ページトップへ

同棲前の準備でやることは?必要な期間や段取り、手続きのポイント、メリット・デメリットを解説

同棲前の準備でやることは?必要な期間や段取り、手続きのポイント、メリット・デメリットを解説

同棲を始めるにあたり準備することや手続きの方法を知りたいというカップルも多いでしょう。この記事では同棲に必要な準備や期間、手続きなどを詳しく紹介します。これからパートナーと同棲を始めようとお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

あわせて読みたい引っ越しTips

同棲のメリット・デメリットは?準備を始める前に知っておこう

同棲を始める前には、メリットだけではなくデメリットも理解しておくことが大切です。同棲のメリット・デメリットには以下のようなものがあります。

<同棲のメリット>

  • 一緒に過ごす時間が増える
  • 結婚前にお互いのことをよく知れる
  • 生活費を折半でき、結婚資金を貯められる
  • 家事を分担できる
  • <同棲のデメリット>

  • 一人の時間が減る
  • 家事や掃除の頻度ややり方があわないこともある
  • マンネリ化してしまい、結婚のタイミングがわからなくなる
  • 同棲を解消するとき大変

カップルといえども他人同士が一緒に生活するので、生活リズムや価値観に相違があることは当然のことでしょう。同棲にはお互いがストレスなく生活できるような工夫が大切です。いざ同棲がはじまってお互いの相違が原因で喧嘩にならないように、事前に話し合って二人の生活のルールを作っておくと良いでしょう。

同棲を始める前に必要な準備

同棲をスタートする前に、同棲開始時期や引っ越しのタイミングを決め、身内の方への挨拶を済ませておくと安心です。よく話し合って準備し、スムーズな同棲開始を目指しましょう。

同棲を始める時期や期間を決める

実際に同棲を始める前に、ふたりでしっかりと計画を立てておきましょう。まずは、同棲の開始時期を話し合います。カップルのどちらか、もしくは両方が一人暮らしをしている場合は、更新のタイミングに合わせたほうが良いでしょう。できるだけ更新料や二重家賃が発生しないように工夫することで出費を減らせます。

また、将来的に結婚を見据えて同棲を始める場合、あらかじめ同棲期間を設定しておいたほうが良いかもしれません。何も決めないまま同棲をスタートしてしまうと、結婚するタイミングを見失ってしまうことがあるためです。お互いが納得できるように、結婚のタイミングについてよく話し合っておきましょう。

両親に挨拶をする

同棲を決めたら、双方の両親など身内の方へ挨拶をし、同棲したい旨を伝えておきます。何も伝えないまま同棲を始めてしまうより、前もって挨拶したほうが、両者の誠意が伝わりやすいでしょう。直接挨拶に行くことが望ましいですが、対面でのあいさつが難しい場合は電話だけでもしておくと良いでしょう。

同棲の挨拶は双方の実家などでおこなうことが多いようです。ただし、場合によってはレストランやカフェなどに挨拶の場が設けられることもあります。お店を選ぶ際は、個室を予約しておくと落ち着いて話ができるでしょう。当日の服装は品が良く清潔感のあるものをお選びください。だらしない服装だと、相手へ良くない印象を与えてしまうかもしれません。挨拶当日は早めに起き、身だしなみを整えます。

訪問の前に手土産を準備しておくのも大切です。手土産はそれぞれのパートナーへ確認し、喜ばれるものを渡しましょう。悩んだ場合は、菓子折りを渡しておくのが無難です。

挨拶の際は、同棲する理由や結婚の意向、同棲する予定の期間などについて話しておきましょう。同棲に対する感情は人それぞれですが、なかには結婚しないうちから同居することに反対する方もいらっしゃいます。その場合は、結婚への準備期間として同棲を始めることをアピールすると良いかもしれません。

また、挨拶は物件を探し始める前に行くのが無難です。挨拶の場で同棲を反対されると、同棲計画そのものが白紙になる可能性もあります。不動産契約の際に、物件によっては親を連帯保証人にしなければならない場合もあるため、しっかりと許可を得てから同棲準備を進めましょう。

同棲準備中のカップルが決めておきたい2つのルール

同棲開始前に決めておきたいのが、家事や生活費の分担です。暮らし始めてからお互いに不満が生まれないよう、それぞれのカップルに合った方法で分担を決めていきましょう。

家事はどう分担するか

ふたりで生活していく以上、家事の分担は避けられない問題です。どちらかに負担が偏ると不満がたまり、喧嘩の原因になってしまうこともあります。分担のルールを決めておき、できるだけ平等に家事をこなせるようにしましょう。

主な家事は掃除や洗濯、食事の用意、ゴミ捨てなどです。そのほかにも、トイレットペーパーの交換やシャンプーの詰め替えなど、細かい家事がいくつも存在します。同棲前に必要な家事をリストアップし、どうやって分担していくか決めておくと良いでしょう。時間のかかりやすい家事は、食器洗い乾燥機や衣類乾燥機、ロボット掃除機なども駆使して、それぞれの負担を減らすのもおすすめです。

ただし、実際に暮らし始めてみると、急な仕事や用事などでルール通りに家事ができないことがあります。厳密にルールを決めるとかえってやりにくい場合は、生活スタイルに合わせて柔軟に家事分担を変更していくことも大切です。それぞれのカップルに合った分担方法を模索していきましょう。

生活費はどう分担するか

家賃や光熱費、食費、通信費などの生活費も、不満が出ないように分担していかなければなりません。例えば、どちらかの収入が低い場合、生活費を完全に折半にすると片方の負担が大きくなってしまいます。その場合は、お互いの収入に応じて負担の割合を変えたほうが良いでしょう。

生活費を分担するにあたって、共通の口座を設ける方法もあります。共通口座に資金を預け、そこから生活費を支払いましょう。その際、どういった項目にいくら支払ったかを明確にしておくと、トラブルが少なくなります。メモ程度でもかまわないため、家計簿をつけておくと安心です。金銭に関することはトラブルの原因になりやすいため、ふたりで定期的に支出を確認しておきましょう。

同棲準備はいつから始める?必要な期間や段取りを解説

同棲開始前には、引っ越し費用の計算、物件探し、家具や家電の購入、引っ越し業者の手配などのさまざまな準備が必要です。余裕をもったスケジュールで引っ越せるよう、しっかり計画をたてることが大切です。ここからは準備に必要な段取りや期間を解説します。

引っ越し資金を準備する

まず、同棲には以下の2パターンがあります。

(1)新たにふたりで住む部屋を契約する

(2)どちらからの家に住む

「(1)新たにふたりで住む部屋を契約する」場合は物件の契約に伴う費用や引っ越し費用等々が発生します。前もって計画的に資金を準備しておきたいところです。

「(2)どちらからの家に住む」場合にかかる費用は、引っ越し費用や新たな家具・家電の購入などになります。新たにふたりで住む部屋を契約する場合に比べると出費は比較的少ないです。

同棲のパターンが(1)の場合には、新たな賃貸物件に引っ越す際に初期費用が発生してきます。契約する賃貸物件によって、必要な金額は変わります。主な項目は敷金・礼金・前家賃・仲介手数料・火災保険料・引っ越し業者への代金などです。敷金は、退去の際に発生する原状回復費用として回収されます。物件によりますが、家賃の1カ月~2カ月分はかかると考えておいたほうが良いでしょう。原状回復にかかった金額が少なければ、その分の敷金は返ってきます。

礼金とは物件のオーナーに支払う謝礼金のようなものです。敷金とは異なり、基本的に返却されることはありません。物件によって金額が異なり、支払う必要がないところもあれば、家賃1カ月~2カ月分の礼金が必要になるところもあります。前家賃とは、住み始める月の家賃を前もって支払っておくことです。その月の途中から住み始める場合は、日割り計算した家賃を支払うこともあります。

仲介手数料は、大家さんとの仲介をおこなう不動産会社へ支払う料金です。法律によって家賃の1カ月分までが上限とされているため、これより高額になることはありません。ただし、消費税はかかるので気をつけましょう。もし不動産会社を通さずに物件を契約していたら、仲介手数料を支払う必要はありません。

節約したいときは、大家さんと直接交渉できるサービスなどを探してみましょう。火災保険は、建物や家財などに損害を受けた場合、プランに応じた額の補償金を受け取れる保険です。保険料や補償内容などはプランによって異なります。

賃貸契約時の初期費用に関してさらに詳しく知りたい方は、「賃貸契約時の初期費用はどのくらい?金額の目安と安く抑えるポイント」もあわせてご覧ください。

同棲のパターンが新たにふたりで住む部屋を契約する場合でも、どちらからの家に住む場合でも、引っ越しや家具の購入の費用がある場合があります。

引っ越し業者への代金は、選んだプランや運びたい荷物の量のほか、引っ越し時期によっても変わります。繁忙期にあたる春休みや、引っ越し作業をする方の多い土日は、料金が高く設定されていることがあるため気をつけましょう。

また、ふたりで使う家具・家電も新しく購入することがあります。大型家電や家具などは、費用も高額になりがちです。どちらが費用を負担するのかについてもあわせて決めておきましょう。共同で購入しても良いですが、万が一、同棲を解消することになった場合、どちらが引き取るのかで揉めてしまう可能性があります。将来をよく考えたうえで共同購入に踏み切りましょう。

同棲する物件を探し、契約する

新たに物件を契約して同棲を始める場合は、二人が住みやすい部屋を探します。同居可能な物件のなかから候補を絞りましょう。

物件探しに必要な期間は2週間~4週間程度といわれます。物件探しでは、ある程度エリアを絞っておくのがポイントです。お互いの勤務先や実家へのアクセスなども考慮すると、物件が絞り込みやすくなり、同棲後の生活もスムーズです。物件の申し込み・審査・物件契約までの一連の流れには1~2週間程度かかるので、余裕のあるスケジュールで物件探しができると良いでしょう。

同棲する物件が決まったら、賃貸に住んでいる場合は、現物件の解約申し入れをおこないます。物件によりますが、解約の1カ月~2カ月前までに予告が必要なケースがほとんど。賃貸契約書を確認し、適切な時期に解約申し入れをしてください。

賃貸物件の解約に必要な手続きは「【賃貸の解約】解約通知書とは?解約金・違約金は必要?いつまでに通知?」をご覧ください。

物件の間取りには、1DKや1LDK、2DKなどの選択肢があります。基本的に、部屋数が少ないか面積が小さければ家賃が安くなります。ただし、ふたりが一緒に暮らすためにはある程度の広さが必要です。また、部屋数が多いと、お互いが一人になれる空間をつくれます。契約の前に、どちらが契約者になるのか相談して決めておきましょう。どちらでもかまいませんが、収入が多いほうが契約者になるとスムーズに契約を結びやすくなります。

また、どちらかがすでに住んでいる家で同棲を始めたい場合は、不動産会社に連絡が必要です。無断で同居すると、契約違反になることがあります。そもそも同居または同棲が不可となっている物件は許可が下りないため、新居を探したほうが良いでしょう。

家具や家電を購入・処分する

新居で必要な家具や家電を購入します。すでに使用しているものがある場合は、どちらを新居で使うのか話し合って決めましょう。例えば、パートナーがお互いに一人暮らしをしていて冷蔵庫や洗濯機を持っている場合は、どちらかの家電を新居へ持って行くことがあります。

家具や家電を新たに購入する場合は、引っ越し後の新居に運んでもらうとよいでしょう。全ての家具・家電を一斉に買いそろえるのではなく、すぐに使う家具家電以外は、引っ越し後、生活用品などとともにゆっくり購入すれば大丈夫です。意外と荷物量が多く、部屋が狭くなることもあるため、部屋の間取りや大きさを考慮して家具・家電は慎重に購入するとよいでしょう。

また、現在使用している家具や家電を処分して新しいものを購入したいという場合もあるでしょう。家具は粗大ごみで出せますが、エアコン、テレビ、冷蔵庫・洗濯機等は、処分する際にリサイクル料がかかります。料金を払わなければ違法になるので注意が必要です。

家具・家電の主な処分方法は以下の通りです。

  • 不用品の回収業者や引っ越し業者に引き取りを依頼する
  • 自治体に回収を依頼する
  • 新たに家具や家電を購入する場合は、購入した量販店などで下取りしてもらう
  • 故障してない場合は、リサイクルショップで売却したり、友人や知人に譲ったりする

家具・家電以外の所有物を処分する方法としては以下のようなものがあります。

  • 不用品の回収業者や引っ越し業者に引き取りを依頼する
  • フリマアプリやネットオークションで売却する
  • リサイクルショップで売却する
  • 友人や知人に譲る

引っ越しの荷物は、捨てる以外にも近隣のトランクルームを借りたり、実家などで保管したりする方法もあります。例えば、双方が布団セットを持っている場合などには一旦トランクルームや実家に預けて、必要な時期に取り出して使用する方法もあります。

引っ越しに伴う家具・家電などの詳しい処分方法に関しては、「引っ越し時の不用品処分の方法とは?トラブルを避けるための注意点」をご覧ください。

引っ越し業者を手配する

物件が決まったら、旧居の退去日と新居への入居日を決め、引っ越し日を設定します。加えて、引っ越し業者を探し始めましょう。遅くても引っ越しの1カ月前には業者の手配を済ませましょう。ただし、引っ越し繁忙期である1月~3月などは予約がとりにくいため、1カ月半くらい前に予約しておくことをおすすめします。引っ越し業者を選ぶときは、複数の業者に見積もりを依頼し、比較検討するのがおすすめです。ただし、見積もりを一社ずつ依頼すると少々手間がかかります。一括見積もりサービスを活用すると効率的でしょう。

同棲を始めるときに必要な手続きのポイント

同棲を始める際は、役所や金融機関など、さまざまなところで手続きを済ませなければいけません。引っ越しにともなう転入・転出の手続きを忘れないよう、必要なポイントを押さえておきましょう。引っ越しに伴う役所手続きやライフラインの手続きに関して詳しく解説した記事もございますので、あわせてご覧ください。

世帯主を選ぶ

引っ越しの際には、新居へ住民票を移します。同棲の場合どちらか一人が世帯主になるケースと両者が世帯主になるケースがあります。

どちらか一人が世帯主になる場合、片方は同居人となります。住民票を見ると、同棲していることがわかります。

両者が世帯主になる場合は、一つの住居に二つの世帯がある状態となります。住民票には自分の名前だけが記載され、見るだけでは同棲していることがわかりません。同棲をしているのを知られたくない方は、両者が世帯主になっておくと安心です。

なお、両者が世帯主になっている場合、結婚後も同じ家へ住み続ける場合は、世帯主をどちらか片方へ変更する手続きが必要です。お住まいの自治体で世帯合併手続きを済ませましょう。

電気、ガス、水道などライフラインの契約については、両者が契約者になることはできません。どちらが契約者になるかを事前に話し合っておきましょう。なお、ライフラインの契約では、転入届で世帯主でない人でも契約者になることができます。

転入届と転居届の世帯主の書き方に気をつける

新しく物件を借りて同棲を始める場合、市区町村役場へ転入届や転居届を提出することがあります。どちらか一人が世帯主となる場合、世帯主の欄には世帯主の氏名を記載します。両者が世帯主となる場合、世帯主の欄にはそれぞれ自分の氏名を記載します。同棲相手の家へ引っ越して、相手が世帯主となる場合は、世帯主変更届や世帯合併届などの手続きが必要です。

面倒な住所変更はサービスの活用でまとめてできる

引っ越しにより住所が変わる場合は、さまざまな住所変更手続きが必要です。代表的なものが運転免許証です。住所が変わったら、すみやかに最寄りの警察署や運転免許センターなどで手続きしましょう。

また、携帯電話を契約している場合、住所変更しておかなければ請求書のような重要書類がご自宅に届かなくなってしまいます。契約している携帯電話会社によって変更方法は異なるため、調べておきましょう。

金融・保険関係なども同様で、旧居の住所を登録したままだと重要書類が届かなくなる可能性があります。セキュリティ面も考慮し、早めに住所変更をしておくのが大切です。

さまざまな住所変更を一括して変更できるサービスを活用すると、手続きがある程度楽になります。「引越れんらく帳」なら、公共料金・クレジットカード・電話・新聞など、対称事業者の住所変更を一括申し込みで変更可能です。登録は簡単で、費用もかかりません。情報入力は一度だけで、手間なく変更手続きを行えます。引っ越しに関する手続きでお悩みの方は、ぜひお試しください。

引っ越しのライフライン手続きはインターネットでまとめて簡単に!

同棲開始に伴う準備や手続きについて詳しく解説しました。同棲を始める際に必要な準備を明確にしたうえで、パートナーと二人で協力して準備を進めていきましょう。

また、引っ越しにはさまざまな手続きがつきものです。「引越れんらく帳」を利用するとライフラインの手続きを一回の入力でまとめておこなえるため、手続きの際の負担を大幅に減らすことができます。ライフラインの手続きを簡単に行いたい方や、手続きの漏れをなくしたい方におすすめですので、ぜひ利用を検討してみてください。

あわせて読みたい引っ越しTips
×
無料

電気、ガス、水道などの引越し手続きを一回の入力で一括完了!