ページトップへ

冷蔵庫を運搬するには?運搬時の注意点、前日までにすべきこと

冷蔵庫を運搬するには?運搬時の注意点、前日までにすべきこと

大型家電にあたる冷蔵庫は、高さと重さがあり、運搬が難しい荷物のひとつです。引っ越し業者に運搬を依頼すると費用がかかり、自分で運搬するとリスクがあります。荷物量や作業員の人数など、状況に応じて適切な運搬方法をご検討ください。

ここでは、冷蔵庫を運搬する方法や、運搬時の注意点、前日までに取り組む準備についてお伝えしていきます。冷蔵庫を運搬するコツを確認し、当日スムーズに作業ができるようお役立てください。

引っ越しの際に冷蔵庫を運搬する方法

まずは、引っ越しでの冷蔵庫の運び方をご紹介します。搬出・搬入作業は、引っ越し業者に依頼するか、自分で行う必要があります。それぞれの運搬方法を比較したうえで、状況に応じてご検討ください。

引っ越し業者に運んでもらう

冷蔵庫は引っ越し業者に運搬してもらうことができます。大きな家具や家電のみを運搬するプランなら、通常の引っ越し料金よりも割安で利用可能です。費用を抑えたいときにおすすめします。また、宅配業者や軽貨物運送業者のトラックが、冷蔵庫のみの運搬に対応していることがあります。複数の業者から見積もりを取り、相場をチェックしたうえで適切な業者を選びましょう。

自力で運搬する

自分で冷蔵庫を運搬すれば、費用をレンタカー代とガソリン代のみに抑えられます。ただし、1人で運べる冷蔵庫のサイズをあらかじめご確認ください。たとえば、容量150リットルの単身向け冷蔵庫の重量は約30kg、容量200リットルの冷蔵庫の重量は約40~50kgです。こちらのサイズであれば、基本的に男性1人で運べるといわれます。容量200リットルを超える冷蔵庫は、作業員をもう1人用意し、運搬を手伝ってもらったほうが安心です。その際は、協力者への謝礼を忘れずに用意しましょう。

冷蔵庫を運搬・設置する際の注意点

冷蔵庫を運搬および設置するとき、注意しておきたいポイントをお伝えします。配送による破損や故障を防ぐため、以下の注意点をご確認ください。当日は無理なく安全に作業しましょう。

横向きに倒さない

冷蔵庫を横向きに倒すと、故障の原因につながります。コンプレッサー内の冷却オイルが冷却機関内部に漏れることがあるためです。運搬中にやむを得ず冷蔵庫を傾けなければいけない場合も、傾きが45度以内になるよう心がけましょう。冷蔵庫を車両の荷台に載せて運ぶ際も、縦向きのままロープで固定します。

養生対策を行う

冷蔵庫は養生のために毛布でくるんで、運搬中に家の内部を傷つけないようにお気をつけください。その際は、あて布を敷いて引きずるようにして運べば、床を傷つけずに済みます。

ドアを固定する

冷蔵庫のドアは、布テープやガムテープで固定し、開かないようにしておきましょう。同様に、庫内のトレイも固定しておくと安心です。運搬時にドアが開いたり、物が落ちたりすると、事故やケガの原因となるためお気をつけください。

新居に設置する際、すぐに電源を入れない

冷蔵庫に電源を入れるときは、設置後1時間以上経つまで待ちます。たとえ横向きに運搬しなくても、運搬時の車両の振動により、冷却機関内部へ冷却オイルが漏れることがあるためです。冷蔵庫の故障の原因につながるため、冷却機関内部が安定するまで待ちましょう。また、食品は冷蔵庫の電源を入れてから、庫内が十分に冷えた後に入れます。夏場は10時間程度、冬場は2~3時間程度が目安です。

冷蔵庫の運搬前日までにやっておくべきこと

引っ越しで冷蔵庫を運搬するとき、前日までに準備しておくべきことがあります。引っ越しのタイミングに合わせて冷蔵庫を空の状態にして、霜取りや水抜きの作業を済ませておきましょう。

冷蔵庫の中身を空にする

冷蔵庫に入った食料は、前日までに食べ切りましょう。残ったものはクーラーボックスで保存するか、クール便で新居へ送る方法もあります。クール便の荷物は最大で3日間ほど業者で保管可能です。食材の購入や消費の計画は、1週間ほど前から立てておきましょう。冷蔵庫の電源を切ってから再び使用可能になるまでは30~40時間かかるため、食品の品質管理にお気をつけください。

「霜取り」や「水抜き」を行う

運搬中の冷蔵庫から水がこぼれるのを防ぐため、「霜取り」や「水抜き」を行いましょう。作業を怠ると新居の床やほかの荷物が水で濡れる可能性があります。前日までに必ず済ませてください。

霜取り

霜取りとは、冷蔵庫のコンセントを抜き電源を落とすことです。庫内の温度が上がると霜が溶けて、水が蒸発皿に溜まります。霜が溶けるまでの目安は、夏で10時間程度、冬で15時間程度です。最近では、自動霜取り機能の付いた冷蔵庫が増えていますが、念のためご確認ください。

水抜き

水抜きとは、冷蔵庫の蒸発皿に溜まった水を捨てることです。同時に、製氷機の氷や給水器の水も捨てましょう。引っ越し当日に慌てないために、早めに霜取りを始め、水抜きを済ませておくと安心です。

冷蔵庫内部の清掃

引っ越しで冷蔵庫の中身が空になったら、内部の掃除をするチャンスです。冷蔵庫の仕切り板や製氷皿などの付属パーツを外し、台所用洗剤とスポンジで洗いましょう。重曹水に浸けた布で庫内を拭けば、消臭効果が期待できます。ゴムパッキンは綿棒や歯ブラシを使い、汚れをかき出します。仕上げに、冷蔵庫の上部やコードの油汚れ、周辺のホコリを重曹水に浸けた布で拭き取れば、掃除が完了です。

引っ越し前日までに冷蔵庫を運搬する準備を進めましょう

引っ越しで冷蔵庫を運搬するときは、引っ越し業者に依頼するか、自力で運びます。新居でも問題なく冷蔵庫を使うために、運び方や設置方法に注意しましょう。また、引っ越し前日までに冷蔵庫の中身を空にして、運搬するための霜取りや水抜きを済ませておくことも大切です。

引っ越し業者の手配から、荷造りに至るまで、引っ越しの準備には手間がかかります。また、役所関係や各種サービスの手続きにも併行して取り組む必要があるでしょう。その際、煩雑になりがちな各種サービスの住所変更手続きは、インターネットから一括申請ができる便利な「引越れんらく帳」にお任せください。

「引越れんらく帳」は、どなたでも無料でご利用いただけます。数々の引っ越しの準備に追われる時期、負担を少しでも減らすためにお役立てください。

×
無料

電気、ガス、水道などの引越し手続きを一回の入力で一括完了!