ページトップへ

引っ越しの繁忙期はいつ?料金を安く抑えるコツも解説

引っ越しの繁忙期はいつ?料金を安く抑えるコツも解説

引越しバナー 引越しバナー

引っ越しが集中する「引っ越し繁忙期」になると、引っ越し日程の選択肢が少なくなり、料金相場も高くなる傾向があります。そのため、希望日時に引っ越ししたい場合や、引っ越しにかかる費用を安く抑えたい場合は、繁忙期や土日祝日といった、業者が忙しくなるタイミングを避けるのが有効です。

ここでは、引っ越し業者の繁忙期と、引っ越し料金を安く抑えるポイント等についてお伝えします。

あわせて読みたい引っ越しTips

◆【賃貸の解約】解約通知書とは?解約金・違約金は必要?いつまでに通知?
◆入居日と退去日の意味とは?引っ越しする日はどう決める?ポイントを解説!

引っ越しの繁忙期はいつ?年間の引っ越し件数もチェック

引っ越しにおける繁忙期と閑散期、繁忙期の引っ越し費用などについてご紹介していきます。

引っ越しの繁忙期とは「引っ越し業者が忙しく、予約が取りづらくなる時期」のことです。業者にとっての稼ぎ時であり、料金が割り増しになる場合もあります。1年の中では、3月~4月、9月~10月が繁忙期にあたります。

逆に、引っ越しの閑散期は「繁忙期に比べて引っ越し業者が忙しくない、予約の取りやすい時期」のことです。5月〜8月、11月〜2月が閑散期にあたります。ただし大型連休などには引っ越し需要が一時的に増えることもあるので注意しましょう。
利用者側からすると、閑散期には値引き交渉に応じてもらえる場合があり、お得に引っ越しができる可能性があります。また、人が動かない時期は物件の数こそ少ないものの、じっくり比較・検討しながら新居探しが行える点はメリットといえるでしょう。

令和元年度における大手引越事業者6者の引越件数

引用:国土交通省資料

国土交通省の「令和元年度における大手引越業者6者の引越件数」においても、3月~4月の引っ越し件数が多くなっています。
これは、進学や就職にともない引っ越しをする方が増えることが要因です。その後、4月下旬以降は徐々に少なくなる傾向にあります。加えて9~10月は、仕事の人事異動による転勤などで、引っ越しが増える時期です。

2021年の引越混雑カレンダー

引用:国土交通省資料

現在(2021年8月)、2022年3月~4月の混雑予想カレンダーは発表されていませんが、例年の傾向から2022年3月19日(土)~4月3日(日)までは特に混雑することが予想されます。

繁忙期でない時期であっても、土日祝日や月末は、他の日程よりも割高になる可能性があります。どうしても土日に引っ越しをしなければならない場合は、業者によっては日曜日の夕方や夜に安くなることがありますので、引っ越し業者に確認をしてみましょう。
月末に割高になるのは、賃貸契約の終了時期に合わせて引っ越しをする方が多いためです。そのため、月末よりも月初から中旬に引っ越しをした方が、割安になる傾向があります。

以下の業者のように、お得な引っ越し日のカレンダーを公開している業者もありますので、ご自身の引っ越し可能日と照らし合わせてみてください。

「サカイ引越センター」
「アーク引越センター」
「アリさんマークの引越社」

繁忙期に引っ越し料金が高くなるのはなぜ?安く抑えるコツも

ここからは、引っ越し料金の決まり方と、引っ越し料金を安く抑えるコツについて解説します。

繁忙期に引っ越し料金が高くなる理由は?

引っ越しの見積もり額は、以下の要素で決まります。

基本運賃 ・国土交通省の「標準引越運送約款」に基づいて定められており、業界や時期による変動はほとんどない
・「時間制運賃」と「距離制運賃」がある
実費 ・梱包資材費や人件費、交通費、クレーン車などの利用料など
付帯サービス ・引っ越しに伴う不用品処分
・ピアノなど楽器の運送
・エアコンの移設、工事
・乗用車の運送
割引 ・時期や交渉による割引

基本運賃は国土交通省の「標準引越運送約款」により定められており、各社で違いはほとんどありません。

そのため実費、付帯サービスの料金、割引額により、見積もり額に差が出ます。繁忙期に料金が高くなるのは、繁忙期には割引を受けられない場合が多いからです。引っ越しは繁忙期に集中しやすく、繁忙期以外の時期には割引が適用されているケースが多くあります。引っ越し費用を安く抑えたい場合は、可能な限り繁忙期を避けるのがおすすめです。

【必見】繁忙期・閑散期の引っ越し料金を安く抑える10のコツ

ここからは、引っ越し料金を安く抑えるためのポイントについて解説します。

1.早めに見積もりを依頼し、予約する

繁忙期は引っ越し業者の予約が埋まりやすい時期です。早めに見積もりを依頼し、余裕をもって予約しましょう。1〜2月の時点で動きはじめると安心です。「入居・退去日は決まっているのに、引っ越しの予約が取れない」といったトラブルには注意してください。

2.見積もりは複数の引っ越し業者に依頼する

相見積もりは、各引っ越し業者の料金やサービス内容を効率的に比較検討できる方法です。なかには、他社の見積もり書を提示することで、値下げ交渉に応じてくれる業者もあります。その際は、一括で引っ越しの見積もりを依頼できるWebサイトの活用が便利です。

また、複数の業者に訪問見積もりを依頼した場合、「今、契約すれば安くなる」と言われることがありますが、即決する必要はありません。気になる業者の見積もりは全て見ておく方が、安くなる可能性が高いです。

見積もりの取得に関しては「引っ越しの見積もり金額を抑えるには?業者に依頼するときの流れ・注意点」に詳しくまとめましたので、合わせてご覧ください。

3.引っ越しの希望日時は複数の候補を挙げる

引っ越しの希望日は、複数のほうが予約を取りやすくなります。空いている引っ越し業者を見つけやすく、料金が安い日程を選択できるためです。引っ越し前後はできるだけ余裕をもってスケジュールを組み、引っ越し業者を選定する際に選択肢を増やせるようにしましょう。

4.繁忙期及び閑散期の中でも混雑する日を避ける

    繁忙期である3月~4月、特に3月下旬と4月の第一週は、引っ越しのピークです。そのため、この時期を避けて、平日に引っ越し日程を設定した方が、費用を抑えられる可能性があります。同様に閑散期でも、土日祝日は平日に比べて混雑し、料金も高くなる傾向があります。

    また縁起を担いで、大安の方が引っ越しは多くなるため、仏滅や赤口には引っ越し業者が料金を安く設定する場合があります。

    5.午後便や時間指定のないプランを利用する

    引っ越し業者の料金プランには、「午前便」「午後便」「フリープラン(時間指定なし)」があります。このうち、午後便やフリープランは、午前便を指定するよりも料金が安くなる傾向にあります。理由は「午前中に引っ越しを済ませて午後に荷解きをしたい」と考える人が多く、午前便が人気だからです。時間に余裕があり、料金を抑えたいときは、午後便や時間指定なしのプランを利用するとよいでしょう。

    6.できるだけオプションサービスをつけない

    自力でできることは自力で行い、オプションに頼らなければ、費用を抑えることができます。例えば、オプションとして用意されている荷造りや荷解きなどは、スケジュールに余裕を持たせておけば、問題なく自分で行えるでしょう。ただし、エアコンやシーリングライトの取り付け・取り外しなど、ご自身での対応が難しいものについては、オプション料金がかかったとしても業者に任せるのが賢明です。

    7.できるだけ荷物を減らす

    荷造りの時点で荷物を減らしておくと、引っ越し業者に運んでもらう荷物が少なくなり、ダンボールの個数やトラックのスペースを節約できるため料金を抑えやすくなります。家電や大きな家具を買い換える場合は、新居へ直接配送されるように指定すれば、移動させる手間や料金の無駄を省けるでしょう。

    訪問見積もりを依頼する場合は、事前に運ばないものを捨てておくか、まとめておいて運ばない旨をスタッフに伝えましょう。

    また、あらかじめ不要なものを処分しておくことも大切です。ごみとして処分したり不用品回収へ出したりするほか、フリーマーケットアプリやインターネットオークションなどを活用して売却する方法もあります。

    引っ越しの際の不用品処分については「引っ越し時の不用品処分の方法とは?トラブルを避けるための注意点」の記事もあわせてご覧ください。

    8.地域限定で請け負っている引っ越し業者を選ぶ

    移動距離の短い引っ越しの場合は、地域限定で請け負っている引っ越し業者を選ぶと、料金を抑えられる可能性があります。特定の地域のみで引っ越しを請け負っている業者は、効率よく稼働しやすい業務形態であることから、料金が安く設定されている場合があるのです。たとえば、旧居と新居が同市区町村にあるケースなど、近距離の引っ越しでの利用をおすすめします。

    近距離で引っ越しする場合は「近距離引っ越しの費用相場は?単身は安い?おすすめプランを紹介」の記事もご覧ください。

    9.レンタカーを借りて自力で引っ越しする

    単身者など荷物の少ない方であれば、レンタカーを使い自力で引っ越しを行う方法もあります。これなら繁忙期であっても自分に合わせたスケジュールで引っ越しが行えます。引っ越し業者との面倒なやり取りも不要です。もちろん、業者に頼むよりリーズナブルに済みます。

    ただし、引っ越し作業に不慣れな方や、レンタカーや資材の調達が苦手な方の場合は、余計なストレスに晒される可能性もあります。この場合は、引っ越し業者への依頼がおすすめです。

    自力での引っ越しについては「引っ越しを自力でするコツ!洗濯機や冷蔵庫は?車・台車はレンタルする?」の記事もご覧ください。

    10.引っ越し費用の総額を抑えるよう工夫する

    引っ越し費用はトータルの支出で考えるべきです。もしも繁忙期を避けられず、引っ越し業者への支払いが予算超過となってしまった場合には、ほかの部分で節約ができないかを検討しましょう。

    例えば、新居を探す際に敷金・礼金ゼロ物件やフリーレント物件を優先するといった方法があります。1〜2か月分の家賃が浮くので、引っ越し代が高くついても総額では費用が抑えられます。そのほか、家具や家電にかかる初期費用を抑えるために、リサイクルショップやフリマアプリ、家具・家電のレンタルサービスの利用なども検討してもよいでしょう。

    引っ越し手続きをインターネットで一括完了できる「引越れんらく帳」が便利

    慌ただしくなりがちな引っ越し前後におすすめのサービス「引越れんらく帳」をご紹介します。無料登録をして、手間のかかる住所変更の手続きをスムーズに済ませましょう。

    「引越れんらく帳」とは

    引っ越しにともない住所が変わると、各種サービスで住所変更の手続きが必要となります。そこで、住所変更の手続きを一括でできるのが「引越れんらく帳」の特徴です。引っ越し前は引っ越し業者の確保や荷造りで慌ただしく、かつ必要な手続きが多いため、やるべきことが煩雑になりがち。そんなときは「引越れんらく帳」に無料登録して、電気・ガス・水道・固定電話・インターネット・新聞・クレジットカード・NHKなどの住所変更をまとめて済ませましょう。

    「引越れんらく帳」を活用するメリット

    「引越れんらく帳」に無料登録すれば、各種サービスの住所変更の手続きをまとめて行えます。一度サービスに登録すれば、その後は氏名や住所などの同じ情報を何度も登録する煩わしさがありません。複数の住所変更手続きを同時進行する必要がある引っ越し前後に、便利にお使いいただけます。

    自分で住所変更の申し込みを行う場合は、各業者の受付時間内に連絡を入れる必要があります。業者によっては、夜間には電話対応をしていないことも。一方で、あらかじめ「引越れんらく帳」に登録しておけば、いつでもどこでもWebから申し込みが可能です。サービスは24時間対応であるため、日中に忙しくて時間がない方でも安心してお使いいただけます。空き時間を活用して住所変更手続きを進めましょう。

    引っ越しにともない必要な手続きの進捗がわかりやすいのも、「引越れんらく帳」のメリットです。アラート機能があるため、大切な手続きの抜け漏れを防げます。各種サービスの申し込み後の状況も確認できるため、着実に準備を進めやすくなります。引っ越しのサポートにぜひお役立てください。

    「引越れんらく帳」の使い方

    引越れんらく帳の使い方についてご紹介していきます。

    1.引越れんらく帳を作成する

    まずは「引越れんらく帳」の新規登録ページにメールアドレスを入力し、パスワードを設定しましょう。登録は無料で行えます。新規登録が完了したら、ログインをして入力フォームに氏名や旧居と新居の住所などの引っ越し情報を入力し、引越れんらく帳を作成してください。こちらで登録した情報を利用して、各種サービスの住所変更の申請ができるようになります。

    2.住所変更の手続きをする

    引越れんらく帳が作成できたら、住所変更の手続きを開始します。まずは「引越れんらく帳」の提携業者の一覧から、住所変更の手続きを行う業者を選択しましょう。電気・水道・ガスなどのライフラインのほか、固定電話・インターネット・新聞・クレジットカード・NHK・宅配など、多くの提携業者の手続きを一括で済ませられます。入力項目を一時保存できる機能付きで、空いた時間に手続きがしやすくなっています。

    3.進捗状況を確認する

    住所変更の手続きに申し込んだ後は、進捗状況の画面をご確認ください。手続きの期限や進捗状況がパーセンテージで表示され、引っ越し当日までに済ませておくべき手続きが一目でわかります。やるべきことがリスト形式で期限の近いものから順番に並べられ、効率よく手続きに着手できるようになっています。一つひとつの手続きに取り組み、引っ越し当日までにすべての手続きを完了させましょう。

    繁忙期の引っ越しも工夫次第で料金を抑えられる!

    引っ越し業者の繁忙期は3月~4月、9月~10月です。特に3月~4月は引っ越しの依頼が集中しやすく、引っ越し料金も高くなる傾向があります。引っ越しにかかる費用を抑えるためには、業者が忙しくなる時期や時間を避ける、荷物を少なくするといった工夫が有効です。

    さて、引っ越しの際には、荷造りや電気・ガス・水道といった手続きが重なり、非常に忙しくなります。ライフラインの手続きや、引っ越しにまつわる作業の管理には「引越れんらく帳」が非常に便利です。引っ越しの負担を減らすためにも「引越れんらく帳」を利用してみてはいかがでしょうか。

    あわせて読みたい引っ越しTips

    ◆【賃貸の解約】解約通知書とは?解約金・違約金は必要?いつまでに通知?
    ◆入居日と退去日の意味とは?引っ越しする日はどう決める?ポイントを解説!

    ×
    無料

    電気、ガス、水道などの引越し手続きを一回の入力で一括完了!