<PR>

 

楽天モバイルのエリアの確認方法は?電波が悪いときの対処法もご紹介!

本ページはプロモーション(広告)が含まれています
楽天モバイル エリア

 

楽天モバイルが利用できるエリアは?

電波が悪い時や通信障害どうしたらいい?

このような考えの方はいらっしゃいませんか?

今回は楽天モバイルのエリアについて、確認方法から電波が悪いときの対処法もご紹介します。

楽天モバイルはエリア内であれば、3,278円(税込)でデータ無制限なので大手キャリアのデータ無制限プランよりもお得です。

楽天モバイルのエリアに関する実際の評判や口コミもご紹介するので、ぜひ最後まで読んでみてください。

また、他社キャリアから楽天モバイルに乗り換えを検討中の方は、楽天モバイルに乗り換えるベストなタイミングをチェックしましょう。

楽天モバイルの評判や速度について気になる方は、下記の記事もチェックしましょう。

【2024年1月最新】楽天モバイルの評判が悪い理由を徹底解説!
楽天モバイルで速度が遅くなる理由!誰でも出来る対処法も解説!

なお、楽天モバイルでiPhone 15を購入したいとお考えの方は併せてこちらもご覧ください。

楽天モバイルでiPhoneの利用を希望している方向けに、楽天モバイルiPhone記事でも詳しくご紹介しています。

楽天モバイル評判・口コミはこちら

楽天モバイルクーポンはこちら

\ iPhone 最大33,000円相当ポイント還元! /

楽天モバイルのキャンペーンはこちら

>楽天モバイルのキャッシュバックはこちら

格安SIM徹底比較!おすすめ25社を紹介

格安SIMのキャンペーン比較!MNP乗り換えや新規でお得

新型iPhone 15の最新情報!
速度を重視するならUQモバイル!
UQモバイル 速度
出典:UQモバイル

UQモバイルは格安SIMの中でも高速通信を実現しているので、速度重視の方にもおすすめです。

UQモバイルの平均通信速度

平均ダウンロード速度: 109.08Mbps
平均アップロード速度: 17.04Mbps

(参考:「みんなのネット回線速度」2024/02/23時点での情報)

また、トクトクプラントコミコミプランであれば、データ超過後も送受信最大1Mbpsでつながります!

ミニミニプランなら「節約モード」で低速状態ならデータ消費ゼロで利用可能!

UQモバイル評判・口コミはこちら

UQモバイルクーポンはこちら

\ 速度重視のおすすめ格安SIM! /

UQモバイルキャッシュバックはこちら

>UQモバイルキャンペーンはこちら

楽天モバイルがお得!

 

 

 

 

楽天モバイルでは、初めてのプラン申し込みとiPhone購入で最大33,000ポイント還元中!

また、回線契約のみでも13,000ポイントが還元されるキャンペーンもおすすめです。

キャンペーンを利用して申し込むなら、ぜひ楽天モバイルをチェックしてみてください!

公式サイト:https://network.mobile.rakuten.co.jp/

>楽天モバイルの評判・口コミはこちら

>楽天モバイルのクーポンはこちら

\ 最強プラン申し込み&対象iPhone購入で最大33,000ポイント還元! /

>楽天モバイルのキャンペーンはこちら

この記事は私が監修しました

高木健太朗

高木健太朗

【WEBメディア企画・運営】

【通信業界で10年の経験を経てWEBメディアサイトを多数運用】

通信業界に10年精通し、格安SIMと光回線の記事を監修。光回線の専門家として通信業界の幅広い知見をもとに、格安SIMと光回線の情報を分かりやすく発信。

マイベストプロ掲載

目次

楽天モバイルのエリア

楽天モバイルの料金プランは月額1,078〜3,278円(税込)で、20GBを超過後はデータ無制限で利用できます。

楽天モバイルは、楽天回線エリアでもパートナー回線(au回線)エリアでもデータ無制限です。

楽天モバイルのエリアは2022年10月時点で人口カバー率98%を突破したとのことですが、楽天モバイルのエリア内でのデータ通信は快適なのでしょうか。

楽天モバイルのエリアについてご紹介します。

  • 楽天モバイルは基地局を持っている
  • パートナー回線エリアとは
  • 楽天モバイルのエリアは拡大予定

楽天モバイルは基地局を持っている

携帯電話やスマートフォンなどのモバイルサービスを提供しているキャリアは、自社の通信設備を利用しているMNOと、他社の通信設備を利用しているMVNOの2つに分けられます。

後者のMVNOはいわゆる格安SIMと呼ばれ、MNOであるドコモやau、ソフトバンクなどの大手キャリアと比べると月額料金がお得なのが特徴です。

楽天モバイルは、自社の通信設備を作りつつ、対応できないエリアはパートナー回線としてau回線を利用しています。

つまり、楽天モバイルはドコモやau、ソフトバンクと同じように、自社の基地局を持っているということです。

それぞれのキャリアの対応エリアを比べてみました。

楽天モバイル

出典:楽天モバイル

ピンク色:データ高速
無制限エリア
青、緑:5G
ドコモ

出典:ドコモ

赤、黄、紫:5G
緑色のマーク:
5G利用可能エリア
au

出典:au

赤、オレンジ:5G
ソフトバンク

出典:ソフトバンク

ピンク、紫、
マゼンタ:5G

楽天モバイルは基地局を作っている途中ではあるので、ドコモやau、ソフトバンクよりも対応エリアが若干少ないです。

また、楽天モバイルのエリア内であったとしても、以下のような利用環境では通信が制限される場合があります。

  • パートナー回線エリアとの境界付近
  • 大きな商業ビルなどの建物の中
  • 地下
  • トンネル等の電波の届かないところ

楽天モバイルのエリア内でも電波が届かない場合は、パートナー回線に接続されて通信ができるようになる場合があります。

楽天モバイルの詳しいエリアはサービスマップで確認できるので、自分が利用している地域が楽天モバイルのエリア内かどうか確認してみましょう。

パートナー回線エリアとは

パートナー回線エリアとは、楽天モバイルを利用している方であってもau回線に接続するエリアです。

楽天モバイルは自社の基地局がある楽天回線のエリアと、パートナー回線であるau回線の基地局があるエリアの2つを提供しています。

楽天モバイルはエリアを拡大中ですが、全ての地域で楽天回線が利用できるわけではありません。

パートナー回線のエリア内であれば自動的に、パートナー回線へ接続されます。

楽天モバイルのエリア内でもパートナー回線のエリア内でも、データ無制限で利用できます。

以前、パートナー回線は5GBまでしか使えず、容量を超えると1Mbpsまで通信速度が制限されていましたが、それが撤廃になり、使い放題になりました。

楽天モバイルで利用できるパートナー回線のエリアはこちらを参考にしてください。

楽天モバイルのエリアは拡大予定

楽天モバイルは、自社の基地局のエリアを拡大中です。

パートナー回線エリアだったところも、楽天モバイルの基地局が利用できるようになると楽天モバイルのエリアとなります。

そもそもパートナー回線は、楽天モバイルが基地局を整備するまでの暫定的な措置として、2026年9月末まで提供されているものです。

将来的には、楽天モバイルのエリア内では楽天回線のみが提供され、パートナー回線であるau回線は使えなくなります。

2026年9月末までを待たずして、楽天モバイルの基地局が整備された地域ではパートナー回線が使えなくなっているようです。

会社の倉庫の中、昨年は📶バリ4だったのに今日は1本だけだった。
もしやと思い楽天とauどちらの電波を掴んでいるのか調べたら楽天だったよ。
どうもこの西出雲周辺、auパートナー回線終了したみたいだね。大丈夫かな? pic.twitter.com/2t5p3JxhgW

— なかしま (@shima_izu) January 4, 2023

パートナー回線のエリア内でも、容量を気にせず無制限で使うことができます。

楽天モバイルへ乗り換えた際の料金が気になる方は、事前に料金シミュレーションを行いましょう。

なお、楽天モバイルの料金シミュレーションがどこかわからない方は、楽天モバイルの公式サイトにアクセスしましょう。

楽天モバイル評判・口コミはこちら

楽天モバイルクーポンはこちら

\ iPhone 最大33,000円相当ポイント還元! /

楽天モバイルのキャンペーンはこちら

>楽天モバイルのキャッシュバックはこちら

楽天モバイルのエリアの確認方法

楽天モバイルのエリアの確認方法についてご説明します。

楽天モバイルのエリアは、サービスマップだけでなく、利用している端末でも確認可能です。

楽天モバイルへ契約する前に、楽天モバイルの電波を端末が拾うかどうかの確認方法もご紹介します。

  • 楽天モバイルの4Gや5Gのエリアの確認方法
  • パートナー回線の確認方法
  • 契約前の楽天モバイルのエリアの確認方法

楽天モバイルの4Gや5Gのエリアの確認方法

まずは、楽天モバイルの4Gや5Gのエリア内かどうか、サービスマップを公式サイトで確認しましょう。

楽天モバイルのエリアのマップから自分がいる場所を探すことができます。

また、端末にどの回線が接続されているかどうかを確認することも可能です。

楽天モバイルで接続中の回線エリアの確認方法は以下の2つがあります。

  • Webで確認する
  • アプリで確認する

どちらの場合も「my 楽天モバイル」から確認できます。

回線エリアの確認方法は以下の通りです。

  1. 「my 楽天モバイル」へログイン
  2. 利用中の契約電話番号を確認する
  3. 契約電話番号の下に表示されている接続中の回線エリアを確認する

確認できる接続中のエリアは以下の3パターンです。

表示内容詳細
楽天回線エリア接続中楽天回線エリアに接続中
パートナー回線エリア接続中パートナー回線エリアに接続中
エリア情報が取得できませんネットワークが回線に接続されていない

※デュアルSIMで楽天モバイルを利用の際に、データ通信の設定を楽天モバイル以外にしている場合も表示される

通信回線によって、利用できるデータ容量も異なるので、モバイルデータ通信を利用するときは、通信回線について確認しましょう。

パートナー回線の確認方法

パートナー回線のエリアは楽天モバイルの公式サイトでも、パートナー回線を提供しているKDDIの公式サイトからも確認できます。

パートナー回線が終了する地域も確認できるので、なるべく楽天回線になっているかどうかも確認しましょう。

利用している端末にどの回線が接続されているかどうかを確認することも可能です。

以下の2つの方法で楽天モバイルで接続中の回線エリアの確認ができます。

  • Webで確認する
  • アプリで確認する

どちらの場合も「my 楽天モバイル」から確認できます。

回線エリアの確認方法は以下の通りです。

  1. 「my 楽天モバイル」へログイン
  2. 利用中の契約電話番号を確認する
  3. 契約電話番号の下に表示されている接続中の回線エリアを確認する

確認できる接続中のエリアは以下の3パターンです。

表示内容詳細
楽天回線エリア接続中楽天回線に接続中
パートナー回線エリア接続中パートナー回線に接続中
エリア情報が取得できませんネットワークが回線に接続されていない※デュアルSIMで楽天モバイルを利用の際に、データ通信の設定を楽天モバイル以外にしている場合も表示される

パートナー回線に接続されている場合でも、利用できるデータ容量は無制限です。

5GBを超えてしまうと、通信速度が最大1Mbpsに制限されてしまう容量制限は撤廃されたので、データの使い過ぎを気にする必要はなくなりました。

契約前の楽天モバイルのエリアの確認方法

楽天モバイルに契約前にエリアを確認したい場合は、以下の確認方法があります。

  • 公式サイトでサービスエリアを確認する
  • 利用している端末が楽天回線が利用できるかどうか確認する

公式サイトではサービスエリアを公開しているので、自分の利用したい場所が楽天モバイルのエリアかどうか確認できます。

また、楽天モバイルに契約していない端末でも、楽天回線が利用できるかどうか確認することが可能です。

総務省によると楽天モバイルのように、モバイルサービスを行う基地局を持っている会社は電気通信番号を使用しています。

楽天モバイルやドコモ、au、ソフトバンクが使用している電気通信番号は以下の通りです。

キャリア電気通信番号
楽天モバイル(楽天モバイル株式会社)
  • 44011
ドコモ(株式会社NTTドコモ/エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社)
  • 44010
  • 44013
au(KDDI株式会社/沖縄セルラー電話株式会社)
  • 44001
  • 44050
  • 44051
  • 44052
  • 44053
  • 44054
ソフトバンク(ソフトバンク株式会社)
  • 44000
  • 44020
  • 44021
  • 441010
  • 441011
  • 441012
  • 441013
  • 441014
  • 441015
  • 441016
  • 441017
  • 441018
  • 441019

上記の電気信号番号を端末の「設定」から確認することができます。

端末のOSにより細かい確認方法は異なりますが、流れは以下の通りです。

  1. 端末の「設定」
  2. モバイル通信やモバイルデータを選択
  3. ネットワークの選択

ネットワークの選択画面で「44011」もしくは「Rakuten」などの表示が出ている場合は、楽天回線が繋がります。

楽天モバイルに契約する前に、楽天回線が繋がるかどうか確認してみましょう。

楽天モバイル評判・口コミはこちら

楽天モバイルクーポンはこちら

\ iPhone 最大33,000円相当ポイント還元! /

楽天モバイルのキャンペーンはこちら

>楽天モバイルのキャッシュバックはこちら

楽天モバイルのエリアで電波が悪い時の対処法

楽天モバイルのエリアで電波が悪い時の対処法についてご紹介します。

以下の状態であれば、改善する可能性が高いです。

  • 電波が悪い
  • 圏外になってしまった
  • エリア情報が取得できない
  • エリア内なのにパートナー回線になってしまう
  • 電波増幅器を使ってみる

電波が悪い

楽天モバイルのエリア内で以下のような環境のときは、電波が悪くなる可能性があります。

  • パートナー回線エリアとの境界付近
  • 大きな商業ビルなどの建物の中
  • 地下
  • トンネル等の電波の届かないところ

モバイルデータ通信では、利用する時間帯や環境によって電波が届くかどうかが影響します。

そのため、電波を通しづらい建物の中や地下では電波が悪い可能性が高いです。

電波が悪い場所にいる場合は、屋外や基地局が近いところに移動して利用しましょう。

また、楽天モバイルのエリア外にいる場合は、自動的にパートナー回線へ切り替わります。

パートナー回線のエリア内でも楽天エリアと同様、無制限で利用することができます。

以前のようにデータ容量を気にする必要がなくなったのでご安心ください。

圏外になってしまった

電波が拾えなかったり、圏外になってしまったりしたとき以下の対処法があります。

  • Wi-Fiや機内モードのON/OFF
  • モバイルデータ通信のON/OFF
  • 本体を再起動する
  • SIMカードの抜き差し
  • SIMを交換する
  • 楽天モバイルに問い合わせる

Wi-Fiや機内モード、モバイルデータ通信の切り替えをする際に楽天回線の電波を拾う可能性があります。

また、本体を再起動させたり、SIMカードを抜き差ししてみるのも効果的です。

それでも自分では電波の状況が改善されない場合は、楽天モバイルに問い合わせましょう。

楽天モバイルご利用者様用電波改善・調査依頼」から問い合わせることが可能です。

営業時間が午前9時から午後6時までに限られますが、順次対応してくれます。

エリア情報が取得できない

楽天モバイルで接続中の回線エリアの確認をすると、「エリア情報が取得できません」と表示されることがあります。

このような場合は、ネットワークが回線に接続されていない状態です。

原因については、楽天回線やパートナー回線のエリア外であることが考えられるので、楽天モバイルが提供しているエリア内に移動しましょう。

また、デュアルSIMで楽天モバイルを利用している際に、データ通信の設定を楽天モバイル以外にしている場合も表示されます。

もしデュアルSIMを利用している場合は、SIMの設定を変更して楽天モバイルの回線に接続しているかどうか確かめてみましょう。

エリア内なのにパートナー回線になってしまう

楽天モバイルのエリア外ではパートナー回線に接続されます。

しかし、楽天モバイルのエリア内であってもパートナー回線に接続されることがあるようです。

楽天モバイルで動作保証されていない端末では、楽天回線エリアに自動で切り替わらない場合があるので注意しましょう。

また、モバイルデータ通信や機内モードのON/OFFの切り替えや端末の再起動をしてみると改善されることがあるようです。

ですが、パートナー回線でも無制限で利用できるようになったので、パートナー回線になると困る、ということも今ではなくなりました。

電波増幅器を使ってみる

楽天モバイルでは、自宅などの屋内に設置して電波状況を改善する小型室内アンテナ(フェムトセル)の「Rakuten Casa」を提供しています。

家で楽天モバイルの電話の電波ほぼなくなっちゃって、rakuten casa置いたらばっちりになった。それはよかったんだけど。

ルーター置き場が…

ネットの元のやつ
Wi-Fiのやつ
NAS
楽天のそれ(ちょい大きい)

うーん、火事になりそう…

— naoko (@yukiusagi272727) November 28, 2022

楽天モバイルのエリア外や圏外の場所であっても、楽天モバイルの電波が入るので快適に利用できます。

しかし、考えられる「Rakuten Casa」のデメリットは以下の3つです。

  • 対象の光回線の契約が必要
  • 楽天モバイルの電波状況の調査結果から利用できるかどうか決まる
  • 屋内の湿気が少ない環境で、正面に遮蔽物のない硬く平らな場所に設置するなどの設置場所が限られる

「Rakuten Casa」を利用するには対象の光回線の契約をしなければなりません。

Rakuten Casaの対象の光回線

楽天モバイルはデータ無制限で利用できるのがメリットですが、自宅で光回線を接続している場合は楽天モバイルのモバイルデータ通信は必要ありません。

また、「Rakuten Casa」は誰でも利用できるわけではなく、楽天モバイルが行った電波状況の調査結果から利用できるかどうか決まります。

設置場所も限られるので、デメリットが多い方にはおすすめできません。

しかし、複数の端末での光回線に接続や、時間帯によって光回線の通信速度が遅くなってしまった場合は楽天モバイルのモバイルデータ通信が必要です。

そのような場合は、快適に楽天回線が利用できる「Rakuten Casa」を利用しましょう。

なお、楽天モバイルのWi-Fiをお探しの方は、楽天モバイルで自宅Wi-Fiをお得に始められるキャンペーンを適用してお得に購入しましょう。

楽天モバイル評判・口コミはこちら

楽天モバイルクーポンはこちら

\ iPhone 最大33,000円相当ポイント還元! /

楽天モバイルのキャンペーンはこちら

>楽天モバイルのキャッシュバックはこちら

楽天モバイルのエリアに関する評判・口コミ

楽天モバイルのエリアに関する評判・口コミについてご紹介します。

  • 電波が悪い
  • エリア内でも圏外になる
  • 基地局が近いと速度が速い
  • 田舎だと繋がりづらい
  • 5G通信は快適
  • エリアが拡大されている

電波が悪い

もしかしてPARCOの地下、楽天モバイルだと電波入らない?(エスカレーター近くから離れたら繋がらなくなった)

— すこやかおにぎり研究所(ラボらと リー) (@revosiemit) January 24, 2023

楽天モバイルのエリア内であっても、以下のような場合は電波が悪くなってしまいます。

  • パートナー回線エリアとの境界付近
  • 大きな商業ビルなどの建物の中
  • 地下
  • トンネル等の電波の届かないところ

特に大きな商業ビルなどの建物の中では、スマホ決済の利用をするためにデータ通信が必要です。

カフェなどでくつろぎたい時にスマホが使えないのも不便に感じてしまいます。

また、地下鉄などの公共交通機関や山道のトンネルなどでデータ通信が使えないために、連絡手段が限られてしまうのもデメリットです。

そのほかに楽天モバイルを田舎で利用する場合、エリア外の可能性があるためデメリットになるケースが考えられます。

そのような場合は、屋外や基地局の近くに移動してみると改善される可能性があります。

モバイルデータ通信やWi-Fiの切り替えをするときに、楽天回線の電波を拾うこともあるようです。

エリア内でも圏外になる

楽天モバイルで山(といっても市街地のすぐ横)を走ったらずっと圏外😅

なんでピンポイントでここだけ圏外なんだ。
ピンク色になっていても、実際はずっと圏外だったし…。(阪奈道路からR163までほぼダメ)

auもソフトバンクもエリアなのにキツイ。
今月のポイント貰ったら解約しよう…。 pic.twitter.com/fuEwf6nbHi

— ららら♪☂債券投資家(寝てるだけでお金が貰える債券)🇯🇵🇺🇸🇪🇺 (@rarara18181818) January 16, 2023

楽天モバイルのエリア内で圏外になる場合もあるようです。

圏外や電波がうまく拾えない場合は以下の対処法があります。

  • Wi-Fiや機内モードのON/OFF
  • モバイルデータ通信のON/OFF
  • 本体を再起動する
  • SIMカードの抜き差し
  • SIMを交換する
  • 楽天モバイルに問い合わせる

電波を繋げるためにWi-Fiや機内モード、モバイルデータ通信の切り替えをしてみましょう。

また、端末の不具合の可能性もあるので、SIMカードの抜き差しや本体の再起動もしてみてください。

また、移動しながら利用する場合は、パートナー回線のエリア内になることもあります。

しかし、楽天モバイルのエリア外でも楽天モバイルの動作保証端末でなければ、パートナー回線への自動的な切り替えがうまくいかない場合もあるので注意してください。

基地局が近いと速度が速い

楽天モバイルの基地局発見!
灯台もとくらしだった。
家から直線距離で150m。
回線スピードが速くて、家で快適に繋がるはずだわよ。 pic.twitter.com/mTpxIP4mTz

— e-Power (@sambar8825) January 22, 2023

楽天モバイルは自社の基地局を設置しているエリアをどんどん拡大しています。

そのため、以前は基地局が近くになかった地域でも、基地局が近くに設置されると通信速度が快適になるようです。

楽天モバイルのエリアはサービスエリアで確認できます。

また、楽天モバイルの基地局のマップCellMapperというアプリやサイトでも確認可能です。

近くに基地局があれば、楽天モバイルが快適に使えるようなので、ぜひお近くの基地局も確認してみてください。

楽天モバイルの速度が気になる方は、速度測定アプリ「my楽天モバイル」で測定しましょう。

田舎だと繋がりづらい

楽天モバイルの電波の入らなさにイライラするからUQモバイルに戻ることに。田舎民に楽天モバイルはオススメ出来ません❌

— チョコ (@gingastar777) January 17, 2023

人口の多い都会では基地局もたくさんあり、通信回線も整備されますが、人口が少ない田舎のような地域では電波があまり入らないようです。

楽天モバイルのエリアは拡大中で、基地局の設置も進めているので、今後通信回線が改善される可能性はあります。

また、楽天モバイルのエリア外であれば、パートナー回線であるau回線も利用可能です。

5G通信は快適

楽天モバイルの5Gが入ってるのはじめて見た気がするから速度測ってみたら、5Gはや!!!

4Gの10倍くらいの速度出てるやんwww

もう少しエリア拡大してくれんかな〜
楽天さん#楽天モバイル #通信速度 pic.twitter.com/JSldWPdJzW

— じごろん🕶🚬 (@ZigoroZ) January 8, 2023

楽天モバイルは5G通信にも対応しています。

5G通信が利用できるエリアは4G通信と比べて少ないですが、今後拡大される予定です。

5G通信が利用できれば、今までの4G通信よりも快適に利用できます。

実際に楽天モバイルの5G通信を利用している方の口コミによると、快適に使えているようです。

なお、楽天モバイル ホームルーターも5Gに対応しています

エリアが拡大されている

こないだまで実家では楽天モバイルが全く繋がらなかったのに、今日はバッチリ繋がってる。徐々にエリア拡大されて良くなっているんだね😊

— リューマ (@KariName_051620) January 2, 2023

楽天モバイルのエリアはどんどん拡大されています。

そのため、楽天モバイルの通信がうまくできなかった地域でも、今後は改善される可能性が大きいです。

また、楽天モバイルのエリアが拡大されているため、パートナー回線だったエリアでも一部地域では2022年10月以降からパートナー回線から楽天回線への切り替えが行われております。

今後は、楽天回線のみの提供となるほど楽天モバイルのエリアが拡大していくことが予想されます。

楽天モバイル評判・口コミはこちら

楽天モバイルクーポンはこちら

\ iPhone 最大33,000円相当ポイント還元! /

楽天モバイルのキャンペーンはこちら

>楽天モバイルのキャッシュバックはこちら

楽天モバイルのエリアに関するよくある質問

楽天モバイルのエリアに関するよくある質問についてご紹介します。

  • 契約前に楽天モバイルのエリアを確認できる?
  • 楽天モバイルの電波はなぜ悪い?
  • 楽天モバイルのエリア外の電波は?
  • 楽天モバイルのパートナー回線はいつ終了する?
  • 楽天モバイルを解約したいときは?

契約前に楽天モバイルのエリアを確認できる?

契約前でも楽天モバイルのエリアの確認をする方法はあります。

  • 公式サイトでサービスエリアを確認する
  • 利用している端末が楽天回線が利用できるかどうか確認する

公式サイトではサービスエリアを公開しているので、自分の利用したい場所が楽天モバイルのエリアかどうか確認できます。

また、楽天モバイルに契約していない端末でも、楽天回線が利用できるかどうか確認することが可能です。

端末の選択できるネットワークに「44011」もしくは「Rakuten」などの表示が出ている場合は、楽天回線が繋がります。

端末のOSにより細かい確認方法は異なりますが、流れは以下の通りです。

  1. 端末の「設定」
  2. モバイル通信やモバイルデータを選択
  3. ネットワークの選択

楽天モバイルに契約する前に、楽天回線が繋がるかどうか確認してみましょう。

楽天モバイルの電波はなぜ悪い?

携帯電話の電波は周波数帯によって、基地局から端末への電波の届きやすさが異なります。

周波数の低い電波は障害物を回り込んで届くので、建物の中や基地局から少し離れたところでも快適に利用可能です。

そのような携帯電話の周波数に適している周波数帯をプラチナバンドと呼ぶこともあります。

総務省が発表しているキャリアが使用している周波数帯によると、周波数の低い周波数帯を割り当てられているのはドコモやau、ソフトバンクなどの大手キャリアのみです。

キャリアの周波数帯 楽天モバイル/ドコモ/au/ソフトバンク
700MHz帯 ー/◯/◯/◯
800MHz帯 ー/◯/◯/ー
900MHz帯 ー/ー/ー/◯
1.5GHz帯 ー/◯/◯/◯
1.7GHz帯 ◯/◯/◯/◯
2.0GHz帯 ー/◯/◯/◯
3.5GHz帯 ー/◯/◯/◯
3.7GHz帯 ◯/◯/◯/◯
4.5GHz帯 ー/◯/ー/ー
28GHz帯 ◯/◯/◯/◯

楽天モバイルにはプラチナバンドが割り当てられていないので、大手キャリアに比べると電波が悪い可能性もあります。

しかし2023年10月23日に、楽天モバイルもプラチナバンド(700MHz帯の基地局)を獲得し、2024年にサービス提供を開始する予定なので、他社より電波が悪い問題は解消されるでしょう。

万が一、通信障害が起こった場合は、楽天モバイルの通信障害が治らない場合の対処法を確認しておきましょう。

楽天モバイルのエリア外の電波は?

楽天モバイルのエリア外ではパートナー回線の電波が利用できます。

パートナー回線はau回線なので、「楽天モバイル向けローミングサービス提供エリア」で利用できるエリアを確認してみてください。

楽天モバイルの動作確認端末を利用している場合は、パートナー回線のエリア内では自動的に通信回線がパートナー回線に切り替わります。

また、楽天モバイルのエリアはどんどん拡大しているので、楽天モバイルのエリア外だったとしても、今後は楽天モバイルのエリア内になる可能性も高いです。

楽天モバイルのパートナー回線はいつ終了する?

楽天モバイルのエリアはどんどん拡大しており、今後も拡大する予定です。

そのため、2021年10月以降から、一部の地域でパートナー回線のエリアだったとしても、楽天回線が利用できるようになるので、パートナー回線から楽天回線へ切り替えられます。

そもそもパートナー回線は、楽天モバイルが基地局を整備するまでの暫定的な措置として、2026年9月末まで提供されているものです。

パートナー回線のエリアだったとしても、2026年9月末までしかパートナー回線を利用できません。

しかし、楽天回線が利用できるようになった地域では、2026年9月末より前にパートナー回線の提供が終了します。

楽天モバイルを解約したいときは?

楽天モバイルの解約に関しては、最低利用期間がなく、契約解除料や違約金等は発生しません。

そのため、いつでも解約することができます。

解約に関する注意事項は以下の通りです。

  • 月額料金は解約時点までのデータ利用料に応じて請求される
  • 一部のオプションサービスは楽天回線の解約をしてもサービスの解約にはならない
  • 「15分(標準)通話かけ放題」「国際通話かけ放題」「楽天モバイル買い替え超トクプログラム」のオプション料金は日割計算されない
  • 端末などの分割支払金が残っている場合は請求が続く
  • 楽天ポイントなどのお得な特典が使えなくなる
  • Rakuten Linkのデータは全て削除され閲覧不可
  • 「楽メール」は解約後31日間は、メールアカウント・データは削除されずに保持される

解約する場合も、楽天モバイルから他社へ乗り換える(MNP)の場合も「my 楽天モバイル」から手続きができます。

他社へ乗り換える方は解約の手続きをしてしまうと電話番号が引き継げなくなってしまうので、MNP予約番号を発行して新しいキャリアの転入手続きをしましょう。

新しいキャリアの回線に切り替えた時点で楽天モバイルを解約したことになります。

楽天モバイルからおすすめの乗り換え先は?流れと手順も徹底解説!

楽天モバイル評判・口コミはこちら

楽天モバイルクーポンはこちら

\ iPhone 最大33,000円相当ポイント還元! /

楽天モバイルのキャンペーンはこちら

>楽天モバイルのキャッシュバックはこちら

楽天モバイルのエリアまとめ

楽天モバイルのエリアについてご紹介しました。

楽天モバイルのエリアは拡大中なので、電波が悪い地域でも今後は改善される可能性が高いです。

サービスマップだけでなく、「my 楽天モバイル」でも楽天モバイルのエリアを確認できます。

契約前の端末の設定からも楽天回線の電波を拾うかどうかを確認できるので、楽天モバイルに安心して申し込むことも可能です。

楽天モバイルのエリア外であれば、パートナー回線が接続され、同じく無制限で利用することができます。

パートナー回線の提供も2026年9月末までなので、データ無制限で利用できる楽天モバイルのエリアの拡大が今後も期待されます。

今回の記事を活かして、ぜひ楽天モバイルに申し込んでみてください。

楽天モバイル評判・口コミはこちら

楽天モバイルクーポンはこちら

\ iPhone 最大33,000円相当ポイント還元! /

楽天モバイルのキャンペーンはこちら

>楽天モバイルのキャッシュバックはこちら

この記事を書いた人

政府・デジタル庁とともに「引越しワンストップサービス」の検討・普及を⾏うプラットフォーム事業者にも採択されている引越れんらく帳が運営しております。引越しに伴うライフラインの手続きと併せて、スマートフォン・格安SIMの引越し(乗り換え)を検討されるユーザー、また通信インフラの基盤となってきている光回線の新規契約・乗り換えを検討する皆さまが多い実態を踏まえ、比較検討に役立つ情報をご提供する「引越れんらく帳 SIM乗り換えガイド」および「引越れんらく帳 光回線ガイド」を運営しております。

目次