<PR>

 

3GBプランがある格安SIMを徹底比較!おすすめランキングTOP10

3GBプランがある格安SIMを徹底比較!おすすめランキングTOP10

 

SNSやLINEを中心に使用しているユーザーにとって、スマホの3GBプランは少なすぎず多すぎず「ちょうどよいデータ容量」なため、人気が高いプランです。

しかし、3GBプランを取り扱っている格安SIMは多く存在するため、どのように選ぶのか迷っている方も少なくないでしょう。

選択方法のひとつとして「料金が安いものを選ぶ」という方法がありますが、料金が安いという理由だけで選択すると、損をしてしまう可能性があります。

格安SIMを提供している会社ごとにプランの特徴は異なるため、十分に調べてから自分に合った格安SIMを選ぶことをおすすめします。

そこで本記事では、3GBが使用できる格安SIMをランキングTOP10にまとめ、総合的に比較しました。

格安SIM選びで迷っている方はぜひ参考にしてください。

\ OCNモバイルONEに替わるおすすめの格安SIM/

キャリア特徴公式サイト
ワイモバイル
ワイモバイル
家族割引サービスや自宅セット割でお得!
タイムセール毎日開催
ワイモバイル公式サイト
楽天モバイル
楽天モバイル
データ無制限3,278円(税込)
料金お得な家族割「最強家族プログラム」開始
Rakuten Linkで通話料無料
楽天モバイル公式サイト
LINEMO
LINEMO
20GBで2,728円(税込)
わかりやすくお得なプラン
LINEMO公式サイト

格安SIMのキャンペーン比較!MNP乗り換えや新規でお得

格安SIMの最安ランキング!データのみ・通話ごとに徹底比較!

新型iPhone 15の最新情報!
楽天モバイルがお得!

楽天モバイルでは、初めてのプラン申し込みとiPhone購入で最大32,000ポイント還元中!

また、楽天モバイルの代表取締役の三木谷会長が提供する三木谷キャンペーンを利用することで14,000ポイントを獲得できる特典を実施中です。

キャンペーンを利用して申し込むなら、ぜひ楽天モバイルをチェックしてみてください!

公式サイト:https://network.mobile.rakuten.co.jp/

\ 最強プラン申し込み&対象iPhone購入で最大32,000ポイント還元! /

この記事は私が監修しました

高木健太朗

高木健太朗

【WEBメディア企画・運営】

【通信業界で10年の経験を経てWEBメディアサイトを多数運用】

通信業界に10年精通し、格安SIMと光回線の記事を監修。光回線の専門家として通信業界の幅広い知見をもとに、格安SIMと光回線の情報を分かりやすく発信。

マイベストプロ掲載

目次

格安SIMの3GBってどのぐらい?

3GBプランは、普段はネットやLINE通話を利用していて、時々YouTubeを見る程度の方におすすめの容量です。

しかし、3GB分のデータ通信料はどのくらい利用できるのか、本当に容量が足りるのかイメージが湧きにくい方も少なくないでしょう。

以下に3GBプランで利用できる項目を具体的にまとめました。

項目3GBで利用できる目安
メール送受信約500KB/1通を約6,270通
LINE
  • LINEトーク:1GB約50万回として、150万回
  • 音声通話:1GB約55.5時間として、166.5時間
  • ビデオ通話:1GB3.25時間として、9.75時間
インターネット1ページ300KBとして、10,470ページ
YouTubeなどの

動画視聴

中画質(約4MB)を約13.5時間
音楽のダウンロード約4MB(約4分)を約750曲
Instagram
  • 写真閲覧:約1分(14MB)として、3.5時間
  • 動画閲覧:約1分(7MB)として、7.1時間
  • ストーリー閲覧:約1分(6.68MB)として、7.4時間

参考:ワイモバイル|ご利用用途ごとの目安

YouTubeなどの動画(中画質)であれば1日あたり27分程度、インターネット(1ページ300KB)であれば1日あたり349ページ閲覧できます。

あまりデータ通信を行わないのであれば、4GBのプランでも十分だと言えるでしょう。

子供のはじめてスマホにおすすめプランでもあります。

ワイモバイルの評判・口コミはこちら

>ワイモバイルのクーポンはこちら

\ PayPayポイントも端末セールもお得! /

ワイモバイルのキャッシュバックはこちら

格安SIMの3GBプラン料金比較ランキングTOP10

まずは料金のみで比較したい方に向けて、ここからは純粋に料金の安さを基にまとめた「格安SIMの3GBプラン料金比較ランキングTOP10」をご紹介します。

「できるだけスマホ料金を抑えたい」「月額料金が安い格安SIMを知りたい」という方は、ぜひ参考にしてください。

格安SIM容量月額料金(税込)
1位 リンクスメイト3GB550円
2位 HISモバイル3GB770円
3位 NUROモバイル3GB792円
4位LIBMO3GB980円
5位 LINEMO3GB990円
6位 楽天モバイル3GB1,078円
7位 イオンモバイル3GB1,078円
8位 UQモバイル4GB2,365円
9位 DTI SIM3GB1,639円
10位 ワイモバイル4GB2,365円
3月25日時点の情報※最新の情報は必ず公式サイトでご確認ください

一番安い月額料金の格安SIMは、月額550円(税込)のリンクスメイト(3GB)です。

一方でワイモバイルは3GBプランが月額2,365円であり、リンクスメイトと比較すると1,628円もの差があることが分かりました。

ただし表内の月額料金は割引サービスを含まない純粋な料金のため、実際の契約内容や適用される割引の有無で最終的にかかる料金は変動します。

HISモバイルの評判・口コミはこちら

\ 契約事務手数料キャッシュバックキャンペーン実施中! /

格安SIMの3GBプランを比較する際のポイント

格安SIMの3GBプランを比較する際のポイントは、以下の4つです。

  1. 音声通話対応SIMかデータ通信専用SIMか
  2. 従量課金カ月額固定か
  3. 複数回線で割引があるか
  4. 通信速度の評判・口コミはどうか

これらのポイントを十分に理解して、自分の使用方法や生活に合った格安SIMを選びましょう。

音声通話対応SIMかデータ通信専用SIMか

格安SIMを検討する際には、まず音声通話対応SIMデータ通信専用SIMのどちらを利用するかを決めることから始めましょう。

SIM(シム)とは、加入者を識別するためのID番号が記録されたICカードのことです。

このSIMカードをスマホやタブレットに挿入することで、音声通話やデータ通信ができるようになります。

2024年4月現在、ICカードタイプのSIMの他に、端末内に組み込まれた抜き差しの必要のないeSIMに対応している事業者も増加傾向にあります。

格安SIMには主に次の3種類に分類され、SIMの種類によってできること・できないことが異なります。

音声通話/データ通信/SMS
1.音声通話対応SIM〇/〇/〇
2.データ通信SIM×/〇/×
3.データ通信SIM+SMS×/〇/〇

下記にて、それぞれの特徴について見ていきましょう。

音声通話対応SIM

1つ目の「音声通話対応SIM」は、従来の大手キャリアのイメージに近いSIMです。

電話番号が登録されており、電話とデータ通信の両方が利用できます。

LINEなどの無料通話だけではなく、普段から音声通話を利用している方には、音声通話対応SIMがおすすめです。

データ通信SIM

2つ目の「データ通信SIM」は、データ通信のみが利用できるSIMカードです。
が利用できるSIMカードです。

動画視聴やゲームはもちろん、LINEやInstagramなどのアプリも使用できます。

データSIMを選ぶ際に注意するべきポイントは、電話番号の登録がないため、電話回線を介しての音声通話やSMSが利用できないという点です。

日頃から音声通話やSMSを使用しない方、サブ端末として利用したい方にはデータ通信SIMが向いていると言えます。

データ通信SIM+SMS

3つ目の「データ通信SIM+SMS」は、2つめのデータ通信SIMにSMS機能を追加したSIMカードです。

電話回線を使用しての音声通話はできませんが、ガラケーやスマホの電話番号にショートメールを送ることが可能です。

SMSは本人確認が必要なアプリを使用する方や電話番号を利用してコミュニケーションをとる方には欠かせない機能ですので、忘れずにチェックしましょう。

従量課金か月額固定か

格安SIMの3GBプランを比較する際の2つ目のポイントは、従量課金制・月額固定制どちらが自身の使い方に合っているか確認することです。

従量課金・月額固定の主な違いは次のとおりです。

従量課金制データ容量を使用した分だけ支払うプラン
月額固定制あらかじめ使用するデータ容量に見合ったGBを契約するプラン

「従量課金制」は使用したデータ容量分の料金だけ支払うプランです。

たとえば3GB使用した月は3GB分の料金を支払い、使用料が多く10GB使用した月は10GB分の料金を支払うという仕組みです。

一方で「月額固定制」は、あらかじめ毎月使用するデータ容量に見合ったデータ容量を契約するプランです。

3GBプランを契約した際に1GBしか使用しなかった場合も減額・返金されることはないため、3GB分の月額料金を支払う必要があります。

残ったデータ容量に関しては、そのままデータ量が消化されリセットされる格安SIMもあれば、翌月に繰り越せる格安SIMもあります。

3GB契約中に3GB分のデータ容量を使い切ってしまった場合、通信速度が遅くなる点が月額固定制のデメリットです。

格安SIMを検討する際には、自身のスマホの利用状況に合わせて従量課金制・月額固定制のどちらが合っているかを判断しましょう。

複数の回線を契約することで割引が受けられるあるか

格安SIMの3GBプランを比較する際には、「複数の回線を契約することで割引が受けられるか」も重要なポイントです。

スマホを2台持ちしている方や、家族やカップルで家族割を利用したい方は、しっかりチェックしておきたい項目です。

格安SIMによってサービス内容はさまざまですが、家族間の通話料の割引き・月額料金の割引・データ容量を分け合うなどのサービスが挙げられます。

割引サービスを利用することでさらに料金が抑えられるため、複数回線の契約者を対象とした割引の有無についてもしっかりチェックしましょう。

通信速度の評判・口コミはどうか

自身の希望に合った料金プランやサービス内容が充実している格安SIMを選択したはずなのに、実際に使用してみたら通信速度が遅く、使用していく上で不便と感じてしまっては困ります。

そのため、実際にサービスを使用している人の口コミや、お住まいの地域付近でどのくらいの通信速度が出ているのか調べる必要があります。

特に、通信速度においては利用する場所や時間帯によっても異なります

朝から午前中にかけては通信速度が早くても、昼食の時間帯は使用する人が多いため通信速度が遅くなることもあるでしょう。

また、夕方から夜間にかけても帰宅後に動画視聴やインターネットを楽しむ方が増えて回線が混み合い、通信速度が低下することも考えられます。

このような中、的確な情報を得る方法のひとつが「近くに住んでいる人に使用感を聞く」ことです。

実際に使用している方のリアルな情報が役に立ち、適切な格安SIMが選べるようになるでしょう。

ほかには「格安SIM 地域名」「格安SIM 通信速度」「格安SIM 遅い」などのキーワードを入力して、できるだけ新しい口コミを探すこともおすすめです。

DTI SIM公式サイト:https://dream.jp/mb/sim/

\ DTI 光×SIMセット割で毎月お得! /

月3GB使える格安SIMおすすめランキングTOP10

この項目では、月3GB使える格安SIMおすすめランキングTOP10をご紹介します。

電話機能が必要な方は「音声通話プラン」、データ通信のみが必要な方は「データ通信専用プラン」の欄をご覧ください。全て3GBプランの料金ですが、UQモバイルのみ4GBの料金を記載しています。

格安SIM音声通話プラン

月額料金(税込)

データ通信専用プラン

月額料金(税込)

楽天モバイル1,078円~1,078円~
LIBMO980円~858円~
リンクスメイト902円~550円~
NUROモバイル792円~627円~
LINEMO990円~990円~
UQモバイル2,365円~(4GB)2,365円~(4GB)
HISモバイル770円~580円~
ワイモバイル2,365円~2,365円~
イオンモバイル1,078円~858円~
DTI SIM1,639円~924円~
3月25日時点の情報※最新の情報は必ず公式サイトでご確認ください

※あくまでも3GBプラン同士での比較のため、ahamoなど3GBプランの提供がない格安SIMは除外しています。

下記にて、それぞれ格安SIMの月額料金やかけ放題オプションやキャンペーンなどについて見ていきましょう。

楽天モバイル

楽天モバイル

出典:楽天モバイル

楽天モバイルは、楽天グループの電気通信事業である楽天モバイル株式会社が提供している格安SIMです。

楽天モバイルの料金プランは、以下のとおりです。

基本料金【Rakuten最強プラン】※従量課金制
  • 3GBまで:1,078円(税込)
  • 20GBまで:2,178円(税込)
  • 無制限::3,278円(税込)

無制限は楽天回線エリアのみ。エリア外は最大1Mbps。

通話料金22円/30秒(税込)
通話オプション
  • 国内通話:Rakuten Linkアプリの使用で無料
  • アプリ未使用時:22円/30秒(税込)
割引きサービスなし
SMS
  • 国内SMSの送信:3.3円(税込)/70文字(全角)
  • 国際SMSの送信:100円(不課税)/70文字(全角)
通信回線
  • 楽天回線エリア:楽天回線
  • パートナーエリア回線:au回線
支払方法
  • デビットカード
  • クレジットカード
  • 楽天ポイント
  • 口座振替
eSIMeSIM対応製品あり

参考:楽天モバイル

楽天モバイルで3GBまで1,078円(税込)で利用できるお得な料金プランは、「Rakuten最強プラン」です。

使用した分だけ支払う仕組みのため、あまりデータ量を使用しない方や、月によってデータ量が増える方も利用しやすい格安SIMだと言えます。

楽天会員の方はポイントを貯めたりお得な割引を受けたりできるため、楽天市場などの楽天サービスを日常的に利用している方にもおすすめです。

特に3GBまでの使用であれば、先日発表された家族割を使えば最安価格968円(税込)での利用が可能でき、利用の仕方によっては1年間家族利用料金を無料にすることができます。

詳細は該当ページでご確認ください。

楽天モバイルのデメリットが気になる方は、楽天モバイルデメリット記事にて詳しくご紹介しているので、あわせてご覧ください。

その他、当サイトでは楽天モバイルを無料で運用する方法も解説しています。

LIBMO

LIBMO

出典:LIBMO

LIBMOは、TOKAIコミュニケーションズが提供している格安SIMで、NTTドコモのLTE回線を利用しています。

LIBMOの料金プランは以下のとおりです。

基本料金【なっとくプラン(音声通話機能つきSIM)】※データ通信+音声通話+SNS
  • 3GB:月額980円(税込)
  • 8GB:月額1,518円(税込)
  • 20GB:月額1,991円(税込)
  • 30GB:月額2,728円(税込)

※データ通信のみは別料金

【ゴーゴープラン】月間データ容量500MB+かけ放題

  • 5分かけ放題:月額1,100円(税込)
  • 10分かけ放題:月額1,320円(税込)
  • かけ放題マックス:1,980円(税込)
通話料金22円/30秒(税込)
通話オプション【かけ放題プラン(音声通話機能付きSIM専用)】
  • 5分かけ放題:月額550円(税込)
  • 10分かけ放題:月額770円(税込)
  • かけ放題マックス:月額1,430円(税込)
割引きサービス【かけほ割】
対象プランと同時に「5分かけ放題」か「10分かけ放題」で最大12ヶ月割引

【SIM×光セット割】
LIBMOのご利用料金から毎月220円(税込)割引

※いずれも終了日未定
SMS国内への送信:3円(受信料無料)
通信回線ドコモ回線
支払方法クレジットカード
eSIM未対応

参考:LIBMO

音声通話機能付きSIMの場合は3GBで980円(税込)、データ通信専用SIMの場合は3GBで858円(税込)で利用できます。

SIMの種類が豊富なほか、お得なキャンペーンも実施されているため、予算や用途に合わせて選びやすいでしょう。

またLIBMOは「株主優待」という、非常に珍しい割引システムを導入しているのが特徴的です。

そのほか、TLCポイントなどLIBMOならではのおトクなポイントを貯めることができます。

LIBOMOに興味がある方はぜひLIBMOの公式サイトをチェックしてみてください。

リンクスメイト

リンクスメイト

出典:リンクスメイト

LinksMate(リンクスメイト)は、大手ゲーム会社「Cygames」の子会社である「LogicLinks」が提供している格安SIMです。

リンクスメイトの料金プランは以下のとおりです。

基本料金【音声通話対応SIM】※月額固定制

3GB:902円(税込)

【データ通信のみSIM】※月額固定制

3GB:550円(税込)

【SMS+データ通信SIM】※月額固定制

3GB:682円(税込)

通話料金
  • MatePhoneアプリの使用で11円/30秒(税込)
  • アプリ未使用時:22円/30秒(税込)
通話オプション【MatePhone】

10分かけ放題オプション:1,278円(税込)

割引きサービス【データ通信容量シェア】

契約したデータ通信量を家族でシェアできます。追加SIMは1グループにつき最大4枚まで、契約者は5枚まで契約できます。

SMS
  • 国内への送信:3~33円(税込)/通
  • 海外への送信:50~500円(不課税)/通
  • 受信:無料

※送受信は文字数によって異なります。

通信回線ドコモ
支払方法
eSIMeSIM動作確認済み端末あり

参考:リンクスメイト

音声通話対応SIMの場合は3GBで902円(税込)、データ通信のみSIMの場合は3GBで550円(税込)、SMS+データ通信SIMの場合は3GBで682円(税込)から利用できます。

いずれも基本料金は1,000円以内であるため、リーズナブルなSIMを利用したい方におすすめです。

また、月額550円(税込)の「カウントフリーオプション」が用意されている点もリンクスメイトの魅力です。

カウントフリーオプションを利用するとゲーム・コンテンツ・SNSなどの通信料が90%以上OFFになり、低速状態でも対象のデータ通信は高速のまま使用できます。

3GBプランのSIMをさらにお得に利用したい方は、お気に入りのコンテンツが対象サービスに含まれていないかリンクスメイトをチェックしてみてください。

NUROモバイル

NURO mobile ニューロモバイル

出典:NUROモバイル

NUROモバイルとは、NURO光を運営するソニーグループから提供されている格安SIMです。

NUROモバイルの料金プランは以下のとおりです。

基本料金【音声通話付きSIM】※月額固定制

VSプラン(3GB):792円(税込)

【データ通信のみSIM】※月額固定制

VSプラン(3GB):627円(税込)

【データ+SMS】※月額固定制

VSプラン(3GB):792円(税込)

※ドコモ・au回線のみ

通話料金
    NUROモバイルでんわの使用で11円/30秒(税込)
通話オプション
  • 5分かけ放題:490円(税込)
  • 10分かけ放題:880円(税込)
  • かけ放題:1,430円(税込)

※音声通話付きSIMのみ

割引きサービス【NUROモバイルセット割】
NURO光とNUROモバイルをあわせて申し込むと1年間NUROモバイルの月額基本料金が0円~

So-net光とNUROモバイルをあわせて申し込むと1年間NUROモバイルの月額基本料金が0円~

※いずれも終了日未定
SMS
  • 送信料:3円~(税込)/通
  • 国際SMS:ドコモ 50円/通
  • 国際SMS:au・ソフトバンク 100円(不課税)/通
通信回線ドコモ・au・ソフトバンク
支払方法
  • クレジットカード
eSIM対応

参考:NUROモバイル

NUROモバイルで提供している3GBプランの最安料金は627円(税込)です。

3GBプランとしては、音声通話付きSIMの3GBプラン、データ通信のみSIMの3GBプラン、データ+SMS対応SIMの3つを用意しています。

3日間の制限や解約金・縛りがないほか、データ量が足りない場合は変更も可能なため、初めてSIMを利用する方でも試しやすいと言えるでしょう。

「NUROモバイルセット割」をはじめとするキャンペーンも充実しているため、気になる方NUROモバイルの公式サイトをチェックしてみましょう。

LINEMO

LINEMO

出典:LINEMO

LINEMO(ラインモ)は大手通信キャリアであるソフトバンクが提供する格安SIMです。

LINEMOの料金プランは以下のとおりです。

基本料金【音声通話付きSIM】※月額固定制
  • ミニプラン(3GB):990円(税込)
  • スマホプラン(20GB):2,728円(税込)
通話料金22円/30秒(税込)
通話オプション
  • 通話準定額:550円(税込)

(5分以内の通話料無料)

  • 通話定額:1,650円(税込)

(通話無料)

割引きサービス【ソフトバンク・ワイモバイルからLINEMOに乗換限定特典】
基本料初月0円

【通話オプション割引キャンペーン2】
契約から7ヶ月目まで5分以内の国内通話定額オプションが無料

【ヘルスケアアプリ「HELPO」特典】
初月月額利用料が無料

※いずれも終了日未定
SMS
  • 国内送信:3.3円1/通

( 70文字まで・半角英数字のみ160文字まで)

  • 国内送信:6.6円1/通

( 134文字まで・半角英数字のみ306文字まで)

  • 国際受信:100円(課税対象外)/通
  • 国際送信:100円(課税対象外)/通
通信回線ソフトバンク
支払方法
  • デビットカード
  • クレジットカード
  • 口座振替
eSIM動作確認端末あり

参考:LINEMO

LINEMOの料金プランはミニプラン(3GB)とスマホプラン(20GB)の2つのみで、シンプルなシステムです。

ミニプランの場合、音声通話やSMSに対応したSIMが990円(税込)から利用できるため、格安SIMの中でも最安級だと言えるでしょう。

またLINEMOでは全国的に安定しているソフトバンク回線を利用できるため、回線速度にも期待できます。

LINEMO契約から1年後まで5分以内の国内通話オプションが無料になる「通話オプション割引キャンペーン」や他社からLINEMOのスマホプランへ乗り換えると10,000円相当のポイントが受け取れる「PayPayポイントあげちゃうキャンペーン」などお得なチャンスが用意されている点もLINEMOの魅力です。

気になる方は、公式サイトをチェックしてみてください。

UQモバイル

出典:UQモバイル

料金プラン(税込)
  • ミニミニプラン(4GB):2,365円
    *自宅セット割+au PAYカード支払い割適用時:1,078円

  • トクトクプラン(15GB):3,465円
    *自宅セット割+au PAYカード支払い割適用時:2,178円
    *1GB以下利用月は-1,188円割引

  • コミコミプラン(20GB):3,278円
    *10分以内の国内通話無料
      国内通話料金(税込) 22円/30秒
      店舗情報
      • au Style
      • auショップ
      • UQスポット 
      • UQ mobile取扱店(日本全国2,700店舗以上展開中)
      通信回線 au
      通信速度
      • 平均ダウンロード速度: 109.9Mbps
      • 平均アップロード速度: 17.71Mbps
      参考:みんなのネット回線速度 ※2024/04/13時点 最新情報は引用元から確認できるが、当サイト記載の数値と違う場合あり
      支払い方法
      • クレジットカード
      • 口座振替
      • 自動振込(ゆうちょ)
      eSIM対応 対応あり

      3月11日時点の情報※最新の情報は必ず公式サイトでご確認ください

      UQモバイルとは、大手キャリアauの子会社「UQコミュニケーションズ」が運営する格安SIMです。

      au回線を使用しているため、安定した通信速度に期待できます。

      UQモバイルでは、4GB使用できる「ミニミニプラン」が2,365円(税込)から利用できます。

      他の格安SIMと比べるとやや高額な傾向にありますが、「家族でUQ自宅セット割」や「UQモバイルの家族セット割」を利用することでお得に利用できます。

      割引サービスが充実しているので、UQモバイルで2台目を契約したい方にもおすすめです。

      他にも「UQ mobile オンラインショップ限定 スペシャルセール」や「UQ mobileオンラインショップ限定キャンペーン」などを実施中です。

      au回線の格安SIMを利用したい方、複数回線の契約を検討中の方は、ぜひUQモバイルの公式サイトをチェックしてみてください。

      HISモバイル

      HISモバイル

      出典:HISモバイル

      HISモバイルとは、旅行会社として有名なHISが運営する格安SIMです。

      旅行会社という特徴を活かして、国内だけではなく海外利用者向けのサービスも充実しているのが特徴です。

      下記の表に、HISモバイルの料金プランをまとめました。

      基本料金【音声通話付きSIM】※月額固定制

      自由自在290プラン(3GB):770円(税込)

      【データ通信SIM】※月額固定制

      データ定額440プラン(3GB):580円(税込)

      【SMS+データ通信SIM】※月額固定制

      データ定額440プラン(3GB):630円(税込)

      通話料金9円/30秒(税込)
      通話オプション
      • 5分かけ放題:550円(税込)
      • 完全かけ放題:1,480円(税込)
      割引きサービス光回線同時契約キャンペーン

      指定した自宅の光回線とHISモバイルをセットで申し込むと、半年分の携帯代金をキャッシュバック。

      SMS
      • 国内送信(70文字まで):3円(税込)/通
      • 国内送信(134文字まで):6円(税込)/通
      • 海外への送信(70文字まで):50円(非課税)/通
      • 海外への送信(134文字まで):100円(非課税)/通
      • 受信:無料
      通信回線ドコモ
      支払方法
      • クレジットカード
      eSIMeSIM動作確認端末あり

      参考:HISモバイル

      HISモバイルでは、音声通話付きSIM・データ通信SIM・SMS +データ通信SIMの3つに対応しています。

      最安料金は580円(税込)であるほか、30秒あたり9円で音声通話ができるため、最安級の格安SIMだと言えます。

      またHISモバイルでは、指定した自宅の光回線とHISモバイルをセットで申し込むと、半年分の携帯料金のキャッシュバックが受けられる「光回線同時契約キャンペーン」を実施中です。

      お得にスマホと光回線を利用したい方には、HISモバイルが特におすすめです。

      ワイモバイル

      ワイモバイル

      出典:ワイモバイル

      Y!mobile(ワイモバイル)はソフトバンクが提供する格安SIMです。

      ワイモバイルの料金プランは以下のとおりです。

      基本料金【音声通話付きSIM】※月額固定制
      • シンプル2 S(4GB):2,365円(税込)
      • 最大割引額適用後:1,078円(税込)
      通話料金22円/30秒(税込)
      通話オプション
      • だれとでも定額(10分/回):880円(税込)
      • スーパー誰とでも定額(無制限):1,980円(税込)
      割引きサービス【家族割引サービス】
      シンプル2 S/M/Lプランを契約で、2台目以降:1,100円(税込)割引き。最大9回線まで。同居の家族や遠くの親戚、同居中の恋人も対象

      【おうち割光セット】
      ソフトバンク光またはソフトバンクAirを契約している方が、シンプル2を契約すると毎月の利用料金から、Sで1,100円、M/Lで1,650円を永年割引

      【PayPayカード割】
      ワイモバイルの利用料金をPayPayカードで支払うと、毎月の利用料金から187円割引
      SMS
      • 送信:3.3円1/通

      ( 70文字まで・半角英数字のみ160文字まで)

      • 送信:6.6円1/通

      ( 134文字まで・半角英数字のみ306文字まで)

      • 受信:無料
      通信回線ソフトバンク
      支払方法
      • デビットカード
      • クレジットカード
      • 口座振替
      eSIM動作確認済機種あり

      参考:ワイモバイル

      ワイモバイルの格安SIMは、安定したソフトバンクの通信回線を利用できる点が特徴です。

      4GBのデータ通信と音声通話が使用できる「シンプル2 S」プランの料金は2,365円です。

      他のSIMと比較すると割高に思われますが「おうち割光セット」、「PayPayカード割」が適用されると1,287円(税込)割引になるため、コストパフォーマンスも良好です。

      1円でスマホを購入できるキャンペーンも実施している可能性もあります。

      スマホの料金を抑えたいけれど、通信速度は大手キャリアと同等がいいと考えている方や、家族・恋人と一緒に利用したい方は、ワイモバイルの公式サイトをチェックしてみてください。

      イオンモバイル

      イオンモバイル

      出典:イオンモバイル

      イオンモバイルは、大手スーパーイオンが運営する格安SIMです。

      イオンモバイルの料金プランは以下のとおりです。

      基本料金【音声通話付きSIM】※月額固定制

      さいてきプラン(3GB):1,078円(税込)

      【データ通信専用SIM】※月額固定制

      さいてきプラン(3GB):858円(税込)

      通話料金11円/30秒(税込)
      通話オプション
      • 5分かけ放題:550円(税込)
      • 10分かけ放題:935円(税込)
      • フルかけ放題:1,650円(税込)
      割引きサービスなし
      SMS【au回線】
      • 国内宛送信:3~33円(税込)/回
      • 海外宛送信:100~1,000円(免税)/回
      • 受信:無料

      【ドコモ回線】

      • 国内宛送信:3~33円(税込)/回
      • 海外宛送信:50~500円(免税)/回
      • 受信:無料

      ※データ通信SIMはドコモ回線の場合、SMS基本料金154円(税込)が発生します。

      通信回線ドコモ・au
      支払方法
      • クレジットカード

      ※イオンマークの付いたクレジットカードのみ。店舗で申し込みの場合アメリカンエキスプレスカードも可能。

      eSIM未対応

      参考:イオンモバイル

      イオンモバイルで3GB使える「さいてきプラン」は、データ通信専用SIMは858円(税込)から、音声通話付きSIMは1,078円(税込)から利用できます。

      データ容量があまった場合は翌月に繰り越しできるほか、毎月の容量変更は何度でも無料なため、使用状況に合わせてお得に利用できます。

      オンラインでの申し込みはもちろん、全国のイオン店舗にて、対面でのサポートが受けられる点もイオンモバイルの魅力です。

      2023年9月1日~2023年10月1日の期間で「まるっと乗換えキャンペーン」が実施されており、乗換え(MNP)と同時に指定スマホ購入で10,000WAONポイントを受け取れます。

      お得に乗換えができるので、気になる方はイオンモバイル公式サイトをチェックしてみてください。

      DTI SIM

      DTI SIM

      出典:DTI SIM

      DTI SIMとは「ドリーム・トレイン・インターネット社」が運営している格安SIMです。

      DTI SIMの料金プランは以下のとおりです。

      基本料金【音声通話対応SIM】※月額固定制音声プラン(3GB):1,639円(税込)

      【データ通信専用SIM】※月額固定制

      データプラン(3GB):924円(税込)

      【SMS+データ通信専用SIM】※月額固定制

      データSMSプラン(3GB):1,089円(税込)

      【はじめてDTI SIMを申し込む方限定のお試しプラン】

      • データ半年お試しプラン 3GB

      1カ月目~6カ月目:0円

      7カ月目以降:924円(税込)

      • データSMS半年お試しプラン 3GB

      1カ月目~6カ月目:0円

      7カ月目以降:1,089円(税込)

      • でんわ定額プラン 3GB

      1カ月目~6カ月目:1,672円(税込)

      7カ月目以降:2,541円(税込)

      通話料金
      • おとくコール使用で11円/30秒(税込)
      • アプリ未使用時:22円/30秒(税込)
      通話オプション
      • おとくコール10(10分以内):902円(税込)
      割引きサービスDTI光×SIMセット割DTI 光とDTI SIMを同時に利用する方を対象に月々165円(税込)割引きになるサービスです。
      SMS
      • 国内への送信(70文字まで):3円~(税込)/通
      • 海外への送信(70文字まで):50円(免税)/通
      • 受信:無料
      通信回線ドコモ
      支払方法
      • クレジットカード
      • 口座振替
      eSIM未対応

      参考:DTI SIM

      インターネットプロバイダーとして20年の実績を持つDTI SIは、M格安SIMのなかでも手ごろな価格設定を採用しています。

      「音声プラン(3GB)」の通常料金は1,639円(税込)、「データプラン(3GB)」の通常料金は924円(税込)ですが、はじめてDTI SIMを申し込む方限定のお試しプランも設けられています。

      「データ半年お試しプラン 3GB」と「データSMS半年お試しプラン 3GB」の場合、1カ月目~6カ月目までは0円(無料)で利用できるため、格安SIMが初めての方でも安心して選べるでしょう。

      気になる方は、DTI SIMの公式サイトをチェックしてみてください。

      DTI SIM公式サイト:https://dream.jp/mb/sim/

      \ DTI 光×SIMセット割で毎月お得! /

      格安SIMにしない理由やデメリットはある?

      スマホを契約する際に、何らかの理由により格安SIMを選択しない方もいらっしゃるでしょう。

      考えられる理由やデメリットとして、以下の3つが挙げられます。

      • 大手キャリア独自の割引が適用されなくなる
      • 有料でキャリアメールの引き継ぎが必要
      • 通信速度が遅くなる可能性がある

      下記にて、それぞれの内容について詳しく見ていきましょう。

      3月25日時点の情報※最新の情報は必ず公式サイトでご確認ください

      大手キャリア独自の割引が適用されなくなる

      格安SIMにしない理由のひとつとして、大手キャリア独自の割引が適用されなくなることが挙げられます。

      主な割引きといえば、家族間で複数台契約することで月額料金が割引される「家族割」と、自宅のインターネット回線とのセット契約による「ネット割」です。

      家族の中で自身だけ格安SIMにMNPした場合、これまで割引きされていた家族の料金も割引率が少なくなるでしょう。

      下記にて、ドコモ・au・ソフトバンクが提供している独自の割引について紹介します。

      格安SIMと比較したい方は、ぜひご覧ください。

      ドコモの独自割引

      ドコモでは「みんなドコモ割」や「ドコモ光セット」という独自サービスを提供しています。

      割引額や対象プランは、以下のとおりです。

      サービス内容
      家族割

      みんなドコモ割

      割引額最大20回線まで
      • 1回線:割引なし
      • 2回線:毎月550円(税込)引き(1回線ごと)
      • 3回線以上:毎月1,100円(税込)引き(1回ごと)

      ※同居していない家族も対象(3親等以内)

      対象プラン【5G対応プラン】
      eximo
      • 5Gギガホプレミア
      • 5Gギガホ(※新規申込終了)
      • 5Gライトライト

      【Xi(クロッシィ)対応プラン】

      • ギガホプレミア
      • ギガホ(※新規申込終了)
      • ギガライト
      ネット割

      ドコモ光セット割

      割引額「eximo」「irumo」「ドコモのギガプラン」なら家族全員のスマホ料金から最大1,100円(税込)割引き
      対象プランeximo
      irumo
      • 5Gギガホ プレミア
      • 5Gギガホ(※新規申込終了)
      • 5Gギガライト(1GB超)
      • ギガホ プレミア
      • ギガホ(※新規申込終了)
      • ギガライト(1GB超)

      参考:ドコモ

      auの独自割引

      auでは「家族割プラス」や「auスマートバリュー」という独自サービスを提供しています。

      割引額や対象プランは、以下のとおりです。

      サービス内容
      家族割

      家族割プラス

      割引額最大10回線まで
      • 1回線:割引なし
      • 2回線:毎月550円引き(1回線ごと)
      • 3回線以上:毎月1,100円(税込)引き(1回線ごと)

      ※同居のみ。

      auスマートバリューに加入の場合、離れて暮らす家族(50歳以上)も割引き。住所が異なる場合は店頭での手続きが必要です。

      対象プラン【新規受付中対象プラン】
      • 使い放題MAX 5G ALL STAR パック
      • 使い放題MAX 5G/4G ドラマ・バラエティパック
      • 使い放題MAX 5G/4G Netflixパック(P)
      • 使い放題MAX 5G/4G DAZNパック
      • 使い放題MAX 5G with Amazonプライム
      • 使い放題MAX 5G/4G
      • スマホミニプラン 5G/4G
      auスマートバリュー割引額【スマホミニプラン 5G/4G】
      • auスマートフォンの利用料金から毎月550円(税込)割引き

      【使い放題MAX 5G/4G】

      • auスマートフォンの利用料金から毎月1,100円(税込)割引き
      対象プラン【新規受付中】
      • 使い放題MAX 5G ALL STAR パック
      • 使い放題MAX 5G/4G ドラマ・バラエティパック
      • 使い放題MAX 5G/4G Netflixパック(P)
      • 使い放題MAX 5G/4G DAZNパック
      • 使い放題MAX 5G with Amazonプライム
      • 使い放題MAX 5G/4G

      auマネ活プラン 5G ALL STAR パック 2

      auマネ活プラン 5G/4G ドラマ・バラエティパック

      auマネ活プラン Netflixパック(P)

      auマネ活プラン 5G/4G DAZNパック

      auマネ活プラン 5G Amazonプライム

      auマネ活プラン 5G/4G
      3月25日時点の情報※最新の情報は必ず公式サイトでご確認ください

      ソフトバンクの独自割引

      ソフトバンクでは「新みんな家族割」という独自サービスを提供しています。

      割引額や対象プランは、以下のとおりです。

      サービス内容
      家族割

      新みんな家族割

      割引額最大10回線まで【データプランメリハリ無制限の場合】
      • 1人:割引なし
      • 2人:毎月660円(税込)引き(1回線ごと)
      • 3人以上:毎月1,210円(税込)引き(1回線ごと)

      【データプランメリハリ・データプラン50GB+・データ定額 50GBプラスの場合】

      1人:割引なし

      2人:毎月550円(税込)引き(1回線ごと)

      3人:毎月1,650円(税込)引き(1回線ごと)

      4人以上:毎月2,200円(税込)引き(1回線ごと)

      【データ定額 50GBの場合】

      • 1人:割引なし
      • 2人:毎月1,650円(税込)引き(1回線ごと)
      • 3人以上:毎月1,980円(税込)引き(1回線ごと)
      • 4人以上:毎月2,200円(税込)引き(1回線ごと)

      ※同居していない家族や、親族以外でもカップルやシェアハウスなどで同居していれば対象です。

      対象プラン
      • データプランメリハリ無制限
      • データプランメリハリ
      • データプラン50GB+
      • データ定額 50GBプラス
      • データ定額 50GB
      • データプランミニフィット+(※)
      • データプランミニフィット(※)
      • データプランミニ(※)
      • データプラン20GB(スマホ)(※)
      • データプラン4GB(スマホ)(※)
      • データプラン4GB(ケータイ)(※)
      • データプラン3GB(スマホ)(※)
      • データプラン3GB(ケータイ)(※)
      • データプラン100MB(※)
      • データ定額ミニモンスター(※)
      • データ定額スマホデビュー(※)

      (※)「家族割引」グループの1回線にカウントされますが、割引対象プランではありません。

      おうち割 光セット割引額スマートフォンの利用料金から毎月1,100円(税込)割引き
      対象プラン
      • データプランメリハリ無制限
      • データプランミニフィット+
      • データプランメリハリ(受付終了)
      • データプランミニフィット(受付終了)
      • データプラン50GB+(受付終了)
      • データプランミニ(受付終了)

      参考:ソフトバンク

      有料でキャリアメールの引き継ぎが必要

      大手キャリアから格安SIMに乗り換えた場合、これまで使用していた以下のキャリアメールを使用するために有料での引継ぎが必要になります。

      ドコモ~@docomo.ne.jp
      au~@ezweb.ne.jp
      ソフトバンク~@softbank.ne.jp

      2021年から2022年にかけて大手キャリアでは「メール持ち運び」というサービスを開始しました。

      大手キャリアから格安SIMに乗り換えてもキャリアメールを使用できる便利なサービスです。

      サービス名や月額料金は以下のとおりです。

      サービス名月額料金条件
      ドコモ:ドコモメール持ち運び月額330円(税込)回線契約にもとづき発行したdアカウントが必要
      au:auメール持ち運び月額330円(税込)(1メールアドレス)au回線契約にもとづき発行されたauIDが必要
      ソフトバンク:メールアドレス持ち運び月額330円(税込)(1メールアドレス)利用していた回線のSoftBank IDが必要
      3月25日時点の情報※最新の情報は必ず公式サイトでご確認ください

      このようにキャリアメールを引き継ぐためには手間や別途料金が必要になるため、キャリアメールを辞めてGmailやYahoo!メールなどのフリーメールを取得するのもひとつの手です。

      フリーメールは維持費が発生しないので、仕事用・プライベート用・ネットショッピング用など、用途に合わせて使い分けることも可能です。

      他には、メールアドレスを提供している格安SIMを選択する方法もあります。

      アドレスは変わってしまいますが、フリーメール以外でメール機能を使用したい方におすすめです。

      通信速度が遅くなる可能性がある

      格安SIMにしない理由のひとつとして、これまで使用していた大手キャリアと比較すると通信速度が遅くなる可能性がある点が挙げられます。

      格安SIMではドコモやauなどのキャリアの回線を借りてサービスを提供しているため、利用するユーザーが増えるに連れて回線が込み合う傾向があります。

      また、同じ格安SIMでも住んでいる場所や時間帯によって通信速度が遅くなる場合もあります。

      スマホを利用する人が多い場所や昼食時・夜間などは回線が混雑しているためです。

      当然、通信速度が低下してしまえば「遅い」と感じるため、格安SIMではなくキャリアを選択している方もいるようです。

      >イオンモバイルの評判・口コミはこちら

      \ 乗り換えでWAONポイントプレゼント! /

      >イオンモバイルのキャンペーンはこちら

      月3GB使える格安SIMに関するよくある質問

      月3GB使える格安SIMに関するよくある質問は次のとおりです。

      • 3GBでどのくらいLINEできる?
      • 3GBでどのくらい動画(YouTube)視聴できる?
      • 3GBでどのくらいインスタを使える?

      以下では、これらの質問に対する回答を具体的に解説していきます。

      それぞれの質問と回答をよく理解して、格安SIM選びの際の参考にしてください。

      3GBでどのくらいLINEできる?

      日常的にLINEトークやLINE電話で会話する方は、3GBでどのくらいLINEが利用できるのか気になるでしょう。

      3GBのデータ容量で利用できる目安は以下のとおりです。

      3GBのプランで使用できる目安1日あたり
      LINEトーク1GB約50万回として、150万回5万回
      音声通話1GB約55.5時間として、166.5時間5.55時間
      ビデオ通話1GB3.25時間として、9.75時間19.5分

      参考:LINE MOBILE

      3GBでどのくらい動画(YouTube)視聴できる?

      YouTubeやテレビドラマ見逃し配信などの動画視聴する方は、3GBでどのくらい動画視聴が利用できるのか気になるでしょう。

      3GBのデータ容量で利用できる目安は以下のとおりです。

      【中画質(約4MB)の場合】

      3GBのプランで使用できる目安1日あたり
      約13.5時間約27分

      参考:ワイモバイル|ご利用用途ごとの目安

      3GBでどのくらいインスタを使える?

      Instagramの写真や動画を閲覧する方は、3GBでどのくらいInstagramが利用できるのか気になるでしょう。

      3GBのデータ容量で利用できる目安は以下のとおりです。

      3GBのプランで使用できる目安1日あたり
      写真閲覧約1分(14MB)として、3.5時間7分
      動画閲覧約1分(7MB)として、7.1時間14.2分
      ストーリー閲覧約1分(6.68MB)として、7.4時間14.8分

      \ iPhone 最大33,000円相当ポイント還元! /

      3GBプランのある格安SIM比較まとめ

      3GBプランのある格安SIMを比較し、まとめてご紹介しました。

      3GB使える格安SIMの中でおすすめは楽天モバイル(3GB)月額料金1,078円、続いてOCNモバイルONE(3GB)月額料金990円です。

      3GBプランを提供している格安SIMは豊富にあるので、月額料金やサービス内容を比較しながら総合的に判断することで、理想の格安SIMを選べるでしょう。

      あなたの生活に合った格安SIMサービスを選ぶ際には、ぜひ本記事の内容を参考にしてください。

      \ iPhone 最大33,000円相当ポイント還元! /

      この記事を書いた人

      政府・デジタル庁とともに「引越しワンストップサービス」の検討・普及を⾏うプラットフォーム事業者にも採択されている引越れんらく帳が運営しております。引越しに伴うライフラインの手続きと併せて、スマートフォン・格安SIMの引越し(乗り換え)を検討されるユーザー、また通信インフラの基盤となってきている光回線の新規契約・乗り換えを検討する皆さまが多い実態を踏まえ、比較検討に役立つ情報をご提供する「引越れんらく帳 SIM乗り換えガイド」および「引越れんらく帳 光回線ガイド」を運営しております。

      目次