ページトップへ

引っ越しの見積もり金額を抑えるには?業者に依頼するときの流れ・注意点

引っ越しの見積もり金額を抑えるには?業者に依頼するときの流れ・注意点

引越しバナー 引越しバナー

引っ越しの際、「できるだけ価格を抑えられる業者に依頼したい」という方は多いのではないでしょうか。業者を検討するときに重要となるのが、引っ越し料金の見積もりです。見積もりを依頼する際には、一括見積もりサイトを利用し、複数の業者に訪問見積もりを依頼する方が、安く引っ越しできる可能性が高くなります。

この記事では、引っ越し料金の相場や見積もりに必要な準備、訪問見積もりの流れから、引っ越し料金を安くするためのポイントについて詳しく解説します。

あわせて読みたい引っ越しTips

◆引っ越し前後に必要な手続き・やることは?時期別に見るチェックリスト付き
◆引っ越しの見積もりや手続き「何日前から、いつまで?」をすべて解説!
◆【引っ越しのコツ】荷造りから荷解きまで効率よく進めるには?

業者に引っ越しの見積もりを依頼する前に!引っ越し料金の基礎知識をおさらい

引っ越しにかかる費用は、移動距離や荷物の多さ、引っ越し時期などの条件により、大きく変動します。そのため、あらかじめ引っ越し料金の内訳や相場、変動額などを理解した上で、見積もりを依頼することが大切です。まずは、引っ越し料金の基礎知識から解説します。

引っ越し料金の内訳

引っ越し料金は、主に

  • 基本運賃
  • 実費
  • オプション費用

で構成されています。

それぞれどのように料金が決まるのか、詳しく見ていきましょう。

基本運賃

基本運賃は、各引っ越し業者が定める運賃表に基づいて決まります。
引っ越し業者の運賃表は、国土交通省が定めた「標準引越運送約款」に基づいて定められており、移動距離や荷物の量(必要となるトラックの大きさ)等で料金が定められています。

運賃表の定め方には「時間制運賃」と「距離制運賃」があります。
「時間運賃制」は引っ越しにかかる作業時間をもとに料金を計算する方法で、「4時間」または「8時間」の基本時間と、1時間ごとの追加料金で料金を決定します。
「距離制運賃」は、トラックで移動する距離をもとに料金を計算する方法で、「100km(軽貨物業者は30km)」の基礎距離と、超過距離による追加料金で料金を決定します。

基礎運賃は、国土交通省の「標準引越運送約款」がもとになっているため、引っ越し業者によって基礎運賃が大きく変わるということはありません。

また、繁忙期や土日祝日、対応時間などによって「割増料金」が発生することがあります。

実費

「実費」は人件費、交通費、梱包資材費などにかかる費用です。
家具を運び出すために必要な作業スタッフの数が多ければ、その分人件費が高くなります。
荷物が多ければ、段ボールや緩衝材にかかる梱包資材費が増え、大型のトラックが必要ならその分の費用もかかります。
移動に高速道路や有料道路を使う場合は、それらの利用料金として交通費も必要です。

オプション費用

「大物家具・家電の荷造り、荷解き」「搬入・搬出」「荷物の運送」以外の作業は、オプションサービスとして扱われ、基本料金とは別に「オプション費用」がかかります。
オプションサービスの一例としては、

  • 引っ越しに伴う不用品の処分
  • エアコンの移設、工事
  • ピアノなど楽器の移送
  • 乗用車の運送
  • 大物家具、家電以外の荷造り

など、さまざまなサービスがあります。
どのようなオプションサービスが利用できるかは、引っ越し業者によって異なります。

引っ越し料金の相場

前述のように、引っ越し料金は荷物の量や移動距離などの条件で変動します。
引っ越し業者のホームページでは、条件を入力すると見積もりを出してくれますので、複数の業者の見積もり金額を比較するのがおすすめです。

引っ越し料金の相場は以下の通りです。

単身
(荷物少)
単身
(荷物多)
2人家族 3人家族 4人家族 5人家族
15km未満/市区町村内程度 30,000円 40,000円 65,000円 78,000円 95,000円 115,000円
50km未満/都道府県内程度 35,000円 42,000円 68,000円 78,000円 95,000円 107,000円
200km未満/同一地方程度 45,000円 52,000円 75,000円 93,000円 130,000円 144,000円
500km未満/東京~仙台・大阪程度 52,000円 66,000円 110,000円 126,000円 130,000円 151,000円
500km以上 55,000円 70,000円 115,000円 130,000円 155,000円 152,000円


引っ越しのおすすめ時期に関しては、「引っ越しにおすすめの日取りカレンダー【2021年―2022年版】」を合わせてご覧ください。

引っ越し時期やタイミング

引っ越し業者は3月~4月ごろに繁忙期を迎えるため、この時期は引っ越しにかかる費用が高くなります。
また、繁忙期のシーズンから外れている場合、土日祝日よりも平日の方が安くなる傾向があります。
1年のうちで引っ越し料金が安くなりやすいのは12月~1月ですが、繁忙期以外の5月~2月の間であれば、大きく料金は変わりません。

繁忙期(3月~4月)の引っ越し料金の相場は、以下の通りです。

単身
(荷物少)
単身
(荷物多)
2人家族 3人家族 4人家族 5人家族
15km未満/市区町村内程度 37,000円 49,000円 82,000円 97,000円 115,000円 137,000円
50km未満/都道府県内程度 40,000円 50,000円 86,000円 104,000円 115,000円 141,000円
200km未満/同一地方程度 50,000円 60,000円 112,000円 134,000円 152,000円 121,000円
500km未満/東京~仙台・大阪程度 51,000円 75,000円 127,000円 181,000円 202,000円 290,000円
500km以上 60,000円 82,000円 166,000円 192,000円 215,000円 264,000円


3月、4月の引っ越しについては「引っ越しの繁忙期はいつ?料金を安く抑えるコツも解説」を合わせてご覧ください。

引っ越しの見積もりに必要な情報・準備すべきこととは?

引っ越し業者は、運搬する荷物の量や作業量といった情報から、見積もりを算出します。
見積もりの段階で不明瞭な点が多いと、当日に作業や荷物が増える可能性を考慮して、見積もり額や支払い額が増える危険があります。
あらかじめ、引っ越しの際に準備することや、見積もりに必要な情報などを把握しておきましょう。

見積もりに必要な情報

見積もりは、移動距離や作業時間、荷物の量が概算できるような情報が必要です。
ほとんどの業者で共通して聞かれるのは、以下の情報です。

  • 現在の住所
  • 新居の住所(集合住宅の場合は部屋番号も)
  • 引っ越し予定日
  • 引っ越し当日の訪問時間
  • 引っ越し人数
  • 運搬する荷物の数、量、種類。(タンスやベッドなど大型の荷物があるか。楽器や精密機器、動植物、美術品など特別な移送が必要な荷物があるか)
  • 連絡先(電話番号、メールアドレス)。メールアドレスのみの場合もある。

見積もりを依頼する際の準備

見積もりを依頼する前に、業者に依頼する作業の範囲を明確に決めておきましょう。
引っ越し業者が行ってくれる基本的な作業は

  • 大型の家具、家電の荷造り、荷解き
  • 搬入、搬出
  • 荷物の運送

で、これ以外の作業を依頼すると追加で料金が発生します。

別の作業を依頼する場合には、

  • 引っ越し後に時間が取れず荷解きまで依頼したい
  • 食器の梱包は依頼したい
  • テレビの配線や洗濯機の取り付けを依頼したい

など、作業の範囲を明確にしておく必要があります。

梱包や運搬に関して不明な点や確認しておきたい点は、事前にチェックリストを作って、見積もり依頼の際に聞くとよいでしょう。
見積もりには「Web見積もり」「訪問見積もり」「電話見積もり」などの方法があり、どの形態でも基本的に無料で行ってくれます。

まずは複数の業者を比較し、絞り込みたいという場合は、Web見積もりがおすすめです。引っ越し業者の選択には、インターネットの比較サイトや業者のHPを確認して、複数の業者から選ぶ方が、料金が安くなりやすいです。
ネットの一括見積を利用すると、複数の業者の見積もり金額を比較できます。
一括見積もりをする中で、特に気になった業者を数社ピックアップし、訪問見積もりで詳しく見てもらうとよいでしょう。

引っ越しの見積もりサイトには、以下のようなものがあります。

  • 価格.com
  • SUUMO.jp
  • LIFULL引越し
  • 引越し侍
  • ズバット引越し比較
  • 手続きラクっとNAVI

業者の方に実際に自宅に来てもらい、荷物量や運搬のイメージを見た上で、より正確な見積もりを出してもらえるのが訪問見積もりです。
訪問見積もりの前には、部屋をきれいに片づけておく方がよいでしょう。
部屋が片付いていないと、荷物が多く見え、見積もりが高くなることがあります。
クローゼットも開けられるため、見られたくないものがある場合は、トイレや風呂場に移動させておきましょう。

単身の引っ越しで荷物が少ない場合は、訪問見積もりをしなくても、ある程度正確な見積もりが可能です。
また近年は、テレビ電話ツールを用いて、オンラインでも詳しい見積もりをしてくれる業者もあります。

引っ越しの梱包用段ボール

業者による引っ越し訪問見積もりの流れ・注意点

電話見積もりやWeb見積もりに比べ、訪問見積もりなら、荷物の量や種類を直接確認されるため、正確な見積もりが可能です。

ここからは、訪問見積もりの流れや注意点について解説します。

訪問見積もりの流れ
1 挨拶
2 荷物量のチェック
3 引っ越し内容の確認(日程、作業内容等)
料金を算出
4 「標準引越運送約款」の確認


訪問見積もりは以上のような流れで行われ、所要時間は20分~60分程度です。
事前に依頼する作業内容や処分するもの、質問事項などをしっかり決めておけば、短い時間で済みます。

少なくとも、以下の点は明確にしておきましょう。


荷造りの範囲 ・洋服ダンスは空にしておくのか、そのまま運んでもらえるのか
・洗濯機、冷蔵庫、電子レンジの梱包方法、新居での設置は無料か
・PC、プリンタ等精密機器の梱包について
・楽器、ペット、美術品などで運んでもらえないものがないか
・運送条件(積み切りか全積みか)
梱包材 ・段ボール、ガムテープ、緩衝材の無料分はどの程度か
・追加で必要になったときの料金
・布団ケース、ハンガーケース、食器ケースの貸し出しについて
・新居での段ボールの処分方法、引き取りの場合は期限も
料金 ・オプションについて
・支払いの方法、タイミング
・キャンセル料の発生時期と割合
・荷物の破損などに関する補償について
・見積もり料金の有効期限


訪問見積もりの際には、荷物の確認漏れがないように注意しましょう。
引っ越し当日に追加で荷物が増えた場合、多くの場合は追加料金が発生します。

また、訪問見積もりの場合、「今契約すると安くなる」と言われるケースがありますが、あまり変わらない場合も多いため、強引な営業に乗ったり、即決をしたりする必要はありません。
複数の業者に見積もりを依頼しているなら、全ての業者の見積もりを出してから、どの業者を選ぶかを決めましょう。

訪問以来の前に、口コミを確認しておくと、スタッフの対応や作業について雰囲気をつかむことができます。

引っ越しの前後で必要な手続きについては「引っ越し前後に必要な手続き・やることは?時期別にみるチェックリスト付き」を併せてご覧ください。

引っ越しの見積もり金額を安くするポイント

ここからは、引っ越しの見積もり金額を安くするポイントについて解説します。見積もりを依頼する際には、以下の点に気を付けてみてください。

相見積もりをする

引っ越しにかかる料金を安くする一番のポイントは、複数の業者を比較して選ぶことです。
相見積もりして比較すると、自分の状況にあった業者を選択できます。さらに、相見積もりをしていることを業者に伝えると、他社を意識して、当初の想定より安い料金を提示してくれることがあります。
また、単身の場合は「単身引っ越しパック」など、業者が展開しているお得なオプションを提案してくれることもあります。

引っ越し時期を選ぶ

引っ越しのタイミングに自由が利くなら、繁忙期や土日祝日を避けると安くなりやすいです。
引っ越し業界の繁忙期は、転勤や入学・卒業で引っ越しが増える3月~4月です。
逆に年末年始の12月~1月は料金相場が安いといわれています。
また、月の終わりよりも、月の初旬から中旬の方が安くなります。

荷物を減らす

荷物が少ないほど、小さなトラックや少数のトラックで運搬ができるため、料金が安くなります。
引っ越しに使用するトラックは、大きさごとに料金が異なり、小さいトラックほど安くなるのです。
そのため、引っ越しで運ぶ荷物をできるだけ減らしておくのがおすすめです。
見積もりの段階で荷物が少ない方がよいですが、引っ越しの直前まで使う必要があり、捨てられないものもあると思います。
その場合は、訪問見積もりの際に、運搬を依頼しない荷物をまとめておき、「運ばない荷物」であることをきちんと伝えましょう。

また、引っ越し業者には、不用品の処分のサービスや梱包、荷解きのサービスがありますが、料金面を第一にするなら、これらの作業を自分で行う方が安くなります。時間が確保できる方は、自力で行うとよいでしょう。
また、単身の引っ越しで荷物が少ない場合は、赤帽を利用するのも有効です。赤帽は、軽貨物車で運搬業を行う個人事業主の協同組合です。
赤帽は独自の料金体系があり、引っ越し業者に依頼するよりも安い料金で済む場合があります。

自力での引っ越しについては「引っ越しを自力でするコツ!洗濯機や冷蔵庫は?車・台車はレンタルする?」に詳しくまとめましたので、併せてご覧ください。

「引越れんらく帳」ならインターネットやライフラインの手続きをまとめて一括申請!

引っ越し業者に見積もりを依頼する際には、複数の業者で相見積もりを取り、即決せず自分の条件に合った業者を選ぶことが大切です。

訪問見積もりの際には、事前に掃除をして荷物を減らして置き、梱包や運搬で不安なことがあれば、チェックリストを作って確認しましょう。
引っ越しの際には、荷造りや業者選びだけでなく、役所の手続きや電気・ガス・水道といったライフラインの手続きもあり、忙しくなりがちです。

「引越れんらく帳」は、引っ越しの手続きを一括でサポートするサービスで、電気やガス、水道、インターネットなどの手続きを、インターネット上の一度の入力で完結できます。
「引越れんらく帳」を使って効率的に準備を行い、じっくり見積もりと比較検討ができるようにしておきましょう。

あわせて読みたい引っ越しTips

◆引っ越し前後に必要な手続き・やることは?時期別に見るチェックリスト付き
◆引っ越しの見積もりや手続き「何日前から、いつまで?」をすべて解説!
◆【引っ越しのコツ】荷造りから荷解きまで効率よく進めるには?

×
無料

電気、ガス、水道などの引越し手続きを一回の入力で一括完了!