<PR>

 

20GB使える格安SIMおすすめ7社!どれくらい使えるのかも解説!

 

「20GBの格安SIMがあればWi-Fiなしでもデータ量は十分?」

「20GBだとどのようなデータの使い方ができるのかイメージできない」

格安SIMで20GB使える料金プランがあるのはどこ?」

格安SIMをお探しの方の中には、このように悩んでいる方も多いことでしょう。

そこで本記事では、20GBのデータ量が毎月お得に利用できる格安SIMサービス7選についてまとめました。

それぞれの特徴や料金プランについてまとめていますので、どの格安SIMを選べばよいかわからない方はぜひ参考にしてください。

mineoの評判・口コミはこちら

\ 乗り換えるなら4月!mineoは通常3,300円の事務手数料が無料 !/

mineoキャンペーンはこちら

格安SIMのキャンペーン比較!MNP乗り換えや新規でお得

楽天モバイルがお得!

楽天モバイルでは、初めてのプラン申し込みとiPhone購入で最大32,000ポイント還元中!

また、楽天モバイルの代表取締役の三木谷会長が提供する三木谷キャンペーンを利用することで14,000ポイントを獲得できる特典を実施中です。

キャンペーンを利用して申し込むなら、ぜひ楽天モバイルをチェックしてみてください!

公式サイト:https://network.mobile.rakuten.co.jp/

\ 最強プラン申し込み&対象iPhone購入で最大32,000ポイント還元! /

この記事は私が監修しました

高木健太朗

高木健太朗

【WEBメディア企画・運営】

【通信業界で10年の経験を経てWEBメディアサイトを多数運用】

通信業界に10年精通し、格安SIMと光回線の記事を監修。光回線の専門家として通信業界の幅広い知見をもとに、格安SIMと光回線の情報を分かりやすく発信。

マイベストプロ掲載

目次

格安SIMで20GBはどれくらい使える?

格安SIMの料金プランは、利用するデータ量に応じて料金が変わるシステムがほとんどです。

1~5GB程度の少ないデータ量のプランもあれば、20〜30GBやデータ量無制限など大容量のプランも存在します。

一般的には、普段インターネットの利用をほとんどしない方であれば1~5GBほどのミニマムなデータ料金プランで十分ですが、毎日インターネットやSNS利用・動画視聴などを楽しみたい方は、20GB程度データ量があると安心して利用できると言われています。

格安SIMで20GBはどれくらい使えるかのポイントは、以下にまとめています。

20GBでこのくらい使える

  • 高画質動画を毎日20〜30分
  • Instagram/TikTokを毎日1時間
  • 音楽はほぼ聴き放題
  • LINEやメールはほぼ無制限

次項で詳しく内容を解説しますので、確認していきましょう。

高画質動画を毎日20〜30分

20GBあれば、YouTube動画のような動画視聴サイトでの動画を毎日20分から30分見続けることができます。

ただし動画視聴で消費するデータ量は、動画の画質によって変わるのがポイントです。

例えば、同じ1時間を動画視聴に費やしてもSD画質なら約600MBですが、HD画質なら約1GBのデータ量を消費すると言われています。

そのため、SD画質の動画ならHD画質よりもより多くの時間を動画視聴に充てられるでしょう。

「動画視聴をしたいけれどWi-Fiも無いし、今月のデータ量は残り少なくて不安」といった方は、SD画質の動画を見るように意識すればデータ量の節約が可能です。

Instagram/TikTokを毎日1時間

Instagram(インスタグラム)やTikTok(ティックトック)などのSNSでは、20GBのデータ量で考えると毎日1時間の利用ができると言われています。

Instagramでは、写真の閲覧よりも動画視聴の方がデータ消費量が激しいイメージをお持ちの方も多いことでしょう。

しかし実はInstagramで投稿されている画像は画質が高く、写真の閲覧をしているだけで通信制限がかかってしまったというケースもあります。

Instagramの写真閲覧のみでも1時間で約840MBのデータ消費が予想されており、1ヵ月に換算すると約25.2GBものデータ量になってしまうのです。

一方でInstagramのストーリー視聴やインスタライブ、TikTokでの動画視聴は1時間あたり約540MBで1ヵ月に換算すると約16.2GBのデータ消費です。

通勤や通学などで細かく視聴していても、積み重ねると膨大なデータ量を消費していることになりますので、利用の際はWi-Fi環境で楽しむことを意識する必要があるでしょう。

音楽はほぼ聴き放題

20GBのデータ量なら、日常的に音楽を聴くことに関してほとんど困らないデータ量だと言っていいでしょう。

音楽配信サービスによって消費するデータ量に少々差が出ますが、「LINE MUSIC」での利用を例に挙げると、音楽視聴によるデータ消費量の目安は以下の通りです。

20GBなら曲数でいうと1曲を5分とした際に約5,000曲聴くことが可能で、視聴時間に換算すると約416時間40分視聴できます。

さらにこれを1日あたりで換算すれば約161曲聴くことが可能で、視聴時間に換算すると約13時間26分視聴できる計算です。

LINEやメールはほぼ無制限

無料でチャットツールや音声通話が行えるLINEでは、月に20GBもあればほぼ使用無制限のイメージで利用していても問題ないでしょう。

近年はキャリアでSMSよりもLINEを使って家族や会社、友人同士で連絡を取り合っているという方も多く見受けられます。

そのため、LINEの使用データ量が気になるという方も多いのではないでしょうか。

LINEで消費するデータ消費量は、次のデータを参考にしてください。

データ消費量
LINEトークメッセージ1回あたり約3KB
トークでの写真送付100~500KB
トークでの動画送付3~5MB
トークでのスタンプ1回あたり約6~10KB
LINE通話1分あたり約300KB
LINEテレビ通話1分あたり約5MB

写真や動画を送付する際は、画質や大きさでデータ消費量が変動しますので注意しましょう。

1GBでできるトークは約33万回で、LINE通話は約55時間と言われています。

ちなみに、メールアドレスを用いた一般的なメールの送受信も、1通あたり5KBでこちらも毎月のデータ消費には影響がなさそうです。

この数字を見るとLINEやメールを利用する際のデータ量を特に意識する必要はなさそうですが、毎月のデータ量を節約するなら複数の動画を送付する際や長時間の通話をする際はWi-Fi環境で行うことが望ましいでしょう。

【20GBの結論】90%以上の人が不便なく使える

毎月LINEメッセージのやり取りやInstagram・TikTokなどのSNS利用、YouTube動画の視聴を日常的に行っている場合、自分の使っているデータ使用量に対して不安を感じている方も多いことでしょう。

MM総研による2021年度の調査によれば、毎月のデータ使用量の平均は8.95GBという結果が出ています。

また、約6割のユーザーが3GB以下の使用量で、7GBまでの累計では約7割以上のユーザーが占めているというデータもあります。

結論、毎日のLINEやSNS利用、動画の視聴を楽しんでいる方でも常識を外れた利用をしないかぎりは20GBあれば不便なく使えるでしょう。

ただし、YouTube・Instagram・TikTokの利用が多い方はなるべくWi-Fi環境下での利用も意識しながら使うのがおすすめです。

速度制限にかかってしまう不安を抱えることなく、余裕を持って利用できます。

>ahamoの評判・口コミはこちら

\ ディズニープラスへの加入でdポイント還元! /

>ahamoのキャンペーンはこちら

格安SIMの20GB料金ランキング

毎月20GBあれば、LINEメッセージやSNS利用・動画視聴などを日常的に楽しみたい方も安心して利用できます。

格安SIMなら、月額費用を抑えながら20GBの大容量データ通信を行うことが可能です。

そこで、毎月20GBのデータがたっぷり使える格安SIMを厳選して7社ご紹介します。

それぞれのサービス内容や格安SIMのキャンペーン、特徴なども解説していきますので、契約する格安SIMに迷っている方はぜひ参考にしてください。

また、携帯会社の料金ランキングも参考にしてください。

以下は、基本料金をまとめた一覧表です。

格安SIMデータ通信SIM月額料金(20GB)音声通話SIM月額料金(20GB)
イオンモバイル「さいてきプラン データプラン MORIMORI」:1,738円(税込)「さいてきプラン 音声プラン MORIMORI」:1,958円(税込)
IIJmio「IIJmioギガプラン」:1,950円(税込)「IIJmioギガプラン」:2,000円(税込)
mineo「マイピタ」:1,925円(税込)

「マイそく」
スーパーライト(最大32kbps):250円(税込)
ライト(最大300kbps):660円(税込)
スタンダード(最大1.5Mbps):990円(税込)
プレミアム(最大3Mbps):2,200円(税込)
「マイピタ」:2,178円(税込)

「マイそく」
スーパーライト(最大32kbps):250円(税込)
ライト(最大300kbps):660円(税込)
スタンダード(最大1.5Mbps):990円(税込)
プレミアム(最大3Mbps):2,200円(税込)
povo2.0基本料金0円+データ追加20GB(30日間):2,700円(税込)
LINEMO「スマホプラン」:2,728円(税込)
ahamo「ahamo(20GB)」:2,970円(税込)
楽天モバイル「Rakuten最強プラン」20GBまで:2,178円(税込)

イオンモバイル【20GB/1,958円】

イオンモバイル出典:イオンモバイル

月額料金(税込)

音声プラン(音声通話+データ通信)

【さいてきプラン】

  • 0.5GB:803円
  • 1GB:858円
  • 2GB:968円
  • 3GB:1,078円
  • 4GB:1,188円
  • 5GB:1,298円
  • 6GB:1,408円
  • 7GB:1,518円
  • 8GB:1,628円
  • 9GB:1,738円
  • 10GB:1,848円

【さいてきプランMORIMORI】
※2024年4月1日より新料金

  • 20GB:1,958円
  • 30GB:3,058円⇒2,508円
  • 40GB:4,158円⇒3,058円
  • 50GB:5,258円⇒3,608円

【やさしいプラン】

  • 0.2GB:748円
  • 3GB:858円
  • 6GB:1,188円
  • 8GB:1,408円

※データプランのみは別料金

オプション(税込)
  • イオンでんわフルかけ放題:月額1,650円
  • イオンでんわ10分かけ放題:月額935円
  • イオンでんわ5分かけ放題月額:550円
  • 050かけ放題:月額1,078円
国内通話料(税込) 11円/30秒
通常の通信速度

平均ダウンロード速度: 32.74Mbps

平均アップロード速度: 7.78Mbps

出典:みんなのネット回線速度(2024/04/13時点の情報)

利用可能回線
  • ドコモ回線
  • au回線
店舗情報 全国200店舗以上のイオン
eSIM対応 なし

イオンモバイルで20GB使えるプランは、月額1,738円(税込)の「さいてきプラン データプラン MORIMORI」と月額は1,958円(税込)の「さいてきプラン 音声プラン MORIMORI」の2つです。

2024年4月の調査時点で、イオンモバイルが最安値を記録しているため、気になる方は要チェックです。

またイオンモバイルでは、余ったデータ量が翌月へ繰り越し可能であることに加え、毎月の容量変更は無料です。

さらに最大5回線まで家族間での余ったデータ量をシェアできるため、支払料金の節約が期待できるでしょう。

なお、イオンモバイルは「2022 オリコン顧客満足度ランキング」の「格安SIM」部門で1位を獲得しています。

安定したドコモ・au回線の2つから選べるため、高品質なデータ通信に期待できる点も魅力です。

また、全国に200店舗以上のショップがあるため、オンラインのみでの手続きに不安を感じてしまう方にもおすすめです。

20GBのプランを利用したい方、安心して利用できるSIM会社を選びたい方は、ぜひイオンモバイルの公式サイトをチェックしてみてください。

IIJmio【20GB/2,000円】

出典:IIJmio

料金プラン(税込)

  • 2ギガプラン:850円
  • 5ギガプラン:990円
  • 10ギガプラン:1,500円
  • 15ギガプラン:1,800円
  • 20ギガプラン:2,000円
  • 30ギガプラン:2,700円
  • 40ギガプラン:3,300円
  • 50ギガプラン:3,900円

※データプランのみは別料金

オプション(税込)

  • 通話定額5分+:500円
  • 通話定額10分+:700円
  • かけ放題+:1,400円

通話料金

税込11円/30秒

通信回線

ドコモ/au

通信速度

【タイプD(ドコモ回線)】

下り最大1,288Mbps

上り最大131.3Mbps

【タイプA(au回線)】

下り最大958Mbps

上り最大112.5Mbps

※速度超過制限時300kbps

支払い方法

クレジットカード

eSIM対応

あり

IIJmio(アイアイジェイミオ)の20GBプランは、データ通信のみの「IIJmioギガプラン 20ギガプラン」は月額1,950円(税込)、音声通話+データ通信が可能な「IIJmioギガプラン 20Gギガプラン」は月額2,000円(税込)で利用できます。

日本で商用のインターネットを生み出し、品質の向上を支えて続けてきたIIJのサービス品質は高い評価を受けており、今も多くの大手企業や官公庁などに提供され続けている格安SIMサービス会社です。

また、MVNO業種では顧客満足度1位(2022年度調査)オリコン顧客満足度ランキング格安SIM部門で1位(2022年)を受賞しています。

IIJmioの利用に契約条件はなく、契約解除料や2年縛りの契約期間などもありません。

端末は1台740円(税込)からとお得な月額料金で契約できるため、キッズケータイとして子供に利用させたい方にもおすすめです。

またIIJmioでは2~20GBまで使用するデータ量を設定でき、余ったデータ量は翌月へ繰り越しできます。

欲しいSIMの機能とデータ量を自由に組み合わせられるため、あなたの利用状況に合わせて利用可能です。

IIJmioの提携ショップは展開されていませんが、年中無休で9:00~19:00までサポートが受けられるWebチャットサポート・電話サポートが誰でも利用できます。

さらに、利用者のよくある質問をまとめているサポートサイト公式ツイッターも存在するため、契約前にじっくり検討することができるでしょう。

mineo【20GB/2,178円】

mineo出典:mineo

料金プラン(税込)

マイピタ

【音声通話+データ通信】

  • 1GB:1,298円
  • 5GB:1,518円
  • 10GB:1,958円
  • 20GB:2,178円

マイそく

【音声通話+データ通信】

  • スタンダード(最大1.5Mbps):990円
  • プレミアム(最大3Mbps):2,200円
  • ライト(最大300kbps):660円
  • スーパーライト(最大32kbps):250円

    ※データ通信のみは別料金

    国内通話料金(税込) 22円/30秒
    オプション(税込)
    • 10分かけ放題:550円/月
    • 時間無制限かけ放題:1,210円/月
    • 家族割引:−55円

    (デュアルタイプ3回線目以降は−165円)

    • 複数回線割引:−55円
    店舗情報 全国193箇所(mineoショップ/mineoスポットは14箇所)
    通信回線
    • ドコモ
    • au
    • ソフトバンク
    通信速度
    • 平均ダウンロード速度: 53.55Mbps
    • 平均アップロード速度: 12.23Mbps
    参考:みんなのネット回線速度 ※2024/04/13時点 最新情報は引用元から確認できるが、当サイト記載の数値と違う場合あり
    支払い方法 クレジットカード
    eSIM対応 対応あり

    mineo(マイネオ)は「マイピタ」と「マイそく」の2つのプランを採用していますが、その中で20GB使えるプランは、「マイピタ」です。

    「マイピタ データ通信のみ(シングルタイプ)」なら月額1,925円(税込)、「マイピタ 音声通話+データ通信(デュアルタイプ)」なら月額は2,178円(税込)で利用できます。

    マイピタ」は1GB・5GB・10GB・20GBの中から自分が使用するデータ量を選択し、それぞれのデータ料金を月額で支払うシステムです。

    シンプルな料金形態で誰でもわかりやすいのがポイントです。

    マイピタ」の契約中に余ったデータ量を翌月に持ち越せるのはもちろん、毎月の使いたいデータ容量は毎月25日までに簡単な手続きを行うだけで自由に変更できます。

    さらに、mineoではユーザー同士でデータ容量がシェア可能な「フリータンク」という独自のサービスがあります。

    データ量が足りない際は「フリータンク」から容量を引き出し、容量が余っていると感じたら預けることができるという、データ容量を分け合える仕組みです。

    他にも、通信回線が集中し混雑して繋がりにくくなる平日12~13時の間にデータ利用を控えるとボーナスがもらえる「ゆずるね。」というユニークなサービスも用意されています。

    一方の「マイそく」は3種類の通信速度から料金コースを選び、データ容量は無制限で利用できる料金形態です。

    3つのコースの中で最も通信速度の品質が高い「マイそく プレミアム」は月額2,200円(税込)でデータ使用量が無制限です。

    格安SIM全体の20GB利用できる料金プランの相場価格が2,000~3,000円であるため、特にコスパの高い料金プランだと言えます。

    20GBのプランを選びたい方はもちろん、「毎月20GBあってもデータ量が足りるか心配」という方もぜひmineoをチェックしてみてください。

    povo2.0【20GB/2,700円】

    povo
出典:povo

    月額料金(税込)

    基本料金0円

    • データ使い放題(24時間):330円/回
    • データ追加1GB(7日間):390円/回
    • データ追加3GB(30日間):990円/回
    • データ追加20GB(30日間):2,700円/回
    • データ追加60GB(90日間):6,490円/回
    • データ追加150GB(180日間):12,980円/回
    国内通話料(税込) 22円/30秒
    通常の通信速度

    平均ダウンロード速度: 98.16Mbps

    平均アップロード速度: 17.09Mbps

    出典:みんなのネット回線速度(2024/04/13時点の情報)

    店舗情報 なし
    eSIM対応 対応
    利用可能回線 au回線

    povo2.0(ポヴォ)は、従来の固定の月額制をとっておらず、購入した分のデータが無くなったらその都度追加購入するシステムを採用しています。

    20GBのデータ追加(追加トッピング)をする場合、2,700円(税込)から購入できます。

    基本料金は0円のため、全くデータ通信を行わずデータ消費をしなかった月があれば該当月は0円になります。

    月によって使用量に差がある方も必要な分だけデータ量を購入すれば良いため、ムダなく使えることが魅力の格安SIMサービスです。

    月額料金がかからないことから、他社回線をメイン利用している方が通信制限にかかったり不具合が起きたりした際のサブ回線として利用したい方にもおすすめです。

    また、povo2.0では「データ追加1GB(7日間)トッピング実質無料キャンペーン!」や「povo2.0 x auスマートパスプレミアム入会キャンペーン」など、随時お得なキャンペーンを実施しています。

    内容や実施期間は各キャンペーンによって異なるため、気になる方は早めに申し込みを検討してみてください。

    なお、eSIMを利用予定の方は、eSIM対応の格安SIMを参考にしてください。

    LINEMO【20GB/2,728円】

    出典:LINEMO

    料金プラン(税込)
    • ミニプラン:3GB 990円
    • スマホプラン:20GB 2,728円
      国内通話料金(税込) 22円/30秒
      オプション(税込)
      • 通話準定額:550円/月
      • 通話定額:1,650円/月
      • 持込端末保証 with AppleCare Services:950円~/月
      • 持込端末保証:715円/月
      • 留守電パック:220円/月
      • フィルタリング:無料
      店舗情報 なし
      通信回線 ソフトバンク回線
      通信速度
      • 平均ダウンロード速度: 58.95Mbps
      • 平均アップロード速度: 13.96Mbps
      引用:みんなのネット回線速度 ※2024/04/13時点 最新情報は引用元から確認できるが、当サイト記載の数値と違う場合あり
      支払い方法
      • クレジットカード
      • 口座振替
      • PayPay残高
      eSIM対応 対応あり

      LINEMOでは、20GB使える「スマホプラン」を月額2,728円(税込)で提供しています。

      もう1つのプランは月額990円(税込)3GBまで使用できる「ミニプラン」です。

      シンプルな料金体系のため、格安SIMの利用が初めての方でも迷うことなく契約できるでしょう。

      さらに、ソフトバンク由来の補償プランやキャリア決済サービスの「ソフトバンクまとめて支払」が利用できるのも嬉しいポイントです。

      他社の格安SIMサービスではキャリア決済が利用できるサービスは限られているため、メリットだと言えるでしょう。

      支払方法をそのまま引き継ぐことが可能なため、ソフトバンクやワイモバイルから乗り換える方は面倒な契約の手間を省いて格安SIMへ乗り換えられます。

      「料金を抑えるために格安SIMへ乗り換えたいけれど、契約をし直すのがとにかく面倒」という方はぜひ検討することをおすすめします。

      また、LINEMOでは「LINEギガフリー」という独自サービスを展開しています。

      20GBを超えてもLINEアプリ使用分のデータ量はカウントされないため、通信制限がかかってもLINE利用時に通信速度が落ちることはありません。

      ミニプラン基本料最大半年間 実質無料キャンペーン」など、お得なキャンペーンも実施されているため、気になる方はぜひLINEMOの公式サイトをチェックしてみてください。

      LINEMOの評判・口コミはこちら

      LINEMOのクーポンはこちら

      \ 3GBのミニプランが実質半年間無料! /

      LINEMOキャンペーンはこちら

      ahamo【20GB/2,970円】

      出典:ahamo

      料金プラン(税込)
      • 20GB:2,970円
      • 100GB:4,950円
      国内通話料金(税込) 22円/30秒(5分以内の通話は無料)
      オプション(税込)
      • ahamoポイ活オプション:2,200円/月
        ※4月1日より提供開始
      • 海外データ通信20GBまで無料
      • かけ放題オプション:1,100円/月
      • ケータイ補償サービス:550~1,100円/月
      • smartあんしん補償:330~1,100円/月
      店舗情報 なし
      通信回線 ドコモ
      通信速度
      • 平均ダウンロード速度: 71.84Mbps
      • 平均アップロード速度: 10.2Mbps
      参考:みんなのネット回線速度 ※2024/04/13時点 最新情報は引用元から確認できるが、当サイト記載の数値と違う場合あり
      支払い方法
      • クレジットカード
      • 口座振替
      eSIM対応 対応あり
      公式サイト https://ahamo.com/

      ahamo(アハモ)で20GB使える「ahamo」プランは、音声通話+データ通信で月額2,970円(税込)で利用できます。

      万が一20GBを超えてしまいそうなときは、1GB:550円(税込)でいつでも追加できます。

      また20GBでも足りず、より多くのデータ通信量が必要になった際は1,980円(税込)の大盛りオプションをつけることで、100GBまで増やせるので安心して利用できるでしょう。

      さらにahamoでは、国内通話が毎月5分無料になるほか、海外データ通信(20GB)が無料で利用できるという点もメリットです。

      普段からデータ容量を使用しない方にとっては、大容量のプランしかない点はデメリットですが、20GB以上のデータ容量を使用する方にとってはお得なプランです。

      ahamoはドコモのサブブランドのため、高品質なドコモ回線を使用できるだけでなく、街のドコモショップで契約可能できる点も魅力です。

      じゃじゃんとじゃんじゃんもらえちゃう祭り」をはじめとする各種キャンペーンも実施されているため、ぜひahamoの公式サイトをチェックしてみてください。

      楽天モバイル【20GB以上無制限/3,278円】

      楽天モバイルロゴ画像

      出典:楽天モバイル

      料金プラン(税込) Rakuten 最強プラン
      • 3GBまで:1,078円
      • 20GBまで:2,178円
      • 上限なし:3,278円
      国内通話料金(税込)
      • 22円/30秒
      • Rakuten Linkアプリ利用で国内通話無料
      オプション(税込)
      • 留守番電話:無料
      • 割込通話/通話保留:無料
      • 国際SMS:無料
      • 通話転送:無料
      • SMS:無料
      • テザリング:無料
      • 15分(標準)通話かけ放題:1,100円/月
      • 国際通話かけ放題:980円/月
      店舗情報 楽天モバイルショップ:全国に1,000店以上
      通信回線
      • 楽天回線
      • au回線(パートナー回線利用時)
      通信速度
      • 平均ダウンロード速度: 138.82Mbps
      • 平均アップロード速度: 34.08Mbps
      引用:みんなのネット回線速度 ※2024/04/13時点 最新情報は引用元から確認できるが、当サイト記載の数値と違う場合あり
      支払い方法
      • クレジットカード
      • デビットカード口座振替
      • 代金引換
      • 楽天ポイント利用
      eSIM対応 対応あり

      楽天モバイルでは、月ごとに使用したデータ量の分だけ料金を支払う、従量課金制のプラン「Rakuten 最強プラン」を採用しています。

      3GBまでは1,078円(税込)、20GBまでは2,178円(税込)、20GBを超過した後は3,278円(税込)で無制限にデータ通信が可能です。

      例えば外出先でネット利用の機会が多かった月だとしても、20GB以上はどれだけデータ量を使っても無制限で定額3,278円(税込)の請求になります。

      通常であれば上記のとおりの料金ですが、先日発表された家族割を利用することで、料金はさらに安くすることも可能です。

      楽天モバイルでテザリングを無制限に利用したい方、自分の使うデータ量に不安がある方や、ゲームや動画など大容量でのデータ通信をしたい方、月々のデータ使用量にムラがある方におすすめです。

      ただし、高速通信がデータ通信無制限でできるのは楽天回線エリア内限定のため、自分の生活範囲が楽天回線エリアであることをチェックしておく必要があります。

      また、楽天ポイントの利用ができるのは楽天モバイルを利用する大きな強みです。

      楽天ポイントを貯めている方や楽天経済圏で生活している方は、1度検討してみる価値があるでしょう。

      期間限定で行われるキャンペーンが充実しており、よりお得に格安SIMを利用できる点も楽天モバイルの魅力です。

      また、オンラインや電話での申し込みサポートも手厚く、楽天モバイルショップも全国各地に続々と増えてきていますので、店舗でのサポートが必要な方にもおすすめです。

      気になる方は楽天モバイルの公式サイトまたは実店舗を覗いてみてください。

      楽天モバイルのデメリットについては、楽天モバイルデメリット記事にて詳しくご紹介しています。

      その他、当サイトでは楽天モバイルを無料で運用する方法も解説しています。

      なお、楽天モバイルから乗り換え予定の方は、楽天モバイルからおすすめの乗り換え先を確認しましょう。

      \ iPhone 最大33,000円相当ポイント還元! /

      おすすめの20GB使える格安SIMは?

      20GB使える格安SIMの中で特におすすめなのが、以下の3つです。

      おすすめ3社

      • 楽天モバイル
      • ahamo
      • イオンモバイル

      それぞれの特徴とおすすめできるポイントについて、解説していきます。

      楽天モバイル【20GB以上の使い放題!】

      楽天モバイルのおすすめポイントは、従量課金制であることです。

      毎月データ量を使った分だけ料金を支払うシステムで、20GB以上使用した月は定額3,278円(税込)に変わり、データ通信が無制限で利用できます。

      データの使用量が無制限のため、楽天モバイルでテザリングをしたり、動画を繋ぎっぱなしにしたりと余裕を持ってデータ通信が楽しめます。

      契約時に決まったデータプランを組む必要がないため、「少量のデータ量で満足できる方」「大容量のデータを毎月使いたい方」「月によってデータ使用量にムラがある方」など、どのような方でも利用しやすいのがおすすめポイントです。

      ahamo【安心のドコモ回線】

      ahamoは、NTTドコモが提供するサブブランドの格安SIMサービスです。

      ドコモ回線が使用できるため、高品質な通信速度に期待できます。

      解約金や事務手数料もなく、契約期間の縛りもないためドコモを使用している方なら安心して乗り換えることができる格安SIMだと言えるでしょう。

      さらにahamoでは、海外でも追加料金がかかることなく20GBのデータ通信が利用できるのも嬉しいポイントです。

      日本人がよく渡航する国や地域を約95%カバーしているため、海外出張や旅行が多い方にもおすすめできます。

      イオンモバイル【堂々の最安値!】

      イオンモバイルで20GB使えるプランは月額1,958円(税込)です。

      当メディアがリサーチした結果、20GB利用できる格安SIMとしては最安値であるため、気軽に乗り換えやすい格安SIMだと言えます。

      高速通信と低速通信を自分で切り替えられるため、20GBあれば十分にデータ通信を行うことができるでしょう。

      また、全国に展開するイオンの店舗にて申し込み・問い合わせができるため、オンラインでの手続きをすることなく相談できるのも嬉しいポイントです。

      WAONポイントを日常的に貯めている方や、イオンが生活圏内にありよく利用される方もおすすめです。

      >イオンモバイルの評判・口コミはこちら

      \ 乗り換えでWAONポイントプレゼント! /

      >イオンモバイルのキャンペーンはこちら

      20GB使える格安SIMに関する注意

      さまざまな利用方法ができることで人気の格安SIMの20GBプランですが、注意するべき点もあります。

      20GB使える格安SIMを使ううえで注意するべきポイントは、以下の4つです。

      20GBSIMの注意点

      • 自宅や職場ではWi-Fiを使う
      • パソコンを繋いでのテザリングは注意が必要
      • 外出先での動画の見過ぎに注意
      • 本や映画のダウンロードはWi-Fi環境で

      それぞれの注意すべきポイントについて、解説していきます。

      自宅や職場ではWi-Fiを使う

      メッセージの送受信やSNS利用、動画の視聴やダウンロードを普段よく利用する方でも、20GBあればほとんどの方が不便なく使えると言われています。

      だからと言ってWi-Fiがあるのに利用しなかったり、データ消費量の多い動画やアプリのダウンロードを頻繁に行ったりしていると、あっという間に通信制限がかかってしまうでしょう。

      データの容量が20GBもあるからと安心せず、Wi-Fi環境のある自宅や職場ではWi-Fiに繋いでデータ消費量を節約するように意識してください。

      パソコンを繋いでのテザリングは注意が必要

      通信回線を使って「スマホとパソコン」「スマホとゲーム機器」などでインターネット接続の共有ができる機能をテザリングと呼びます。

      Wi-Fiルーターを持ち歩かなくてもインターネットを使えるため、日常的に利用する方も多いことでしょう。

      しかし、テザリングしたパソコンでデータ通信をし過ぎてしまうと、もともと契約しているスマホの通信データ量を使い切ってしまう可能性もあります。

      テザリングは便利な機能ですが、使い過ぎてしまうとかえって追加の通信容量代金で費用がかさんでしまうことも考えられます。

      どうしても利用する場合は動画のダウンロードを控えたり、通信データ量が大容量のプランを契約したりするなどの工夫が必要です。

      外出先での動画の見過ぎに注意

      長い通勤・通学時間の合間に、映画やドラマなどの動画視聴を楽しむ方も多いことでしょう。

      しかし、動画のダウンロードはデータ量が想像以上に消費されるものです。

      何も対策をせずに動画を見続けていればすぐに通信制限がかかってしまいます。

      対策としては、外出前に見たい動画をあらかじめスマホにダウンロードしておくことです。

      ただし、すべての動画配信サブスクで動画がダウンロードできるわけではないため、注意しましょう。

      なお、あらかじめスマホに動画がダウンロードできる動画配信サブスクは以下の通りです。

      動画ダウンロード可能なサブスクサービス

      • Amazon Prime Video
      • NETFLIX
      • Hulu
      • Paravi

      外出先で動画を見て過ごす機会が多い方は、ぜひ参考にしてください。

      本や映画のダウンロードはWi-Fi環境で

      移動中や外出先で楽しみたい電子書籍や映画は、あらかじめWi-Fi環境下でスマホにダウンロードしておくのがおすすめです。

      映画を視聴する際によく使われている、NETFLIXやAmazon Prime Videoでは「ダウンロード」という機能があり、あらかじめスマホに見たい動画を保存しておくことができます。

      スマホに保存しておくことで、インターネット通信を使わずにオフラインの状態で保存した動画の視聴が可能です。

      HD画質(高画質)で映画1本をダウンロードすると、約6GBのデータが消費されると言われているため、映画はあらかじめダウンロードしておき、オフラインでの視聴にすることで大きくデータ量が節約できるでしょう。

      \ iPhone 最大33,000円相当ポイント還元! /

      20GB使える格安SIMに関するよくある質問

      20GB使える格安SIMを使ううえで頻出する質問は、以下の3つです。

      よくある質問

      • 格安SIMは大手キャリアと比べて不便?
      • 一番速度が速いのはどこ?
      • 電話かけ放題サービスはある?

      それぞれの質問について、解説していきます。

      格安SIMは大手キャリアと比べて不便?

      「格安SIMは大手キャリアに比べて通信速度が遅い」

      「支払い方法がクレジットカード払いのみで不便」

      格安SIMを使った方の中には、こういった不満の声もよく耳にします。

      確かに、大手キャリアと比べるとサービス面やサポート面、機能性や通信の安定性は少しずつ劣る点があるかもしれません。

      しかし、格安SIMの最大のメリットは価格の安さです。

      大手キャリアから格安SIMに乗り換えた方の中には、今まで支払っていた携帯料金のおよそ半額以下になったというケースも少なくありません。

      細かいところで不便なポイントはあるかもしれませんが、通信費を下げることが可能であれば、十分許容範囲内だと考える方も多いのではないでしょうか。

      とはいえ、乗り換えてから後悔しないよう、格安SIMと大手キャリアのサービス全体をしっかりと比較しておくことが重要です。

      一番速度が速いのはどこ?

      みんなのネット回線速度の調査データ(2024年4月時点)によると、「イオンモバイル」「mineo」「楽天モバイル」がランキング上位に入っています。

      実際の利用に問題はないものの、大手キャリアの通信品質と比べると速度が遅いと言われてしまうのが格安SIMのデメリットです。

      時間帯によっては、通信制限がかかっていないのに同じくらいの通信速度になってしまうケースも多く見受けられます。

      格安SIMの通信速度を重視してスマホを選ぶなら、上記の3社を検討したうえで通信回線が最も混雑する昼の時間帯の速度データを参考にすると良いでしょう。

      電話かけ放題サービスはある?

      電話かけ放題のサービスを行っている格安SIMは、以下の通りです。

      格安SIMオプション名/料金
      イオンモバイル5分かけ放題」月額550円(税込)
      IIJmio通話定額5分+」月額500円(税込)
      mineo10分かけ放題」月額550円(税込)
      povo2.05分以内通話かけ放題」月額550円(税込)
      LINEMO通話準定額」月額550円(税込)
      ahamoかけ放題オプション」月額1,100円(税込)
      楽天モバイル15分(標準)通話かけ放題」月額1,100円

      各格安SIM会社でさまざまな電話かけ放題サービスが展開されていますが、特に注目したいのはahamoのかけ放題オプションです。

      ahamoのかけ放題オプションは月額1,100円(税込)からですが、5分以内の通話なら基本料金内でまかなえます。

      申し込みも不要なため、普段通話をする時間が少ない方には特におすすめです。

      IIJmioの評判・口コミはこちら

      \ シェアNo.1キャンペーン実施中! /

      >IIJmioのキャンペーンはこちら

      >IIJmioのキャッシュバックはこちら

      まとめ

      20GB使用可能な料金プランがある格安SIMについて、ご紹介しました。

      毎月20GBのデータ量があれば、LINEやSNS利用、YouTube動画の視聴なども通信制限を気にせず行うことが可能です。

      MM総研の調査では、毎月のデータ消費量が7GB以下の方は全体の7割以上というデータが出ています。

      この調査結果から見ると、毎月20GB使える格安SIMを利用することで、ほとんどの方がデータ量に満足できると言っていいでしょう。

      毎月多くのデータ量を消費している方や、月末でも速度制限にかからず安心して格安SIMを利用したい方は、ぜひ20GB使える格安SIMを検討してみてください。

      LINEMOの評判・口コミはこちら

      LINEMOのクーポンはこちら

      \ 3GBのミニプランが実質半年間無料! /

      LINEMOキャンペーンはこちら

      この記事を書いた人

      政府・デジタル庁とともに「引越しワンストップサービス」の検討・普及を⾏うプラットフォーム事業者にも採択されている引越れんらく帳が運営しております。引越しに伴うライフラインの手続きと併せて、スマートフォン・格安SIMの引越し(乗り換え)を検討されるユーザー、また通信インフラの基盤となってきている光回線の新規契約・乗り換えを検討する皆さまが多い実態を踏まえ、比較検討に役立つ情報をご提供する「引越れんらく帳 SIM乗り換えガイド」および「引越れんらく帳 光回線ガイド」を運営しております。

      目次