ページトップへ

転出届の提出はいつからいつまで?所定の期間に遅れないよう要注意!

転出届の提出はいつからいつまで?所定の期間に遅れないよう要注意!

引っ越しをして住民票を置く市区町村が変わる場合には、旧住所を管轄する役所に転出届を提出します。転出届を提出すると、その後は新住所を管轄する役所で公的な手続きを行えるようになり、暮らしの利便性が高まるのがメリットです。

ここでは、転出届を提出するタイミングについてお伝えします。手続きは転居前から受付が始まるため、余裕をもって早めに取り組みましょう。今後の引っ越しの参考に、ぜひご一読ください。

あわせて読みたい引っ越しTips

◆引っ越し前後に必要な手続きまとめ!時期別に見るチェックリスト付き
◆電気・水道・ガスに関する引っ越し時の手続き
◆引っ越し時に役所で行う手続き一覧|これで安心!項目別の完全ガイド
◆転入届は引っ越し前に提出できる?転居前後の手続きの流れ
◆印鑑登録の住所変更方法|証明書の発行に必要な引っ越し時の手続き

転出届の提出時期はいつから?

まずは、転出届の書類の基礎知識や、転出届を提出するタイミングについてお伝えします。提出時期の期限を守り、可能であれば引っ越し前に必要書類を提出しましょう。

転出届とは?

転出届とは、現在住民票を置いている市区町村から別の市区町村へ引っ越すとき、役所へ提出する書類のことです。転出届を提出すると、現在住民票のある市区町村の住民基本台帳から自身の住所が削除されます。一方で、同じ市区町村で引っ越しをする場合には、転出届ではなく転居届を提出します。旧居と新居の住所によって手続きの内容が変わるためお気をつけください。

転出届は、一般的に市区町村の役所の窓口へ書類を提出して手続きを行います。中には郵送で書類を受け付けている役所もあるため、引っ越しの準備で忙しいときはご検討ください。その際は、各自治体のホームページから郵送用の書類をダウンロードして、必要事項を記入しましょう。返信料金分の切手と返信用封筒、運転免許証やパスポートなどの本人確認書類のコピーを同封して郵送します。

なお、転出届の提出が完了し、新住所への引っ越しを済ませたら、新居の市区町村で転入届を提出します。転出届の手続きと併せて、忘れずに転入手続きを行いましょう。

転出届の提出時期

転出届を提出するタイミングは、転出の14日前から当日までに届け出が必要です。引っ越し後でも書類は受理されますが、可能であれば転居前の提出が望ましいでしょう。その理由は、手続きをするまでの期間、登録された住民票の所在と実態が異なる状況になってしまうためです。引っ越し後の書類の受理期間として定められた2週間以内に、忘れずに手続きを行ってください。

◆引っ越し時に住民票を異動させる方法|手続きを忘れるとどうなる?

転出届の手続きの方法

続いて、市区町村の役者で行う転出届の手続きの方法についてお伝えします。引っ越しの予定が決まったら、転出先で行う手続きの大まかな流れを確認しておきましょう。

STEP1:現住所のある市区町村の役所へ行く

まずは、現住所のある市区町村の役所へ足を運び、窓口で転出届の手続きを行いましょう。このとき必要な持ち物は、本人確認書類と印鑑です。本人確認書類として、運転免許証・パスポート・マイナンバーカード(通知カード)などの公的な書類のうち1点を提示します。また、健康保険や介護保険の被保険者証・国民年金や厚生年金の年金手帳のうち2点、あるいは上記と在学証明書などの書類を1点ずつ組み合わせて提示する方法もあります。委任状があれば、代理人が書類を提出することも可能です。

◆引っ越しでマイナンバーカードも変更が必要?手続きの流れと注意点
◆引っ越し時に必要な運転免許証の住所変更|準備する物と手続きの流れ
◆保険証の住所変更手続きの方法とは?申請の遅れに要注意

STEP2:転出届を記入する

次に、転出届の書類に必要事項を記入します。一般的に記入することが多いのは、旧住所と新住所・世帯主名・氏名・生年月日・引っ越し者の本籍などの情報です。代理人が手続きをする場合には、書類への押印が必要となるため、忘れずに持参しましょう。また、転出届には家族全員の氏名と生年月日を記入します。すみやかに手続きを進めるために、当日までに情報を確認しておくことが大切です。

STEP3:転出届を提出する

転出届を窓口に提出したら、手続きが完了します。提出した書類は、窓口の担当者に必要項目が記入されているか確認されます。その後、本人確認書類や必要書類を提示し、問題がなければそのまま受理される流れです。役所の窓口は、自治体により土日祝日に手続きができない場合があるためお気をつけください。特に、転出先と転入先の市区町村が異なる場合は、役所の営業時間が変わる可能性があるため、事前に確認しておくことをおすすめします。

転出の手続きについては、以下のページでより詳しい内容をご紹介しています。基本的な流れと併せて、引っ越し前にぜひご一読ください。

◆引っ越しの前に!「転出届」の手続きで必要なものと提出方法を解説

転出届を提出するときの注意点

最後に、転出届を提出するときの注意点をお伝えします。場合によっては、転出届の提出が不要なケースがあります。ご自身の引っ越しの状況を考慮してご確認ください。

転出届が不要なケースもあるので確認する

転出届は、新しい住所地への滞在期間が短い場合や、将来的に現住所へ戻る予定がある場合は、例外的に届け出が不要となります。たとえば、進学のために一時的に実家を離れているケースはその一例です。引っ越しをするたびに転出届を出す方法もあるため、より便利なほうを検討しましょう。

転出届を提出するメリットは、近隣の区役所や市役所などで役所関係の各種手続きを行えることです。運転免許の更新や印鑑登録証明書の発行手続きを、新居の近くで済ませられます。また、現住所がある選挙区で投票できるようになり、地域社会に参加するための基盤を整えられます。

転出届を期日までに提出する

転出届を提出するときは、遅くとも転居後14日以内を目安に対応しましょう。正当な理由がないにもかかわらず期日までに支払いがない場合、罰金の支払い対象になる場合があるためです。住民基本台帳法という法律に基づき、5万円以下の過料に処せられるおそれがあります。

転出届の提出のほかにも、引っ越しにともない多数の手続きが必要です。電気・ガス・水道などのライフラインのほか、郵便・インターネット・車・バイク・ペットに関連する住所変更も欠かせません。このとき、各所への申し込みを一括で行えるサービスを活用すれば、複数の手続きを効率良く進められます。「引越れんらく帳」に登録して、煩雑になりがちな住所変更をスムーズに進めましょう。

◆電話の引っ越し手続き|申し込み時期や同じ番号を使い続ける方法は?
◆郵便物の転送サービスとは?3つの手続き方法と注意点
◆インターネットの引っ越し手続き|事前の確認事項と注意点
◆引っ越し時の車・バイクの手続き
◆NHKの住所変更の仕方|引っ越しのときの手続きの流れとポイント

転出届は余裕をもって転居前に提出しよう!

転出届の提出は、転出の14日前から当日までの期間に行います。遅くとも転居後14日以内に手続きを済ませておきましょう。手続きを行う場所は、住民票を置いている旧住所の市区町村の役所です。本人確認書類と印鑑を持参し、着実に手続きを済ませましょう。

引っ越し前後には、転出届の提出のほかに多数の住所変更の手続きを行う必要があります。その際は、転出届をはじめとした複数の手続きを一括でまとめて行える「引越れんらく帳」をご活用ください。必要な手続きに抜け漏れがないように、余裕をもって準備を始めましょう。

あわせて読みたい引っ越しTips

◆引っ越し前後に必要な手続きまとめ!時期別に見るチェックリスト付き
◆電気・水道・ガスに関する引っ越し時の手続き
◆引っ越し時に役所で行う手続き一覧|これで安心!項目別の完全ガイド
◆転入届は引っ越し前に提出できる?転居前後の手続きの流れ
◆引っ越しでマイナンバーカードも変更が必要?手続きの流れと注意点
◆引っ越し時に住民票を異動させる方法|手続きを忘れるとどうなる?

×
無料

電気、ガス、水道などの引越し手続きを一回の入力で一括完了!