ページトップへ

電気の使用開始当日にすることは?手続きを忘れていてもOK?

電気の使用開始当日にすることは?手続きを忘れていてもOK?

電気の使用開始日当日が近づき、引っ越し時にどのような手続きが必要か気になっているという方も多いのではないでしょうか。新居での生活をスムーズに始めるためには、やるべき作業を事前に把握しておくことが大切です。

この記事では、電気の使用開始手続きを忘れてしまった場合の対処方法や、使用開始当日までに必要なやるべきことを紹介します。

あわせて読みたい引っ越しTips

◆引っ越しの「電気」手続きを紹介!使用停止・開始の流れをわかりやすく解説

◆電気・ガス・水道に関する引っ越し手続きすべてをわかりやすく解説

手続きを忘れても、引っ越し当日から電気使用開始できる?

手続きを忘れてしまっていた場合に、引っ越し当日から電気を使えるかどうかは、新居の電気メーターの種類によって変わります。電気メーターの種類と、各種類で電気の使用開始に必要な手続きは以下の通りです。

◆【電気契約の見直し】引っ越しで電気代・料金プラン・電力会社を確認

新居が従来型の電気メーターの場合

新居の電気メーターが従来型であれば、手続きを忘れていても引っ越し当日から電気の利用が可能です。

ただし、使用開始手続きをせずに電気を使い続けていると、電力会社から通知が届きます。通知に記載されている期日までに手続きを終えないと、送電が中止される可能性があるため、早めに対応しましょう。

手続きせずに使っていた期間の電気料金は?

電気の使用開始手続きをせずに使用していた期間の電気料金は、使用開始日までさかのぼって計上されます。後日、初回請求分の期日までに支払いが必要です。

新居がスマートメーターの場合

新居の電気メーターがスマートメーターの場合、使用開始の手続きを完了しないと電気が使えません。

スマートメーターとは、電力会社が遠隔で電気の供給・停止を操作できるシステムです。そのため、前の住人が電気の停止手続きを済ませた時点で送電が中止されます。電気を使うためには、あらためて使用開始手続きが必要です。

スマートメーターでも、即日契約できる電力会社・電気料金プランに申し込むと、引っ越し当日に電気を使える可能性があります。

ただし、大手電力会社のカスタマーセンターは混み合うことが多く、年末年始や休日は連絡がつきにくいため、注意が必要です。Webからの手続きができるかどうか、申し込み当日から電気を使えるかどうかなどの条件を確認し、速やかに手続きを済ませましょう。

スマートメーターについては「電気使用量を測るスマートメーターとは?特徴とメリット、注意点」で紹介しています。

引っ越し当日、電気使用開始時に行うこと

新居で電気を使い始めるときは、ガスの開栓とは異なり係員の立ち合いは不要です。電気の使用開始時に行う作業は、電気メーターの種類によって異なります。

電気を使用開始するための手順は以下の通りです。

従来型の電気メーターの場合の手順

新居に従来型の電気メーターが設置されている場合、まずは分電盤の位置を確認しましょう。一般的に、分電盤は玄関脇の壁などに設置されています。

分電盤を見つけたら、アンペアブレーカー、漏電遮断器、配線用遮断器の順にスイッチを上げてください。ブレーカーの電源を入れることで、新居で電気が使える状態になります。

無事に電気が使えるようになった後は、新居に置いてある電気使用申込書に記入し、ポストへ投函しましょう。

◆入居時のブレーカーの上げ方|新生活のスタートでつまずかないために

スマートメーターの場合の手順

新居にスマートメーターが設置されている場合、事前に使用開始手続きが済んでいれば、ブレーカーの操作は不要です。契約時に指定した使用開始日になると、自動的に電気が使える状態になります。

電気の使用開始後は、新居に置いてある電気使用申込書に必要事項を記入し、ポストへ投函しましょう。

◆電気使用量を測るスマートメーターとは?特徴とメリット、注意点

電気の使用開始に必要な手続き

引っ越しをする場合、旧居の電気使用停止手続きと、新居の電気使用開始手続きの両方が必要です。引っ越し後スムーズに電気を使えるようにするため、引っ越しの1週間前を目安に、遅くても3日前までに手続きを済ませましょう。

引っ越し前後で同じ電力会社を継続して利用する場合、旧居の使用停止手続きと、新居の使用開始手続きをまとめて行えます。電力会社を変更する場合は、旧居で契約していた電力会社の使用停止手続きと、乗り換え先の電力会社の使用開始手続きが必要です。

大手電力会社と小売電気事業者では、電気料金や特典の有無などが異なります。引っ越しを機に電気代を見直したい場合は、新居で契約する電力会社や契約プランの変更を検討しましょう。

電気の使用停止・開始手続きに必要な情報

旧居の電気の使用停止手続きでは、以下の情報が必要です。

  • 契約者の氏名
  • 現在(旧居)のお客様番号
  • 供給地点特定番号
  • 電気を停止する住所
  • 電気を停止する希望日

お客様番号や供給地点特定番号は、検針票や電気料金の領収証などで確認できます。

新居の電気の使用開始手続きに必要な情報は以下の通りです。

  • 契約者の氏名
  • 電気を使用開始する住所
  • 電気の使用開始希望日
  • 支払い方法(銀行口座・クレジットカード等)
    ※請求書払いの場合は不要
  • 希望する電気料金プラン

手続きの詳細については、「【電気の引っ越し手続き】使用停止・開始までの流れや手続き時期を解説」もあわせてご参照ください。

電気の使用停止・開始手続きは、電話やWebサイトのほか、以下に紹介するサービス「引越れんらく帳」でも行えます。

「引越れんらく帳」なら、電気・ガス・水道の手続きを一括でできる!

引っ越し当日に電気を使用するためには、早めの手続きが重要です。しかし、日中忙しいと電力会社の営業時間内に電話ができなかったり、手続きを忘れてしまったりする可能性があります。

24時間いつでも申し込み手続きができる「引越れんらく帳」なら、電気などの手続きを忘れずに済ませることが可能です。

電気の使用開始以外の手続きも一気に完了!「引越れんらく帳」とは

「引越れんらく帳」は、引っ越しに伴い必要な住所変更を一括でできるサービスです。電気だけでなく、ガスや水道などの引っ越し手続きもまとめて行うことができます。

ほかにも、以下のようなサービスの手続きが可能です。

  • 固定電話
  • 宅配サービス
  • テレビ
  • インターネット
  • 新聞
  • クレジットカード

引っ越しに伴う手続きを簡単に済ませたい方に、「引越れんらく帳」をおすすめします。

「引越れんらく帳」を活用するメリット

無料の会員登録だけで利用できる点が「引越れんらく帳」のメリットです。また、現住所と引っ越し先の住所を1度入力するだけで各種住所変更が完了する点も、メリットとして挙げられます。

「引越れんらく帳」の入力画面には、手続きすべき電力会社などが自動で表示されるため、自分で調べる手間がかかりません。また、手続き期間が近づくと知らせてくれるアラート機能もあり、抜け漏れなく手続きが可能です。

引っ越し時の手続きをできるだけ簡単に済ませたい方は、ぜひ「引越れんらく帳」をご活用ください。

あわせて読みたい引っ越しTips

◆引っ越しの「電気」手続きを紹介!使用停止・開始の流れをわかりやすく解説

◆電気・ガス・水道に関する引っ越し手続きすべてをわかりやすく解説

×
無料

電気、ガス、水道などの引越し手続きを一回の入力で一括完了!