ページトップへ

電気・水道・ガスに関する引っ越し時の手続き

電気・水道・ガスに関する引っ越し時の手続き

電気、ガス、水道のライフラインは、引っ越しをする直前まで使用し、引っ越しした直後から必要になるものです。 事前に各事業者に連絡のうえ、使用停止(解約)手続きと、使用開始手続きを済ませて、スムーズに利用できるようにしましょう。

電気に関する手続き

電力会社への連絡は、領収書や検針票に記されているインターネットのサイトにアクセスする方法と、受付窓口に直接電話をする方法があります。希望日にきちんと手続きしてもらうためには、引っ越しの1週間前までに連絡を済ませておくと安心です。

手続き方法

使用停止

現在契約している電力会社に、電気の使用停止を申し込みましょう。申し込みは、インターネット、または電話で行えます。いずれの場合も、自分のお客様番号がわかる領収証や検針票などを、あらかじめ手元に用意しておきましょう。
引っ越し先の地域が、現在利用している電力会社の管轄エリアである場合は、引っ越し先での使用開始手続きも併せて行うことができます。

使用開始

引っ越し先で電気を使用するには、事前の申し込みが必要です。インターネット、または電話で使用開始の申し込みを行いましょう。
引っ越した後は、新居の玄関などに備え付けてある「電気使用申込書」に、支払い方法についての必要情報を記入し、郵送します。申込書が見当たらない場合は、電力会社に連絡しましょう。また、インターネットで使用開始の手続きができることもあります。

電気の使用開始に、担当者の立ち会いは必要ありません。従来型の電力メーターの場合は、「アンペアブレーカー」「漏電遮断器」「配線用遮断器」の順につまみを「入」にすれば、電気を使用することができます。

引っ越しを機に電力会社を変更する場合

引っ越しは、電気料金プランの見直しにも良い機会です。大手電力会社から、「新電力」と呼ばれる低価格の小売電気事業者に変更すると、月の電気代を抑えられる可能性があります。
電力会社を変更する場合は、まず新しく利用したい電力会社に契約手続きの申し込みをします。申し込みの際には、現在契約している電力会社、現在のお客様番号など、必要な情報を手元に準備しておきましょう。その後、現住所の電力会社に利用停止の連絡をして、解約手続きを行います。

引っ越し先が集合住宅であっても、その物件の大家さんや管理会社が一括契約している場合を除いて、自分で自由に電力会社を選ぶことが可能です。できるだけ電気代を安くしたい方は、検討してみてください。

手続きの期限

電気の使用停止・開始手続きは、1か月先までの申し込みが可能です。年末年始や引っ越しの繁忙期などは、希望日に手続きが行えないこともあるので、電力会社への連絡は引っ越しの1週間前までには済ませておくと安心です。遅くとも、引っ越し当日の1営業日前(土日祝を除く)までには連絡しておきましょう。

電気料金の支払い

旧居の電気代の支払いは、引っ越し当日に行います。担当者が来訪し、停止直前までの電気使用量をメーターで確認してくれるので、精算金額を現金で支払いましょう。
引っ越し当日に立ち会えない場合は、新居へ請求書を送ってもらって振り込むか、今まで料金の引き落としに使っていた口座から引き落としで支払うことも可能です。

水道に関する手続き

水道の引っ越し手続きも、電気と同じく旧居・新居の両方で行います。旧居の使用停止手続きが済んでいないと、使っていなくとも基本料金がかかってしまうので、忘れずに手続きしましょう。

手続き方法

使用停止

旧住所の管轄の水道局へ、使用停止の申し込みをします。電気と同じく、インターネットか電話での手続きが可能です。申し込みの際は、領収書や検針票など、お客様番号がわかるものを手元に用意しておきましょう。
水道局の管轄地内での引っ越しなら、新居での使用開始手続きも一緒に行うことができます。

使用開始

引っ越し先では通常、すぐに水道が使えるようになっています。玄関や駐車場付近などに水道のメーターボックスがあるので、その中にある「水止め栓」を左に回しましょう。水が出るのを確認したら、新居に備え付けの「水道使用開始申込書」に必要事項を記入し、ポストへ投函すれば手続きは完了です。インターネットで申し込み手続きを行うこともできます。
もしも、申込書が見当たらなかったり、水止め栓をひねっても水が出なかったりする場合は、水道事業者へ連絡しましょう。

手続きの期限

使用停止の手続きは、引っ越しの1週間前までに済ませておきます。遅くとも、3~4日前には水道事業者に連絡しましょう。

使用開始の手続きに必要な水道使用開始申込書は、特に提出期限は定められていません。ただし、提出が遅いと使用開始日の確認ができず、料金トラブルの原因になってしまう可能性があります。できるだけ早めに郵送するようにしてください。

また、一部の地域では申し込みをしないと水が出ないことがあります。その場合は、引っ越しの1週間前までに新居で利用する水道事業者に連絡するようにしましょう。

水道料金の支払い

水道を使用停止するときの支払いは、引っ越し当日に行います。担当者が来訪して、直前までの使用量をメーターで確認してくれるので、清算金額を現金で支払いましょう。
口座振替で料金を支払っている場合は、引き落としによる精算も可能です。

ガスに関する手続き

ガスの引っ越し手続きは、ほかのライフラインと違って使用開始に立ち会いが必要です。希望日時に作業を行えるように、申し込みは早めに済ませましょう。

手続き方法

使用停止

現在契約しているガス会社に、インターネットまたは電話で申し込みます。申し込みの際は、お客様番号が書かれた検針票を手元に用意しておきましょう。
ガスの閉栓に、立ち会いは必要ありません。ただし、オートロックの建物など、ガスメーターのある場所まで担当者が立ち入りできない場合は、立ち会いが必要になるので注意しましょう。

使用開始

引っ越し先の地域を管轄しているガス会社へ、インターネットか電話で事前に申し込みます。
使用開始には、必ず担当者の立ち会いが必要です。当日は開栓のほか、点火の確認試験など、安全にガスを使用するための点検作業が行われます。

手続きの期限

ガスの使用停止・使用開始手続きは、引っ越しの1週間前くらいに済ませておくのが目安です。
特に、使用開始には立ち会いが必要なので、引っ越し日時が決まったら早めに連絡しましょう。訪問予定日の前日まで申し込みは可能ですが、引っ越しの多い3~4月などは、希望日に予約が取れない場合もあります。「引っ越しても、すぐにガスを使えない…」ということにならないよう、余裕を持って手続きをしてくださいね。

ガス料金の支払い

旧居でのガス料金は、引っ越し当日に清算します。担当者が来訪し、直前までの使用量をメーターで確認してくれるので、現金で支払いましょう。
支払いを口座振替にしている場合は、引き落としによる精算も可能です。

引っ越し先で使用できるガスの種類が変わる場合の注意点

一般家庭で使われるガスには、「都市ガス」「プロパン(LP)ガス」という2つの種類があります。
都市ガスは、地下の導管を使って供給されるもので、おもに人口が密集している都市部に導入されています。一方プロパンガスは、ボンベに入れたガスを販売するもので、人口が密集していない地域に導入されています。

もし、引っ越し先に旧居のガス機器を持ち込む場合は、転居先のガスの種類が今と同じかどうか、必ず確認しましょう。都市ガスとプロパンガスでは、それぞれ適したガス機器の出力が違うためです。ガスの種類が変わる場合は、今使っているガス機器は使うことができません。新しく購入する必要があるので、注意してください。

×
無料

電気、ガス、水道などの引越し手続きを一回の入力で一括完了!