<PR>

 

携帯会社ランキング!大手キャリアと格安SIMを目的別に比較【2024年最新】

携帯 会社 ランキング

 

「どの携帯会社を利用すればいいのだろう」と考えた際、「1番安い携帯会社は?」「通信速度が1番速い携帯会社は?」などとさまざまなランキングが気になる方もいるのではないでしょうか。

各社のランキングが分かることで、利用する携帯会社を選ぶ際の参考になる場合もあるでしょう。

そこで、本記事では携帯会社のランキングを目的別に紹介します。

大手キャリアのランキングや格安SIMの比較ランキングもあるため、ぜひ携帯会社選びの参考にしてください。

キャリア 特徴

楽天モバイル

楽天モバイル

  • 完全データ無制限が叶う唯一の格安SIM
  • 専用アプリで通話もかけ放題

LINEMO

  • LINEのデータカウントフリー
  • 最安990円(税込)〜のミニプランがお得

mineo

  • au、ドコモ、ソフトバンク回線全てで使える
  • マイそくプランやパケット放題Plusでデータ使い放題

ドコモ

ドコモ

  • シェア率トップで通信速度も安定
  • 端末機種が豊富で選び放題

au

au

  • データ無制限とエンタメサービスが楽しめる
  • Pixel シリーズの取り揃えが豊富

ソフトバンク

ソフトバンク

  • お得なPayPay特典たくさん
  • 家族割や光回線割を使えば安くてお得

ahamo

ahamo

  • ドコモの安定サブブランド
  • 格安SIMで通信速度は早めでストレスフリー

UQ

UQモバイル

  • セット割がお得
  • 新しいプランでより幅広いユーザーに適応

povo

povo

  • 使わない月は0円で運用できる
  • 自由自在のトッピングは格安SIM上級者におすすめ

ワイモバイル

ワイモバイル

  • 大人気スマホがお得なキャンペーン豊富
  • PayPayユーザーならワイモバイルがおすすめ

日本通信 SIM

日本通信

  • 追加のデータ料金も安い
  • 安定のデータ通信で安心して使える

HISモバイル

HISモバイル

  • データを使わない月は安い
  • より価格に拘りたいならHISモバイル

3月25日時点の情報※最新の情報は必ず公式サイトでご確認ください

格安SIMのキャンペーン比較!MNP乗り換えや新規でお得

新型iPhone 15の最新情報!
機種購入ならauオンラインショップ!
出典:au

auは機種購入やSIMのみでの契約でお得なキャンペーンを沢山実施しています。

最新のiPhoneだけでなく様々なAndroid端末も購入できるので、お得に機種交換したい方にもおすすめです。

4月11日には新しくGalaxy S24 UltraGalaxy S24も発売される予定ですので、スマホ買い替えはぜひauでどうぞ。

auのおすすめキャンペーン
  • au Online Shop スペシャルセール⇨対象機種の購入で合計最大11,000円相当の還元!
  • au Online Shop お得割⇨対象機種の購入で最大22,000円(税込)割引
  • au Online Shop SIM乗りかえ特典⇨SIMのみの契約で10,000円相当のau PAY残高還元!
  • au Online Shop 5G機種変更おトク割⇨ 対象のGoogle Pixelが最大5,500円(税込)割引!
  • Galaxy S24/Galaxy S24Ultra 発売記念 予約・購入キャンペーン⇨最大10,000円相当のau PAYギフトカード還元!

4月4日時点の情報
※最新の情報については必ず公式サイトご確認ください。

>au公式サイト:https://www.au.com/

\ 機種もSIMのみもお得なauオンラインショップ! /

>auのキャンペーンはこちら

楽天モバイルがお得!

楽天モバイルでは、初めてのプラン申し込みとiPhone購入で最大32,000ポイント還元中!

また、楽天モバイルの代表取締役の三木谷会長が提供する三木谷キャンペーンを利用することで14,000ポイントを獲得できる特典を実施中です。

キャンペーンを利用して申し込むなら、ぜひ楽天モバイルをチェックしてみてください!

公式サイト:https://network.mobile.rakuten.co.jp/

\ 最強プラン申し込み&対象iPhone購入で最大32,000ポイント還元! /

この記事は私が監修しました

高木健太朗

高木健太朗

【WEBメディア企画・運営】

【通信業界で10年の経験を経てWEBメディアサイトを多数運用】

通信業界に10年精通し、格安SIMと光回線の記事を監修。光回線の専門家として通信業界の幅広い知見をもとに、格安SIMと光回線の情報を分かりやすく発信。

マイベストプロ掲載

目次

携帯会社はどこが一番安い?プラン料金ランキング!

「携帯会社はどこが一番安いの」「携帯料金の平均はどれくらい?」と気になるのではないでしょうか。

ここでは、携帯料金を比較したランキングを安い順に4つ紹介します。

  • 1位:mineo|250円からデータ無制限
  • 2位:日本通信|290円で1GBまで
  • 2位:HISモバイル|100MB未満で290円
  • 4位:povo|データトッピングが390円

1位:mineo|250円からデータ無制限

料金プラン 容量/最大通信速度 音声通話+データ通信 データ通信のみ
マイピタ 1GB 月額1,298円(税込) 月額880円(税込)
5GB 月額1,518円(税込) 月額1,265円(税込)
10GB 月額1,958円(税込) 月額1,705円(税込)
20B 月額2,178円(税込) 月額1,925円(税込)
マイそく スタンダード
(最大1.5Mbps)
月額990円(税込)
プレミアム(最大3Mbps) 月額2,200円(税込)
ライト(最大300kbps) 月額660円(税込)
スーパーライト
(最大32kbps)
月額250円(税込
お試し200MBコース 1,100円(税込) 330円(税込)

プラン料金ランキングの1位はmineo(マイネオ)です。

mineoは格安SIMの中でも特に安いプランを提供しており、月額250円(税込)から利用できます。

月額250円(税込)で利用できるのは、2023年2月から提供が開始されたマイそくのスーパーライトです。

マイそくとは、通信速度を制限する一方、データ通信無制限で利用できるプランであり、制限される速度によって料金が異なります。

中でも、スーパーライトは最大通信速度が32kbpsに制限されており、データ通信はほとんど使い物にならないプランです。

しかし、通話の利用がほとんどな方やWi-Fiを利用するなど、データ通信をほとんど利用したい方にとっては通信速度が制限されていても困りません。

そのような方が安く利用できるように設定されたのがマイそくのスーパーライトです。

mineoにはマイそくだけでなく、データ容量ごとに料金が設定されている通常の料金体系(マイピタ)も用意されているため、用途に応じてプランを選べる点も大きな特徴です。

mineoの評判・口コミはこちら

\ 下記のリンクからのみ!mineo × 引越れんらく帳SIM乗り換えガイド事務手数料無料のキャンペーン! /

※お試し200MBコース、マイそくスーパーライトをお申し込みの場合は適用対象外となります。

mineoキャンペーンはこちら

mineoの事務手数料が無料になるエントリーパッケージの入手方法や使い方等を解説

mineoの申し込み方法から開通まで徹底解説

2位:日本通信SIM|290円で1GBまで

料金プラン データ量 無料通話時間 月額料金 超過データ料金
合理的シンプル290プラン 1GB なし 月額290円(税込) 1GBあたり220円(税込)
合理的みんなのプラン 6GB
※4月28日から10GB
ひと月70分まで無料 月額1,390円(税込) 1GBあたり275円(税込)
※4月28日から1GBあたり220円(税込)
合理的30GBプラン 30GB ひと月70分まで無料 月額2,178円(税込) 1GBあたり275円(税込)
※4月28日から1GBあたり220円(税込)
合理的かけほプラン 3GB かけほーだい 月額2,728円(税込) 1GBあたり220円(税込)
Wスマートプラン 3GB。さらに月間6万歩あるいて最大+1GB。 ひと月70分まで無料 月額1,738円(税込) 1GBあたり275円(税込)

プラン料金ランキングの2位は、日本通信SIMです。

日本通信SIMは、合理的シンプル290プランで1GBを月額290円(税込)で利用できます。

月1GBで利用できる格安SIMは少ないため、データ通信を必要としない人にとってメリットといえるでしょう。

合理的シンプル290プランは、定額制ではあるものの、データ容量が超過した際に追加する料金が1GBあたり220円〜275円(税込)と非常に割安で利用できるのです。

そのため、毎月支払う料金が一定であるため支出の見通しが立てやすい点と使った分だけ料金を支払うため無駄がない点、すなわち定額制と従量制のメリットを両方兼ね備えたプランだと言えます。

1GBあたり月額275円(税込)必要だった超過データ料金が一部、月額220円(税込)に引き下げられるほか、合理的みんなのプランのデータ容量が6GBから10GBに自動的に増加します。

このように、日本通信SIMは利用者がお得に利用しやすい料金プランを提供しているキャリアだといえるでしょう。

公式サイト:https://www.nihontsushin.com/

\ 日本初のMVNO! /

2位:HISモバイル|100MB未満で290円

料金プラン データ容量 自由自在290プラン データ定額440プラン
基本のプラン 100MB未満 月額290円(税込)
1GB 月額550円(税込) 月額440円(税込)
3GB 月額770円(税込) 月額580円(税込)
7GB 月額990円(税込) 月額880円(税込)
20GB 月額2,190円(税込) 月額2,080円(税込)
50GB 月額5,990円(税込) 月額5,880円(税込)
料金プラン データ容量 データ通信のみ データ通信+SMS(+154円/月)
ピタップラン(従量課金制) 100MBまで 月額198円(税込) 月額352円(税込)
2GBまで 月額770円(税込) 月額924円(税込)
5GBまで 月額1,320円(税込) 月額1,474円(税込)
10GBまで 月額2,310円(税込) 月額2,464円(税込)
15GBまで 月額3,300円(税込) 月額3,454円(税込)
30GBまで 月額5,775円(税込) 月額5,929円(税込)

HISモバイルもプラン料金ランキングの2位にランクインしました。

HISモバイルにも日本通信SIMと同じく月額290円(税込)で利用できるプランがあります。

HISモバイルでは、自由自在290プランで100MB未満の場合に月額290円(税込)で利用できます。

100MBと聞くとかなり少ないと思われる方が多くいると思いますが、メールやLINE、文字メインのSNSなどは使いすぎなければ100MBで収まるケースも少なくありません。

しかし、動画や画像メインのSNSなどを閲覧すると、すぐに100MBに到達してしまいます。

また、従量課金制であるピタップランを利用すると、100MBはより安い月額198円(税込)で利用できます。

ただし、従量課金制の場合、気づいたら100MBをオーバーしてしまい、月額料金が高くなってしまうこともあるため、ピタップランを利用する際には注意してください。

また、月10GB以上使える格安SIMは限られているため、20GBや30GBも必要ない方にとって大きなメリットといえるでしょう。

HISモバイルの評判・口コミはこちら

光回線同時ご契約で、半年分の携帯代金0円キャンペーン実施中! /

>HISモバイルのキャンペーンはこちら

4位:povo|データトッピングが390円

料金プラン 料金 有効期間
データ使い放題 330円(税込) 24時間
データ追加1GB 390円(税込) 7日間
データ追加3GB 990円(税込) 30日間
データ追加20GB 2,700円(税込) 30日間
データ追加60GB 6,490円(税込) 90日間
データ追加150GB 12,980円(税込) 180日間
DAZN使い放題パック 925円(税込) 7日間
smash.使い放題パック 220円(税込) 24時間
【期間限定】データ追加50GB 4,000円(税込) 30日間

プラン料金ランキングの4位は、povo(ポヴォ)です。

auのサブブランドであるpovoでは、7日間使えるデータ追加1GBのトッピングが390円(税込)で利用できます。

povoは基本料金が0円であるため、必要なときに必要な分だけトッピングを追加することで、利用頻度に応じた費用を支払うだけで利用できるようになるのです。

データ追加20GBも30日間有効で2,700円(税込)であるため、全体的に料金が安いことも特徴の1つだと言えます。

また、初めに紹介した3つのキャリアとは異なり、povoはau回線をそのまま利用できるため、通信速度の安定性が抜群です。

料金が安い上に、安定した通信を利用できるため、かなり割安に感じる方も多いでしょう。

povoの新規・MNPのお申し込みは「povo2.0アプリ」で簡単にお手続き!

povo2.0アプリの申し込み手順
  1. 下記の「povo|新規・MNPの方はこちら!」のボタンをクリックしてインストール
  2. 「利用契約・プライバシーポリシー」を読み「初めての方はこちら」をクリック
  3. メールアドレスでアカウント登録
  4. 「SIMタイプ」と「契約タイプ」を選択して申し込みを確認して申し込み完了

\ 7日間データ使い放題キャンペーン開催中 /

povoの評判・口コミはこちら

povoのキャンペーン

povoの申し込みから開通までの手順を徹底解説!注意点等も合わせて紹介

携帯会社の通信速度が速い・電波が良いランキング!

ここでは、携帯会社の通信速度が速い・電波が良いランキングを発表します。

キャリア 平均ダウンロード速度 平均アップロード速度
ドコモ 132.52Mbps 15.39Mbps
ahamo 71.84Mbps 17.69Mbps
au 129.87Mbps 17.69Mbps
UQモバイル 109.9Mbps 17.71Mbps
povo 98.16Mbps 17.09Mbps
ソフトバンク 100.12Mbps 17.95Mbps
ワイモバイル 93.28Mbps 17.37Mbps
LINEMO 58.95Mbps 13.96Mbps
(参考:2024/04/13現在「みんなのネット回線速度」)

1位:NTTドコモ(ドコモ・ahamo)

キャリア 平均ダウンロード速度 平均アップロード速度
ドコモ 132.52Mbps 15.39Mbps
ahamo 71.84Mbps 17.69Mbps
(参考:2024/04/13現在「みんなのネット回線速度」)

通信速度が速い・電波が良いランキングの1位は、NTTドコモのドコモahamoです。

大手3大キャリアの中でも1番通信速度が速く、安定した通信を利用できることから、多くの利用者に親しまれています。

長らく、ドコモは格安で利用できるサブブランドを作っていませんでしたが、スマホ料金値下げによってサブブランドのahamoを作りました。

ahamoではドコモ回線を利用できるため、安定した通信を安い料金で利用できます。

充実したサポートを受けるならドコモ、オンラインでのサポートでも問題なく料金を安くしたい方はahamoを利用すると良いでしょう。

>ドコモキャンペーンはこちら

\ オンラインショップからの申し込みで端末がお得! /

>ドコモクーポンはこちら

>ahamoの評判・口コミはこちら

\ ディズニープラスへの加入でdポイント還元! /

>ahamoのキャンペーンはこちら

2位:ソフトバンク(ソフトバンク・ワイモバイル・LINEMO)

キャリア 平均ダウンロード速度 平均アップロード速度
ソフトバンク 100.12Mbps 17.95Mbps
ワイモバイル 93.28Mbps 17.37Mbps
LINEMO 58.95Mbps 13.96Mbps
(参考:2024/04/13現在「みんなのネット回線速度」)

通信速度が速い・電波が良いランキングの2位は、ソフトバンクです。

ソフトバンクには、メインブランドであるソフトバンクの他に、サブブランドであるワイモバイルLINEMOがあります。

ソフトバンク回線はドコモほどの通信速度ではありませんが、十分速い通信速度であるため、快適な通信を利用できるでしょう。

サブブランドであるワイモバイルとLINEMOも、メインブランドであるソフトバンクとほとんど同じ速度で利用できます。

ソフトバンク公式サイト:https://www.softbank.jp/

\ メリハリ無制限やスマホデビュープランがおすすめ /

>ソフトバンクのキャンペーンはこちら

ワイモバイルの評判・口コミはこちら

\ PayPayポイントも端末セールもお得! /

ワイモバイルのキャッシュバックはこちら

LINEMOの評判・口コミはこちら

\ 3GBのミニプランが実質半年間無料! /

LINEMOキャンペーンはこちら

3位:KDDI(au・UQモバイル・povo)

キャリア 平均ダウンロード速度 平均アップロード速度
au 129.87Mbps 17.69Mbps
UQモバイル 109.9Mbps 17.71Mbps
povo 98.16Mbps 17.09Mbps
(参考:2024/04/13現在「みんなのネット回線速度」)

通信速度が速い・電波が良いランキングの3位は、au をはじめとしたKDDIです。

3位というと「auは遅いから利用しないほうがいいのか」と感じる方もいるかもしれませんが、そんなことはありません。

ドコモやソフトバンクには及びませんが、auでも十分快適な通信が利用できるため、日常生活で使用する分には全く問題ありません。

サブブランドのUQモバイルやpovoも、auと同じくらいの速度で利用できます。

また「ドコモ・au・ソフトバンクはどれがいい?」と悩んでいる方は、こちらの記事を参考にしてください。

>auのクーポンはこちら

\ 機種購入がお得になる豊富なキャンペーン /

>auのキャンペーンはこちら

UQモバイル評判・口コミはこちら

\ 最大10,000円相当のau PAY残高還元! /

UQモバイルキャッシュバックはこちら

>UQモバイルキャンペーンはこちら

povoの新規・MNPのお申し込みは「povo2.0アプリ」で簡単にお手続き!

povo2.0アプリの申し込み手順
  1. 下記の「povo|新規・MNPの方はこちら!」のボタンをクリックしてインストール
  2. 「利用契約・プライバシーポリシー」を読み「初めての方はこちら」をクリック
  3. メールアドレスでアカウント登録
  4. 「SIMタイプ」と「契約タイプ」を選択して申し込みを確認して申し込み完了

\ 7日間データ使い放題キャンペーン開催中 /

povoの評判・口コミはこちら

povoのキャンペーン

携帯会社の契約者数・シェア率ランキング【大手キャリア】

大手キャリアの契約者数とシェア率ランキングについて、総務省の「電気通信サービスの契約数及びシェアに関する四半期データの公表」と一般社団法人 電気通信事業者協会「事業者別契約数」をもとに解説します。

  • 1位:ドコモは36.1%
  • 2位:auは27.0%
  • 3位:ソフトバンクは20.9%
  • 4位:楽天モバイルは2.2%

1位:ドコモは36.1%

契約者数・シェア率ランキングの1位はドコモで、36.1%ものシェアを占めています。

契約数は日本全国で86,542,900人にのぼるなど、かなり広い範囲で利用されていることがわかります。

先ほど紹介したとおり、ドコモは通信速度が速く安定した利用ができることが人気の理由の1つに挙げられます。

また、KDDIやソフトバンクがUQモバイルやワイモバイルなどのサブブランドを提供する中、ドコモにはサブブランドがありませんでした。

しかし、携帯電話の料金引き下げに伴い提供を開始したahamoは、KDDIのpovo、ソフトバンクのLINEMOよりも契約者は多くなっています。

そのため、従来の利用者とあわせて、より多くの利用者を獲得していくでしょう。

>ドコモキャンペーンはこちら

\ シェア率No.1の大手キャリア! /

>ドコモオンラインショップクーポンはこちら

2位:auは27.0%

契約者数・シェア率ランキングの2位は、auでシェア率は27.0%です。

KDDIのメインブランドであるauのみならず、サブブランドのUQモバイル、povoのいずれも利用者が増加傾向にあります。

安定した通信が利用できるのはもちろんのこと、エンタメサービスが付随したプランや割引サービスが充実しているため、広い層に人気となっています。

au、UQモバイル、povoと3つの選択肢があるため、自分の使い方に合わせてどのブランドで契約するのかを考えてみてください。

>auのクーポンはこちら

\ エンタメサービスつきの無制限プランが人気 /

>auのキャンペーンはこちら

3位:ソフトバンクは20.9%

契約者数・シェア率ランキングの3位は、ソフトバンクでシェア率は20.9%です。

ソフトバンクはメインブランドだけでなく、サブブランドであるワイモバイルやLINEMOも含め、グループ全体でPayPayキャンペーンが盛んに行われています。

日頃から高い還元率を実現しているPayPayですが、ソフトバンクやワイモバイル、LINEMOを利用している方はよりお得に利用できるでしょう。

また、PayPayポイントの還元のみならず、割引サービスも充実しているため、PayPayをあまり利用しない方でもお得に利用できます。

ソフトバンク公式サイト:https://www.softbank.jp/

\ PayPayポイントを使うなら! /

>ソフトバンクのキャンペーンはこちら

4位:楽天モバイルは22.2%

契約者数・シェア率ランキングの4位は楽天モバイルで、シェア率は22.2%です。

「楽天グループ株式会社2022年度第3四半期 決算ハイライトに関するお知らせ」によると、契約数は518万回線であり、料金プラン実質無料キャンペーンの終了後も純増しています。

第4のキャリアとして自社回線の拡充を図っており、今後広範囲で楽天回線が利用できるようになるでしょう。

広範囲で楽天回線が利用できるようになると、3大キャリアと同じくらい安定した通信が利用できるようになる可能性もあるため、今後、契約数が大きく伸びることが期待されます。

\ 自社回線を持つ第4のキャリア! /

携帯会社の契約者数・シェア率ランキング【サブブランド】

次に、携帯会社のサブブランドの契約者数とシェア率ランキングについて解説します。

  • 1位:ワイモバイルは700万人以上
  • 2位:UQモバイルは580万人以上
  • 3位:ahamoは500万人以上

1位:ワイモバイルは700万人以上

携帯会社のサブブランドの契約者数とシェア率ランキングの1位は、ソフトバンクのサブブランドであるワイモバイルで、契約者数は700万人以上にのぼります。

先ほど紹介した大手キャリアのシェア率では、ソフトバンクの利用者は多くありませんでしたが、サブブランドになると利用者は1番多くなりました。

ワイモバイルの大きな特徴は、割引サービスが充実していることです。

特に、家族で利用したりインターネットや電気とセットで契約したりすると、大きな割引が受けられます。

加えて、PayPayポイントの還元など、お得に利用できるサービスが充実しています。

安定した回線を利用したいけれど、料金を安くしたい方におすすめのサブブランドです。

ワイモバイルの評判・口コミはこちら

>ワイモバイルのクーポンはこちら

\ PayPayユーザーにおすすめ格安SIM! /

ワイモバイルのキャッシュバックはこちら

2位:UQモバイルは580万人以上

携帯会社のサブブランドの契約者数とシェア率ランキングの2位は、KDDIのサブブランドであるUQモバイルです。

ワイモバイルと同じく割引サービスが充実しているサブブランドで、「UQ親子応援割」や「自宅セット割」などの適用対象内の場合、かなりお得に利用できます。

UQモバイルの割引サービスは期間限定ではなく、割引サービスが終了するまでは利用できるため、継続的に割引を受けられることが魅力的です。

ワイモバイルと同じように、家族で利用したりインターネットや電気とセットで契約したりすると大きな割引が受けられるため、家族で割引サービスを受けたい場合はUQモバイルもおすすめです。

3月25日時点の情報※最新の情報は必ず公式サイトでご確認ください

UQモバイル評判・口コミはこちら

\ セット割が充実! /

UQモバイルキャッシュバックはこちら

>UQモバイルキャンペーンはこちら

3位:ahamoは500万人以上

携帯会社のサブブランドの契約者数とシェア率ランキングの3位は、ドコモのサブブランドであるahamoです。

2021年の春に始まった携帯電話料金値下げの流れで誕生した新プランでは1番利用者が多く、500万人以上もいます。

料金プランは月20GBと月100GBの2種類しかなく非常にシンプルでわかりやすくなっています。

その上、20GBの料金が月額2,970円(税込)と非常にお得なことから、スマホを頻繁に使う方に人気となっているのです。

ドコモは、メインブランドもサブブランドも非常に人気であるため、今後もドコモのサービスを利用する人は増えると予想できます。

>ahamoの評判・口コミはこちら

\ 20GBのシンプルプラン! /

>ahamoのキャンペーンはこちら

携帯会社の売上ランキング【大手キャリア】

ここでは、大手キャリアを運営する携帯会社の売上ランキングを解説します。

  • 1位:ソフトバンクは5兆6,906億円
  • 2位:KDDIは5兆5,600億円
  • 3位:ドコモは4兆4,244億円
  • 4位:楽天モバイルは1兆9,278億円

1位:ソフトバンクは5兆6,906億円

大手キャリアを運営する携帯会社の売上ランキング1位は、ソフトバンクです。

ソフトバンクの2021年度の売上は5兆6,906億円にものぼります。

前年の2020年度よりも5,000億円ほど売上が上がっているため、好調です。

売上増加の要因は、LINE株式会社の子会社化やでんきや物販等売上の増加などが挙げられます。

なお、モバイル事業単体で見ると、通信量の引き下げやソフトバンクからワイモバイル・LINEMOへの移行に伴い減収となっています。

全体で見ると、売上のみならず利益も上がっているため、今後も業績は伸びていくことが予想できるでしょう。

ソフトバンク公式サイト:https://www.softbank.jp/

\ メリハリ無制限やスマホデビュープランがおすすめ /

>ソフトバンクのキャンペーンはこちら

2位:KDDIは5兆5,600億円

大手キャリアを運営する携帯会社の売上ランキングの2位は、KDDIです。

KDDIの2023年度3月期の予想は、5兆5,600億円です。

1位のソフトバンクに迫る勢いの売上であり、KDDIも好調だと言えます。

なお、ソフトバンクと同じくKDDIもモバイル収入は減収ですが、他の事業が成長しているため、全体的にはプラスで推移しています。

>auのクーポンはこちら

\ 機種購入がお得になる豊富なキャンペーン /

>auのキャンペーンはこちら

3位:ドコモは4兆4,244億円

大手キャリアを運営する携帯会社の売上ランキングの3位は、ドコモです。

ドコモは、2023年3月期第3四半期決算で4兆4,244億円の売上を計上しています。

通信サービスの収入は減少していますが、端末機器販売などの付加的なサービスで売上が上がっているため、トータルでの売上は向上しています。

ドコモはモバイル事業では3大キャリアでトップを取っており、5G通信の利用拡大によりさまざまな事業展開を進めることで、さらなる業績拡大を見込んでいます。

>ドコモキャンペーンはこちら

\ オンラインショップからの申し込みで端末がお得! /

>ドコモクーポンはこちら

4位:楽天グループは1兆9,278億円

大手キャリアを運営する携帯会社の売上ランキングの4位は、楽天グループです。

楽天グループの売上は2022年12月期の決算で、1兆9,278億円です。

2021年12月期の決算では1兆6,817億円の売上であったため、2,000億円ほど売上を伸ばしています。

他の3つの会社とは異なり、モバイル事業でも売上を伸ばしているため、利用者が確実に増えていることがわかります。

基地局を増加させ、日本全国で楽天回線が利用できるようになると、さらに利用者が増えることが予想できるでしょう。

\ iPhone 最大19,000円相当ポイント還元! /

そもそも携帯会社ってどのくらいあるの?携帯会社一覧

そもそも携帯会社はどのくらいあるのでしょうか。

以下が携帯会社の一覧です。

携帯会社 ブランド
株式会社NTTドコモ ドコモ、ahamo
KDDI株式会社 au、UQモバイルpovo
ソフトバンク株式会社 ソフトバンク、ワイモバイル、LINEMO
日本通信株式会社 日本通信、b-mobile
楽天モバイル株式会社 楽天モバイル
株式会社オプテージ mineo
エヌ・ティ・ティレゾナント株式会社 OCNモバイルONE
株式会社インターネットイニシアティブ IIJmio
JCOM株式会社 J:COMモバイル
ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社 NUROモバイル
Y.U-mobile 株式会社 y.u mobile
H.I.S.Mobile株式会社 HISモバイル
株式会社TOKAIコミュニケーションズ LIBMO
イオンリテール株式会社 イオンモバイル
株式会社QTnet QTモバイル
株式会社ラネット BIC SIM
株式会社ドリーム・トレイン・インターネット DTI SIM
フリービット株式会社 TONEモバイル
エキサイト株式会社 エキサイトモバイル
ビッグローブ株式会社 BIGLOBEモバイル
ニフティ株式会社 NifMo
株式会社LogicLinks リンクスメイト

携帯会社ランキングからわかる3大キャリアはどこがいい?

ここからは、携帯会社ランキングからわかる3大キャリアはどこがいいのかを解説します。

  • ドコモ|シェア率トップで通信速度も安定
  • au|データ無制限とエンタメサービスが楽しめる
  • ソフトバンク|お得なPayPay特典

ドコモ|シェア率トップで通信速度も安定

ドコモはシェア率トップであり、通信速度が安定している点が人気の理由です。

先ほども解説したとおり、ドコモは3大キャリアの中でも1番速度が速いため、通信速度に悩まされることはほとんどありません。

料金プランは、データ無制限のプランとデータ容量の少ないプランの2つがあるため、スマホをたくさん使う方にもあまり使わない方にもおすすめできます。

ドコモではさまざまな種類のスマホを買えるだけでなく、お得に購入できるキャンペーンも充実しているため、スマホの端末代金を安く抑えることも可能です。

au|データ無制限とエンタメサービスが楽しめる

auはデータ無制限とエンタメサービスが楽しめるキャリアです。

データ無制限プランがあるのはもちろん、無制限プランにAmazonプライムやDAZN、NETFLIXなどのエンタメサービスが付いたプランもあります。

エンタメサービスが付いたプランは、スマホとエンタメサービスを別々で契約するよりもお得に利用できるため、エンタメサービスを楽しみたい人はぜひ検討してみてください。

また、「au スマートバリュー」や「au PAYカードお支払い割」など、お得に利用できる割引サービスも充実しています。

3月25日時点の情報※最新の情報は必ず公式サイトでご確認ください

ソフトバンク|お得なPayPay特典

ソフトバンクは、お得なPayPay特典が魅力的なキャリアです。

PayPayは、ソフトバンクユーザーでなくてもさまざまな還元キャンペーンが受けられるので、非常にお得に利用できるQRコード決済サービスです。

さらに、ソフトバンクユーザーは「スーパーPayPayクーポン」を利用できるため、かなりお得に利用できます。

「スーパーPayPayクーポン」とは、使用するとPayPayポイントが最大半額相当返ってくるクーポンです。

付与上限はありますが、上限までは実質半額で商品を購入できるため、かなりお得なことがわかるでしょう。

また、Yahoo!ショッピングで買い物をする際、ソフトバンクユーザーは最大17%のPayPayポイントが貯まるため、日常的な利用でもかなりお得です。

携帯会社は結局どこがいい?おすすめキャリア紹介

ここまでランキング形式でさまざまな携帯会社について解説してきましたが、携帯会社は結局どこがいいのでしょうか。

ここでは、おすすめキャリアを9つ紹介します。

なお、格安SIMに乗り換えて料金を安くしたいと考えている方は、格安SIMのキャンペーン比較もあわせてチェックしてください。

  • ahamo|ドコモの安定サブブランド
  • UQモバイル|セット割がお得
  • povo|0円運用したいなら
  • ワイモバイル|スマホもお得に購入したい
  • LINEMO|LINEのデータカウントフリー
  • 楽天モバイル|データ無制限で安くしたいなら
  • mineo|トリプルキャリアが使える
  • 日本通信|追加のデータ料金も安い
  • HISモバイル|データを使わない月は安い

3月25日時点の情報※最新の情報は必ず公式サイトでご確認ください

ahamo|ドコモの安定サブブランド

ahamoは、ドコモの安定サブブランドです。

ドコモのメインブランドではありませんが、ドコモの回線をフルで利用できるため、安定した通信ができます。

料金プランは20GBと100GBの2つと非常にシンプルでわかりやすい上、20GBが月額2,970円(税込)で利用できるため、ドコモよりもかなりお得です。

また、5分以内の国内通話であれば、追加料金無しで利用できます。

ドコモのサブブランドはahamoしかないため、ドコモの安定した通信を安く利用したい方はahamoを利用してみてください。

>ahamoの評判・口コミはこちら

\ ディズニープラスへの加入でdポイント還元! /

>ahamoのキャンペーンはこちら

UQモバイル|セット割がお得

UQモバイルはセット割がお得なauのサブブランドです。

「UQ親子応援割」や「自宅セット割」などの割引サービスが充実しています。

「UQ親子応援割」は18歳以下の家族がいれば利用できる割引サービスであり、15GBを月額990円(税込)から利用できるため、かなりお得に利用できます。

また、「自宅セット割」は対象のインターネットや電気とセットで利用すると利用できる割引サービスです。

3月25日時点の情報※最新の情報は必ず公式サイトでご確認ください

UQモバイル評判・口コミはこちら

\au PAY残高還元キャンペーン実施中! /

UQモバイルキャッシュバックはこちら

>UQモバイルキャンペーンはこちら

povo|0円運用したいなら

povoは、基本料金が0円で必要な場合にトッピングを追加することで利用できるKDDIのサブブランドです。

最大180日間はトッピングを追加しなくてよいため、あまり使わない場合には維持費をとても安く抑えられます。

2代目のスマホなど、たまに使う程度のスマホを持っている方に特におすすめできるキャリアです。

1GB390円(税込)からau回線を利用できるため、かなりお得な料金プランだといえます。

スマホを0円で運用したい方はぜひpovoに申し込んでみてください。

povoの新規・MNPのお申し込みは「povo2.0アプリ」で簡単にお手続き!

povo2.0アプリの申し込み手順
  1. 下記の「povo|新規・MNPの方はこちら!」のボタンをクリックしてインストール
  2. 「利用契約・プライバシーポリシー」を読み「初めての方はこちら」をクリック
  3. メールアドレスでアカウント登録
  4. 「SIMタイプ」と「契約タイプ」を選択して申し込みを確認して申し込み完了

\ 7日間データ使い放題キャンペーン開催中 /

povoの評判・口コミはこちら

povoのキャンペーン

ワイモバイル|スマホもお得に購入したい

ワイモバイルは、料金を安くかつスマホもお得に購入したい方におすすめのサブブランドです。

最新機種の取り扱いは多くありませんが、使い勝手の良い機種が他のキャリアよりもオトクな価格で購入できます。

料金プランも大手キャリアのメインブランドよりも、お得に利用できるため、月額料金もスマホの端末代金も安くできるのです。

しかし、ソフトバンクの回線をそのまま利用でき、通信速度は安定して利用できるため、かなり割安に利用できるブランドだといえるでしょう。

また、スマホの代金を抑えたい方は、格安SIMでスマホを安く買う方法を参考にしてください。

ワイモバイルの評判・口コミはこちら

\ PayPayポイントも端末セールもお得! /

ワイモバイルのキャッシュバックはこちら

LINEMO|LINEのデータカウントフリー

LINEMOはソフトバンクのサブブランドで、LINEのデータがカウントフリーになる点が魅力的です。

LINEMOには、3GBと20GBのプランがありますが、LINE使用時のデータ容量はこれとは別に無制限で使えます。

トークはもちろん、LINEでの電話やビデオ通話もデータカウントフリーで利用できるため、LINEがメインの通信手段である方はお得に利用できるでしょう。

その他にも、PayPayポイントが還元されるキャンペーンなどが複数開催されているため、料金面でもかなりお得に利用できます。

LINEMOの評判・口コミはこちら

\ 3GBのミニプランが実質半年間無料! /

LINEMOキャンペーンはこちら

楽天モバイル|データ無制限で安くしたいなら

楽天モバイルは、データ無制限で安く利用したい方におすすめのキャリアです。

条件無しでデータ無制限を利用できるのは、3大キャリアと楽天モバイルしかありません。

しかし、3大キャリアのデータ無制限プランは、割引サービスが利用できないと月額6,000円以上かかります。

一方、楽天モバイルは月額3,278円(税込)でデータ無制限を利用できるため、大手キャリアに比べてかなりお得です。

加えて、端末も大手キャリアに比べて安く販売されている場合が多いため、通信料金も端末代金も安く抑えられるお得なキャリアだと言えます。

\ 最大19,000円(税込)相当ポイント還元! /

mineo|トリプルキャリアが使える

mineoはトリプルキャリアが使えることが特徴の格安SIMです。

格安SIMは、1つや2つの回線しか対応していない場合が多くありますが、mineoはドコモ・ソフトバンク・auの3回線全てに対応しています。

そのため、乗り換えの際に利用する回線が変わる必要がなく、SIMロック解除も不要な場合が多いため、楽に乗り換えられます。

通信速度が32kbpsしか出ないけれど、データ無制限で利用できる月額250円(税込)で利用できるプランがあるなど、非常にお得に利用できる点も魅力の1つです。

mineoの評判・口コミはこちら

\ 下記のリンクからのみ!mineo × 引越れんらく帳SIM乗り換えガイド事務手数料無料のキャンペーン! /

※お試し200MBコース、マイそくスーパーライトをお申し込みの場合は適用対象外となります。

mineoキャンペーンはこちら

日本通信|追加のデータ料金も安い

日本通信SIMの合理的プランは、月額料金も追加のデータ料金も安く設定されています。

携帯料金の適正化を目指しているため、必要以上に料金を高くするのではなく、使った分だけ支払う料金体系を採用しています。

しかし、あくまでも月額料金制であるため、使いすぎの防止もできるのです。

このように従量制と定額制のメリットを両方享受できるのが日本通信です。

公式サイト:https://www.nihontsushin.com/

\ 日本初のMVNO! /

HISモバイル|データを使わない月は安い

HISモバイルはデータを使わない月は非常に安く利用できます。

具体的には、対象プランに加入していれば、1ヶ月あたり100MBしか利用しなければ月額198円(税込)もしくは月額250円(税込)しか料金がかかりません。

そのため、通話をメインで利用する方やWi-Fiが使える場所でしか利用しない方にとっては、100MBしか利用しなくても1ヶ月を過ごせます。

なるべくスマホ料金を安くしたい場合には、HISモバイルもぜひ検討してみてください。

HISモバイルの評判・口コミはこちら

光回線同時ご契約で、半年分の携帯代金0円キャンペーン実施中! /

>HISモバイルのキャンペーンはこちら

携帯会社ランキングまとめ

携帯会社のランキングを料金や速度、シェア率など、さまざまな観点から紹介しました。

必ずしもランキングが全てではありませんが、客観的な指標の一つとして、携帯会社選びの参考にしてみてください。

また、後半で紹介した各携帯会社の特徴を比較しながら、自分の利用方法に適した携帯会社を選ぶとお得に、かつ満足できる利用ができるでしょう。

この記事を書いた人

政府・デジタル庁とともに「引越しワンストップサービス」の検討・普及を⾏うプラットフォーム事業者にも採択されている引越れんらく帳が運営しております。引越しに伴うライフラインの手続きと併せて、スマートフォン・格安SIMの引越し(乗り換え)を検討されるユーザー、また通信インフラの基盤となってきている光回線の新規契約・乗り換えを検討する皆さまが多い実態を踏まえ、比較検討に役立つ情報をご提供する「引越れんらく帳 SIM乗り換えガイド」および「引越れんらく帳 光回線ガイド」を運営しております。

目次