵送を通しておこなうことができます。 まず、水道の引っ越し手続きをおこなう前に、契約に必要な情報を準備しましょう。必要な情報は、①契約者氏名、②現住所、③お客様番号・給水番号(領収書などに記載されているもの)です。 また、契約する水道局が変わる場合や、支払い方法を変更する場合は、銀行口座やクレジットカードの情報も用意してください。口座振替の手続きは、インターネット・銀行窓口・郵送・水道局窓口からおこなうことができます。クレジットカード払いに変更する場合は、「水道料金・下水道料金クレジットカード払い申込書」をダウンロードし、必要事項を記入して郵送してください。なお、水道の引っ越しに関わる手数料は無料です。

手続きを郵送でおこなう場合は、「水道使用開始申込書」に必要事項を記入して郵送します。水道使用開始申込書は、水道局から取り寄せる、インターネットでダウンロードするなどの方法で入手することができます。

また、インターネットで手続きをおこなう場合は、「水栓番号」を確認しておくと便利です。例えば、新築の建物の場合は、住所だけでは水道局が場所を特定できず予定日に開栓できない場合もあります。スムーズに手続きを進めるためにも水栓番号を調べておくことをおすすめします。水栓番号は水道ホームメモや水道メーターから確認できます。

引っ越しにかかる時間を短縮したい方には、電気・ガス・水道の手続きを同時におこなえる「引越れんらく帳」の利用がおすすめです。水道以外にも、引っ越しに関する手続きや申請を、インターネット上でまとめておこなうことができます。

同じ水道局エリア内での引っ越し

旧居と新居の管轄の水道局が同じで、引っ越しによる変更がない場合は、水道使用中止と開始の手続きを同時に申し込めます。このケースでは、手続きが一度で済むため手間がかかりません。たとえば、東京23区内での引っ越しは同じく東京都水道局が管轄であるため、下記の通りに進めましょう。

インターネット

インターネットから申し込む方法では、所轄の水道局のWebサイトから契約をおこないます。ご自宅のPCやスマートフォンから連絡してください。基本的に、申し込みは24時間いつでも可能です。このとき、水道の領収書や検針票をはじめ、お客様番号が記載された書類を用意しましょう。氏名・連絡先の電話番号・メールアドレスなど、必要な個人情報を入力するだけで簡単に手続きが完了します。

電話

所轄の水道局のお客さまセンターに電話をかける方法があります。このとき、速やかに対応ができるよう、領収書や検針票などお客さま番号が記載された書類を手元に用意しておくと安心です。電話受付は利用時間が決められているため、事前に確認しておきましょう。また、祝日の翌日や平日の一部の時間帯は電話が混雑するため、つながりにくくなる可能性があります。混雑を避けて問い合わせましょう。

電話で問い合わせる場合には、水道局によって受付時間が異なる点にご注意ください。たとえば、東京都水道局の受付時間は8時30分~20時00分、名古屋市上下水道局は平日8時00分~19時00分(土日・休日・年末年始は8時00分~17時15分)となっています。上記の例のように、土曜日や日曜日は受付に対応していない自治体もあるため、営業日をご確認ください。

異なる水道局エリアでの引っ越し

引っ越しで旧居と新居で水道局の管轄が変更になるケースでは、それぞれの市区町村で使用中止と使用開始を申し込む必要があります。たとえば、東京都内から神奈川県横浜市への引っ越しでは、使用中止を東京都水道局に、使用開始を横浜市の水道局に申し込みます。

この場合も、申し込みの方法については管轄する水道局が同じ場合と同様に、インターネットまたは電話で申し込みが可能です。自治体により申請先となるWebサイトや連絡先の電話番号が異なるため、旧居と新居それぞれの地域の情報を確認しておきましょう。

水道の引っ越し手続きで知っておきたい3つのこと

水道の手続きでよくあるミスや、新居で水が出ないトラブルの対処法をお伝えします。引っ越し当日に水道の手続きで慌てないために、以下の注意点にお気をつけください。

手続きを忘れてしまった場合

万が一、引っ越しで水道の手続きを忘れてしまったら、どのような状況になるのでしょうか。中止や開始をしないと、新居と旧居でのトラブルにつながる可能性があるため注意しましょう。 まず、使用中止の申し込みを忘れると、引っ越し後、水道を使用していないのに納入通知書が届き、旧居の水道料金を請求されることがあります。これは水道料金の内訳に、水道の使用量とは別にメーターの口径に応じて加算される「基本料金」が含まれているからです。このような仕組みであるため、水道を使用していないにも関わらず料金を支払わなくてはならなくなるおそれがあるのです。

使用開始の申し込みを忘れ、新居の水道栓が閉められている場合は、新居の蛇口から水が出ない可能性があります。その場合は、水道局に問い合わせても、速やかに給水されるとは限りません。特に引っ越しの繁忙期は、水道の予約が集中することもあるため、ライフラインとして必要な水を確実に確保するために、余裕を持って手続きを行いましょう。 ただし、基本的に水道栓は開いていることが多く、万が一手続きを忘れていても蛇口をひねると水が出る場合が多いです。

使用開始の手続きをしたのに水が出ない場合

新居で水道の使用開始の手続きを行ったにもかかわらず、水が出ないときは、水道のバルブが閉まっている可能性があります。バルブとは、水道メーター(量水器)の手前にある設備です。開けるときは反時計まわりに回し、閉めるときは時計まわりに回します。バルブを反時計まわりに回して開栓してから、水が出るか確認しましょう。バルブの開栓ができない場合や、開栓しても解決できない場合は、水道局のお客さまセンターに連絡して指示を受けてください。

水栓番号を知りたい場合は、「水栓番号はどこでわかる?引っ越しや転勤時に役立つ4つの確認方法」の記事でご確認ください。

引っ越し当日までの水道料金の精算方法は?

引っ越し当日までに使用した水道料金は、日割りで請求されます。支払い方法は、「集金」「クレジットカードまたは口座振替」「請求書や振り込み用紙で振り込む」から選べます。集金してもらう場合は、退去日に水道の担当者へ来てもらい、メーターや使用水量の確認後に現地で精算を行います。クレジットカードや口座振替で支払う場合は、日割り料金が口座から引き落とされます。転居先へ請求書を送付してもらい、後から振り込むことも可能です。

電気・ガス・水道の引っ越し手続きはインターネットの一括サービスがおすすめ

転居にともなうライフライン関連の手続きは、「引越れんらく帳」を活用すると多くの手間を省けます。今後、引っ越しの予定がある方は、サービスを利用するメリットをぜひご覧ください。

「引越れんらく帳」の特徴

引っ越しでは、電気・ガス・水道などのライフラインを停止および開始するために、さまざまな手続きが必要となります。「引越れんらく帳」は、そんな住所変更の手続きを一括でできるサービスです。電気・ガス・水道のほかに、固定電話・宅配(宅配業者)・放送・インターネット・新聞・クレジットカード・通信販売(通信販売企業)など、各種手続きをまとめて済ませられます。

使い方は簡単で、会員登録後に現住所と引っ越し先の住所を入力するだけ。すぐに各所へ連絡できるようになります。会員登録は無料でできるため、気軽に利用できるのが魅力です。特にライフラインに関しては、旧居と新居の住所の入力後に、手続きすべき水道局や電力会社が表示される機能を搭載。入力や確認の手間を省き、慌ただしい引っ越し前の手続きをサポートします。

◆【ガスの引っ越し】使用停止から開始までの手続きを解説!開栓立ち会い時の注意点も
◆引っ越しで電気を使用停止にする方法は?手続きや注意点を解説

「引越れんらく帳」を活用するメリット

引っ越しにともなう住所変更の手続きに「引越れんらく帳」を活用すると、何度も同じ情報を入力するわずらわしさから解放されるのがメリットです。旧居と新居の住所を一度入力すれば、その後は登録された情報をもとに手続きができ、わざわざ氏名や住所を一から入力する必要がありません。

また、「引越れんらく帳」のサービスは24時間対応であるため、日中に忙しくて時間をとれない方でも安心してお使いいただけます。ネット環境があればいつでもどこでも申し込みができ、空き時間や都合の良い時間帯に引っ越しの準備を進められるのが魅力です。

サービスに登録すると、引っ越しに必要な手続きの状況を画面上で確認できるようになり、進捗確認がしやすくなるのもメリットといえます。手続きの期限に合わせてスケジューリングができ、さらにアラート機能を活用すれば申し込み忘れなどのミスの予防にもつながるでしょう。申し込み後の状況も確認可能です。

水道の停止および開始手続きをはじめとして、引っ越しで発生する多くの手続きをまとめて済ませるために、ぜひ「引越れんらく帳」のサービスをお役立てください。

あわせて読みたい引っ越しTips

◆水道の停止・開始手続きに立ち会いは必要?閉栓から開栓までの流れ
◆水栓番号はどこでわかる?引っ越しや転勤時に役立つ4つの確認方法

×
無料

電気、ガス、水道などの引越し手続きを一回の入力で一括完了!